フォト
無料ブログはココログ

« フランス菓子の殿堂オーボンヴュータンへ | トップページ | 猫皮が重い・・・ »

ドイツ菓子 ナッシュカッツェ

9月号の料理通信の特集「パティシエ100人」を見ていたら、うちの近所に割りと最近オープンしたドイツ菓子の店「ナッシュカッツェ」が載っていました。ありゃま、そんな有望な店だったの?という興味もあったのですがそれよりなにより、ここのパティシエが修行したのが西八王子の「ア・ポワン」だったことにびっくり。西八王子だから遠くてなかなか行けないのですが「ア・ポワン」は大好きなお店。ポワンの岡田シェフのパティシエとしての姿勢にも共感が持てますし、お菓子って幸せなものよねぇ、と再度認識できる良いお店です。そこで修行した人の店なら行ってみなくては・・・。

田園都市線江田駅から歩いて7分~8分くらい、ハーモス荏田のお隣のビルの1階にナッシュカッツェはあります。小さいお店ながらイートインが可能でしたので、まずそこで料理通信にも載っていた「エスターハーツィー」なるケーキを注文。シナモンの風味が効いた薄い生地の間にクリームを挟んで8層くらいに重ね、上をやはりシナモン風味のフォンダンで覆っています。けっこうしっかりした甘さです。いまどき珍しいかも。勧められるままに炭酸水でラズベリーのピュレを割った甘い飲み物を頼んでしまったので、ちょっと失敗。これはやはりコーヒーといただくものでした。ただ、丁寧な仕事ぶりはわかります。

で、あとは羊さんにも試食させるべく持ち帰りました。

Nasch1

左からリンツァートルテ・オレンジの風味のチョコレートのケーキ・定番シュークリームです。

Nasch4

まず定番のシュークリームです。皮は硬からず、かといってフワフワでもなくしっかりしています。中にはカスタード(多分生クリームも加えてある)がたっぷり!!これはア・ポワンのシュークリームを受け継いでいるのかなぁ。大人も子供も美味しくいただけるシュークリームですが、十分大人の味覚に応えられる、優しい味です。オーボンヴュータンのシューのような存在感はないけれど、近所にこのお店があったら、来客があった際にこのシュークリームは良いです!

Nasch3

名前忘れちゃったんですよね。このチョコレートケーキ。柔らかいスポンジに生クリームベースのチョコレートクリーム。オレンジの香り付けをしてあると思ったのですが、そんなにインパクトは無し。美味しいけど、やはりこれも今時にしてはしっかりした甘さです。(決して嫌な甘さではないし、甘ったるくもないです。)

Nasch2

そして最後にリンツァートルテ!少しレンジで温めると美味しいです、と言われたのでレンジで25度に温度設定して温めました。「旨い!」です。これは美味しい♪香料の香りとラズベリージャムの甘さがマッチして、これはこのくらい甘さが効いていて正解♪自分が作るリンツァートルテは割りと固めの生地で、生地と生地の間にラズベリージャムの層があるという仕上がりですが、ここのはソフトな生地の中にラズベリージャムが混じりこむといった感じです。あぁ旨い・・。

江田の駅前っていっても決して良い立地とも思えない場所で、でもなんだかお客さんが絶えず入ってきているようで、なかなかがんばっているお店です。窯を気にしながら販売をし、かつイートインのお客様にもコーヒーを入れてっていうのをパティシェともう一人の女性パティシエと二人でこなしていました。がんばれぇ。

ただ、ドイツ菓子って地味だから、なかなか受け入れてもらうには時間がかかるかもしれない。それでいわゆる苺のショートケーキや季節限定メロンのショートケーキもおいているわけだけど、それは商売としてはOKだしちっともかまわないのだけれど、ケースの前で迷っているお客さんにいきなり苺のショートケーキやメロンのショートケーキを勧めちゃダメでしょう。まず、自分の売りであるドイツ菓子を、解説しながら勧める、そしてお客さんにまずドイツ菓子を味わってもらう、ってことからはじめてほしい。どう考えたって、「リンツァートルテ」としか書いてないケーキがどんな美味しさかなんて、普通わからないって。

ア・ポワン仕込のクグロフも置いてあったし、焼き菓子もイロイロ。ケーキと一緒に頼むと飲み物が全て200円になるという特典もあるので、これからちょくちょく寄らせてもらいましょう。

そしてまずは今井シェフ、そのブルーと白の縞のズボンはやめよう。せっかく真っ赤な最新式のオーブンを入れたのなら、本人もビジュアル的にカッコ良く、全身ビシッと細身の白で決めようよぉ。そしてあと5kg痩せてくれぇ。

« フランス菓子の殿堂オーボンヴュータンへ | トップページ | 猫皮が重い・・・ »

よそのケーキ屋さん」カテゴリの記事

コメント

Esterhazytorte、なつかしいですね~

確かにそうですね。
ドイツ菓子の味を知ってもらうには、まず食べてもらわないと。

同感です。せっかく素晴らしい商品なのに...ちょっとした説明をしてくれたら、買い手も賢くなり、楽しみ方が膨らむでしょうね。双方にとってもったいないことです。
3個ともおいしそうですね。リンツァートルテを是非いただきたくなりました♪

料理通信興味ありです。
もし、名古屋で気になるシェフが居たら教えて下さい。
私が替わりに試食してきますよ。
大丈夫。解説はこのブログを参考にしますのできっちり書けると思いますよ。

実直で不器用そうなパティシエさんという感じがします。
見かけが地味でも伝統的なお菓子って絶対素敵だと思うなぁ。
生クリーム入りのカスタード...大好きです。
リンツァートルテ...にっきさんのお店で見てからずううっと食べてみたかった。
はぁ...お腹空きました。

>kanさん
さすがお詳しい!でも今は目の毒なだけですよね。

>オカモさん
なかなかリンツァートルテを置いている店ってないんですよね。こちらに遠征される際には是非!

>167さん
料理通信で今回取り上げたパティシェ100人の中に名古屋のお店は皆無。取り上げている地域に偏りがあるのか、有名どころのパティシェはみんな東京(山の手)か横浜(山側の郊外)か神戸か大阪か京都を選ぶのか?167さん自らの足で発掘してレポートしてください。

>bookyo2さん
お店はやたらとスタイリッシュなんですよ。特に真っ赤なオーブンが可愛いの。女性パティシェはすごーく可愛い人で、彼女が店頭にいるぶんにはすごく似合っているのだけどね。いかんせん、オーナーパティシェ本人が・・・。

目の毒ですね~

特にフランス菓子とかタルトは。

でも2週間に1回はバター&乳脂肪の解禁日がありますから!

小豆とか寒天は勝手にセーフにしちゃってますし。

>kanさん
せっかくの解禁日なら、美味しいのを是非召し上がってくださいね。
たしかに小豆&寒天はOKだと思います。いけないのはジャンクフードですよね。この先もがんばってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/7603584

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ菓子 ナッシュカッツェ:

» 雑記帳 「金魚博士」は今年もゼロ  [大和郡山・金魚検定]
国有数の金魚の産地・奈良県大和郡山市で19日、金魚に関する知識の精通度などを認定する第2回「大和郡山・金魚検定」があった。 ◇全国金魚すくい選手権大会に合わせて実施。100点満点中90点以上は「金魚博士」になれるが昨年はゼロ。難しすぎると指摘されていた。 ◇今年は小学生用の「児童の部」も新設。博士第1号誕生に期待がかかったが、またもや見送りに。すいすい難問を解くつわものが来年こそ現れるか... [続きを読む]

« フランス菓子の殿堂オーボンヴュータンへ | トップページ | 猫皮が重い・・・ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30