フォト
無料ブログはココログ

« 皆様の愛のために Ⅱ | トップページ | かすてらの道は厳しく険しい »

厳寒の諏訪湖

半端でなく寒い、厳寒の諏訪に行って参りました。

Cimg1653

諏訪湖は全面氷結しております。おまけにその上に雪が積もっております。今年は御神渡りもございました。

Cimg1646

なんでこんなとこに連れてきたんだよぉ~と、見渡す限りの凍てついた景色を目の当たりにしたときには、おもわず羊さんを責めました。

でもね、とっても寒かったけど、(最高気温!がマイナス2℃)とっても楽しかった1泊旅行になりました。

楽しかったのはひとつはちーさんのおかげ。ちーさんにならって私も今回は旅ノートを作ったのです。これがもう楽しくて楽しくて。

Cimg1672

行きの電車の中からゴソゴソとペンを取り出して書き込んで、お店や美術館に入ったら何かパンフや案内図がないかキョロキョロ探し、宿についたらさっそくハサミと糊!

Cimg1673

もう楽しいったら無い!脳内麻薬出まくりですよ。帰りの電車の中でも切ったり貼ったり、旅行から帰ってきてもデジカメで撮った写真を切り抜いて・・・。あー、本当にちーさんどうもありがとう!

そしてもうひとつ、旅行が楽しかったのは、この帽子のおかげ。これを耳までかぶってさえいれば、寒さなんてへいちゃらで、氷点下の諏訪湖畔を羊さんとどんどん歩いて移動できました。二日目は朝、マイナス17℃くらいまで冷え込んだらしいのですが、昼間はお日様たっぷりで、歩き回るのにさほど苦労しなかったです。

Cimg1663

で、この帽子、私の手編みです。

寒いところへ旅行に行くのに帽子は絶対必需品だ、と力説する羊さんを前にして私が「もう買いに行ってる時間がないよぉ~」とぼやいていたら「引き出しになんか編みかけの帽子が入っていたヨ」と羊さんが言い出しました。

いや、私、帽子なんか編んだ覚えはナイ・・・。編みかけていたのは毛糸のバッグだヨ・・・。

ま、ためしにそのバッグをかぶってみたら、あれぇ、これけっこう帽子に見えるねぇ。そんなわけで前日に一生懸命糸の始末をした毛糸のバッグを、私かぶって旅行しました。暖かかった・・・デス。Cimg1658

諏訪大社自体には何度か来たことがありましたが、こんなにキ~ンと張り詰めた空気の中でお参りしたのは初めてです。諏訪湖も凍っているほうが綺麗だった。

Cimg1643

諏訪の銘酒「舞姫」は登戸の先生が一番好きと言っているお酒なので、今回は蔵元を訪問してあれこれ試飲させてもらって、先生用にお土産として買いました。

次回は下諏訪の銘酒「御湖鶴」の蔵元にも行ってみようね、と次なる目標も設定して氷の世界を後にした私達でございます。

« 皆様の愛のために Ⅱ | トップページ | かすてらの道は厳しく険しい »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

わぁ~ お帰りなさい。
いい旅がして来ましたね♪旅ノート(にっきさんの旅にっきかな)もとってもステキ。やっぱりにっきさんらしいです。

登戸の先生のお喜びが目に浮かびます(^_^)“御湖鶴”少しいただいて、飲んだことがありますよ。なかなかいいお酒で、蔵元の若いご主人を応援している酒屋さんも多いようです。

お。旅ノート。杉浦さやかさんみたいですね。

食べもののページ、さすがのセンスです。

わーー!!素晴らしい!!
素晴らしい旅ノートができましたね!

にっきさん、お帰りなさい♪
UPされるのを心待ちにしてましたよ〜(笑)

お食事のイラストもステキです。
どうも私はきっちり空間を詰めて書いてしまうのですが、にっきさんのは空間の取り方がとても大人っぽくてかっこいいな・・・(^^;)
これはますます、蕎麦の会?が楽しみになりました♪

帽子はバッグだったのですか!?
最初から帽子になるべくしてなったような、可愛い帽子ですけど(笑)

それにしても寒そうっすね〜〜!!
盛岡の比じゃないですよ、コレは☆
でもほんと、雪と氷の世界はとても美しいものデスよね♪

旅ノートかぁ、、、、
先生、絵も上手~~~
絵は苦手だけど私も今度それ採用してみようかな・・・。

ちょうどいい帽子(?)があってよかったですね!

手編みの帽子の正体がバックだったとは… ( ̄□ ̄*)!
あぁ…ヌシも旅にでたぃ

バッグをかぶって旅行におでかけでしたか、うらやましぃ~。
いつかそういう旅に夫と(でなくてもいいけれど)
出かけてみたいものです。

では、にっきせんせいは、
旅ノート持参・バッグキャップ着用を『不良の会参加コード』とさせていただきます。notes

私も旅行に行くときは、その日の出来事をつづった旅日記をつけるのが習慣。 後日、読み返すと面白いんですよね、これが。
にっきさんのように、これからは切符とかパンフなんかも貼り付けてみよ~っと。

しかし、寒そ~です。

>オカモさん
そうなんですってね、「御湖鶴」は若い当主ががんばっている蔵元で、こちらではなかなか手に入らないようです。上諏訪でもお土産コーナーみたいなところでは置いていなくて、時間がなかったので買えずに残念でした。それから上諏訪の麗人酒造さんでは地ビールも作っているそうで、それも飲んでいない!イロイロ遣り残してきました。また行かなくては!

>kanさん
もう体調は良くなったのですか?私は厳寒の地でマイナス10℃以下という気温を体験してから、なんだか元気になりました。やはりどんなに好きな仕事をしていても、日々、澱のような疲れは溜まります。旅行は一気にそういうものから解き放たれるので、リセットされたようです。kanさんも台湾・・・行っちゃおぅ!

>ちーさん
いやいや、本当に楽しいアイデアをありがとうございました。ちーさんは罫線のあるノートに綺麗に書いていらしたのですが、私、どうしても罫線のあるノートは苦手なんです。真っ白な紙でないと書けないし、描けないの。こればっかりは・・・。そんなんで安いスケッチブックを買っていきました。糊で貼ったのでもう、スケッチブックがブクブクにふくらんじゃって。
ノート交換するの楽しみ~!あと、原田泰治美術館では彼の原画をもとにしたパッチワーク展が開かれていて、そんなお話も「あ、ちーさんにしてみよう♪」とかいろいろ思いながら、倍楽しく過ごせました。

>リー夫人
そうなの、バッグかぶって旅行したのよ。で、今このバッグキャップはこのあとバッグにしようか、どうしようか激しく迷っています。暖かかったしなぁ。でも代官山あたりではもっとヘンテコな格好している若い子が多いので、最近なんでもアリだなと達観しとりますのよ。不良の会、雪でも降ったらかぶって行くけどね。街なかでは頭が蒸れるゾ。

>るるさん
バッグでもなんでも平気!という心境にいたっております。もう何も怖くないお年頃ってやつですかねぇ。(笑)絵はねぇ、こういうのなら得意なんですよ。というかチョコチョコ描くのはすごく楽しい。ほら、教科書の隅とかにマンガとか描く感覚ですね。

>ヌシさん
このあいだ、ヌシさんは台湾で楽しい思いをしてきたハズだ。でも、また京都に美味しい旅行してきてね。楽しみにしております。

>SUZUさん
私もこんなに計画的に作ったのは初めて!今日、実家の母や遊びにきていた姉に見せたら大好評でした。中には羊さんとやったトランプの得点表とかもあって、みんなで大笑い。もちろん私が大勝しましたヨ。

御神渡りって、いっぺん生で見てみたい!
いいかんじのラフさが魅力的なノートですね♪
モノ作る人って絵がうまいなぁと思うことが多いんですが、にっきさん、さすが!
ホームページにも手書きのイラストや手書き文字とか入れてみてはいかがですか?

>bookyo2さん
HPに手描きの絵とか入れてたらそれに熱中して、ただでさえ出不精な私は一歩も家から出なくなっちゃいますよぉ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/10655965

この記事へのトラックバック一覧です: 厳寒の諏訪湖:

« 皆様の愛のために Ⅱ | トップページ | かすてらの道は厳しく険しい »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30