フォト
無料ブログはココログ

« 月末雪崩状態 2 | トップページ | 素敵なリース »

月末雪崩状態3

月末雪崩の一番大きい要因は、私が生徒をやっているほうの教室でのお役目があります。こちらの教室のHPで毎月私がやっている、アイシングによる線描き実演の撮影・・・。

よくバレンタインデーとかで目の前で名前を入れてくれるサービスがありますよね?その時職人さんが紙のチューブにチョコレートやクリームを詰めてチョチョイのチョイで絞り出してくれるの・・・。つまりアレです。

おまけに実演するのは名前なんかじゃなく、その季節に合わせた図案を21センチのケーキ型の底板に絞り出していくのです。もう2年くらい続けているのですが、なによりその図案から考えなくちゃいけないのが大変!

 とにかく図案、今月の図案!と騒いだところで良いアイデアがそうそう浮かぶわけも無く、毎月、絵の神様が降臨してくださるのを信じて待つしかない!という状況です。絵の神様は撮影当日の朝にやっと降りてきてくれることがほとんどで、いつも綱渡り状態です。はふぅ。

今月は2日前に絵の神様が降りてきて「今月は栗鼠~!」とお告げ下さったのは良いのですが、「栗鼠」ですよ!「栗鼠」!すぐに皆さん栗鼠なんて描けます?私は描けないゾ。

有能なアシスタントの羊さんにインターネットで可愛い栗鼠写真が載っているサイトをさがしておいて、とお願いしておいたら、こんな可愛い写真集、こちらやその他のサイトを見つけ出してくれました。これらを参考に栗鼠の絵を描き始めたのが昨日の夜です。

Risu1

目つきの鋭い「栗鼠」です。これはまだ、マシなほうで、どう見ても「和式トイレにかがむオッサン栗鼠」もしくは「洋式トイレで胡桃を抱えて考え込むオッサン栗鼠」しか描けない・・・。時間だけがどんどん過ぎてゆく。

「描けない!栗鼠が描けない!」とのた打ち回るが描けないもんは描けない。絵の神様は「今月は栗鼠~!」と言ったっきり、何処ぞへ行ってしまわれたのでいまさら代替案も無い・・・。それに栗鼠がうまく描けたところで、それをケーキの上に描ける図案にまで仕上げなければ、どうしようも無い。困った・・・。本当に困ったので昨日はそのまま寝ちゃいました。

脳味噌の不思議なところはいろいろ材料さえ詰めておけば、眠っているあいだにシャッフルされて、朝にはそれなりの答えが出来上がっているということです。(かなり切羽詰まっていればですが)小さな妖精さんたちが私を哀れんで手伝ってくれるのかもしれないですねぇ。そんなわけで朝になったら図案が出来てました。

Risu2

やれやれ・・・あとはこれが鉛筆ではなくパイピングチューブに詰めたアイシングでうまく自分が線描きできるかどうかなのですが、いつも図案が出来上がるのがギリギリなのでそこまで考えるゆとりも無く、本番に突入しています。

ま、今回もそれなりに・・・。撮影は終了いたしました。来月初めには某サイトで私が線描きしている実演が先生のでっち上げ解説付きで載ります。いつも線描き終了後の脱力した姿(かなりの頻度で眼鏡がずり下がってる)を撮られるので、それがどこのサイトかはお教えいたしません。

知ってる人だけ、見たければ見ても良いです。許す。

このお役目が終われば、肩の荷が下りて月末の仕事雪崩もほぼ終了です。やれやれ。

070926a

そのあと、今日は青葉台の美容院に来ていた母と待ち合わせて青葉台の聘珍楼でランチを食べました。仲秋のお祝いですからと月餅のお土産をお店から頂戴しました。なんか嬉しい♪お皿の上の左側は、私の先生作の焼き菓子。(あまっちゃったからどうぞ、と言われてこれももらってきました♪)右端が今日のお稽古ケーキ、グランマニエ・クリスタリゼ。オレンジの香り豊かな小粋な焼き菓子でした。

« 月末雪崩状態 2 | トップページ | 素敵なリース »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

うっふっふー、ワタクシ『知ってる人』なんで、
許可もいただけたことですし、
彼岸花を見て参りました。素晴らしい!素晴らしいけれど『ひがんばな』って!!!

私は大好きなのでちっともかまいません、ケーキに彼岸花♪

そしてこの栗鼠の華麗なるメタモルフォゼ!
オッサン栗鼠からかわいい『りすさん』に無事変身おめでとうございます。師匠の頭の中にはどんな妖精さんが住んでいるのかしらん。私のところにも来て欲しいなあ。

図案のタイトルは「秋」ですか。

ちょっと「ぼのぼの」風?

絵を描けるのって素晴らしい才能です。


僕も追い込まれないとやり始めない体質で…

提出の3時間前とかにレポート書いてたりしました。

寝てるあいだに小人が…とか考えます。

でも締め切りが近づくと、できることが絞られてきて、
結局間に合うように仕上がるんですよね。

そんな理由から、学生のときの試験は万年筆で一発勝負。

やっぱ集中力ですよね。

>リー夫人
絵の神様は一度ご神託を下されると、なかなか訂正してくれません。彼岸花も「彼岸花?いいのか?」と思ったのですが、それ以上なんのおと沙汰もなく、神様は無言・・・。仕方なしに困ったときのバラの花図案と両方用意して撮影に望みました。結局先生に採用されたのは彼岸花図案でした。かつて、「睡蓮」(蓮の花)を思いついたときには羊さんが「そりゃぁ、マズイでしょう」と止めてくれました。

>kanさん
ドイツ語ですよね。
最初描いていったのはこの図案だけで、教室について絵をみせたあとにこの文言を入れるように言われました。私のタイトルは「栗鼠と胡桃」副題が「イジメル?イジメナイよねぇ?」です。

「イジメないよぉ~(汗汗)」
目がいいですね♪ 愛らしさは、やはり目がポイントかと。
ちょっと無表情の方が、より深い可愛らしさを醸し出すように思います。
アイシングは一発勝負なんでしょうか? スゴすぎます!

>bookyo2さん
何度かは練習しますけれど、一度本番が始まれば突き進むしか道は無いです。
いつも気合で臨みます。たまに見学者がいたりすると緊張のあまり本当にイヤ~な汗かいてます。けっこう苦労してるんです。ふぅ。

アイシング、スプーンとかでとろ~りと
たらすようにしかしたことないから、
そこまで綿密な絵を描けるってすごいね~
クッキーにチョコとかはしたことあるけど、
描いてる途中は何とかなっても
留めの切れがうまくいかないー
生クリームのデコとかでもそうだけど^^;
ほんと息を詰めて描くって感じやね!

当日までにきっちり仕上げるのは流石ですね。
私なら、「クッピーラムネ」から頂きます。
しかし、技術が追いつかず中国の遊園地のような状態になるでしょう。

>167さん
クッピーラムネ・・・そりゃ何だ?
当日まできっちり仕上げるっていっても、いつかこんな生活、破綻するんじゃないかと実は冷や冷やです。

昭和の王道駄菓子、クッピーラムネをご存じ無い?
ホントニに?
びっくりして調べたら、本社所在地が名古屋でした。
関東では流通してないのかな。
http://www.chu-ka.net/topics/20040524.php

>167さん
袋の絵(まさしく栗鼠だね♪)を見て遠い記憶がよみがえりました。
そういえば、あったね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/8118620

この記事へのトラックバック一覧です: 月末雪崩状態3:

« 月末雪崩状態 2 | トップページ | 素敵なリース »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30