フォト
無料ブログはココログ

« 月の光 | トップページ | 夏休み宣言! »

ランチミーティング

ここだけの話、最近営業本部長の機嫌がすこぶる悪い。先日のランチミーティングの席上でも財政部長を巻き込んで、かなりのボルテージで下期の生産体制、ならびに営業見通しについて異議申し立てをしてきた。

どこの世界でも営業と生産現場との軋轢は付きものだと思うが、営業本部長の怒りの矛先は製造責任者である工場長を飛び越え、いまや経営者の私にまでむかってきている。

うちの今の態勢が製造現場に甘すぎる!という不満が営業本部長の本音なのだと思う。

営業本部長曰く・・・・お客様が求めている以上、製造現場のプライドなんか捨てて、「お客様の欲しいものを欲しい形」で提供するのが商売の筋ってもんじゃないのか?それを「キャラクターものはやらないだの、今の時期はそれは旬じゃないから作れない」だの言って断るし。「苺のショートケーキ」はどこのケーキ屋だって夏にも必ず店頭に並べているじゃないか。今は国産だって夏の苺の品種があるっていうのに。

だいたい、急ぎの注文は全て断ってるっていうこと事態が大きな問題で、もっとどんな状況でもすぐに対応できるような生産体制を早急に作る必要があるっていうのに、工場長の顔色ばかり伺っているから、いつまでたってもうちの商売の規模が膨らまない。それがもとで、大きなビジネスチャンスをいくつ逃したと思っているんです、え?博報堂さんからグラビアアイドルのデカイバースデーケーキの注文だって、箱のストックさえあれば、受けられたんですよ。そうしたら今頃、博報堂さんとの太いパイプも出来て、グラビアアイドルのオネエチャン達のバースデーケーキはうちが独占できたんだ!

・・・と鼻息が荒い。話題の中心である工場長は、というと隅で下をむいてボソボソとパンを食べている。オヤジさんも歳をとったなぁ・・とその肩を見て思う。

「ま、ま、山田部長、そうはいってもうちは製造あっての商売だからさぁ。最近、山さんの肩の調子もいまひとつだから、今くらいのペースでちょうどいいくらいなんだよ。」

「社長!お言葉ですがそうやって、いつも山さんをかばってばかりいるから埒があかない。だいたい社長が無策だから売り上げもず~っとここのところ横ばい状態じゃないですか!」

その言葉にはかなりムッときた。私が押し黙り、重い空気が食卓を包んだその時、今までずっと黙っていたオヤジさんがひょいと顔をあげて、誰に言うでもなくつぶやいた。「ところで、最近山田部長がとってきた注文ってどれでしたっけねぇ?大口ってここのところまったく受けてないように思ったんだが」

その一言で山田部長は素麺をすすっていた箸をテーブルに叩きつけて席を立ってしまった・・・・。そういえば最近、こちらから仕掛けた商売はほとんどないなぁ。要はそこらへんも含めての山田営業本部長のあせりがあったのかもしれない。あとで、部長とはよく話し合ってフォローしておこう。

というわけで、私は一人三役のランチミーティングを終え、素麺の汁をすすりこみ、ぼそぼそしたパンを飲み込んで、お昼に素麺と菓子パンなんてひどい食生活だなぁ、と思いつつ午後の作業に突入いたしました。

ランチミーティングの結果、下期のキッチン山田の活動は従来どおり製造担当のおやじさんの肩の調子をみつつ、ゆるゆると活動してまいります。ただし、山田営業本部長の言わんとすることも一理あるので、どんな状況でも対応可能な生産体制は整えていきたいと思っております。大荒れのランチミーティング後、営業本部長と腹を割って話したところ、山田部長も「下期にはイベントを仕掛けて、営業として大きく貢献したい」という前向きなことを言ってくれたので、その発表も大いに期待して待ちたいところです。

付け加えるならばキッチン山田の基本方針「夏に苺のショートケーキなんか誰が作るか!」「アタシにキャラクターもののケーキなんか作れるか!」という2点に関しては絶対揺らぐことはないと、アタシの中のおやじさんが強く言い切っておりまする。

Cimg2210_2

こちらは先日のブレーメンのレッスンで午後のS崎さんが作ってくれたシュヴァルツヴェルダー・キリッシュトルテ。ひと月遅れでのレッスンだったのだけれど、アメリカンチェリーがまだ出回っていたので瓶詰めを使わずに済みました。良かった♪

« 月の光 | トップページ | 夏休み宣言! »

山さんVS山田営業本部長」カテゴリの記事

コメント

え!?経営者って?本部長って?工場ってーーーーー???
っと頭でいろんな想像が膨らんできたところで
アハハ・・・もしかして夢見てたの?と思ったらそういうことでしたか。 

そりゃあ夏でもいつでもショートケーキが大好きでそれ以外ケーキは食べないって人もいるかもしれないけど、基本方針を変えない職人魂バンザイ♪なのです。

「旬のものでなければ作らない」そんなポリシーがあっても良いじゃないですかhappy01
今イチゴのショートケーキが食べたければ
売っているお店で買えば良いのです。

にっきさんのポリシーが好きな人はたくさんいますheart04
今のままでいて欲しいというのは身勝手でしょうか?

でもおいしい繋がりが随分他に流れていますね。
ファンとしては喜ぶべきかhappy01悲しむべきかcrying

「営業さんも、ワガママで勝手なことばっかり言う客ばっかり拾ってきて現場に押し付けるのはやめてくんな!」
「そういう客が商品開発にもつながるのであってっ・・・!」
「滅多に注文寄越さないくせに、忙しいときに限って意味不明な暗号みたいなオーダー寄越すあの・・・」

というくだりがなくて幸いでした。
暑いですからね。
もうこうなっちゃうと乗り切る鍵は「体力」じゃなくて「妄想力」かも。

そうだ、来月末はワタシの誕生日だっけ・・・と、わがままで勝手な客がまた・・・(笑)

>忙しいときに限って意味不明な暗号みたいなオーダー寄越すあの・・・

というのは僕も当てはまりそうですね。
いまだオーダーしてませんけど。

実は会社で今回の記事を拝見して、にやけてしまいました。

有意義なMTGとなったようで、いちファンとして安心いたしました。
ところで、うちの夫はコリラックマが好きなのですが、どーしても、ゼッタイ、きゃらプリンはだめですか?(笑)

「社長も山さんも、どうしてオレの気持ちをわかってくれないんだ!3人でウチを日本一にしようって、徹夜で頑張った日もあったじゃないか…」(若い日の3人の回想シーン)
            ↓
バーでヤケ酒を飲む山田部長、そこにさりげない様子で近づく若い男…。意気投合する2人、男はD通のプランナーだという。彼の紹介で大口の注文をものにする山田部長。
            ↓
しかし、その注文はライバル会社が巧妙にしかけた罠だった!絶体絶命のピンチに陥る山田部長。このままでは築き上げてきた信用が跡形も無く崩れ、会社は何もかもを失うことに…。「なんてことを…オレが…オレが馬鹿だった!」
            ↓
全員が固唾をのんで見守る中、工場長の肩が滑らかに動き出し、その繊細な指先が奇跡を起こした!
「し…しんじられねぇ…」その場にへたり込む自称D通。
「…山さんの「神の線描き」がまたこの目で見られるなんて」眼鏡を外してそっと涙を拭く社長。
「山さん…おれが間違っていた…許してくれ!」
            ↓
(場面転換)真剣な表情で語り合う3人。会議室のランチミーティングではなく、工場の中で立ったまま。出盛りの白桃の香りを確かめる山田部長。あれ以来、山さんの肩も少しずつ元の調子を取り戻しつつある。2人を見つめる社長の目が笑っている。
           (完)


            

先日偶然お会いした山さんと昼間っから飲みました。その時あの寡黙な山さんがぼそっとつぶやくキャラものに対する考え方や社長と営業部長を慮る気持ち。山さんの考えも『我がまま』というワケではなく深ぁーい配慮があったりするわけで。でも山さん根っからのアルチザン(職人)であったりするわけで。3人は苦悩し衝突を繰り返しながらもふと気づくと名実共に日本一の店になっていたりするんです。(by押しかけ職人見習い・計量メレンゲ用兵)

嗚呼、来年の私の28歳を祝うバラのケーキが今から楽しみぃheart04

>忙しいときに限って意味不明な暗号みたいなオーダー寄越すあの…

あぁ。。。耳が痛ぃ。。。
いや。。。ここは聴こえなぃ(見えなぃ)フリ~ ♪
某マダムの件も9文字目あたりから霞んで見えなぃ。。。

>akikoさん

私、忙しいときとか自分に都合が悪くなったりしたときついつい、妄想に走ることが多く・・・。他人からは無口とみられることが多いのですが、実は自分の中でこうして山田部長と山さんと社長と常に話し合っているわけで・・・ちょっと怖いかな?

>hiroさん

あ、もうこのままでしか進みようがないので大丈夫。ただ、ますますおやじさんが頑固になりそうで、いつ暖簾を下ろすと言い出すか、それだけが心配です。

>アリーマさん

そういうお客さんって・・・思い当たるのはえ~っと・・・・。coldsweats01
で、そういうお客さんはケーキ作りが一番不向きな8月生まれだったりするわけなのね?覚悟は出来てますからぁ。

>kanさん

>忙しいときに限って意味不明な暗号みたいなオーダー寄越す

いや、アナタの場合「アタシの体が弱っているとき」の間違いでしょう。面白かったけど。実はあれ、既に商品化して無理やり販売してしまった。もうちょっと甘みを抑えたほうが良いというアドバイスももらったので改良してお待ちしております。秋になったらどうぞ。

>さばさん

悪かった・・・妄想力はあなたのほうがさらに上でした。こんな後日談まで作ってくれてありがとう。でも私の中の山田部長はD通のプランナーの前でとことん飲んで酔っ払っちまって、多分その大口の注文があったことも忘れちまいそうな気がします。タコ社長もタコ社長のまま、うだつがあがらないままなんだろうなぁ。このままだと汗臭い現場になっちゃうので、そろそろ可愛い経理担当の山ちゃんという人格も入社させようかなぁ♪

>しゅうるりさん

おやじさんが「どこのどいつが28歳なんだぁ?」と酒を飲んでつぶやいておりますよ。「そんな若いねえちゃんと一緒に飲んだ覚えはねぇ」そうですが?
いや、私が言っているのではなくおやじさんが。

>ヌシさん

いや、ヌシさんのオーダーは「本当にこのホールを一人で食べきるんだろうか?」という疑問をさしはさむことさえなければ、比較的楽ですよ。普段甘いものを食べつけていないマダムのような方のオーダーは難しい。
ヌシさんはブログを読み込めば「傾向と対策」が見えてくるけどマダムのブログからはモツ料理の「傾向と対策」はすごくよくわかるのだけれど、ことスイーツに関しては手がかりが残されていないのですよ。

>ねこてんさん

そういう旦那様にはこちらを
http://sweeets.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/1007145_05dc.html

三國シェフも私同様、「リラックマだとぉ~!」とは思わなかったのでしょうか?でもキャラクターケーキではなくしっかりリラックマのお祝いケーキに仕上げているところはさすがです。職人たるものこうでなくては!というお手本ですね。

キャラクターものはそのまま取り入れたのではそのキャラクターを作った人にものすごく失礼なことではないか、というのがまずひとつ。本来なら著作権(?)とかいうものが発生するはずだからね。
他人の褌(キタナイ?)でそれも無断で商売して良い筈は無いというのがまず大きな理由です。

後は職人のおやじさんのワガママでしょうね。多分商売人の営業本部長は「お客様の満足が100%でそれ以外は0」なんだけど職人のおやじさんが考える100%は「お客様の満足100%と自分の満足100%が満たされてこそ」なんだと思います。自分も満足しなきゃヤダってところがやはり職人のワガママなんだと思います。そこらへんのバランスをどうとるか、そこらへんが社長の役割でもあります。あんましエラソ~なことばかりおやじさんが言い始めたら、そりゃぁちがうゾ!とたまにはガツンと言うつもりでいます。

うへへ。読みながらニヤニヤしちゃいました(´_ゝ`)
私には妄想癖があるので、こゆ脳内変換が大好きですw

旬のものは旬のときにのみ使う。
無理はせずに納得いくものを。
本来ならば、ごくごく当たり前のことを
しなくなりつつある世間サマなので
にっきさんの清々しい職人魂、大事にしたいですね!
(全国チェーンのお店を好まない訳もコレなのです。)
部長の気持ちもよくわかるけど、おやっさんの一声だから・・
っと、ハラハラしながら見守る事務員・ゆゆの
登場を希望します(*´Д`*)

>ゆゆさん

熱帯地方の京都からお帰りなさい。
横浜も暑かったよ~なんて言ってちゃ悪いような灼熱地獄だったようで・・・。お疲れ様でした。

先日入ったばかりの事務員の山ちゃんは入社早々ポカをやらかして、おかげで今日はその尻拭いのために社長のアタシがケーキの直送です。先輩事務員のゆゆさんからもよく指導してやってください。「え~!アタシのせいですかぁ?」とさっきからふてくされて事務員山ちゃんはマニュキアを塗ってます。勤務時間中だっていうのに!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月の光 | トップページ | 夏休み宣言! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30