フォト
無料ブログはココログ

« りんごがやってきた! | トップページ | 秋の色 »

ハロウィーン?

ハロウィーンだからっていうわけではないのよ。

Pump2

カボチャを使ったケーキはないのですか?というお問い合わせがあったので試作してみました。カボチャのタルトです。

Pump3

カボチャは蒸してつぶしたあと、砂糖とバターを入れてさらに火にかけペーストにしました。それとアーモンドクリームを合わせたフィリングをザクッとしたパート・ブリゼの台に詰めて、賽の目に切って蒸したカボチャとたっぷりのアーモンドスライスをのせて焼きあげてみました。今回は中に漬け込みフルーツもちょっとオマケして入れてみましたよ。

実はお菓子作りにはまっていた子供の頃、一度パンプキンパイに憧れて、缶詰のパンプキンペーストを使ってパンプキンパイを作ったことがあります。・・・・・実にマズカッタ。

腕が拙かったというのももちろんあるけれど、缶詰のペーストは水っぽくって、それをろくに火にもかけずに使ったのだから当然ですね。それ以来カボチャは鬼門でした。カボチャプリンもあのちょっとザラッとした感じがあまり好きではないし、カボチャは薄切りにしてレンジでチンして、お弁当のおかず専門でした。人様に言われなければ、いくらハロウィーンだろうと、カボチャ大王が目の前の畑に降臨しようと、カボチャのお菓子を作ることはなかったと思います。

で、肝心のお味はどうだったかと云うと、かなりイケテル。特にパートブリゼのザクザクした食感と合うなぁ・・・。実はこのデカイのはまだ食べておらず、この小型に作ったほうを羊さんと食べました。

Pump4

今日、これから仕事なのだけれど土曜日で電車も空いていることだし、大きいほうを持って出勤です。珈琲倶楽部の皆さん方に試食させて反応をみようかと思っております。

もちろん、今日のお弁当には余ったカボチャが入っています。カボチャ尽くし・・・。ハロウィーン月間だしね。

« りんごがやってきた! | トップページ | 秋の色 »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

つやつやとして、とってもイイお色が美味しそう♪

>お菓子作りにはまっていた子供の頃

...このフレーズで、小中学生の頃を思い出しました。
お菓子作りの上手な子がよくお裾分けしてくれましたが、一度もお返ししなかった...
「特技はお菓子作り」って言ってみたかったなぁ。

>bookyo2さん
子供の頃のお菓子作り・・・それはもう本当に家族を犠牲にした人体実験でしかなかったと思います。父が晩年、デザートのケーキをお出ししたお客様を前に「ここまで来るのに、どれだけひどいものを、オイシイ、オイシイと言って食べたことか・・。」としみじみ言っておりました。
ほめて育てる教育方針だった父。ずいぶんと苦労したのではないかと、今にして思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/8516782

この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィーン?:

« りんごがやってきた! | トップページ | 秋の色 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30