フォト
無料ブログはココログ

« こんなところに! | トップページ | 深夜の煩悶 »

割烹山田OPEN

大変遅ればせながら、本日やっとこさ、母の誕生日祝いの席を設けました。割烹山田は本日、母と姉とで貸切です。

ここは板長がお客様と一緒に席に着き、料理の説明をしながら食し、かつ一人で酒を飲むという、いたって気の置けない(板長にとってだが)小料理屋です。特に本日は羊の給仕係が、イベントの仕事で他へ出勤している為、お客様まで配膳を手伝わされます。

まず一品目。

Cimg1712

酒肴4種盛り。右上から時計回りに「小鯛の昆布締めと独活のマリネ」「 出汁巻き玉子」「生ハムとルッコラを巻いた市が尾大根」「アボカドのとろろ和え」 合わせた日本酒は酒井酒造の微発泡日本酒「ねね」。板長がほとんど一人で飲んでおりましたが・・・・。

口直しの一皿がこちら。

Cimg1711_2

自家製マーマレードの食べ比べです。左からデコポンのマーマレード、真ん中が高知ブンタン、右が夏みかんのマーマレード。それぞれ甘さと香りがちがいます。クリームチーズにのせて一口ずつお味見です。

そして、こちらが本日のメインです。

Cimg1713

天然鰤と新牛蒡の赤ワインソースでございます。タイムを彩りと香り付けに使いました。これは赤ワインにことのほか合うのですが、本日のお客様は下戸ぞろいだからなぁ・・・。羊もいないし、ぐっと我慢だ!

〆には赤米を入れて炊いたご飯と「菜の花と牛肉の炊き合わせ」

Cimg1714

母との食事ですから、これ位の分量でちょうど良い感じ。綺麗に食べてくれました。

Cimg1721

ちなみにこの煮物椀は父方の曾祖母が嫁に来るとき、京都の漆器店に作らせたとかいう時代物。もうだいぶ変形しているのだけれど、お客様がいらっしゃるときは、なるべく使います。場が華やぐ気がします。

これだけ食べても後片付けをした後で、ゆっくりお茶を飲みながらおしゃべりしているとまだまだ胃袋に入りますね。

姉の手土産の叶匠寿庵さんのさくら最中は真ん中に桜色した求肥が入っていました。

Cimg1716

そして紅茶にかえてからもう一品。

Cimg1717

小麦粉を使わないしっとりと軽いチョコレート生地のロールケーキです。中にはたっぷり生クリーム と苺を巻き込みました。これも本当に軽いので母も姉もおしゃべりしながらペロリ。

今回のお誕生祝いは姉と私で材料費を折半。贅沢な材料を使って料理するのはとっても楽しい!でもアルコールが無かったからとはいえ、折半した材料費は外のお店のランチ代一人前くらいだし、なにしろエンドレスでしゃべりまくれるから母ものんびり出来たようです。昨年は外でちょっと豪華なお食事で、今年はコレ、来年は三人でどこか温泉でお祝いするのも良いなぁ。

そして今回のメインのお料理「鰤と牛蒡の赤ワインソース」はこちらのブログを参考にさせていただきました。鰤って絶対赤ワインに合うはず!と思って検索かけて、こちらにたどり着いたのですがお料理もさることながら、ブログ自体が面白い!ここにも酒飲み見~つけた!という気分です。参考にさせていただいた「鰤と牛蒡の赤ワインソース」はオリーブオイルとニンニクを使うのですが、私は母が食べることと、今回はワインを飲まない食事だったので、普通のサラダオイルで、ニンニクは使わずにあっさり仕上げました。ワインにあわせるのだったら絶対、オリーブオイル&ニンニクだろうなぁ・・・・。

ご挨拶を済ませてOKいただけたらさっそくリンク貼らせていただこうと思っています。横浜の呑み助達、埼玉に殴りこみだぁ!(あれ?ちがうか?)

« こんなところに! | トップページ | 深夜の煩悶 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながらお母様お誕生日おめでとうございます。
娘さん2人に祝ってもらうこんな素敵なお誕生日会、お母様がどれほどお喜びになったか想像に難くありません。
美味しさと喜びが伝わってきました。

ところで鰤と牛蒡の一品が乗ったお皿!
私の実家にこれの銘々皿があります。
一皿一皿に大皿の絵に描いてある壺がひとつずつ描いてありました。実家には大皿は無いと思いますが、なんだか嬉しい気持ちになりました。今月は私もようやく実家に行く時間が取れそうです。何か作っていければいいなぁ。

お母様のお誕生日、おめでとうございます♪
女三人の誕生会なんて....あ~、いいなぁ。なんだか三姉妹みたい(私の憧れです)にっきさんのお料理もおいしそうだし、こちらのブログもステキ(^^♪


にっきさん、こんにちは、はじめまして。私のブログにお越しいただきありがとうございましたhappy01
お母様のお誕生日祝いに手料理のプレゼント、ステキなことですね。すごく美味しそう!お母様はお幸せですね。私もこの週末、母のところに行ってきました。糖尿病なのに、ケーキを買って行ってしまいました・・・。

>リー夫人
うちはこの大皿と小さいお皿(形がそれぞれちがうの)を買いました。中華のお惣菜をのせるのにちょうど良いわよねぇ、と羊さんと一緒に選びました。まだ我が家がこんな窮乏生活に陥る前の豊かな時代の忘れ形見です。けっこうお気に入りなのですが、そういえば久しぶりに使った気がします。

>オカモさん
小猿が中学生になると、やっと姉も自分の時間が出来るので3人でこうして遊ぶ機会も増えることと思います。母にはまだまだ元気でいてもらわねば。

>さんぱちさん
ようこそおいでくださいました。母の誕生会といっても私ひとりで飲んでたしなぁ。いつも実家へ押しかけては母の手料理をがっついている罪滅ぼしなんだけど、まぁ、喜んでくれたから良いかな?またこれで実家襲撃ができまする。

割烹山田いいなぁ。
ほんと、先生のうちの子になりたい。
そして、あのケーキもいつか習うのかとおもうとムフフcatface

ショーラパンさんの予約とれたそうでよかったですね!

「アボカドのとろろ和え」とは上手い。
プリン皿に出されたマーマレードの食べ比べも面白そう♪
ここの板長さん、おしゃれですわぁ~
おもてなしの料理をさらりと作れるようになりたいものです。
母親には作ってもらってばかりなもので...たまにはお返ししなくちゃ(汗)

うきゃあ O(≧∇≦)O
割烹山田には〆に水菓子ならぬスィーツがあるからなぁ 彡☆

[天然鰤と新牛蒡の赤ワインソース]を盛ったお皿ですが・・・・
描かれている小瓶は、昔・・・中国で流行った・・・・
「嗅ぎタバコの粉を入れておく小瓶」ですねぇ。
すばらしいっ!
リー夫人のご実家には、その「銘々皿」があるということで・・・・
これまた、すばらしいっ!

>るるさん
うちの子になると、お皿洗いとお米とぎと、湯たんぽの準備と、朝のコーヒー係とパン焼き係、ゴミ捨て当番など諸々のお仕事を羊と分担になるけど・・・。あ、私の肩もみもお風呂の用意もあるなぁ。

>bookyo2さん
とろろとマグロのブツとアボカドを合わせて食べていたのですが、ある日、マグロがなくても十分美味しいということに気づきました。これってマグロの立場からするとアボカド君に軒を貸して母屋を取られたって感じでしょうか?

>ヌシさん
私もできれば水菓子で〆たいけど(だってお料理だけで大変なんだもの。たとえ親兄弟といえども、我が家でそれをしたら大ブーイングだと思う。(泣)

>そらまめ大人様
そういう小瓶だったんですね。私はまた崎陽軒のシュウマイについてくる醤油ビンの中国版、立派なヤツかと思ってました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/11123290

この記事へのトラックバック一覧です: 割烹山田OPEN:

» 赤米 香り についてー "古代米の黒米・赤米" の続きを読む… [赤米 香り のお話]
古代米の黒米・赤米・・・ [続きを読む]

« こんなところに! | トップページ | 深夜の煩悶 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30