フォト
無料ブログはココログ

« 桜が終わったら | トップページ | 春のほっこり手作り市へ行ってきた »

レッスンに関してちょっとまじめな話

生徒さんならよくご存知、私のケーキレッスンの三種の神器はこれ。

Cimg1855_2

泡だて器、ボウル、扇形のゴムヘラ。最低限道具がこれだけあって、あとオーブンがあれば、結構な種類のお菓子ができる。

で、問題はこの泡だて器。みなさん最初は必ず「え?電動の泡だて器じゃないんですか?」と驚きますね、ほぼ全員。「そんなものはここにはにゃ~」とすげなく私に言われて仕方なく四苦八苦しながら、みなさん卵を泡立てるわけです。

何故、電動ビーターを使わないかという問いに、一応いつもお答えするのは「手動のほうが慣れるとメンドクサクないし、絶対美味しいから」というお返事。実際スポンジケーキの場合、電動ビーターだと卵が泡立ちすぎて、その泡を殺しきれないまま焼くことになるので、焼き上がりのキメが荒い。そして多分、手動で泡立てたほうが徐々に泡だっていくため、丁寧な泡になっていると思います。(こんど顕微鏡で見比べてみたいもんだ。)

いつも答えるのはそこまでなのだけれど、最近、実はもう少し伝えたいことが別にあるように思えてきました。すごくシンプルな答え。

「だって、手で苦労して泡立てたほうが楽しくない?」

いやぁ、つらいだけですぅ・・・という恨みの声が生徒さんから聞こえてきそうなんだけどね。

実際に自分で泡立て器をもって泡立ててみると、最初のうちは余分な力がはいってしまい腕が棒のようで全然うまくいかないと思います。つまり頭の中のイメージと実際の体の連携が上手にとれていないわけですね。「あれ?私ってこんなに不器用だったっけ?」て誰もが最初思うはずです。

で、こういう時は頭であれこれ考えるより、具体的にどうすれば体がうまく動くのか 直していったほうがうまくいきます。例えば右手で泡立て器を持ったとき、①両足をそろえて正面を向いて泡立てる、②右足を出して体をボウルに対して左に開いて泡立てる、③左足を出して体を右に開いて泡立てる、この3ポースを実際にとってみると、一番右手を自由に動かせるのは左足を出して体を右に開いた時だと実感できるわけです。

それから泡立て器をぎゅっと握り締めてみると、腕が硬くなるのがわかります。この状態で泡立てるのはかなりキツイ。ではどうしたら腕が自由に軽く動くのか。泡立て器をもつ手の中に少し「あそび」の部分があると、その中で自由に泡立て器が動いて且つ手を握り締めていない分楽に腕が振れるはずです。ただ、その時泡立て器の方向が定まらないと困るので親指と人差し指でしっかりと泡立て器の支点だけは押さえるようにします。

こんなふうに少しずつ体に具体的に指示を出していくわけです。考えてみると日常生活がどんどん便利になって、体を動かすこと、特に手仕事といわれる作業は減っていく一方です。普段のお料理にしたって捏ね鉢で粉を捏ねたり、すり鉢でゴマをすったり山芋をすりおろしたりといった昔のお母さん達が普通にやってきたことを、今の私達はどれだけやっているでしょうか。そうやってどんどん便利になることと引き換えに、体が、手が、思うように動くという快感から私達は遠ざかってきてしまったように思います。

たかが泡立て、されど泡立て。「泡立て」確かに大変だけれど、レッスンでは慣れてゆくまで必ず私がお手伝いしますから大丈夫。家でも電動ビーターは使っちゃダメとまでは言いません。でもレッスンで作るたった1個のケーキの為に、少し汗をかくくらいはしませんか?どうやったら自分の体が思うように動くのか、いろいろ工夫をしてみる。そして段々自分の手が思うように使いこなせていく楽しさを味わってみる。私のレッスンが「体育会系ケーキ教室」と生徒さんに言われるゆえんは、そんなところにあるのかもしれません。

いろいろな考え方があるけれど、私は「誰でも簡単におしゃれなケーキが作れます」なんていうので得られる楽しさは、きっと簡単に飽きちゃう楽しさのような気がします。

たまに失敗したとしても、それすら次のステップにできる、紆余曲折のケーキ作りのほうがアタシは楽しい!と思っているわけです。

そんなわけで、生徒数が少なくても、そういうレッスンがいいかな?と思った方が集ってくる、ケーキ教室にしたいと、こんなところで熱く語った次第であります。まあ、冷静に考えるとそういうことをつべこべ言う前に、永久凍土状態HPのレッスン予定の更新をさっさと終えたらどうだい!と自らに突っ込みをいれております。

6月のレッスンの課題はさくらんぼ尽くし。といってもダークチェリーだけど。佐藤錦を飾りたい場合は自腹で買ってきてちょーだい。

シュヴァルツヴェルダーキリッシュトルテ

Cimg0471

さくらんぼのクラフティ

Clafoutis2

ダークチェリーを巻き込んだプディングショコラ

Cimg1526

生徒のみなさん、どれもすこぶる美味しいので是非、腕をふるってね。

« 桜が終わったら | トップページ | 春のほっこり手作り市へ行ってきた »

ブレーメンでのレッスン」カテゴリの記事

コメント

ま、まじめだぁ sweat01
今回は羊さんも登場されていないし… (笑)

>ヌシさん
ブログ開設一周年記念講演をキッチン山田のノリコセンセーにお願いいたしました。その講演の模様をテープ起こししてこちらに載せた次第です。happy02

その間、ariesは夕食のホッケの干物の余韻にひたりながら、のんびりスポーツニュースを見ておりました。平和な夜でございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/20157718

この記事へのトラックバック一覧です: レッスンに関してちょっとまじめな話:

« 桜が終わったら | トップページ | 春のほっこり手作り市へ行ってきた »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30