フォト
無料ブログはココログ

« ちょっと意地悪な特集 | トップページ | 母の日ケーキ速報! »

望郷?

24mar

父の田舎は鳥取県のかなり島根よりの海に面した町だ。

子供の頃、父に連れられて行った浜は、砂浜でも岩場でもなく、丸い石が浜辺を覆い尽くし、その石が波に運ばれては返す度に、カラコロ、カラコロと不思議な音を響かせる浜だった。冬になって雪でも降れば寝床にいても、この音がしたと父は云っていた。

父が亡くなる1年前に、もう床から離れられなくなっていた父の代理として母と共に父の故郷に行った時も、久しぶりの浜は相変わらずカラコロっと鳴っていた。

父の故郷といって思い出すのはいつもこの音だ。

さて、父方の祖母の話である。

父方の祖母は、私が子供の頃は冬になると山陰の厳しい寒さを避けてうちに逗留していた。

母方の祖母はただ、ただ優しくて甘いおばあちゃんであったけれど、父方の祖母は女だてらにキセルで煙草は吸うし、学はあるし、なかなかどうして貫禄のある人だった。

ただ、なにかで母が姉と出かけて、私と祖母とが二人っきりでお留守番というある日、小さかった私を相手に祖母は何故かドジョウの調理法について詳しく話してくれたのだ。

曰く「土鍋にお酒を張って豆腐と生きたドジョウを入れてそのまま火にかける。するとドジョウは酔っ払っているし、段々熱くなってくるしで、冷たい豆腐の中にもぐりこむ。で、鍋の蓋をあけるとドジョウ入りの豆腐が出来ている・・・云々」

「田舎は鳥取県といっても島根県寄り」と書いたが、実は安来節で有名な安来のけっこう近くの地域なのである。そのあと興がのった祖母は、たった一人の観客である私の前で「安来節」(つまりドジョウすくい)を踊ってくれたのである。

祖母も亡くなり、父も病床についていた頃、何かのついででこの話をしたら父も母もとても驚いていた。

「あ、あのお母さんがドジョウすくいー!?」

Tubaki

今、少なくとも職場では、私の評価は「まじめで冷静、頼りになる」という概ね良い評価である。

でも、私は知っている。

私にはあの愛子おばあさんの血が確実に流れている・・・・。

まだ、人前でドジョウすくいを踊らないだけの自制心が、かろうじて自分を救ってくれているだけなのである。

« ちょっと意地悪な特集 | トップページ | 母の日ケーキ速報! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きっとおばあさまは、つまらなそうにしている孫を楽しませたかったんでしょうね。
で、やがて興がのってきたのか、ぽろりと素がでたか...
ちょっと面白くて、でも素敵な思い出ですね。
もしかしたら、にっきさんもいっそ人前で踊ってしまった方いいかもしれませんよ!
そのときは陰でにんまり見守ってますから♪(もちろんカメラ必携☆)

>bookyo2さん
大丈夫、ドジョウすくいは見ていただけで習ってないから。踊れないから。
母方はそうでもないのですが、父方はけっこうおかしな逸話を持つ人が多いです。なんといっても鳥取県は現代の妖怪水木しげる先生を輩出した地ですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/5986879

この記事へのトラックバック一覧です: 望郷?:

» 鳥取県 [鳥取@ガイド]
鳥取県の口コミ情報を収集し、RSS情報をリスト化しています。そのため、トラックバックさせていただきました。今後ともよろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]

« ちょっと意地悪な特集 | トップページ | 母の日ケーキ速報! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30