フォト
無料ブログはココログ

« 蛇含草 | トップページ | レッスン日の訂正と宣伝 »

パーティー

ヌシさんのところに書き込みしたコメントで「ちょっとしたパーティーにおよばれして」と書いたら「セレブ!」とお返事コメントもらっちゃいました。

フッフッフ・・・セレブの集まりではなく熱い職人の集まりだったのよ。私の師匠の教室開講30周年のパーティーが、華やかに品川プリンスの宴会場「苗場」で開かれました。

Cimg1751

常日頃教室で顔を合わせるときはみんなほとんど化粧っけもなく、足元はスニーカー、パンツ姿で使い込んだエプロンをキリリとしめておりますが、昨日はみなさん艶やかに和服姿も目につきました。私も久しぶりの5センチのピンヒールでがんばりました。でも服を新調するゆとりなんかないので15、6年前のワンピース(さすがに白い襟は外して、パットもとってリニューアル)に、姉の結婚式で着たベルベットのジャケットを合わせて、どうにかそれなりにドレスアップ。(体型が変わらないって素敵だ・・・と思ったのもつかの間、やはりウェストあたりの肉がたぷつく)

Cimg1756_2

こちらが先生。ケーキのそしてかすてらの師匠でありますが、もう10年以上通っていると本当に実の親以上にお世話になってしまっている気がします。まわりの生徒さんたちももう、10年以上通っています。だって、20周年のパーティーも一緒に出席しているんだもの。一緒に年取っているから怖いものナシだね。

パーティーはだから気心の知れた人ばかりで、とっても楽しかったです。品川プリンスは実は先生の息子さんのお勤め先。先生の息子さんは立派なホテルマンなのですが、ホテル側としたらそんなことより、なにより「伝統あるお菓子教室」相手にどんなデザートを出すか!そこに全ての気合をこめてきた気がします。気の置けないビュッフェスタイルのお食事で、どれもとても美味しかったのだけれど、やはりデザートは別に恭しくあとから登場!

Cimg1760_2

Cimg1761_2

Cimg1762_2

まだまだ、後からホテル側の気合が伝わる素敵なケーキが続いたのだけれど、さすがに写真ばっかり撮っていられないので写真はこれだけ。さぞや、研究熱心なみなさん、味を分析しながら食べていたことでしょう・・・・って?いや、単なるケーキバイキングのお客と変わんないのよ。わはは、きゃはは、と騒ぎながら食べておりました。

こういうパーティーだとデザートをワインと一緒に食べられる点がいいのよねぇ、と言いつつ私も唯一出ていた和菓子、道明寺粉の桜餅をワインをクピクピやりながら堪能しておりました。

Cimg1763_2

30年、先生はあっと言う間だったとおっしゃってました。私たちも教室に通い始めて10数年、あっと言う間だったなぁ。でもとても幸せな年月でした。まだまだ、ここに通い続けられる幸せを噛み締めて、今週もしつこくかすてらを焼きに行く私です。

« 蛇含草 | トップページ | レッスン日の訂正と宣伝 »

素敵なこと」カテゴリの記事

コメント

こ、これは天上界のお写真ですか?ほぉぉ~、おいしそうlovely
お教室通い10数年とは素晴らしいですね。継続こそ力なり~。にっきさんもますますのご活躍を!!

>さんぱちさん
ケーキを習いにいってるんだか、酒を飲みにいっているんだか、落語の話をしにいっているのかわからない、楽しい場所だから続くんでしょうねぇ。

開講30周年、おめでとうございます!
さすが!にっきさんの先生、日本酒が似合うステキな方ですね(^^♪

継続こそ力なり。素晴しいことです。お酒も落語も楽しみながら(これだけだったら、私も続くかな^_^)修練してくださいね。また、にっきさんのおいしいカステラをいただきたくなりました。


ううむ。打ち合わせから当日まで、裏方の戦々恐々ぶりがリアルにイメージできてしまいました・・・料理の細かい注文ならば厨房一丸となって!となるけど、製菓だけに一点集中でロードとプレッシャーがかかったのだろな。
営業担当とシェフ・オフィスで前哨戦があって・・・。
美味しかったとのことで、なんだかほっとした・・・って、関係ないだろ、ワタシ!

柱の陰から「特注品」の反応を目だけ出して窺っていたころが思い出されます・・・そう、ホテルマンの目ってねー、ぴよよんと伸びるんですよ~。花粉の季節なのになあ。関係ないか。ないです、たぶん。

>オカモさん
30周年って、サザンと同じだった。渚のシンドバットとかが流れているときに、先生は教室を始めたんだと思うと不思議です。先生は少なくともここ10年は全然変わっていないように思えます。

>アリーマさん

いや、本当にホテルの方達の緊張が伝わった気がします。そんな大層なもんじゃないんだけどな、私たち、と思いつつそのホテル側の真剣勝負が嬉しかったです。先生にとっても息子の勤めるホテルで心づくしの華やかなパーティーになってとても嬉しかったと思います。
きっとあのあとホテルの厨房で「やれやれ・・・」ってパティシェの方、ほっとしていたことと思います。ホテルのパーティーってこの教室のパーティーと結婚披露宴以外だと、組織結成○○周年記念パーティーとかのキナ臭いヤツくらいしか出ていないのだけど、仕事がらみでないパーティーって楽しいものだったのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/11459923

この記事へのトラックバック一覧です: パーティー:

« 蛇含草 | トップページ | レッスン日の訂正と宣伝 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30