フォト
無料ブログはココログ

« すごろくの駒でした | トップページ | 2月が始まった »

歳をとっても

またまた、かすてらの話で恐縮です。ここのところ毎日曜日、登戸の先生のところで「かすてら」の寒稽古中。2枚を連続して焼くのだけれど、焼き方をいろいろ変えて(と言っても1分2分の差だったり、敷く新聞紙を新しいものにするか、焼きこんだものにするか・・という選択)、どの焼き方が自分の種に一番あっているか、模索中です。

先週1枚目に焼いたかすてらは充分満足いく出来上がりで、これがコンスタントに焼ければ、多分それが私のかすてらの完成形になるな、と思える出来でした。

ただし、品評会で勝てる「かすてら」ではない。いや、別に勝たなくっていいんですけどね。そういう意味ではなく、ぽーんと頭ひとつ出た、出色の出来というヤツでは無い。

たまーに、そういうのが焼ける時があるのですよ。自分の実力以上のぽーんと、もしくはすっか~んと図抜けた良いかすてらが。

いままで、それは神のみぞ知る、という感じで時々、たまたま出現するだけのかすてらだったのだけれど、それを自分のコントロールできる範囲でせめてそれに近い感じにまで仕上げたい!というのが今回の寒稽古の大きな目標でした。種と火の按配・・・これに尽きるのかな、というのが実感でした。いままでその図抜けたかすてらが焼けたときの条件をいろいろ考えてみると、そこにヒントがあると思っているわけです。

だから焼き方をいろいろ変えてみてました。単に変えるだけでなく、焼いていない残りの平日6日間、次はどうしようかと考えてました。(仕事してるときもね♪)

で、昨日、ほぼ理想どおりのかすてらが焼けました。2回目の泡きり(という作業があるのよ)と温度と時間、自分の推測どおりに仕上がりました。まだ、まだ、偶然の入り込む余地が多いので、2月に入ったら2枚を同じ焼き方で焼いていって、この焼き方を形にまとめていこう!という話を先生としました。

うーん、こういうのを人に説明するのって難しいのだけれど、私は昨日のかすてらを焼いたことで、この先、もっともっと良いかすてらが焼けるのなら、歳をとるのも悪くないや、と心底思えたのです。何年か前、初めてすごいかすてらが焼けておまけに名人戦のタイトルを取ったときはただただ、嬉しかっただけだけど、こんどはもっとしみじみと・・・う~ん、なんか目の前が開けたような嬉しさでした。

で、どんだけすごい「かすてら」かっていうと、もうそのかすてらは遠い沖縄、および近場の世田谷のお客様のもとに旅立ってしまったので端しかないんです。

Cimg1583

ああ、なんてまぁ、美しい端切れなんだ。

おまけに夕飯にロールキャベツを作ろうとして、パン粉が無いことに気付いて仕方なくこのかすてらの端を(一部だけだけどね)パン粉代わりに使ってしまった。

Cimg1582

ロールキャベツ、美味しく出来て羊さん大喜び。「お店のだってこんなにおいしくないよねぇ♪」

当たり前だ。お店のロールキャベツにかすてらの端は使っていないもの。それも最上級Aクラスのかすてらの端だぞぉ。

« すごろくの駒でした | トップページ | 2月が始まった »

「かすてら」カテゴリの記事

コメント

素人の私が見ても見事な肌理の細かさで、口に含んだ時の口溶けの滑らかさが伝わってくるようです、文句なし!の美味しさでしょう。かすてらも、ロールキャベツもです。

去年の敬老の日に、両親に手配頂いたかすてらも珠玉の逸品だったと記憶しております。あれも画像でしか拝見していませんが、本当に美しかったですもの。(老母絶賛)

好きなものにとことん打ち込めるって、何もかも肯定出来るようになれる(例:年を重ねる・逆境を受け容れられる)幸せなことですよね。私も見習っていきます。イマハチョットゲンキナイケレド。

カステラのきれはし、食べたい。
ロールキャベツにいれちゃうなんて、もったいない~。
どんだけ贅沢なロールキャベツなんだ。これも食べたい。
そして、歳をとるのも悪くないなと思えるようになりたいです。
私の場合、どうしたらそうなれるだろう・・・。

>リー夫人
エンドレスの挑戦です、これは・・・。
来月の名人戦、既にタイトルホルダーの私が一番緊張しないで
臨める!という利点はあるのだけれど、無欲なだけに踏ん張りがきかなそうで・・・。

>るるさん
るるさんの年齢ではまだ歳を重ねることの不安なんか感じなくて良いのよ。毎日いっぱい笑っているとそのうちに歳をとることなんてどうでもイイヤ!って思うようになるから。

>無欲なだけに踏ん張りがきかなそうで・・・。

では、こんな風に考えるのは如何でしょう。

この広い世の中には実はまだまだにっきせんせいが出会っていないかすてら名人がいるのです。今もどこかで(長崎とかにいそうだ)見事な泡きりをこなし、にっきせんせいが『むむ、出来る!』とうなるようなかすてらが焼き上がっている、そしてその出来栄えは何枚焼き上げてもブレがない。。。われらがにっきせんせい、横浜代表としては負ける訳にはいきませんぞ。真の日本一を目指しませう。

…って、ほら、今焚きつけたりおだてたり叱咤したり持ち上げたりしなくちゃならんヤツがいるものでつい…ナマイキ言ってごめんなさい~。

おお…!かすてら武芸帳とか、かすてら十番勝負みたいな感じになってきましたね。
でも、この神々しいようなかすてらの端を見ていると、にっきさんの思いもリーさんの力瘤も、なんだか納得です。かすてらも、にっきさんの生き方もどちらも美しくて、どちらも人を幸せにするなあ。
…うーん、私までしみじみしてしまったぞ(ちょっと泣いたりして)!

>リー夫人
実はこんどのタイトル戦には、タイトルをとってほしい子がいるのよね。正統派の焼き方をする子で、先生も私も一押しの子。ただ、名人戦は一発勝負、おまけに審査が一般の人なので、どう転ぶかわからない。難しいところです。ただ、初代名人といたしましては「さぁ、私を越えてこそ真の名人なのよぉ。挑んでいらっしゃい。おっほほほほ」というお蝶夫人のノリで、日々がんばっておるわけです。

>さばさん
「かすてら武芸帳」いいねぇ、その響き。いただきだ。かすてら修行の最難関の修行は、しゃべり続ける母をものともせず、集中力を保ってかすてらを焼く北台の修行につきますね。今週はその修行にも行って来る予定。マッサージチェアの誘惑とも戦わねばなるまい。

カステラ入りのロールキャベチュ !! !! !!
あぁ…なんて羨ましぃのでしょう (〃・¬・〃)
にっき先生のご近所さんだったら毎日のよぅに押しかけるのになぁ…
あ、もちろんお酒持参でね♪

寒稽古か・・・それって、やっぱり菓子作りの神様に礼をしてから裸足で・・・じゃないですね。あ、すみましぇん。

>ヌシさん
かすてら入りロールキャベツって字で書くと、キャベツに包まれた「かすてら」みたいな絵が浮かんでなかなかすごい。

>アリーマさん
そうなの、そうなの。
まずねお神酒をぐぐっと空けるわけですよ。
そいつをぷふぁ~っとやった後、おもむろに裸足になって気合を入れて、頭から冷水かぶって
火の中に飛び込む・・・。

お蝶婦人=にっきせんせい。
両耳の手前にくるっくるにカールさせた御髪が一束。
そしてお神酒をあおって、
裸足で禊を果たしたせんせいに
次回のレッスンでお会い出来るのですね。。
そして、あのキッチンのガスコンロに飛び込むせんせい。
うおおぉぉ…。
何を、何を作りましょうか。
あ、お蝶婦人せんせい、
先ほどかぶった水でマスカラが…。

(妄想族)

※本物のにっきせんせいはとても真面目なやさしい方です。
 

ふむふむ φ(*∂-∂*)メモメモ
そぉーなのカァーっ

とっても、非常識でゴメンナサイ、な疑問です。
ロールキャベツにパン粉ってつかうんですか??

>リー夫人

>※本物のにっきせんせいはとても真面目なやさしい方です。

多分フォローになってないと思う。ちなみにマスカラはここ何年もつけてないことだけは確かですね♪

>ヌシさん
そこの君!そのメモは没収です。

>SUZUさん
出張ご苦労さまでした。お帰りなさいまし。

私のロールキャベツは、挽肉と玉葱、パン粉、つなぎに卵を入れたハンバーグ種をくるりんとキャベツで巻きます。と、いうわけでいつも何も考えずに、パン粉、もしくは食パンを細かくちぎったものを入れていたのだけど・・・。よく考えたら別に入れなくてもよいのかも。多分多少ふんわか仕上がるのかな?(あと、嵩が増すという利点がアル)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/10121838

この記事へのトラックバック一覧です: 歳をとっても:

« すごろくの駒でした | トップページ | 2月が始まった »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30