フォト
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

今月の線描き

5月ということを忘れちゃいそうな暑さだけれど、本番の夏はもっともっと過酷に暑いんだろうなぁ。

でも夏の朝は好き。最近は日が昇るのも本当に早くなり、東向きの我が家ゆえ、私は目覚ましが鳴る前に起きてお味噌汁の準備なんかしている。

ずっとパン食だったんだけど、先月くらいからちょっと体調がすぐれなかったのを機に、ごはんに変えてみた。お味噌汁が飲みたかったのよね。それから朝起きるのが楽しみになってしまった。

ま、お味噌汁はともかく夏の朝は好き、というハナシ。学生時代、お世話になった美術の先生が大好きだと言っていた絵本「夏の朝」(谷内こうた著)。深い緑の色と、夏休みの気分が蘇る良い絵本です。夏の朝、って言うたびにこの絵本を美術室で初めて見た日を思い出します。だから暑いのはたまらんけど、「夏」や「夏休み」は今だって大好き。

そんなわけで、前置きが長くなりました。5月の後半にさしかかり、いつもどおりに自分が生徒をやるほうの教室でのノルマ、教室のHP6月用線描きの撮影がやってまいりました。今回、絵の神様はひとこと「自転車!」と言いおいて行ってしまいました。

Cimg2056

後から思ったのだけれど、これは私なりの「夏の朝」へのオマージュですね。この線描き、一見難しそうに見える自転車はわりと簡単。難しいのは雲です。私の師匠も図案を一目みるなり「雲と波はむずかしいぞ」と看破!さすがです。図案の段階ですでに羊さんとあーでもない、こーでもないと何度も描き直していました。この日も雲を絞り終わって、ひとりで「ケケッ」と笑っちゃいました。雲、難しいです。一応、変化をつけるためにコルネの太さを大中小と3段階用意して、使いわけています。

さて、自分のほうの教室は今月はロールケーキのレッスン希望の方が多かったのだけれど、このあいだはOさんがレモンパイを作りました。綺麗に出来たのでお披露目~。

Cimg2046

Oさん、泡立てが~と言いつつ、こちらがお手伝いすることもなく、メレンゲを完成させてました。大丈夫じゃないの♪

さて、今週末はバナナのタルトをやる方もいて、それも楽しみです。来月はさくらんぼシリーズ!瓶詰めでなく、フレッシュなアメリカンチェリーをシロップ煮にして使おうかな、と考えているところです。

その気になれば

代官山勤務になってからは仕事帰りに駅に隣接しているスーパーに寄って、その日の夕食と翌日のお弁当用の食材を調達することが多いのだけれど、最近はスーパーで何を見てもメニューが浮かばない。夕食の神様も降りてきてはくれず、肉のコーナー、魚のコーナーを行ったり来たりしながら、挙句、呆然と立ち尽くすこともしばしば。

なんでだろ?とちょっと気になっていた。食に対する興味が失せるなんて、生きる気力が減退しているんじゃなかろうか、と我ながら心配していた。

体調もなんだかいまひとつなこのごろ、ちょっと新鮮な野菜でも買いにいこうかなぁと思い立ち、先日久々に苺&野菜の直売所に行ってきた。

久しぶりのとっても天気の良い朝で、緑の中の直売所はイロイロな色彩にあふれておりました。掘っ立て小屋のような建物なんだけれど、入口に無造作におかれたバケツには色とりどりの切花が漬かっていて(これも売り物)中に入れば真っ赤な苺や濃い緑の菜っ葉、レタス、大根などがダンボールの端切れに手書きされた値段票とともに台のうえに並べられています。よーく見ると有精卵やら、植木、お漬物、黒米なんかもランダムに並んでいます。

ここは近隣の農家さんも自分のところの作物を持ち込んでいるらしく、この日も軽トラが一台止まって、中から満面笑みのおじさんが「これ、今年のうちの初物~。今朝初めて収穫したソラマメだ~」とソラマメ8袋を店に運び入れてました。この日、私が買ったのはさや入りグリンピース一袋315円と土付き大小さまざまな玉葱一袋、210円、立派な葉付きの蕪が5個で105円!

直売所で新鮮なお野菜を見ていたら、もう、ムクムクといろんな料理を思いつく・・・。とにかく野菜が元気で楽しそうなんだ!

そんなわけで今日も行ってきました!今日は午前中ブレーメンでレッスンをしていたわけだけれど、帰りに昼食も食べずにまっしぐら!直売所へGO!(笑)

Cimg2047

お昼をまわってしまったので、もうかなり売れてしまったようだけれど、でも買いたいものは山ほど!でもぐっと抑えて食べきれるだけを買いました。またもや玉葱210円、そらまめ、315円、ミニきゅうり210円、スナップエンドウ210円・・・そしてルッコラひと束105円!!!

Cimg2051

紀伊国屋とか成城石井で買うルッコラってお上品な一枝が単位でしょ?でもね、ちがうのよ、直売所は束で105円なの。おまけにちょっと虫くいのあとなんかがあるのよね。(誇らしげ~)

Cimg2048

随分前になるけれど「プロヴァンスの12ヶ月」っていう本が評判になって、そこから南仏ブームが始まったようにも思うのだけれど、なに、思い込めば市が尾だってプロヴァンス生活そのものだわよ。(水田付きですが・・・)地産地消って今はとても贅沢なことですもの。こうなると夕飯の神様も嬉々として降りてきて、あーでもないこーでもないと指図いたします。

そんなわけでプレミアムモルツなんぞ買い込んでの本日の夕食。

Cimg2055

ソラマメはサヤごと焼いて食しました。豆があっま~い!

Cimg2053

ミニきゅうりはテンメンジャンをつけて、スナップエンドウは単に茹でて塩コショウにオリーブオイルです。

Cimg2054

この野菜のてんこ盛りの下には牛肉が隠れています。牛肉を塩コショウで焼いておいたものの上にさらし玉葱のスライスとルッコラもたっぷりのせて、カツオ節をふりかけ、醤油を入れたドレッシングをかけます。ルッコラの苦味がたまりませんって!

徳江農場の直売所は市が尾駅降りて、緑税務署の裏の谷本橋を渡って対岸、藤が丘側に渡りそのまま直進。左手にあります。営業は月・水・土の3日間。祭日にあたった場合はお休みです。接客してくれる徳江さんの奥さんがまた、すご~く感じが良いのですよ。アタシはすっかり奥さんのファンになりました。

その気になれば、市が尾は今日からプロヴァンス♪

Cimg2043

Cimg2042

広がる水田・・カエルの声・・・。いや、思い込めばプロヴァンスだって!(ちなみにこの水田、うちのすぐそばです。正しい日本の風景が広がる・・・横浜なんですけどね)

さばさん、今度朝からうちに来て、直売所で野菜を買ってその野菜に合わせてその場でメニューを決めて一緒にいっぱい作ってソレを肴にワイン飲もうよぉ~!

グリーンティロール完成

静岡ロールでないほうの抹茶ケーキの話。

マンゴームースが静岡へ運ばれていった日、ローファットケーキを作るきっかけになったMahoちゃんのところにもケーキは運ばれていきました。

Mahoちゃんが食べたかった抹茶のケーキ。最初の試作から4作目でほぼ形と配合が決まりました。

Cimg2026_2

スポンジはバター無し、抹茶入りで卵白多めの配合。生地をやわらかくする為に入れるミルクは無脂肪乳を使用。そして抹茶リキュール入りのシロップを打ちます。

クリームは無脂肪牛乳のカスタードにメレンゲを合わせたものです。カスタードが煮あがった熱いうちにメレンゲに加えてメレンゲにも火を通しています。

クリームが熱いうちにロール生地にひろげ、そこで一旦冷ましてからフルーツを散りばめて、巻いていきます。

この時期、苺が終わってしまっているので出始めのアメリカンチェリーをシロップ煮にしたものを芯のところに配置しました。よーく冷やすと美味しいです。

Cimg2025_3

これでMahoちゃんが食べたかった抹茶のケーキに少し近づいたかなぁ。まだまだ遠いのかなぁ。 

手ざわり

地理、得意でした?地理とまではいわないけれど、小学校で初めて日本の都道府県と県庁所在地を覚えさせられたとき、すんなり覚えられましたか?私はダメでしたねぇ、なんのこっちゃでございました。

そんな私をなんとかしようと母が買い与えたのが、日本各県がピースになった日本全国都道府県パズル!

これの教育効果はいかばかりであったかというと、私の地理オンチは全くなおらず、その反面あろうことか日本全国都道府県を、手ざわりで認識するという稀有な認識法を身に着けるに至ったわけであります。新潟県は握りやすいとか、高知県の他県との県境のカーブが気持ち良いとか、あ~あ、新潟県、握ってどうするって思いますけどね。

そんなわけで私の日本各県に対する好悪の基準は「手ざわり」にあります。行ったことないけど、握りやすいから新潟県がダントツトップで、あと大きくて持ち重りがするから長野と兵庫と福島県が好き。

そして手頃な(?)大きさといい、まとまった美しい形といい、結構お気に入りなのが静岡県。実際に足を踏み入れているのは伊豆付近のみで、浜松とか焼津とか清水とか、ちゃんとした静岡の都市は未訪。そんな静岡に今回、私に先駆けてケーキが遠征いたしました。

Hirorin ご注文品はローファットのマンゴームース。試作の時よりさらにカロリーダウン。上のゼリーをアプリコットジャムのゼリーではなくレモンのゼリーにかえて、さらに爽やかにしました。なにしろローファットだから「コク」ではなく「キレ」に活路を見出すしかないからね。ひたすらすっきり、ひたすら爽やか~。

写真は彼女から送られてきたこれのみ。いや、時間に追われていて写真まで撮っていられなかったから・・・。coldsweats01

彼女のブログを読んでいると、時々海でお弁当食べてたり、なにげに茶畑が写っていたり、なにしろ酒の肴には事欠かなさそうで、良いのよねぇ。その土地に友達がいたり、ケーキがお嫁にいったりすると俄然、その土地が身近に感じられて、するすると頭に入ってきます。机の上で勉強する地理よりいろんな県の子供同士で手紙やメールで交流するほうが、よほど身につく、と思ったりするこのごろです。

Mahogreen2_2  そうそう、同じローファットの抹茶ロール、中身をみかんにしたら意外に合ってびっくり。先日のレッスンの時にS崎さんが「静岡ロール」と命名。たしかにお茶とみかん=静岡だ。東海道線の緑とオレンジのラインも静岡のお茶とみかんの色からとったのだから、「静岡ロール」と銘打って静岡県民に、「東海道線ロール」と銘打てば鉄オタの皆様に、販路拡大間違いなしだな・・・。

母の日とお茶碗

毎年のことながら、人様のお母様のために母の日は働くので、自分のところのおか~さまには遅れて「母の日」ご奉仕をいたします。

今年はどっしようかなぁ~と思いながら、先日自由が丘のクオカへ行く道すがら、チラリと見て思い出した。ここは羊さんの両親と私の父母がはじめて顔合わせをした鰻屋さんだった!じゃあ、久しぶりにここでご飯でもご馳走しましょうと決めました。

1時に自由が丘ね、と言っておきながら、自分のほうの本日の業務がはかどらず、途中で電話して30分延ばしてもらい、挙句10分の遅刻です。

午後のまったりした空気のなかで頂く「会席弁当 うな重付き」は、母とのんびり食べるにはぴったりでした。随分時間をかけて食べ、存分にしゃべれたにちがいない・・・母は。(私はどちらかというと無口なほうなので、息子と母みたいな組み合わせでございます)うな重自体は鰻が佐藤浩市からはちょっとはずれていて、かといって緒方拳鰻でもないしなぁ・・というところで、鰻食べたければ、会席弁当なんかにしないほうがきっと満足できるにちがいないです。でも今日のところはこれで良かったので○です。おいしゅうございました。

で、食後はあれこれと自由が丘の街なかをふらりふらりと漂い、とある雑貨屋さんでお茶碗を購入いたしました。

Cimg2031

なんのへんてつもないご飯茶碗です。でも形がちょっといびつで、手に持った時に大きさと重さと、口の広がり具合が自分の手に馴染んだもので・・・。母には「ご飯をよそったら柄が隠れて思いっきり地味よ。」と言われたのだけれど、今までコレと思うのが無かったから決めました。

結婚した時に母が買ってくれた5客、柄違いのお茶碗のセットの中から、羊さんと私がそれぞれ気に入ったものをマイ茶碗にしたのですが、赤い可愛い私のお茶碗は3年ほど前に羊が割ってしまいました。それ以来気に入ったのを探していたのですが、なかなか決まらず、仕方ないので残りのお茶碗の中から薄い青のお茶碗を選んで使っておりました。・・・それをまた先日、羊が割ったわけですね!コラッ!

仕方ない・・。うちは叱らずに褒めて育てる方針なので、にっこり笑って新しいお茶碗を買い求めることにいたしました。(でもまた割られるとイヤなので、お安いのにしたワケです。)ずっと使うお茶碗は、やはり母と選びたかったというのが本音です。こういうお買い物は女同士、ああでもない、こうでもないと迷いながら選びたいですからね。

疲れたのでどこかでお茶でもしたいなぁ、と思っていたら「亀屋万年堂 本店」に行き着きました。お店の奥に広々とした甘味どころがあるじゃありませんか。知りませんでした、ナボナだけじゃないんですね。亀屋さん。

Cimg2028

なぜか先客は若い男性二人連れ・・・。私達はあんみつを頂戴しました。季節柄なのかしら、真ん中に大きな梅の実が入っていて美味しかったですよ。静かで落ち着けて、自由が丘の穴場です。

にぎやかで若い子がいっぱいあふれている自由が丘、でも今日は鰻とあんみつなんていう純和風の取り合わせで母とのんびり過ごしました。ま、私の母の日はこんなでしたが、みなさんはいかがでしたでしょうか?

スーパーマンもしくはスッパマン

クラーク・ケントが実はスーパーマンである、とバレた時の衝撃はかなりのものだと思うのだけれど、その逆で、スーパーマン業界のパーティー(そんなものがあるとしてだが)もしくはスーパーマンの星の人達の県人会(星人会か)の集まりで「いや、おれ、普段は新聞記者やってんのよぉ~」とカミングアウトされたとしたら、スーパーマンの同郷の人々はどんなリアクションするんですかね?

新聞記者からスーパーマンはかなりの距離があるけれど、スーパーマンから新聞記者はさほど距離がないように思えるのだけれど・・。「いや、俺なんかはサ、地球ではスーパーの鮮魚売り場にいてさぁ、だからマントが魚臭いって、カミさんに文句言われっぱなし・・・。いいよなぁ、新聞記者で。」とか仲間内ではかなりうらやましがられる気がする。

ああ、何を言っているのかっていうと、私の二重生活はどんなふうに人様には映っているのかいな?とちょっと思ったもので。

私の場合、どっちがスッパマン的生活かっていうと、非日常の度合いが強いのはケーキ仕事のほうでしょうね。昼間の仕事場で連休したのを「何処かに旅行してたの?」と聞かれ「うんにゃ、ケーキのレッスンをこなして、ウェディングケーキ作って、母の日のケーキの注文をこなしていたの。」と答えると「ああ、そうか。大変だもんね。」と言われて終わる。もちろんこの仕事(実は教室で教えるということに限定しての報告だが)をしていることはちゃんと会社に届けてあるから、はじめて聞いた人はちょびっと驚くかもしれないけれど、そんなに特殊なこととは思われない。世間にスッパマンはさほどいないが、私みたいなケーキ仕事をしている人なんざ、五万といるからね。

でもこれが、教室で生徒さんに「普段は会社勤めしてるのですよ」と話すとかなり驚かれる。で、その先、どんな仕事をしているかはあまり話していない。

だって、アタシ「ろーどーくみあいせんじゅーしょき」なんだもん。

スーパーマンだって、スッパマンだって、その業界のパーティーで「地球ではロウドウクミアイセンジュウショキをやってます。」といってユニオンマークの入った名刺を差し出されたらかなりインパクトがあると思うけどね。

ケーキ職人とろーどーくみあいせんじゅーしょき、どちらも思いっきりプロレタリアアートという点が悲しいが。

ま、そんなわけで今日はケーキ教室のセンセイをやってました。

午前、午後ともフルーツロールのレッスンです。このレッスンはロール生地を作るところと、太巻きを巻くところが肝なのですが、どちらの作業も私がフォローしなければならないので、写真が撮れないのですよね。で、巻き終わってしまうと絵にならないし・・・。あましブログ向きの題材ではございません。

でも、今日は午後S崎さんのレッスンだったので途中、撮らせてもらいました。

Cimg2018

苺の一列のところがロールの芯のところにくる予定です。本日のフルーツは苺、バナナ、黄桃、ブルーベリーです。クリームは甘酸っぱいワインクリームです。

これをオイコラショと巻いたのがこちら。

Cimg2019

ね?巻いちゃって箱に入れちゃうと、こんな画像にしかならない。

仕方がないので、切り落とした端っこを撮ってみました。もうかたほうの端っこは、このとき既にS崎さんの口の中に消えております。

Cimg2021

今日は私はあまり手を出さず、全卵の泡立てからS崎さんにはがんばってもらいました。お疲れ様でした。

私もろーどーくみあいせんじゅーしょきの時の3倍くらいのテンションで、午前午後とレッスンをこなしたのでいささか疲れました。胸のランプがピーコーピーコーと点滅しておりますので(それはウルトラマンか)帰りにこんなものを買って、ぐぴ~とやりました。

Cimg2022_2

これぞ、正しい職人の姿!正しいプロレタリアアートの生活!

改心したのね、ひどい恋人

  ウェディングケーキお渡しの際、花嫁のあみちゃんから「社員旅行で行った北海道のお土産です」っていただいたのはこれ。

Cimg2013

賞味期限改ざんの折には「ひどい恋人」と言われていた「白い恋人」。すっかり改心して「まっとうな恋人」となって帰ってきました。良かったね。

小袋ひとつひとつに賞味期限が印字されてます。そのほかにもお客様窓口を設けました、とか今回の騒動を受けて改善したことがわかりやすく書かれたお手紙(しおり)が入っていました。そうそう、誠意を見せるというのは大事なことよね。

もう二度と「ひどい恋人」って言われないようにがんばってほしいな。だって味は美味しいのだもの。

今日は朝から雨のあいにくのお天気なので、買い物をすませ羊さんとのんびり自宅でランチ&ワイン。お昼寝のあと、コーヒーをいれてもらって、この白い恋人をいただきました。

ラングドゥシャにホワイトチョコの組み合わせ、なんだかクセになる味ですね。美味しいです。

Cimg0162_3

ずいぶん前にレッスン用として作った猫舌(ラングドゥシャ)です。このときはチョコレートを挟みました。猫の舌のような楕円にするためには、天板に生地を絞ったあと、天板ごとパンパンと台に打ち付けて生地を広げます。

自分の「母の日」は例年のごとくスルーしちゃっています。来週あたり、これでも作って行ってこなくっちゃ。

ウェディングケーキ製作3日目、完成!

目覚ましなんて無くても5時前には目が覚めた。会社の時とはエライちがいだ。そんなわけで5時から、シャカシャカと泡立て器の音をさせておりました。

まずはゲスト用のデカイケーキ2台からスタート。型から出して箱に収めるのから、けっこうおおごとです。生クリームを全体にナッペしてサイドに1日目に作っておいたピンクのチョコレートの翼を貼り付けます。

Cimg1990

周りだけ、生クリームを絞って、あとこれにフルーツを載せていくわけですね。ここまでやっているうちに羊起床。切りが良いので、一旦作業は中断して羊のお弁当を作って、朝食を食べる。もちろんコーヒー1杯と食パン1枚っきりサ。冷蔵庫の中は綺麗にからっぽ。

6時45分、羊、遊牧にでかける。

フルーツのカットをして、さていよいよ仕上げです。もったいつけても仕方がないので、ここから一挙、出来上がり写真ですよ~。

まず、ゲスト用1(粉砂糖ふりかけ版)

080510a

Cimg1994

ゲスト用その2(粉砂糖ふらず版)

080510b

080510b2

ケーキが大きすぎて、全体像が入らない。でもあまり撮影に時間はかけられません。なにそろこの時点で既に7時半。

ケーキカット用の可愛いケーキの仕上げをして、撮影を始めたのが8時半です。

080510c

シューの岩に囲まれる新郎新婦、幸せそうです。いわゆるウェディングケーキにのる素敵なウェディングドールはなんと1対で3000円ほどのお値段。食べられないものはなるべくケーキに使わない主義のキッチン山田では300円の可愛いメレンゲ菓子を購入しました。だって、花嫁さん、まだ若いお嬢さんだもの。可愛いほうがイイサ。

で、これも全体像を写真に撮るのがえらく大変。

080510c2jpg

080510c3jpg

巨大なストロベリーパフェのような、出来上がりです。これ、どうやってケーキ入刀したんだろう?

この撮影をしている最中に、花嫁ご本人とお姉さんがケーキを取りにきました。ゲスト用ケーキはさらにダンボール箱に入れて保冷剤を詰め込んでのお渡しです。この時点でケーキ1台の重さは3kgを完全に越えてます。髪の毛だけセットを済ませ、まだジーンズ姿のあみちゃんは、相変わらず照れくさそうな顔をして突っ立っておりました。お幸せに!

3日間にわたる製作に皆様お付き合いいただきありがとうございました。で、私はこのあと、母の日ケーキの製作に引き続き突入していったわけです。(今日のお昼はコンビニおむすびサ)

その母の日ケーキ達も、さっき、クロネコヤマトのお兄さんが引き取りにきてくれました。

やーれやれ、これで上期最大のヤマは無事越しました。あとは・・・今夜の夕飯をどうするかだ。

ウェディングケーキ製作2日目

大型のゲスト用のケーキはフルーツのショートケーキにします。スポンジは3枚、間に挟むフルーツは苺、バナナ、杏、洋梨の4種類。

Cimg1975

これで1台分(杏と洋梨は2台分です)けっこうな量です。

Cimg1976

フルーツショートケーキったって、生クリームをそのまま挟むなんて野暮なことはいたしません。カスタードクリームにワインとゼラチンをあわせたもの(中央)に、メレンゲ(右上)と生クリーム(左上)を混合してフィリングを作ります。

Cimg1977

型に1枚目のスポンジを敷き、シロップを打ったあとにフィリングを流し、フルーツをのせたところです。ね?ぎっしり♪これをもう一回繰り返して、最後に3枚目のスポンジをのせて、こちらの本日の作業は終了。

Cimg1979 

ラップできっちり包んで冷蔵庫で冷やして固めます。これを2台作りました。ちなみに重さを量ってみたら、型ごとだけれど2.6kgあるゾ。

Cimg1980

さて、もうひとつのケーキカット用のケーキです。昨日たくさん作ったミニシューの中に軽いチョコクリームを絞り入れました。

Cimg1982

セルクル型にスポンジをセットして、チョコレートムースを流しました。ここに、苺のムースを流し入れて、いよいよシュークリームをセットしていきます。

Cimg1985

一部のシューが苺のムースにおぼれております。

Cimg1988

さ、こちらも今日の作業は終了。あとは明日の朝に一気に仕上げです。5時から作業すれば間に合うのか・・・。(お渡し時間は9時!)

ちなみに本日の夕飯はレトルトカレーのみでした。なにしろ冷蔵庫にケーキとケーキの材料以外入らない状態です。

ウェディングケーキ製作1日目

Cimg1973

この大量のミニシューは、10日、華燭の典をあげるK家のアミちゃんのウェディングケーキ用。

そう、GWが終わったばかりだというのに、ケーキ製作のためにまた休みをとってしまった私。昨日、帰り際に、YUKA姐さんに「お休み、がんばってね」と言われてしまった。YUKA姐さん曰く「お休み、ごゆっくりね、とは言えない状況だもんね。」ごもっとも!姐さん、スンマセン。

さて、本日はおもに、スポンジなどの土台作りです。ウェディングケーキといっても、作るのはゲスト用の大きい四角のケーキ2台と、ケーキカットにも使える、小さくて可愛いケーキを1台。2段重ねのウェディングケーキのような「いかにも!」というのは今回は作りません。

Cimg1967

スポンジ焼きあがりました。ゲスト用のケーキはスポンジを3層にするつもりなので、合計6枚。そしてケーキカット用の小型ケーキに使うのは左端にみえる縞模様のスポンジです。これがどうなるかは、明日のお楽しみです。ここまでで午前の部終了です。ちなみにこれらを焼きつつ、冬物のセーターを洗って陰干し。主婦していてエライぞ、アタシ。

Cimg1972

午後の部は大量のミニシューを焼くことからスタート。ミニシューを焼いたからといって、クロカンブッシュを作るわけではないのよ。

Cimg1971

ミニシューだけど、形はちゃんとシュークリーム♪。エライ!と自画自賛。(つまりいつもはあまりうまくいってないってことサ)

Cimg1974

ゲスト用ケーキの側面を飾るピンクのチョコレートの翼も作りました。

さて、これで本日の作業は終了です。明日は午前中だけブレーメンでレッスンの仕事をしてから買出しを済ませ、いよいよフィリングを作って組立です。

写真なんか撮ってるヒマあるのか?

GWってこんなものね

百貨店の売り場勤務には無縁のGW。昨年の夏から売り場ではなく特殊な部署に異動になったので、大学卒業以来、初めてGWにまとまって休みを取りました。後半4日間だけだけど~。

すごい期待してた。すんごく楽しいことばかりじゃないの?季節は清々しい初夏だし、スコ~ンと晴れた青空の下、近くの公園で羊さんと昼ワイン&ピクニック?羊さんの実家へ行く予定になっていたので、そこへ行くまでの間に都内のビストロで美味しいランチ♪・・・そう、期待しすぎてたワケだ。

羊、風邪が治らない。空はどんよりとして、羊さんの実家へ行く前に都内でランチなんてとんでもない状況。結局、お昼はなんにもないので、野菜だけ入れたインスタント味噌ラーメンを作りましたわぁ。来年から、GWには仕事入れてやる!GWなんてツマラナイ。羊なんてモノゲンで洗ってしまえぇ。(?)

ま、どうにか羊さんの実家へは行くことができたので、お久しぶりに羊ママと羊パパと楽しくおしゃべりして、お夕食に「すき焼き」なんてごちそうになって、赤ワイン飲んで、その頃になるとやっと羊さんもどうにか元気が出てきたので、夜からは楽しく、私のご機嫌もなおってまいりました。

翌日は羊さんの実家(葛西なの)からバスに乗ると亀戸へ行けるので、亀戸天神の藤でも見に行きましょう、ということになりました。

バス・・混んでる。(ひえぇ~)亀戸に着いたら着いたで、平均年齢65歳の人ごみが、まさしく亀の歩みのごとくどろり~んとした速度で、どうやら亀戸天神を目指してみなさん移動中。亀戸天神は「藤祭り」真っ最中だったわけですね。

Cimg1955

藤の盛りはもう一週間前頃だったと思います。花が終わってしまった棚がチラホラ。でもそんなことよりこの人ごみはなんだ~!

Cimg1958

こんな感じの密集度!あ、これはその後、羊さんと行った「清澄庭園」のカメね。ここも綺麗な日本庭園なんだけど、人がすごくて・・・。庭園を見るより、池の亀ばかり見ていたのは私達だけではないはず。

Cimg1959

奥にひっそりとシャガの花が群生しているところがあって、そこはきれいでしたね。

ま、結局20うんねんぶりのGWは、最終日に地元に買い物に行ったついでに寄ったお蕎麦屋さんがすごく居心地がよくって、それが一番だったかな。

GWって結局、こんなものなのね。来年はあまり期待しないで、そこそこ楽しく過ごせればイイヤ、くらいの気持ちで臨みましょ。

Cimg1961

青葉台のお蕎麦屋さん「青葉台 更科」。見た目と違って、中は居心地良く、リーズナブル。働くおば様達の丁寧でしゃきしゃきした接客が気持ち良く、おまけに蕎麦屋の昼酒を奨励してくれている店でした。これは午後4時に、突入してまったり昼酒飲まなくちゃ。日本酒は新潟のものが多かったかな・・・。合鴨せいろ、美味しかったです。

GWの収穫・・・昼酒できる蕎麦屋を発見。

カメの歩みとそのご褒美

やっとやっと、HPの更新ができました。カメの歩みでもなんとかGW中に仕上がったので万歳です。

今回のキッチン山田のHPの更新は、先日から取り組んできました脂質を限りなく抑えたケーキ、ローファットケーキの項目をUPすることが一番の主眼。だから他はほとんど変わってません。ごめんなさい。それはそのうち載せます、いつか。(で、そのいつかはいつなんだろう・・・。)

ローファットケーキにしても、たいした数は載せられなかったのですが、一応カロリー計算付きです。ローファットを目指しただけなのでローカロリーは考えずに試作をしました。でも結果、まぁまぁのローカロリーかも。もっとカロリー自体を抑えてほしいということなら、もうちょっとは抑えられるかなぁ。でも特にカロリーのことが心配ない方や、短期ダイエッターは普通のケーキを食べるか、食べないかで対処したほうが良いでしょう。ダイエット中は食べないほうが良かろう・・というのが私の意見です。

で、脂質を抑えたケーキという名称をなんとしたらよかろうか?というタイトルに悩んで、「ノーファットケーキ」という検索でググってみたら出てきたのはワンちゃん用のケーキばかりで笑えました。卵黄を使うので「ノーファット」とはいえず、一番検索にかかりやすい「ローファットケーキ」で統一してみました。

なにかの事情で、脂質の制限がある方が、ここ一番というお祝いごとの時に使ってくれたら嬉しいなぁ、と、まぁその程度に肩の力を抜いてのご紹介です。

ちなみにそこには抹茶と卵白のプリンの作り方も載せました。おやつに作ってみてください。あたたかいフルフルが美味しいと思います。

そんなわけで、やっとカメの歩みのような仕事が終わった私にご褒美です。リー夫人が先日のレッスン時に「貢物です」と言ってお持ちくださいました。

Cimg1944 カメゼリーだよ~ん。

きっとこれはノーファットにチガイナイ。リー夫人ありがとうでございます。

Cimg1945_2  

爽やかな5月、素敵なGW。なのに羊の風邪がぶり返して、本日のお出かけも微妙になってきた。仕方ないので私はカメゼリーでもつつくとしましょう。画面があまりに地味なので、気持ちだけ、スイーツの画像をはっておきましょうか。

060709

桃の季節になったらこれもローファットケーキのメニューとして作り直す予定でいます。

意外とイケル

奇しくもヌシさんのところでも、猫猫堂さんのところでも「プリン」の話題が載ってます。プリン・・みんな好きですね。もちろん私も大好き!

さて、ここのところHPに載せる記事用に、低脂肪、もしくは無脂肪のケーキを作り続けている日々。プリンはバターも生クリームも使わないので、かなり低脂肪なデザートです。でも卵黄には脂質が含まれるので、無脂肪とまではいえません。

そんなわけで、卵白だけでプリンを作ってみました!

Ranpaku8

卵白と無脂肪ミルクを使って作ったプリン。それだけじゃつまらないので抹茶を加えて作ってみました。写真はその上に、桜のゼリーを流して固めたものです。

もちろんこうして冷やして、ゼリーなんか流しても、それなりに美味しかったのだけれど、意外にも出来たての湯気がたつ温かいプリンがおいしかったのよ。

ふるふる・・・。卵黄が入らない分、卵の匂いが抑えられていて、抹茶の香りが引き立ちました。

この温かい抹茶入り卵白プリンには、抹茶リキュールのソースをかけると美味しいかもしれない。もしくは抹茶をちゃんとたてたものをかけて、抹茶の苦さを楽しむのも良いかも!

まだまだ研究の余地があります。

Ranpaku7_2

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30