フォト
無料ブログはココログ

« 絵のハナシ | トップページ | 涼しくなったので »

すげー簡単

真夏にアリーマさんが、長時間火を使わなくても料理が出来る!という理由でシャトルシャフを購入あそばされた。某パティシエにそそのかされての購入だったとのこと。アタシか?

仕方がないのでシャトルシェフ祭りでもするか、と予告しておいてそこからかなり経ってしまった。気がつけばなんだか涼しくなってしまっているしなぁ。アリーマさんより少し前に購入したるるさんはせっせとシャトルシャフでお料理を作ってブログでUPしておられるので、もしやそこでレシピを公開してくれれば、私はお役ごめんになるんだがなぁ・・・と淡い期待をいだいておりました。シャトルシェフ、使っているけど旅行から帰ってきてからはあっさりしたものばかり食べていたので、皆様にお披露目するようなちゃんとした料理は作っておりませなんだ。

で、ようやく作ったのがこれ。

Cimg2375

豚肉のほうじ茶煮。これが料理といえるのか?という代物です。でも、シャトルシェフにつっこんでおけば出来るので、対アリーマさん的には充分申し開きが出来そうです。

作り方は①別の鍋で1リットル強のお湯をわかし、カップ1くらいのほうじ茶を投入。お茶を煮出す。②そのお茶を漉してシャトルシャフの内鍋に入れる。③豚の肩ロースのかたまり肉をそこへ入れる。④一旦火にかけ沸騰したらシャトルシェフの外鍋に内鍋をセット。2時間くらい(それ以上でもOK)そのまま放置。ちなみにその間、私は散歩に行ってました。昼寝しててもいいし、なんなら夜のうちにセットしておけば朝には出来てます。

肉を取り出し、ほうじ茶を捨てて今度は内鍋に醤油1/2カップ、お酢1/4カップ、お酒1/4カップを入れてひと煮たちさせてから肉を入れてすこしその中で返し煮してから、食べる直前まで、また内鍋をシャトルシェフの外鍋に入れておけばOK。ほうじ茶とお酢の力でお肉はとても柔らかくなってます。

えーっとこれだけです。このタレは余ると思うので、取っておいて、炒め物とかに使うと美味しいです。

シャトルシェフがなくてもほうじ茶で30分から1時間程度茹でておけば出来るので、寒くなれば普通のお鍋でも充分できます。夏場、お台所でもうもうと湯気をあげたくない方にはやはりシャトルシェフをオススメします。あと、私のように昼間ヘロヘロと出かける人とか、ちっちゃいお子さんがいらして、手があいたときにちゃちゃっと家事を済ませてしまいたい方には重宝なお鍋です。

このお鍋をつかった、ふつうのごはんのおかずや、プリンの作り方なんかはそのうちまた追加しますので、アリーマさん初回はこんなもんでお許しくだされ。もっと凝ったお料理はヌシさんとかるるさんに期待しましょうね。

ちなみにうちのお鍋はけっこう旧式。内鍋はこんなです。

Cimg2373 Cimg2374

« 絵のハナシ | トップページ | 涼しくなったので »

普通のご飯」カテゴリの記事

コメント

ヌシ宅のシャトルシェフも旧式なので
内鍋・外鍋ともにシルバーの地味なコなんですよねぇ catface

先生もシャトルシェフを前から持っていたんですね。
ほうじ茶煮かぁ。いいですね。これこそ保温調理器の醍醐味だと思います。わたしも近いうち作ってみようっと。

>ヌシさん

あ、おそろの鍋?
るるさんのとこやアリーマさんのとこで最近のおしゃれなシャトルシェフを見てちょっとびっくりしました。ま、このステンレス製、クレンザーとかでガシガシ洗えて良いのだけどね。

>るるさん

ごめん、どうも料理ともいえないような代物で。でもこの鍋があると煮物上手になりますよね。寒くなる頃には豆料理とかも作ります。

おかげさまで、冬瓜と鶏肉のスープやら薬膳スープやら、夏場は作るのが辛い煮込みスープがサッパリお手軽に食べられました。
寝る前に仕込んでおくと、朝には食べられるのが大変ありがたく。
けっこう夏バテ対策になりました。

なによりも鶏や豚ばらなんか、ほっとくだけでとろ火で長時間気長に煮込んだような状態になって、スープも濁らないし煮崩れもしないので、これは冬に向けても嬉しいいいお買い物だったワイ♪と喜んでいます。

いや~、夏に便利ってとこには気付きませんでした。
豆を煮るのにもう一台、小さいのが欲しくなってきたりして。

このほうじ茶煮もうまそうです♪

週末、料理教室でサムゲタン風スープを習ったんですが、
そのときも、「これはシャトルシェフで作ればもっと簡単じゃん、ヒッヒッヒ」とひとりほくそえんでました。
そして、今日は豚肉買ってきました。
アリーマさんの薬膳スープなんてのもいいですね。

>アリーマさん

お鍋がお役にたててよかったですね。
薬膳スープって何を入れるの?
生姜とかクコの実とか(あとが浮かばない)鶏肉?
非常に興味があります。
今朝のような思いっきり二日酔いの朝は特に。

>るるさん

サムゲタン・・・鶏をまる一羽鍋に押し込めるのでしょうか?
非常に興味があります。
今朝のような思いっきり二日酔いの朝は特に。

適当に目に付くものをいい加減に放り込んでますが、鶏肉か豚肉にナツメ、クコ、生姜、ネギ、干ししいたけとか。
夏なので緑豆と白きくらげとか。
干し海老、干し貝柱とか。
トマトとか梅干とか。

あ、そーだ、二日酔いにはセロリらしいですよ(もう遅いか)。

薬膳スープ、とか妙に耳あたりのいい言葉を使ってしまったけど
ようするにあるものをテキトーに入れた普通のスープです。
中華系の乾物に限らず、夜目に付くものをいい加減に放り込んで、煮立ったら保温で朝までほっとくだけ、という芸のなさ。
具材の取捨選択は気分です。

こんなもんでも胃が元気になるような気がするから不思議。
おかげさまで便利に使ってます。

>アリーマさん

ありがとうございます。そっか干しシイタケと葱、生姜だけでもそれっぽくなりそうですものね。問題は二日酔いになる前に仕込んでおかなければならないってことですね。うむ・・・いつも今日はそんなに飲まないからって思って宴に臨んで、結局飲んじゃうからなぁ。「薬膳スープも仕込んできたし、もう大丈夫♪」なんて思って飲んだ日には・・・朝までにお家に帰ってこれるかなぁ。
まずはなんでもない健全な日に作ってみます。夏の疲れにも良さそうです。

しょうもねー注文(誰のだ?)はあるは、試食会もあるわで大変な時期ですね。
でも「シャトルシェフ祭り」の第二弾は首を長くして待ってますんで。
へっへへ。

>アリーマさん

大丈夫、8月31日までは夏休みだもん。
「シャトルシェフ祭り」・・・・もう「おでん」でもやっちゃおっかねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/23214634

この記事へのトラックバック一覧です: すげー簡単:

« 絵のハナシ | トップページ | 涼しくなったので »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30