フォト
無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

レッスンの後に

先日のブレーメンでのレッスンの後に、私としては珍しく、ちゃんとしたものを食べに出た。いつもは蕎麦屋でまったりタイムなのだけれど、お昼時で蕎麦屋は絶対混んでいるから避けたわけ。

たまプラーザ商店街を美しが丘公園にむけて直進したところにスペインバルsimpaticaがある。ここには夜、同僚達と来たことがあって、手軽なスペインの小皿料理と、ワインが気軽に楽しめるちょっと良いお店だ。この店の先に郵便局があって、数日前に郵便局に立ち寄ったとき、このお店のランチの存在を知った。おまけにその日の日替わりランチが「子羊の香草焼き」だった。決してランチとして安価ではないけれど、さほど混んでいない店内を見て、ブレーメンのレッスンの後はここだな、とあたりをつけておいた。

実際にランチをしに行った時には、日替わりランチはパエリアで、20分ほどかかるといわれたので、(それでも良かったのだけどね)前菜とパスタのセットをオーダー。一仕事後なのでランチワインもお願いしちゃう。前菜は4種(いや5種?)でどれも美味しい。ランチワインは300円というお値段ながらしっかりとした美味しいワインでグラスにそこそこ注いでくれる。文庫本を読みながら、すっかりくつろぐ。ここはまだランチの存在を知られていないのか、それとも店内が大人仕様でいかにもバルっていう感じだからか、それともお値段がちとお高いからか、空いていてのんびりした感じだ。席と席の間隔も広々していて、こういうのって大事です。

さて、この日のパスタは茄子のミートソースでした。これが・・・美味しかったのだけれど、私が食べたかったのとちょっとちがっていたのよ。お店の名誉のために書くけど、「美味しい」です。でも、その日の私の気分と不幸なことに反りが合わなかった・・・。アレレ?と思いながら食べ続けた。お店のマダムはとても素敵な感じの人だったし、ワインも美味しかった、前菜も良かった。だからまた絶対に行くと思います。子羊の香草焼きの日にぶつからないかなぁ。次回行ったら絶対写真に収めてきます。

そんなわけで、「私が食べたい茄子のトマトソースのパスタ!」とうわごとのように言い続けて週の後半を過ごし、やっと昨日、材料を買い揃えて(ワインもちゃんと買って)作りました。

Cimg1829

なに、トマトとニンニク、唐辛子とオリーブオイルで作ったソースにオリーブオイル、塩コショウの味付けで焼いた茄子を添えただけのパスタです。コレコレ!と言いながら食べたのだけれど、つまりこういう肉っけの無い、あっさりとした、トマトの酸味と唐辛子が効いただけのパスタが私は食べたかったんだな、と納得した次第です。

羊さんの希望で白ワインにしたけど、やっぱり赤ワインが良かったな、とここでもちいさなワガママを心の中でつぶやいたのであります。

昨日は午前中は地元の寺家ふるさと村まで川沿いを歩いて散歩。寺家の桜は芽吹きはじめた木々の間でけぶるように咲いていました。今日の雨で桜が散らないと良いですね。

Cimg1824

Cimg1818   

桜咲く

ほぼ満開の桜が咲いた昨日、同じくこの春「サクラサク」になった姉のところの二人の男の子達の、合格報告会が実家で開催されました。

実家での宴会料理は常に私の当番だったけど、今回ばかりは姉が手料理をいろいろ作って持ち込みました。人が作ってくれるのって楽ちん&美味し~い。来年のお正月もこうあってほしいことです。

でも、ちらし寿司は母が作ってくれていました。この錦糸卵ばかりは、母でないとね。(私たちはこんな芸の細かいことする根性がない)

080329d

くつろぐ小猿。メガネをまた新調したらしい。生意気だ。

080329a

長男は大学生になったのを潮に、家を出ておばあちゃん(義兄の母)の家に用心棒を兼ねて下宿することになりました。(目と鼻の先の距離だけれど)そして、小猿君は空いたおにいちゃんの部屋に引っ越します。いままで一緒の部屋に寝起きしていた姉は、それが寂しいらしい。

080329c

お母さんはね、まあちゃん(小猿)のかわりにこんな抱き枕を買ったんだよ~とわざわざ、昨日実家まで姪っ子が抱きかかえてきました。もちろん、この大事な抱き枕を抱えたり投げたり、蹴飛ばしたり、昨日は男の子達と遊びましたよ。

080329e

080329f_2  昨日は手土産にこのケーキを作っていきました。マスカルポーネを使ったチーズケーキです。昨年のクリスマスレッスンで取り上げたのと同じものですが、アプリコットを刻んで中に入れています。

今日は亡父の誕生日です。おじいちゃんのお誕生日明日だったね、と仏間で寝転がって古いテレビゲームをする小猿とお兄ちゃん、そして同じく寝転がって抱き枕と戯れる私とで、しばし歓談。おじいちゃんが買ってくれたテレビゲーム、古いけど、充分おもしろいよね、でもさぁ、おじいちゃんが今生きてたら、絶対任天堂のwiiを買っちゃってたねぇ。絶対そう思う!と3人同じ意見でした。

080329g

桜咲く、楽しい一日。長男の志望大学合格をきっと誰よりも喜んだであろう父も、桜の枝の隙間から覗いていたにちがいない。

桜も良いけど

Cimg1792

ブレーメンの音楽隊があるたまプラーザは駅を出るとすぐ桜並木。本日ほぼ満開のもよう。

Cimg1784_2

歩道橋の上から見下ろす桜の花。

Cimg1793_2

下から見上げる桜の花・・・。雪のようにも見える。

本日はブレーメンでお久しぶりにリー夫人のレッスンをいたしました。レッスン画像は、教室の外のテラスで撮ったもの。やはり室内より生き生きとした画像になりますね。気合の入ったりー夫人はミントもご持参でした。すこし緑が入ると俄然美味しそうになる。

Odajima0803

お腹を空かせたご子息が待つご自宅へいそいそと帰られるりー夫人を見送ってから、私はあちこちふらふら漂いながら帰りました。

そして見つけたのは木瓜の花。うちのほうの畑の脇に綺麗に咲いておりました。

Cimg1794

Cimg1795

Cimg1797

そうそう、先日の全日本のサッカーの試合、夜11時からの放映だったので朝の早い羊さんはビデオをセットして寝てしまいました。

朝、憮然とした顔の羊さん。どうしたの?と問いかけると、チャンネル間違えてた、サッカーの試合が撮れてないとの返事。

じゃぁさぁ、そのビデオになにが映ってるのと聞けば、教育テレビ、「初めての英会話」「高校生物Ⅰ」「高校化学Ⅰ」だそうです。そう、これは木瓜ではなく単なるボケたお話でした。

高校生物Ⅰ、もしくは高校化学Ⅰを見逃しちゃった方、うちにビデオありマス。

Cimg1796_2

   

牧羊犬

私が堅気の勤め人の仕事に出ている日は、羊さんのほうが若干帰りが早い。基本的に夕食は私が作るので、羊さんとしてはシャワーを浴びてのんびり夕刊でも読んで私を待っていればよい身分なのだけれど、この子が羊さんの席にいる時は「ごはん、炊いておいてね」という印だ。

Cimg1782

本来は単にメモの重しの役割だったのだけれど、メモをいちいち書くのも面倒になった為、こいつを羊さんの席において置くことにした。

羊さん的には偉そうな態度のシュナウザーに「オイ!わかってるヨナ?」と言われているような気がして「イヤダ」と泣くのだけれど、そんなこと、こっちは知らない。

おまけに先日私が何気なく選んであげたネクタイが、犬柄という認識はあったのだけれど、よくよく見るとシュナウザー柄だった。本物のシュナウザーにも、昨日訪問したお客様の家で遭遇し、思いっきりなつかれて飛びかかられ嘗められたらしい。

羊・・・シュナウザーの影におびえる。

Cimg1781

さて、そんなわけで、今日も私が帰るとご飯がちょうど 炊き上がったところでした。エライゾ、シュナウザー。

本日のほうれん草メニューは予告先発どおり、ビビンバ丼です。

Cimg1788

ほうれん草と人参、舞茸、豚挽き肉、ゴマ、韓国海苔のビビンバです。ほうれん草と人参、舞茸はナムルにして、挽肉はお酒、お醤油、コチジャン、味醂、ちょこっとのお砂糖でそぼろにしたものです。これは美味しかった。羊も満足。おまけでワカメスープも付けました。

そういえば、このワカメも年末に大家さんから頂いたものだったっけ。

とにかく食べなくっちゃ

その現場をカーテン越しに何度か目撃したことはあるのです。大家さんの一族が所有するトラックが大家さんの家の前に横付けされ、例のブツが次々と大家さんの家の中に運び込まれていく様子を、そっと覗いておりました。そういう日はある程度、覚悟は出来ているのですが。

問題はその取引が私達の知らない間に秘かに行われて、夜陰にまぎれてブツがうちの玄関先に運ばれていた場合です。

爽やかな朝、出勤する羊さんが扉を開けると扉の内側に倒れこんでくる大量のブツ・・・。今回は泥付きのぶっといネギ10本ほどと、ショッピングバッグいっぱいの泥付きのほうれん草でした。

おまけに先週も同じラインナップでいただいたばっかり。やっと食べ終えたと思ったら、まったく同じ種類の野菜がさらにパワーアップした内容で玄関先に転がっているわけです。ああ、ありがたい、ありがたい。

とにかくこのネギとほうれん草をどうにかしないといけないわけで、昨日は大量のネギと少量の鶏肉で、ネギと鶏肉のコチジャン炒めを作りました。で、今日のお弁当にはほうれん草とベーコンと卵、ジャガイモで炒め物を作って、お弁当箱の蓋が閉まらないほど詰め込みました。

んで、今夜の夕飯はこれ。

Cimg1779

ほうれん草とベーコン、舞茸、卵のグラタン。お弁当と材料が殆どかわらない、なんていう指摘は受け付けませんから。とにかくほうれん草ならびにネギをいかに大量に摂取できるかが、今週の課題です。

パン粉がないから上にふりかけているのは、先日作ったシャルロットの残りのケーキクラムです。

明日はほうれん草をナムルにして、ビビンバ丼にする予定。そして次の日は多分ネギを大量に使えるチヂミが夕飯になるかと思います。で、お弁当は毎日大量のネギもしくはほうれん草を使ったチャンプルーなんだな。

広島に遠征

この週末は広島に遠征していた。私ではなく、ケーキが。

3人の小さなお孫さんを持つおばあちゃま(といっても絶対若い!)から、それぞれのお孫さん達のお祝いとそのママのお祝い(合格祝いと言ってらしたけど?)を兼ねたパーティーへのサプライズプレゼントとしてのご注文でした。

Kiso1

こちらが子供用のケーキ。ゆうすけ君は入園、るいかちゃんは1歳のお誕生日、たかふみ君は快気祝い・・・ということでみんなまとめてオメデトウケーキでした。1歳のお子さんが召し上がるということでしたので、いつもどおり、バター、生クリームを使わない赤ちゃん仕様のケーキです。でも、ゆうすけ君(彼はもう大きいからね)のために、一番上の苺のムースにだけ生クリームを使用しました。(赤ちゃんはここはペケですよ、とお伝えしたけど、コレくらいなら食べちゃったかも)

中にはアプリコットとバナナを入れました。大人が食べると卵の味がメインで、多分物足りないけど、赤ちゃんのお腹のためには仕方がありません。

Cimg1764

というわけで、大人には大人のケーキが用意されているわけです。いつものバラとライチのムースです。マリエンホーフ社のローゼンリキュールをふんだんに使ったので、もちろんこれは大人用。

大人のみなさんは多分、両方食べたと思われます。ちょっとずるいかも。

最近、なぜか西日本の方からのご注文やお問い合わせが続きました。何故だろう?遠いところにケーキを送るのは慣れてきたといっても、やはり今もドキドキ。先日、某日本テレビの番組担当者の若い女性から、番組としてケーキの配送を打診されたけれど、やはりなにかあったときの保証はできないのでお断りしました。(っていうかいっぺんにこなせる数じゃあなかった)お客様からの直接のご注文で、なにかあった場合は、料金を頂戴しないでことが済む、という程度の責任の取り方しかできないですもの。

しかしネットの普及はすごいですね。うちもそろそろマスコミ取材お断りなんていうカッチョ良い文言をどこかに入れておかないといけないかもしれない。

季節先取りの線描き図案

Cimg1775

椿が綺麗に咲いてた。でもせっかく咲いても、世間の関心は桜がいつ咲くか、もうそればっかり。春の可憐な花たちが咲き誇ると、どうもこのぽってりとした葉や花びらが暑苦しく感じられてしまう。損してるよねぇ。売れない演歌歌手のように、日陰でぽぉ~とした顔で、でも健気に咲いておりました。

さて、そんな椿を横目に日曜日の朝むかったのは、自分が生徒をやっているほうの教室です。飽きずに今日も「かすてら」焼きに行きました。そして今日は来月の教室HP用にアイシングによる線描き実演の撮影もありました。

4月のHP用ですから、題材は4月の1ヶ月間で皆さんが練習する題材になります。つまり5月の素材を取り上げなければなりません。桜がやっと開花したと思っているのに、もう5月の母の日の図柄を考えておりました。

Cimg1777

可愛い小鳥と親鳥の組み合わせで、「母の日」のイメージです。昨日この図柄を描いていて、羊さんに「なんの鳥?」と聞かれました。さて、大きいほうは水鳥でしょうねぇ?小さいほうは単なる小鳥?だとすればこれは「なさぬ仲の親子鳥」ということになりますね。

まぁ、親子関係にもいろいろありますから・・・。ただ、線描きの練習をしていて親鳥の目の入れ方ひとつで、「母の情愛」という図柄が「小さい鳥を小突き回す柄の悪い水鳥」という図柄になりかねないことを発見。

Cimg1776

実際の線描き画像です。本番はどうにか可愛く仕上がりました。

卵から孵ったばかりの時に親を亡くした小鳥さんが水鳥のおばさんに助けられて大きくなり、明日、北の国に帰るおばさんに別れの挨拶をしにきました。「おかあさん、ありがとう」小鳥ははじめて水鳥のおばさんをお母さんと呼んだのでした。・・・という涙なくしては語れない話をでっちあげて、母の日の線描きにしちまいましたとさ。(誰もそんな話なんぞ聞いちゃいないけどね。)

Cimg1778

今日焼いたかすてらはこんな感じ。名人戦とかのプレッシャーがかからなければ、いい感じに焼きあがるのよね。ふん。

ひと仕事おわったので

Cimg1771

今日はブレーメンで午前中のみレッスンのお仕事。平日なら蕎麦屋でまったり一人蕎麦タイムに突入なのだけれど、今日は土曜日。お蕎麦屋さんは混んでいるし、良いお天気なので散歩しながら帰って、のんびり家でひとりランチ&ビールといたしました。なに、単にアボガドを山葵入りマヨネーズで合えたものをイングリッシュマフィンにのっけて、スクランブルエッグをさらにのせただけ。マフィンはふたつに割ってグリルで少しだけ焼きました。キッチンで作るオープンサンドの典型みたいな食べ物。でもお天気が良いと窓を開け放って飲むビールとサンドイッチは美味しいのよね。

Cimg1768

仕事に行く道すがら撮影したレンギョウ。ここのレンギョウが咲くと、もう春本番という気がします。桃も菜の花も雪やなぎも一気に満開になりました。

Ookubo03_2

レッスンも苺のショートケーキとヨーグルトの焼き菓子を同一時間に二人の方がレッスンです。どうなることかと思っていたけど、ちゃんと時間通りに終了しました。

Nozaki03

いやあ、私もだいぶ慣れてきた・・というよりか生徒さんたちが手馴れてきたってことよねぇ。

実は昨日も一日ケーキ仕事で終わってしまった。ケーキ作って羊さんのお弁当作って、またケーキ作って夕食作ってってやっていると、結局際限なくキッチンに立ち続けるわけで、そういうときはお昼ご飯くらいは外で食べたい!って思います。

でも結局ズルズルと仕事し続けて 、食べ損なうかお茶漬けをかっ込むだけになっちゃうのよね。今日みたいに適当なものでも、ちゃんと自分のために作ったのは上出来なほうです。

あー、ケーキ仕事の日にはちーさんのお弁当が食べたい!

レッスン日の訂正と宣伝

ブレーメンでのレッスン予定は、ブレーメンのHP上のスケジュールで見ることができる他に、キッチン山田のHP上でもレッスン予定として載せております。なにしろ3ヶ月前にブレーメンのほうに通知して、他のレッスンとの調整をはかってもらっているので、ちゃんとやっているつもりが・・・手帳に書きもれていたりすると、自分のHPとブレーメンのHPがちがっていたりすることもあります。(いや、本当はあってはいけない間違いデス。)

いやはや、つべこべ言い訳なんかしてないで、ちゃんとお知らせしなくちゃ。

4月の予定ですが、4月26日(土)と4月30日(水)、両日ともレッスン開催予定です。実はキッチン山田のHP上で間違ってレッスン日の26日を30日と表示していたんです。そんな間違いしていると思っていなかったのですが、ブレーメンのほうに予約が入ってはじめて気付きました。そんなわけで両日ともレッスンすることに決めました。HPはもちろん直しておきました。スイマセン。

それに先日レッスンを受けたSさんが30日に予約を・・・と言ったとき、「5月は30日にレッスン予定を入れているけど、4月30日は入れていないですよぉ。5月と見間違えたんじゃぁ」なぁんて、自分の間違いを棚に上げておりました。Sさんごめんなさい。30日、午後ならまだ予約取れます。桜を見に行くご予定が重ならなければ是非・・・いらして下さいませ。すいません。すいません。

Room1

さて、お知らせついでに教室の宣伝なんかしちゃおう。今日、レッスンの時の画像を整理していたら、だれもかれも、みんなとっても笑顔な のよね。MIKAちゃんなんか、しょっちゅ私にいじられている割にこの笑顔。

Mika2_2 

070718a

Amane2007

Ariki

まぁ、教室自体おしゃれでもないし、ましてや私本人が素敵なマダム風とは程遠い存在なので、世の中のスイーツ教室のイメージからはかなりちがうかな・・・と思うのですが、生徒さんのこの笑顔は励みになるなぁ。

うーん、つまり好きなことやってるときはみんなすごく輝いている、ってことですね。で、多分その好きなことをやるときに、あんまり私が邪魔してないってことなんだろうなぁ。

そういう雰囲気の教室です。

今月からリー夫人が復帰するのでにぎやかにはなりますが、私がうるさく言うのは「風呂敷をもってこい!風呂敷はいいぞぉ!」と言うくらいです。体育会系お菓子教室ですが興味のあるかたは是非どうぞ。(体験レッスン有りです。取って喰ったりはいたしません。少なくとも私は。)

6月はこんなのも予定してます。さくらんぼのクラフティです。

Clafoutis2

パーティー

ヌシさんのところに書き込みしたコメントで「ちょっとしたパーティーにおよばれして」と書いたら「セレブ!」とお返事コメントもらっちゃいました。

フッフッフ・・・セレブの集まりではなく熱い職人の集まりだったのよ。私の師匠の教室開講30周年のパーティーが、華やかに品川プリンスの宴会場「苗場」で開かれました。

Cimg1751

常日頃教室で顔を合わせるときはみんなほとんど化粧っけもなく、足元はスニーカー、パンツ姿で使い込んだエプロンをキリリとしめておりますが、昨日はみなさん艶やかに和服姿も目につきました。私も久しぶりの5センチのピンヒールでがんばりました。でも服を新調するゆとりなんかないので15、6年前のワンピース(さすがに白い襟は外して、パットもとってリニューアル)に、姉の結婚式で着たベルベットのジャケットを合わせて、どうにかそれなりにドレスアップ。(体型が変わらないって素敵だ・・・と思ったのもつかの間、やはりウェストあたりの肉がたぷつく)

Cimg1756_2

こちらが先生。ケーキのそしてかすてらの師匠でありますが、もう10年以上通っていると本当に実の親以上にお世話になってしまっている気がします。まわりの生徒さんたちももう、10年以上通っています。だって、20周年のパーティーも一緒に出席しているんだもの。一緒に年取っているから怖いものナシだね。

パーティーはだから気心の知れた人ばかりで、とっても楽しかったです。品川プリンスは実は先生の息子さんのお勤め先。先生の息子さんは立派なホテルマンなのですが、ホテル側としたらそんなことより、なにより「伝統あるお菓子教室」相手にどんなデザートを出すか!そこに全ての気合をこめてきた気がします。気の置けないビュッフェスタイルのお食事で、どれもとても美味しかったのだけれど、やはりデザートは別に恭しくあとから登場!

Cimg1760_2

Cimg1761_2

Cimg1762_2

まだまだ、後からホテル側の気合が伝わる素敵なケーキが続いたのだけれど、さすがに写真ばっかり撮っていられないので写真はこれだけ。さぞや、研究熱心なみなさん、味を分析しながら食べていたことでしょう・・・・って?いや、単なるケーキバイキングのお客と変わんないのよ。わはは、きゃはは、と騒ぎながら食べておりました。

こういうパーティーだとデザートをワインと一緒に食べられる点がいいのよねぇ、と言いつつ私も唯一出ていた和菓子、道明寺粉の桜餅をワインをクピクピやりながら堪能しておりました。

Cimg1763_2

30年、先生はあっと言う間だったとおっしゃってました。私たちも教室に通い始めて10数年、あっと言う間だったなぁ。でもとても幸せな年月でした。まだまだ、ここに通い続けられる幸せを噛み締めて、今週もしつこくかすてらを焼きに行く私です。

蛇含草

さんぱちさんが落語を聞きに行った、なんていう話を先日書いていらしたからだと思う。全盛の頃の桂枝雀師匠の独演会に行ったことを思い出した。

その時の演目のひとつが「蛇含草」だった。その舞台を鮮やかに昨日寝床で思い出した。

「ウワバミが人間を丸呑みにしたときに、この草を口にするとすぐに腹がこなれて、また空腹になるという蛇含草。これをお守りがわりに貰った男が、仲間と餅の食い比べで限界まで食べて行き倒れそうになりながら、家に帰り、そうだ、この蛇含草さえ口にすれば腹がこなれる~と思い出し、それを飲むと・・・。」という話。知ってました?

限界まで食べてしまった男のことが心配になったご隠居さんが、覗いてみると「餅が甚平着て座ってた・・」というオチ。ま、つまり蛇含草は単なる消化薬ではなくって「人間を溶かしちゃう」薬だったわけですね。

そう、何故にここで唐突に「蛇含草」かというと・・・。

Cimg1742

あこがれのショーラパンに行ってきたのよ、さばさんと。皆様ご存知の卵のアミューズの次に出てきたのがこちら。グラスに入っているのがカリフラワーのムース。豚さんのいろいろなところを固めた美味しいもの、マグロとマンゴーのサラダ。充実です。

Cimg1743

フォアグラのテリーヌざんす。

Cimg1744

ほろ苦い春の味覚、ホワイトアスパラとグリーンアスパラ。そして生ハムの組み合わせ。さばさんは生ハムで巻き巻きしていたけど、私はアスパラはアスパラで食べてみた。美味しいなぁ・・。

Cimg1745

続いてキノコのスープ。お皿も熱いので気をつけて、といわれたので手は使わず、顔をお皿に近づけてさばさんと二人、匂いを嗅ぐ。(犬のようだ)クンクン、ク~ンクン。キノコの香りがたまらない。

で、ここまでは意外と楽勝だった。ゆとりがあった。私たちイケルじゃん。と思っておりました。

で、肝心のメインがこれ。さばさんは「鴨」私は「子羊」

この量が・・・命取り。美味しかったのよ、実に。でもね、ここで急にもう満腹。食べたけど・・がんばって。子羊も美味しかったけど、さばさんから貰って食べた鴨さんが絶品でした。りんごと一緒にしてあるのだけれど、りんごはただのソテーではないな。

Cimg1746 Cimg1747

次は鴨にしようかな・・・なんて今朝は思えるけれど、このあとデザートのプリンとコーヒーまでたどり着いた段階では、もう思考力ゼロでした。

大雨の中また濡れながら家路につく途中、コンビニで「液キャベ」なんか買って(飲みすぎでないのにこんなの買ったのはじめて!)布団に倒れこみ・・・。

「蛇含草・・・あったらなぁ。あ、でもそうすると明日お布団の中には私ではなくショーラパンディナーがパジャマ着てるってことになるんだぁ」

と、しょうもないこと考えておったわけです。

ショーラパン、恐るべし。

Cimg1740

さばさんへの遅いバースデープレゼントは自家製マーマレード食べ比べセット。デコポン→夏みかん→高知ブンタンの3瓶です。妖怪ジャム舐めの彼女は多分今夜あたりにはショーラパン攻撃から復活して、クリームチーズにのっけて、ペロペロやるんだろうな。

来年も合同誕生日、楽しみにしてるね、さばさん。

春が来たようで

早咲きの桜がちらほら咲き始めたところです。

Cimg1735_2

昨日のブレーメンでのレッスンでもこんな春らしいお菓子を作りました。よりによって今月のレッスンの中で一番メンドクサイ、いや、複雑な工程のお菓子を体験レッスンで受けてしまった宮前区のSさん。(彼女の頭文字もSさんなのね)小学生のお嬢さんとボクがいると言ってらしたから、昨日は大喜びだったんじゃないかな。でもお母さんは大変だったと思います。超ハイスピードレッスンでした。(ゴメンナサイ)

080312a_2

080312b

午後のSさんはヨーグルトの焼き菓子に挑戦!こちらは手際よく、サクサク作業を進め、焼き時間が50分と長いのでその間はたまプラーザ東急でご用事をすませてきていただきました。焼き上がり直前に戻っていらして、仕上げのアプリコティの準備をして待機。

照り照りにアプリコティしたガトー・オー・ヨーグルトです。Sさん美味しかったかしら?

080312c

昨日はこうしてレッスンで1日が終わったけれど、今日はもう1日、完全フリーのお休みでした。いい加減伸びた髪を切りに行ってその帰り道、まだ時間があったので甘~いケーキを食べに江田まで足を伸ばしました。ヌシさんに次はここへ行けと指令を出している江田のウィーン菓子店「ナッシュカッツェ」です。

Cimg1737

ちっちゃい子を連れたお母さんがひっきりなしにケーキを買いにきていました。すっかり地元になじんだようで良かった。ここの売りはウィーン菓子だけれど、どうなのかなぁ?本格的なウィーン菓子は多分普通の感覚でいくとかなり甘いのよ。 よく売れているのは、ア・ポワン譲りのシュークリームやショートケーキなのかもしれない。

私はもちろんガツンと甘いウィーン菓子らしいケーキを食べに行きました。「エスターハーツィー」は表面を矢羽柄に飾ったナッツとシナモンの風味の甘いケーキ。疲れているときにはこれとコーヒーが良いのよね。

Cimg1738 

ただし、コーヒーをお代わりしたくなるくらいガツンと甘い。本場の味なんだろうなぁ。嫌な甘さじゃなくて、まっとうな甘さです。一日ちゃんと働いて、しっかり頭を働かせた人が食べるケーキかな?ちなみに他のシュークリームやショートケーキといった洋菓子は上品な普通の甘さだと思います。

まぁ、ヌシさんの評価を待とう。

深夜の煩悶

先日の休日出勤がたたってお疲れ気味の羊はさっさと眠ってしまった。取り残された私はひとりでご注文品つくりの作業に没頭していた。

うちの場合、まっとうな生活時間帯が守れるのは、羊さんのおかげで、私ひとりになるとついつい、ズルズルと過ごしてしまう。特にケーキの仕事なんかしているときに取り残されると、もう収集がつかない。日付が変わってもズルズル切りなく仕事をしてしまう。

普段夜更かしなんかしないので、たまに深夜帯に起きていると、自分でもどんどん判断力が落ちていくのがわかる。絶対効率が悪いのだけれど、だれも「さぁ!今日はもうヤメ!ヤメ!」と言ってくれないし、すでに「止める」という判断すら下せなくなっているから始末が悪い。

昨日も日付が変わるころには、本当のところ、作業は終了していた。ご注文品は結婚記念日のケーキで、翌朝チョコレートを全体にかけてデコレーションの仕上げをすればいいだけになっていた。マジパンのバラもつくったし、ハートのクッキーも焼いてあった。

ただ、ご注文主からのたってのお願い、「どこかに猫のモチーフを使ってほしい」という項目だけが残っていたんである。マジパンで猫を作ろう!と判断力のかなり落ちている頭で考えた。1個つくってみた。作った直後は「これでいいでしょ」と思えたのだが、片づけをはじめてみると、なんだか不安が頭をよぎる。「結婚記念日のケーキにのせるにしては可愛すぎない?10歳の子の誕生日ケーキじゃないんだし・・・」そう思うともうダメで、ゆらゆらする頭で「迷っているのならもう1個作ろう」と思って作り始めた。マジパンスティックでいろいろ形を作るけれど、最初に作ったときよりさらに判断力は低下しているので形がなかなか決まらない・・・・。というか自分がなにをしているのか、もうなんだか頭がモウロウとしている。

かなり夜も更けたところでやっとこさ、できあがった。

そしてどちらを使うか・・・決まるわけがない。

最初の猫はこちら。

Cimg1727

もうひとつの力作はこちら

Cimg1726_2   

結局自分では決められず、翌朝、羊さんに全てを託すことに決めてやっと寝床にたどり着いたんである。深夜、仕事をするもんじゃないですね。

で、みなさんならどちらを選びますか?羊も迷っておりました。

で、結局結婚記念日らしい大人の雰囲気を醸し出す白猫に決定。こんな感じに仕上がりました。

Cimg1728

Cat1

なかなか綺麗な仕上がりで満足しています。

でもね、今回、惜しくも落選となってしまった猫君も本当は可愛くて捨てがたかった 。それにどことなく与之吉さんとこのゴマちゃんに、この子似てませんか?

今もうちの冷蔵庫の中で「あれ?僕の出番は?」と不思議そうな顔をして、冷蔵庫をあける度に私の顔を見つめてます・・。

Cimg1727_2

割烹山田OPEN

大変遅ればせながら、本日やっとこさ、母の誕生日祝いの席を設けました。割烹山田は本日、母と姉とで貸切です。

ここは板長がお客様と一緒に席に着き、料理の説明をしながら食し、かつ一人で酒を飲むという、いたって気の置けない(板長にとってだが)小料理屋です。特に本日は羊の給仕係が、イベントの仕事で他へ出勤している為、お客様まで配膳を手伝わされます。

まず一品目。

Cimg1712

酒肴4種盛り。右上から時計回りに「小鯛の昆布締めと独活のマリネ」「 出汁巻き玉子」「生ハムとルッコラを巻いた市が尾大根」「アボカドのとろろ和え」 合わせた日本酒は酒井酒造の微発泡日本酒「ねね」。板長がほとんど一人で飲んでおりましたが・・・・。

口直しの一皿がこちら。

Cimg1711_2

自家製マーマレードの食べ比べです。左からデコポンのマーマレード、真ん中が高知ブンタン、右が夏みかんのマーマレード。それぞれ甘さと香りがちがいます。クリームチーズにのせて一口ずつお味見です。

そして、こちらが本日のメインです。

Cimg1713

天然鰤と新牛蒡の赤ワインソースでございます。タイムを彩りと香り付けに使いました。これは赤ワインにことのほか合うのですが、本日のお客様は下戸ぞろいだからなぁ・・・。羊もいないし、ぐっと我慢だ!

〆には赤米を入れて炊いたご飯と「菜の花と牛肉の炊き合わせ」

Cimg1714

母との食事ですから、これ位の分量でちょうど良い感じ。綺麗に食べてくれました。

Cimg1721

ちなみにこの煮物椀は父方の曾祖母が嫁に来るとき、京都の漆器店に作らせたとかいう時代物。もうだいぶ変形しているのだけれど、お客様がいらっしゃるときは、なるべく使います。場が華やぐ気がします。

これだけ食べても後片付けをした後で、ゆっくりお茶を飲みながらおしゃべりしているとまだまだ胃袋に入りますね。

姉の手土産の叶匠寿庵さんのさくら最中は真ん中に桜色した求肥が入っていました。

Cimg1716

そして紅茶にかえてからもう一品。

Cimg1717

小麦粉を使わないしっとりと軽いチョコレート生地のロールケーキです。中にはたっぷり生クリーム と苺を巻き込みました。これも本当に軽いので母も姉もおしゃべりしながらペロリ。

今回のお誕生祝いは姉と私で材料費を折半。贅沢な材料を使って料理するのはとっても楽しい!でもアルコールが無かったからとはいえ、折半した材料費は外のお店のランチ代一人前くらいだし、なにしろエンドレスでしゃべりまくれるから母ものんびり出来たようです。昨年は外でちょっと豪華なお食事で、今年はコレ、来年は三人でどこか温泉でお祝いするのも良いなぁ。

そして今回のメインのお料理「鰤と牛蒡の赤ワインソース」はこちらのブログを参考にさせていただきました。鰤って絶対赤ワインに合うはず!と思って検索かけて、こちらにたどり着いたのですがお料理もさることながら、ブログ自体が面白い!ここにも酒飲み見~つけた!という気分です。参考にさせていただいた「鰤と牛蒡の赤ワインソース」はオリーブオイルとニンニクを使うのですが、私は母が食べることと、今回はワインを飲まない食事だったので、普通のサラダオイルで、ニンニクは使わずにあっさり仕上げました。ワインにあわせるのだったら絶対、オリーブオイル&ニンニクだろうなぁ・・・・。

ご挨拶を済ませてOKいただけたらさっそくリンク貼らせていただこうと思っています。横浜の呑み助達、埼玉に殴りこみだぁ!(あれ?ちがうか?)

こんなところに!

大変お待たせいたしました。永久凍土と化していたキッチン山田のHP、やっと更新いたしました。といっても教室の予定表ぐらいのもんだけれど。あとはとってつけたような3月の特集も加えてあります。

昨日は久しぶりの完全フリーのお休みでしたが、そんなわけでパソコン仕事をこなしておりました。

だから私のお昼はこれだけ。清貧の食卓・・(野菜はどうした!と羊に突っ込まれましたが。)

Cimg1706

そして藤が丘方面に買い物を兼ねて散歩に出かけたところ、すぐ近くの川向こうにこんなものを発見!

Cimg1709

お~い、ここは横浜だぞ~。

Cimg1708

うちの近所でイチゴ狩りが出来るようになりました・・・。

「イチゴ狩りと美味しいスイーツめぐり。キッチン山田探訪!」とかいう企画が出来ちゃうねぇ。

ちなみに昨日は休園日でした。

そのうち行ってみますね。   

お勉強

某百貨店勤めながら、昨年うまいこと職場内転職に成功して、私が今いる事務所はちょっと特殊なところ。直属の上司は同じ事務所にいるのだけれど、あと、もうひとり上司(?実感がないのだけど)は売り場持ちで、もと私が所属していた店にいる。

実はその、もともと食品担当マネージャーだった彼が、2月の異動で菓子担当マネージャーになった。先日、店の事務所で一緒に仕事をしていたら「お菓子、全然わかんないんですよ。困っちゃった。」と言われた。女の子やどこぞの「スイーツ命」青年ならともかく、女っけのない彼の生活を鑑みると、そりゃぁ、ハードルが高いわ。おまけに店は大幅なリニューアルを抱えていて、この先新たな取引先開拓に彼が臨まなければならないのは見えているし・・・。

「教えて・・・」と請われるままに、洋菓子の分類のことなどを少し話すと、必死にメモを取り始めた。(真面目がスーツ着て歩いているような人ですから)あまりいいかげんなことを言うと鵜呑みにされてしまうので、「わかりました、参考資料をお貸ししましょう!」とお約束した。

Cimg1702

資料の山、第1弾。そして、私も自分の勉強を兼ねて、洋菓子の分類表やら日本の洋菓子についての私見やらをまとめてみました。

Cimg1703

びっちりA4サイズに3枚のリポート。これだけ提出すればA評価間違いなし!という力作。ここのところ、通勤電車の中で、メモ紙にずっと書きつけていました。PCに打ち込みなおしたので、自分のレッスンでも使えます。なかなか良い勉強になりました。(大変だったけど!)

さぁ、○藤マネージャー、3月いっぱいはこの資料とリポートでお勉強して下さい。4月は第2弾の資料をお送りしますよぉ。

Cimg1701

そして昨日は雛祭り。ブレーメンではS崎さんが3月のレッスンのトップを切って、ショートケーキを作りました。苺はあまおうを選びました。

Cimg1704

そしてご注文品では遠い北国へ、アレルギー対応のケーキをお届け。赤ちゃんが卵アレルギーなので、授乳中のママも卵はNGで、美味しいケーキが食べられない!という声を聞きつけた、お友達からのプレゼント。お友達ってありがたいものですね。

Jyakunen1

Jyakunen2

心配なのは遠距離輸送だったので、上の苺がズリズリしなかったかっていうこと。チョコレートで止めてはあるのだけれど・・・。

楽しいお雛祭りになったのなら、嬉しいなぁ。

3月の宿題

米びつの米が尽きたので、羊さんに仕事帰りにお米を買ってきてもらうことにした。「先月買ったのが美味しかったからあれで良い?ボクと同じ名前のヤツ」

「?」山田錦は酒米だよなぁ、と一瞬怪訝そうな顔をすると、羊は満面の笑みを浮かべて「ひ・と・め・ぼ・れ」とのたまわって、上機嫌で出勤していった。今日から3月である。気候が良くなるとこういう上機嫌な御仁が増えるんだろうなぁ。不機嫌なのより余程良いけどサ。

私のほうは怒涛の2月がやっと終わったヨ、という心境でくったりしている。ただ、実際にはやり残したことだらけなの。

まず母の誕生祝を先延ばしにした、小猿の合格祝いもやってない。バレンタインでは義理を欠いたままだし、HPにいたっては1月から凍りついたままで、永久凍土と化している。そして最大のやり残しは、さばさんとの合同誕生祝「ショーラパンに突撃!」でしょうねぇ。

昨日のブレーメンでのレッスンでも午前の生徒さん、午後の生徒さんと立て続けに「で、ショーラパン、行ったんですか?」と問い詰められた。

みんな、責めないでほしい。蕎麦屋で昼酒出来たのは、ひとえにリー夫人のセッティングのおかげ・・・。(偶然その日、仕事が休みだったの)それに早寝早起きの農家さんとほぼ同じライフスタイルの私にとって夜のお出かけはかなりハードルが高いのヨ。

そのうち・・・いつか・・・きっと・・・。さばさ~ん。(泣)

Nozaki0802

2月のレッスン「チョコレートのタルト」これは先日のNさんの作品。

Shinagawa02

こちらは昨日の午前のSさんの作品。おうちには可愛い女の子二人が待ち構えているので飾りのハートといえども、家族の頭数分が必要です。頭数分以上だとそれもまたもめるもとらしい。

Ruru02

昨日の夜はこちらのかたもレッスンにいらしてました。るるさんはお父さんに遅ればせながらバレンタインデーのプレゼントです。飾りのハートはちょっと私のほうで余ったものを横流ししました。

3月は旬の苺を使ってのレッスンなので、華やかなものになりそうです。もう、桃のお節句ですものね。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30