フォト
無料ブログはココログ

« 病をおして | トップページ | ローファットケーキ新作 »

kanさんとさばさんに捧ぐ

前々回の記事のコメント欄では、お見舞いのお言葉をたくさん頂戴しました。ご心配をおかけして本当に申し訳ないです。おかげ様で、今日、病院で日常生活への復帰可のお墨付きを貰いました。ということはノーメイクで代官山か・・・。(笑)

さて、そんなお見舞いコメントの中にあきらかに異質のコメントが含まれていたのに、コメントをしっかり読み込んでいらっしゃる方はお気づきのこととおもいます。

書籍を生業とするkanさんから

>もりながふみの「西洋骨董洋菓子店」という漫画の中に登場する洋菓子の中に、「作ってみたい」
もしくは「作れるよ」というものはありますでしょうか?

という、病気のパティシェにケンカ売っとんのかぁ(笑)という内容のコメントであります。私はこのマンガはkanさんと同じく書籍を生業とするさばさんから「是非読むように!」と言われて昨年宅急便でマンガを送りつけられて、読みました。でもさばさんの愛読書であったため、本人に既に返却済みで、そこに出てくるケーキの詳しい内容は分かりません。そこでコメント欄でさばさんにその内容を書き出してくれるようにお願いいたしました。

律儀なさばさんはさっそくマンガを読み返してくれていろいろ調べてくださいました(詳しくはコメント欄参照)

>ショコラ・オランジュ、タルト・シトロン、シャルロット・オ・ポワール、ピティビエ(アーモンドクリーム入りのパイ、エイジ作)、ドライフルーツてんこ盛りのアルザス風ケーキ(エイジ作)、サヴァラン、デリス・オ・フランボワーズ、バレンシア、ポワール・ヴァン・ルージュ、リモニー、ノルマンド、干しいちじくとくるみのバターケーキ・キャラメルソース入りベイクドチーズケーキ・赤砂糖と黒砂糖のタルト(以上3点エイジの試作)、パヴェ・オ・カラメル、シブースト・ショコラ・フランボア、紅茶風味のシュークリーム、タルト・オ・フリュイ・セゾン

この中で私のパティシェ心に触れたのは「干しいちじくとくるみのバターケーキ」でした。これは容易に想像が付くケーキなのだけれど、作り方によって平凡なものにも、シンプルながらすごく美味しい出来にも、いかようにもなりそうな組み合わせだったからです。ちなみにkanさんもこのケーキに反応しています。

私が思いつくレシピはふたつ。一つは紅茶に合う優しい美味しさのもの。もう一つはコーヒーに合うお酒の効いた個性的なもの。

なにしろ、寝ている以外してはいけないことばかりだったので、格好のヒマつぶしになりました。頭の中であれやこれや思考錯誤して、素材を足したり引いたり・・・。紅茶に合うほうはいつでも作れるし、これはもういじりようがないレシピなのでそのままとして、コーヒーに合う干しいちじくと胡桃のバターケーキの試作を頭の中で何回となく繰り返し・・・完成。

で、頭の中で出来たら実際に作ってみたくなるのは当然の帰結。悪いことに干しイチジクと胡桃、ラム酒も白ワインもアーモンド粉もバターも砂糖も小麦粉もなにもかも家にあったわけで・・・。

羊が家を出たのを見計らってちゃちゃちゃ・・・と作ってみました。いや、実は前の日から羊の目を盗んで干しイチジクをシナモンを少し加えた白ワインで少し煮て戻し、それをラム酒に漬けておいたのよね。

Cimg2116_2

胡桃は刻んだものも入れてあるけれど、実は粉にしてアーモンド粉ともども生地に入れてある。小麦粉よりバターより、その分量は多い。出来上がりは頭の中の計算とほぼ同じだったのだけれど、型に対して分量が少なかった。当初の計算のもので多分ちょうど良かったのに、型の容量を見誤って70%割合で計算しなおしちゃったから・・。こういうところは実際に試作してみないとわからないもんです。あと、隠し味程度にシナモンかコーヒーを使うともっと深みが出ると思いました。これも実際に食べてみなくちゃわからんもんです。

言い訳がましく言いますが、ちゃんとこれを作った後は午後の間、ずっと布団で安静にしておりましたです。

シュール・リーさんとそんな話をしながら、kanさんとさばさんを交えたOFF会も楽しそうだねぇ~と言っておりました。でもそんな場になったらkanさんとさばさんが二人して本の話題で論戦を交え、それについていけない私とリー夫人は二人してただただ、酒におぼれそうな気もいたします。フードファイトならぬ、ブックファイト。本のジャンルをかえて12ラウンド、闘ってもらいたいなぁ、なんて贅沢なことを病の床から夢想しておりました。

そんな病の床から這い上がって、本日はブレーメンで午前、午後とレッスンをしておりました。午前のSさんは先月やりそこなったレモンパイをとっても可愛く仕上げたんだけど(アタシは可愛いと思うのよ、バカボンのホッペみたいって言ったけどwink)お友達に写メールしてそそくさと仕舞ってしまったので写真が撮れなかった!残念!

午後はリー夫人が「プディング・ショコラ」をレッスンしました。ブレーメンのスタッフもブログネタが欲しかったらしく、みんなで外で大撮影会!

Cimg2120

思うに帰り際、きっとリー夫人はヌシさんにこの画像を送っているな。

午前、午後とも楽しくレッスン終了して、やっと元気になった気がします。明日からまた会社とレッスンと製作のトライアングル生活にもどりますけど、すこしはのんびりした時間も作って体にも気を使おうと思った次第です。

今回の帯状疱疹休暇の副産物である、この干しいちじくと胡桃のバターケーキはkanさんとさばさんに捧げます。あ、でも実物は食べちゃったからね。あしからず・・・。

Cimg2117

« 病をおして | トップページ | ローファットケーキ新作 »

「スウィーツ」カテゴリの記事

ブレーメンでのレッスン」カテゴリの記事

コメント

あれ?もう作っちゃったんですか?

で、もう食べちゃったんですか…

さば様、本屋さんでいらしたんですね。
同業者というよりも大先輩、でしょうね。
僕はよしながふみさんとタメ学年ですから。

本屋さんだとしたら、お名前の「さば」というのも、
大島弓子さんの(先代の)愛猫からの由来でしょうか。

干しいちじくと胡桃のバターケーキ、お供えしてすぐに食べられちゃったみたいですねぇ…。神餞?

kanさん、ぢつは私…本屋さんの敵?かも知れませんです(本当はそんなことはないのですが、一般的なイメージとして)。
某地方自治体(詳細はヒ・ミ・ツ)の図書館員でございます。「大先輩」は大当たりぃ~!なのですけれど。立場も世代も異なりますが、本好きまんが好きは一緒なので、どうぞこれからもよろしくお願いします。
だって、「さば」から、即大島弓子さんの愛猫(しかも先代!)と反応してくださる方は、そんなに多くはないと思うのです。

ちなみに、「さば」は昨年天国へ行ってしまった自身の愛猫の名前(厳密には、彼はサバで私はさば)です。単に彼が「サバねこ」であったからでもありますが、命名の際には既に大島弓子さんの作品を読んでいた筈で、多少はそれを意識していたと思われます。

干しいちじくもくるみも大好きだけど、
「バター」はできるだけ少ないケーキを希望。

しっかし干しイチジクってなんであんなに美味しいんだろう・・

鴨肉ソテーにも、デザートにもつかえる優れもの♪

>kanさん、さばさん
そう、捧げたけど食べた。
旨かったです。
日を置くとさらにしっとりするのでさらに旨いです。これは真ん中にどーんとイチジクを配するのでイチジクの味が前面に出ます。胡桃と味を拮抗させる為には刻んだほうが良いのかな?紅茶に合わせるほうは刻んで入れるつもりです。
もとの分量で作ると、ちゃんと型一杯に焼けるので綺麗な半円型になるかと思います。

お二人に実物を捧げる為にはまだまだ試作を繰り返さないとね♪

ところで書店員と図書館員は敵なのだろうか?同じ知識(二人とも嗜好が似てる気がする)を深く共有するもの同士、ときどきコメントで絡んでくださるととっても楽しいで~す。

>hirorin

お題が「干しイチジクと胡桃のバターケーキ」だったもんでバターは入れないわけにはいかなかったのよん。でもバター自体はそんなに多くないです。胡桃自体が油脂をとっても多く含むものだからね。

私も干しイチジクを入れたパンとか大好き!

>鴨肉ソテーにも
確かに!しかしhirorin本当に鴨好きですよね。happy01

だぃぶ復調されたよぅでよかった×2です happy01

>きっとリー夫人はヌシさんにこの画像を送っているな。
あれぇ~ !? 来なかったですよ
…代わりに ビビンパどんぶり!! の写メなら (笑)

>ヌシさん
ビビンパどんぶり!それはリー夫人のお昼ご飯でありましょうか?あなた方二人の間では常に食いもんの画像が空中を飛び交っているのですね?
間違ってぶつからないようにしよう・・・。

先生、レッスンありがとうございました。
実はあの後帰宅してからどんどんどんどん体調がおかしくなり、
なまはげに熱を測るように言われたら見事に発熱しており昏倒してしまいましてまだプディング・ショコラもそのままです。なのでヌシさんに画像を送る元気もなかったです。目下全身の関節痛・激しい頭痛・腰痛にぼーーっとなっているのですが間の悪いことに今日はマンション戸別の雑配水管清掃があるので、この泥棒進入後状態の部屋を今からなんとかしなくてはなりません。

…死ぬかもしれません。(大げさ)
せんせいもまだ無理しちゃだめですよーー。

はぁ~、やっぱりプディングショコラにしようかなぁ~、
まだ迷ってます。
ちなみに、私はクラフティーも好き。先生のクラフティーはまわりにアーモンドがちりばめてあって、更においしそうです。
干しイチジクとくるみのバターケーキもおいしそう。
材料、いま家にあるし・・・。バターさえ買えば。。。

リー夫人 はやくよくなってくださいね。
先生もまだまだ油断は禁物、無理しないでくださいね。

甘いものがとっても食べたくなってきちゃった るるでした。

>シュール・リーさん

大丈夫ですか?コメント書いてるどころの騒ぎじゃないと思うのだけれど・・。ご自身もいまひとつの体調とおっしゃっていたのだから、来週に振れば良かったですね。
早く良くなってください。
私は1年に1回、コケるくらいですむけど、りー夫人は体力のストックがあまりないように見受けられます。本当に本当に、気をつけて、お大事になさってください。

>るるさん

何を選んでも今月は私がシロップ煮にしたさくらんぼを使用!それがどう味に違いがでるのかはわからんが・・・。お好きなのをお選び下さい♪

>さば様
こちらこそよろしくお願いいたします~happy01

図書館が書店の敵、というイメージもあるようですね。
新刊の文芸書を複数用意して貸し出すのは営業妨害…
といった主旨のように思います。

でも実際にはそんなことはないと思います。
図書館で人気作を何ヶ月も予約待ちできる人は、
もともと書店で新刊を買うタイプではないと考えられますので。

↑名前が入ってませんでした…

う~ま~そ~だ~~~。
いちぢくの焼き菓子って大好き。 これは絶対おいしいに違いないと確信します! 

いちぢくってワインに合うのよね(←やっぱり酒か)
いやいや、紅茶を飲みつつ優雅に食べたいわ。

>akikoさん

そう、これは絶対赤ワインに合います。多分、ポートワインみたいな甘いのが・・・。私としては同じグレイスワイン好きとして、「周五郎のヴァン」をオススメします。
是非是非、お酒と合わしてねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/21606249

この記事へのトラックバック一覧です: kanさんとさばさんに捧ぐ:

« 病をおして | トップページ | ローファットケーキ新作 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30