フォト
無料ブログはココログ

« 恋人達のケーキ? | トップページ | 閑話休題 »

五つの帳簿と脳味噌五分割

おしゃれな街代官山での勤務ったって、やっていることは会計業務。お金を転がすわけではないので経理とまではいえない単純なもの。ただ、8月まで売り場でお父さん達相手にスラックスを売ったり、お直しを承ったり、苦情の電話を受けたりしていた身にとっては、「こんな処理で本当に良かったの?なんか私間違えてない~?」ということばかり。

大人なんだから・・・と自分に言い聞かせているのだけれど、わりと仕事の面ではほっとかれてる。これを任せられている、と取るむきもあるだろうけれど、そんなふうに思えるのは、もっと仕事に慣れてからだと思う。今はどう考えても仕事の表面的な流れしか、捉えられていないんじゃないかと思うわけ。はぁぁぁぁ・・・・。

いやまぁ、そんなグチをお聞かせしたってはじまらない。さて、ここでも私は「本部」という部署の会計業務と、自分が出身してる店の「分会」というところの事務を兼任しております。それぞれに違う仕事なので、主は「本部会計」ですが、たまに「分会」さんのところにも顔を出して、アレコレ処理をいたします。それぞれ帳簿もちがうので、ここで私は2つの帳簿を付けとるわけです。

6時過ぎに仕事が終わると、夕食の準備の為にお買い物をしつつ帰ります。ここで出すお金は羊さんと共同出資している「家計費」からです。で、そうそう、ご注文いただいていたケーキの為の卵とバターを買わなくっちゃと、追加でお買い物。これのお金は「キッチン山田」の会計から捻出します。そして、ブレーメンでのレッスンで使う洋梨のコンポートために洋梨と砂糖を買います。こちらはレッスン用の材料費から出るので、レッスン費のお財布から出します。さて、あとは本屋さんに寄って、本を買って・・・。これは私のお小遣いから。

まさか、首からいくつもお財布を提げているわけではないので、一つのお財布から全て出して、家に帰ってから会計処理?をします。いつもいつもきちんとそれぞれの財布からピッタリその額を出せるわけでないので、そこで簡単な手形が登場です。「家計費に260円借り」というメモ(手形)をキッチン山田の財布に入れ「キッチン山田に260円貸し」というメモを家計費のお財布に入れておくわけです。ある程度たったら、それぞれ精算して、それぞれの帳簿に記入します。

昼も夜もそんなこんなで帳簿が私の上に重~くのしかかります。脳味噌が五分割されて、それぞれのパーツでそれぞれの仕事をしているかんじ。羊さんが管理しているのは家計費の大元の銀行口座と自分のお小遣いだけ・・・。多分羊さんの脳味噌はピンク色でつるんとしているんだろうな・・・。

Earlgrey1

おまけにクリスマスがやってくる・・・。これは昨年のアールグレイ風味のチョコレートケーキ。真ん中にキャラメルクリームとバナナが入っています。でも、今年はやらない。新しいのを考えてます。

いや、考える努力はしています・・・・。浮かばないだけだ。

Teachoco3

« 恋人達のケーキ? | トップページ | 閑話休題 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

簡単とはいえ手形を残しておくところはポイント高い。
これが「明日でいいや」だと、使途不明金がどどっと増える...(←私の場合)
お金の業務って神経がすり減るしんどさがありますよね。
せめて天啓がひらめくよう、お祈りいたしております☆

・・・なんだか大変^^;
仕事でもプライベートでも計算してると、
アタマがこんがらがりそう!!
手形のアイデアは、簡単だけど一番わかりやすくていいですね。
やっぱり基本はシンプルってことなのかしら。

クリスマスシーズンの到来に、選ぶ方はウキウキわくわくですが
制作側としては楽しいばかりじゃないのですね^^;
どうか素敵なひらめきがありますように♪

ちなみに私はちょうどクリスマス辺りから正期産に入るので、
年末年始の予定がたたないんですよ・・とほほ(´・ω・`)

いっそのこともう1つ帳簿を増やして、映画「ショーシャンクの空に」のような二重帳簿というのは如何でしょうか?

>bookyo2さん
使途不明金・・・美しい言葉だ。全部これにしちゃいたいよぉ。楽だし。

>ゆゆさん
あれぇ、もうそんなになるんですね。たしかにそれはちょっと落ち着かない(でも周りはワクワクの)年末年始になりそうですね。いまのうちにアニキにわがまま言っちゃっおう!

>167さん
どの帳簿で2重帳簿をつけるか・・・迷いますね。職場のは煩雑すぎて今でさえ残業気味なのに、これで2重帳簿をつけるとなると深夜勤務だ。
家計費もあまりに額が少なくて、子供銀行でも融資はしてくれんだろうという経営状態です。

よし♪
ぢゃー国庫から助成金を出してもらっちゃおー (ノ゚ο゚)ノ ¥¥¥

我が家では家計はオットが握り、ワタシは自分の仕事の経費精算もおぼつかず・・・ワタシの脳みそはピンクでつるつるどころか、しろ~くぶよぶよに違いないです・・・とほほ。
にっきさん、経理感覚というのは才能です。
尊敬します。

にっき様

お菓子づくり以外にも、お仕事されていたのですね~、
しかも、複雑な帳簿管理まで。

何だか、月~金の普通のサラリーマン仕事しかしてない私。
それなのに、時間がないわ~、とか言っている自分。。。
時間がない! なんて言ってないで、 
もっと頑張ろうっ、と励まされました。
(ちょっと、この記事の観点からずれてるかも、ですが。。。)

>ヌシさん
えぇ~本当?月10万ほど助成してもらえないでしょうかねぇ?交渉しておいてくださいね。ヨロシク

>アリーマ様
うーん、才能はないと思う。あったら今頃キッチン山田の口座にはもっとお金が貯まっているはず。経営の才能はもっと無いにちがいない。私に備わっている才能は給料日まで1週間あるのに家計費が2000円を割っている・・・というような状態ではじめて発揮されます。これをいつも月初からやれていれば、どんなにかお金が貯まったことか・・・。

>SUZU様
うんにゃ、お仕事っていっても週4日だけに留めています。本当はお菓子仕事に専念したいのだけれど、それだけでは食べていけないので。理想をいえば6月から9月まではお菓子の需要が落ちるので、そこだけ他所で働いて、10月から5月までお菓子に専念する仕事っていうのが効率良いのですが。でもそんな仕事って「海の家」もしくは「お盆提灯の販売」くらいしか浮かばない・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/8879063

この記事へのトラックバック一覧です: 五つの帳簿と脳味噌五分割:

« 恋人達のケーキ? | トップページ | 閑話休題 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30