フォト
無料ブログはココログ

« 感謝、感謝の一日でした | トップページ | タコ社長、頭を抱える »

山さんがちゃぶ台を!!!

おはようございます。試食会の様子をいろいろなところで取り上げていただいて本当にありがとうございます。またご紹介いただいたブログについてはまとめてリンクを貼らせていただきますね。

と、いうわけで今朝の担当はタコ社長です。工場長、山さんは今朝から次のご注文品の製作に取り掛かり、オーブンで焼いている今の時間は座布団をふたつに折った枕で寝転がりながら新聞を読んでいるようです。

さて、試食会前の忙しい時期の話であります。その日は朝からご注文品の製作&発送準備に追われ、午後はブレーメンでのレッスンと忙しくすごしておりました。さすがにブレーメンでのレッスン後はくたびれて足がだるくなっていたので、山田営業本部長と山さんと試食会の打ち合わせも兼ねて少し休憩をしようと、東急SCの小○珈琲店に入りました。

ここは珈琲がそこそこお高いのだけれど、店の作りが広々としていて疲れた時にはうってつけの店です。この日、山さんは昼食に素インスタントラーメンを食べただけだったので、なにか食べたいとメニューを見始めました。ここは京ロールと銘打って米粉を使ったソフトなロールケーキが売りです。私としても山さんにそれを食べたら?とすすめてみたのですが、疲れているときに生クリームは食べたくない、と言われ、チーズケーキ(400円也)か、メニューの端にあったホットケーキを次候補にあげてみました。

「ホットケーキ♪」急に山さんの顔がほころびました。私としてはチーズケーキより高い530円という値段設定と、メニューの写真のしょぼさにちょっと嫌な予感はしたのですが、山さんの疲れがそれで少しでもとれるのならと「コーヒーと合わせて1030円って、ランチ並みの値段じゃん!」という言葉を飲み込んで経営者として太っ腹なところを見せたわけです。

コーヒーと一緒にソレは運ばれてまいりました・・・・。直径10センチに欠ける薄いパンケーキ状のものが2枚、四角い立派なお皿の上に並べられて・・・・・・・・・・。

山さんの顔色が変わったのを、私は見逃しませんでした。山さんの視線の先にあったもの、それは・・・。

Cimg2456

パックに詰められたマーガリンとおなじくパックに詰められたハニーメープルだとぉ~!!!

目と目があった山田本部長と私、とっさにテーブルを押さえつけました。

山さんがちゃぶ台をひっくりかえす!!!ところをあやうく阻止。

ぷるぷる震える山さんをどうにかなだめて、そのうすっぺらいパンケーキにマーガリンを塗りハニーメープルをかけて口にほおばり、コーヒー(コーヒーだけは美味しい)で流し込んで急いで店を出ました。

美味しい本物のホットケーキが食べたいよぉ~と子供のようにごねる山さんを連れて私自身も「あれで1030円はサギじゃないのか!」と憤りつつ帰宅したのであります。

美しい器に盛られてあっただけに、ホットケーキに平気でマーガリンを(それもパック詰めの)添えて出す神経、メープルシロップをパックのもので済まそうとする感覚、それは本当に貧しいテーブルに見えました。なぜこんなことが平然と行われているのだろうか?これがマクドナルドやファミレスなら私もなんにも言わない。(もしやファミレスのほうがもっとマシなホットケーキを出すのかも)

美しい器も大事。でもそれはまっとうなものがのってこその器でしょ。

試食会前のとてもとても悲しい出来事でありました。サバさん、ちーさん、こんど一緒に本当に美味しいホットケーキを 食べに参りましょうね。

山さんにはとりあえず、試食会後には蒲田のシビタスでメープルシロップをたっぷしかけてホットケーキを食べようね、と話しております。

« 感謝、感謝の一日でした | トップページ | タコ社長、頭を抱える »

山さんVS山田営業本部長」カテゴリの記事

コメント

ああ~、やっちまいましたねぇ。
いっそのこと、山さんにちゃぶ台をひっくり返させれば良かったんですよ。(鼻息荒)
給食ぢゃないんですからねぇ!マーガリンはヤダ!

では、蒲田もいいんですが
元町近くにあります
『モトヤ・パンケーキカフェ』も是非ご一緒しましょう。
たまにものすごく食べたくなるパンケーキです。
結構なボリュームですが、メイプルシロップ
(テーブルに小さいピッチャーがあってかけ放題heart02
をかけてしまわなければ持ち帰りもできますし…

ビールもあります。
(日本酒の有無については近々出向いて確認してまいりますっ)

マダム、モトヤに日本酒はなかったと・・・(笑)
モトヤのパンケーキはデカくて食べごたえありますよね。3枚重ねだし!!

山さん、せっかく疲れを癒そうとされたのに、余計イライラしちゃいましたねえ。
しかし、ホットケーキを売りにしてる店以外では、たいてい冷凍のホットケーキをチンするだけだし、あんまり数がでないと、シロップもバター(マーガリン)もロスが出ないようにパックのものを使用してるのでしょうねえ。
しかし、先日デニーズに行ったら「パンケーキは生地から焼いている」と、メニューに書いてありました!食べてないので味はわかりませんが、にっきせんせいのおっしゃる通り、なんだか最近はファミレスのほうが頑張ってるなあと思いましたです(笑)

美味しいホットケーキ、ぜひご一緒させてくだされませ!
あ、鎌倉の小町通りのイワタも、かなり素晴らしいホットケーキですよ♪

ちーさん

えっ?ありませんでしたっけモトヤパンケーキカフェに

日本酒!!?(すっとぼけ)

自分で行って確認するまでは信じられないわっ。(壊)

う~~む、マーガリン(しかもパック)は許せませんねannoy

ぜひリベンジしましょう。
モトヤ、ロールケーキもパンケーキも未食なんです。
ぜひ私もご一緒させてくださいheart

ち~さんのイワタさんは、すごいぶ厚いホットケーキやさんのことかな?そこも有名ですよね。行きたい。
なんだか、私までホットケーキがとっても食べたくなってきちゃったなぁぁぁぁ。

私がお客なら、「せっかく美味しいコーヒー出すのに、この
ホットケーキは信じられない!」と一言行ってそう。で、

私がお店の人なら、「うちはコーヒー専門店ですので」と軽く流しそう。

それは許せない!
気の小さい私は何もいえないけど・・・がっくりして一日落ち込みそうです。 ホットケーキでそれなんだからチーズケーキもどんなものか想像ついちゃいますね。

美しい器もまっとうなものが乗ってこそ・・・
あ、ちょっと痛かったりするそこんとこ。ま、うちの料理は商売じゃないからいいか。。。

でも、ほーんと同感です。器がすてきでも、っていうか器がステキだからこそそれにふさわしいちゃんとしたものを出してくれないと、お店の方も上っ面だけ飾る人間性なのかって思っちゃいます。

ホットケーキ大好き人間にとっては気になる話題で・・・
hirorinさんのコメントには大笑いしてしまいましたhappy01
ホットケーキのおいしいお店ってたくさんあるのですね。
私もいつか行ってみようrestaurantとメモっておきました。

わ~♪ホットケーキ人気あるなぁ。

「サザエさん」でカツオが座布団みたいに大きなホットケーキを焼いて、一度食べてみたかった!って感激している4コマがあって(オチは憶えていない…)、私もやってみたいと思っていましたっけ。

>ちーさん
鎌倉のお店にもお詳しいのですか?
むかしむかしのお店(今はもうありません)なのですが、もしもご存知だったら教えて下さい。この間からお店の名前が思い出せなくて、ずーっと気になっているのです…。
私が中高校生の頃通っていて、大学を卒業する頃には閉店していたように思います。だから、もう20~30年も前(自分で書いててびっくり!!思い出せなくなるワケだ)のことなのですが…。

場所は鎌倉の郵便局の裏あたり。おんめさまを通り抜けて道路を渡ってすぐのところにあった、パンケーキと紅茶のおいしいお店です。
道路に面して画材やさんがあって、その奥が喫茶コーナーになっていました。

サンドイッチやケーキもあったのですが、ツナサラダやクリームチーズを挟んだ甘くないパンケーキが「大人~♪」な気分で、高校生にはちょっと贅沢なお店だったのですが、背伸びをして(校則をやぶって)通っていました。大きな犬がいて、あれは画材やさんの犬だったのかなぁ。

長々とスミマセン。
でも、ホットケーキって何だかいろいろ思い出しちゃいますよね?

 

>皆様

ご賛同いただけて感涙です。

そう、ホットケーキは直径16センチくらいはあって、厚さは08センチ以上、きちんと2枚重ねて、頂上にはマーガリンではなくバターを正方形に1センチ厚さくらいでカットしたものをのせ、メープルシロップはちゃんと別添えの器にたっぷし入れてお客に自由にかけさせるべき!
それがホットケーキっていうもんでしょう!!!

子供の頃は母がその2枚のホットケーキの間に半分のバターを入れて予熱で溶かし、つまり下の段のホットケーキにもバターをしみこませてくれて、子供でも食べやすいように放射状に切ってくれたものです。その切り口にメープルシロップがさらに滲みこんで・・・。ホットケーキっていうのはそういう幸せの象徴みたいな食べ物でしょう!!!

実は蒲田のシビタスは亡き祖父のお気に入りの店で子供の頃、祖父に連れられて行った店なのです。宮内庁御用達という言葉を知ったのもじつはシビタスが最初です。

さばさんの幻の店、一度私も連れて行ってもらったよぉ。大学生の頃の話ですよね。

さばさんとにっきせんせいが行かれたお店は、小町大路の画材屋さんの、奥の喫茶のことですか?
もしそうなら「釉(ゆう)」という名前で、まだやってらっしゃるんではないでしょうか。うなぎの寝床みたいに、ちょっと細長い感じのとこですよね?

パンケーキは記憶にないのですが、ケーキセットを食べたことがあります。
私、鎌倉が好きで、由比ケ浜に住んでいたことがあり、鎌倉Todayというサイトでレポートしてたんですよ。
そのページ↓に「釉(ゆう)」も書いてましたので、良かったらご覧になってみてくださいまし。
http://www.kamakuratoday.com/suki/guri-guri/8.html


ホットケーキ、ドミニクの以外だと、やっぱりちびくろさんぼのトラバターと、ぐりとぐらを思い出しますね〜♪

遅ればせながら、試食会お疲れ様でした。おいしそうなケーキの数々に、地団太ふんでます。

日本のホットケーキがどんなものだか、ものすごく詳細に思い出しました!10年以上食べてない!食べたい!!
へなちょこホットケーキもどきは、イギリスのスーパーでもビニール袋に入って売られてますが。でもマーガリン添えて出したら、こっちの人は怒るだろうな…
家が遠すぎて、鎌倉のお店はもとより、デニーズさえ行かれないので、帰国の際には究極のホットケーキの焼き方レッスンしてください。

ちーさん、早速にお返事ありがとうございます!

鎌倉Todayを拝見してきました。そうそう、壁ぎわが木のベンチでした!細長くて一番奥にカウンターがあって…。
今は「釉」という名前になっているお店は間違いなく「あのお店」です。
途中でパンケーキのお店ではなくなって、ケーキのおいしい普通のティールームになっていた時期もありました。にっきさんと一緒に行ったのはその頃だったかも?

お店の名前やメニューは変わっても、まだそこに(おそらくは)当時のままに建物が残っていて、画材やさん付きのティールームがあるなんて嬉しいなあ。
鎌倉散歩には季節も良いですし、近いうちに行ってきます。

ちーさん、本当にありがとうございました。他のレポートもこれからゆっくりと拝見します。そちらも、とても楽しみでーす♪

>ちーさん

どうもありがとうございます。いや、なかなか鎌倉方面に詳しくなれそうなサイトも教えていただいちゃってWで感謝です。ゆっくりサイト内を探索させていただいて、そうすればさばさんに「ここへ連れてまいれ、あそこでなんぞ買い物をしてたもれ~」と次々に指示を飛ばすこともできるってもんです。

チビクロサンボのバターはちょっと野趣あふれていて匂いそうですよね。トラくさ~(笑)

>倫敦さん

ブルさんに究極のパンケーキをおねだりしたら、すご~く美味しそうなのを作ってくれそうです。是非ここはブルさんに腕をふるってもらって、ブログにUPしてくださいよぉ。
日本のかすてら職人の山さんが「ブルの旦那の腕に間違いはない!」と言っているとおだてて、ひとつよろしくです

>さばさん

私もパンケーキを一緒に食べたのよ。だって、さばさんがパンケーキが美味しい店だ、と言って連れて行ってくれたはずだもの。しかし・・・遠い記憶ですよねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/24512433

この記事へのトラックバック一覧です: 山さんがちゃぶ台を!!!:

« 感謝、感謝の一日でした | トップページ | タコ社長、頭を抱える »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30