フォト
無料ブログはココログ

« 2月が始まった | トップページ | 雪が降るからマーラカオ »

昭和のガキにマロングラッセ

私、かなり若いのですが、でもなぜか生まれは昭和30年代後半なのですよ。計算が合わないのが自分でも不思議です。

その頃は今みたいに食に関する情報が一般家庭に届くわけもなく、普通にどこのおうちもご飯とお味噌汁とお漬物、焼き魚や煮魚なんか食べ、おやつだって「鈴かすてら」食べたり、お饅頭食べたり、喉が渇けば子供でも手軽に作れる「ワタナベのジュース」なんていう色水を飲んだりが当たり前でした。

ただ、うちには父の仕事の関係で、突然、頂き物と称して珍しい食べ物が届くことがありました。それが国内のものであれば、おおぉ~と賞賛の声で迎えられ、鯛の浜焼きなんかだとその編み笠?みたいなものは後々まで私達のままごとの小道具になり、大事に大事に遇せられたものです。

ところがたまに得体のしれない食べ物が届くわけですよ。黒くてショッカライだけの魚卵の缶詰とかは、魚卵もあまり好きでなく、おまけに全く酒を嗜まない家庭に育った母にとっては、迷惑以外の何ものでもなく、人様に差し上げてもご迷惑でしょうからと、多分次から次へ捨てられたと思う。だいぶ後になってから「あれはキャビアだった」と思い至ったらしいのだけれど、やはり「好きでなかったから良いの」という結論になった。

価値がわからない奴にとっては所詮「猫に小判」なわけである。

さて、そんな日常の中にごくまれに訪れる不思議な食べ物たち。その中でも何年か続けてお中元かお歳暮の時期に綺麗な小箱に入ったお菓子が届くことがあった。お菓子だから食べてイイヨ、と言われて私達がおやつに食べていたのだけれど、しかし、一個一個がそれぞれ石鹸箱サイズの紙箱の中に丁寧に入れられている。ご丁寧なことだわねぇ、と母達は言っていたけれど、私達は無造作に箱からその栗のお菓子を取り出して食べていた。でも子供心にすごく上等で、特別に美味しいお菓子だなぁと思っていた。良い香りのするネットリとした甘い栗のお菓子。綺麗な箱も特別だった。フランスという国のお菓子らしいよ、ということは聞いた気がする。父の綿のワイシャツから母が手作りしたシュミーズなんつうものを着ていた、昭和のガキが出合ったマロングラッセである。

だいぶたって日本製のマロングラッセも巷にあふれ、私も口にすることが多くなった。でもどれもちがうよね、と私は自分の中にいる昭和のガキンチョに聞く。「全然ちがう~!」という声がかえってくる。遠いフランスにはいまでもきっと私が食べたマロングラッセは売られているのだろうなぁ。日本でもきっとそれと同じくらい美味しい本格的なマロングラッセが出来ているのだろうか。(食べたことないけど)

そして今でもあのマロングラッセが大事に入れられていた、綺麗な紙箱を想う。あれはまさしく私にとって「フランス」だった。

Cimg1593

マロングラッセを思い出させたのはSUZUさんからフランス出張のお土産でいただいた、このチョコレートの小箱でした。美しいデザイン、こういうのがフランスのお菓子の真骨頂ですね。

Cimg1592

もちろん中のチョコレートも洒落た大人の味わい。こういうのをさりげなく選べるというのもその人のセンスだと感心します。SUZUさん、どうもありがとう。

« 2月が始まった | トップページ | 雪が降るからマーラカオ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、おいしいケーキありがとうございましたっ。
このチョコレート、箱の愛らしさに自分用にも買っちゃいました。フランスって本当に中身だけじゃあなく、ルックスも大事にする国ですよね。ファッションもしかりインテリアもしかり。今回のフランス滞在で、うむ、私も見習って中身+見た目も頑張ろう、とココロに決めましたっ(笑)

うわあああ~~!!
ラデュレだあああ~~!!

本牧香菜婆@目下4兆戦3連敗どーすんだをい

>SUZUさん
素敵なお土産でした。ちっちゃい箱にぎっしり!日本だとデカイ箱にスカスカなのにね。(笑)
黄色いスポーツカーに赤いダッフルコートの王子様にもお会いできて光栄でした。
(実はかつて羊さんも黄色い車に乗ってました。おまけに一番似合うのが真っ赤なセーターなのよ。ダッフル王子のほうが百倍素敵だけれどね。)
王子様によろしくお伝え下さい。

>リー夫人
ともかくあと少しだ、がんばれ。
蕎麦屋が待ってる。

やっぱり お蝶夫人だったんですねっ

>ヌシさん
そういうことにしておこう・・・。
ただ、お蝶夫人が子供の頃、玉子ボウロを鼻の穴に詰めて「ふん!」と飛ばしたりして遊んだのかは疑問だ。

たまにしかお目にかかれないからより嬉しい。
お土産や頂き物って、そういうもんでしたね。
「マロングラッセ」って、もう響きからしてなんだかとっても美味しそうで
子供の頃は想像するだけでヨダレをたらしていました。
素敵な思い出でいいなぁ。フランスのお土産も素敵♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/10202311

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和のガキにマロングラッセ:

« 2月が始まった | トップページ | 雪が降るからマーラカオ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30