フォト
無料ブログはココログ

« フタありシャルロット | トップページ | 完全オフ日 »

来年またね、アップルパイ

アリーマさんから「横浜で美味しいアップルパイが買える店はどこ?」という魂の叫びを投げかけられて、餅は餅屋でしょう!とばかりに甘沼の尊にこのミッションは丸投げしました。

えっら~い!ちゃんと宿題やってる。おまけに私の牙城、たまプラーザまで遠征してくれてる。その情熱をどうして嫁探しのほうに向けないかねぇ、とちょっと思うけれど、こちらがお願いした頼みごと。ありがたーく、その情報は頂戴しておきます。一切れだけを買える嬉しさよ・・・。私も買いに走っちゃお♪

で、私は私で本日今シーズン最後のアップルパイをご注文のお客様のために実家まで行っておりました。実はアップルパイのシーズン中、一回は父の仏壇にお供えするため、実家(鶴見)でアップルパイを焼くのですが、今日のお客様は実家のある地域に偶然にもお住まいでしたので、日にちを合わせてご注文を受けました。

Cimg2551

これは一緒に焼いた実家用のアップルパイ♪あっつあつのパイをお客様もお持ち帰りになりました。そしてなぜかパイの準備をしている間にひとりでひょっこりやってきた小猿君、(なんて鼻が利くんだ!)彼も一緒に今年最後のアップルパイを熱い紅茶と一緒に食べました。

「うほほほほ・・・」何故に人は口に熱いものを入れると、腰を浮かせて体ごと上に逃れようとするんでしょうね?まさに小猿はそんな感じ。

来年はアリーマさん、日にちをあらかじめ決めて鶴見まで取りにいらっしゃいな。ま、なんなら小猿と並んでパイを奪い合ってもいいけどね。

来年も木村農園のおじさんが元気で、私も元気で、母が元気で、小猿はもう少し背が伸びているといいな。そしたら、またみんなで美味しいアップルパイを食べようね。

« フタありシャルロット | トップページ | 完全オフ日 »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

向こうっ側のフチの皮がめくれ上がってるトコ…うまそぉ~(ごっくん)!
決めた!私、もぉアップルパイ習います。キッチン山田のレッスン受けにゆきます!!それで、私も「ふひょひょひょひょ…」って言うんだー!!!
私も来年の元気メンバーに入れてくださーい。

ワタクシは来年も”食べるヒト”に徹しま~す。
昨日でつきものが落ちたように「りんご菓子依存症」がおさまりました。にっきさんと一緒に木村農園さんのご健康とご多幸をお祈りいたしております。

うえ~ん、アップルパイ・・・!
買いたいと思うと意外に狭き門なんですね。
実は「そごう」の地下くらいはチェックしたんですよ。

結局アンデルセンでデニッシュみたいなものを一個買って帰った。
パイ生地はうまかったけど、もうちょっとりんごが入ってないとなあ・・・。

いっそ発注しようかと思ってるうちに、オットが長期出張してしまい・・・ホールを喰うなんて、ヌシさんじゃあるまいし無理ざんす、とあきらめた(涙)

アップルパーイ!

追伸:
そごうのケーキ売り場を一巡して、りんごはないのにイチゴのケーキの多さにびっくり。
にっきさんが「イチゴのケーキはイチゴの季節だけ」とこだわる理由がわかりました。
確かにあの光景は不可思議で不自然です。
素材も味覚も多様化したはずの今日この頃なのにねえ。

ところで今年のクリスマスはシュトーレンがあるって本当ですか?

>さばさん

そう、確実に毎年あつあつのアップルパイにありつく為には自分で作るのが一番です。おまけにキッチンが旨い匂いに包まれるという幸せ付きです♪

>さんぱちさん

そういう食べる専門の方の為に来年は第二工房(鶴見の実家)での公開アップルパイデーを作ろうかと思っています。(ま、未定だけど)時間を決めて取りに来てもらう感じかな・・・。実家の前には小さな公園があるのでそこでアップルパイにむしゃぶりつく・・・という手もありますよ。

>アリーマさん

忘れてました!うちのすぐちかくの小さなケーキ屋「オペラ通り」では私がつくるようなアップルパイではないけれどショーソンパイ(小型でスリッパの先っちょみたいな形をしています。)なら取り寄せが可能です。中のリンゴは柔らかいのですが、これはなかなか地域で人気の美味しいパイです。
小さい店なのですが、それだけに気配りがゆきとどいていて、私も愛用のお店です。今の時期だけのマロンパイも美味しいですよ。
http://www.operadoori.com/shopping/index.html

多分、百貨店に入るような大手では美味しいアップルパイは手に入らないと思います。狙うなら個人オーナーパティシェがお弟子さんと一緒にやっているような小さいお店だと思います。大手では工場なみに多分ラインが決まっていて、そのラインにそった季節ごとのモデルチェンジしか出来ないのだとおもいます。その中ではパイ生地は異質、さらに型に成型して中に煮たりんごを詰めるなんざ、全く作業的に他の作業とは異なってしまうので取り入れにくいアイテムなのだと思うのです。(あくまで私の推測で述べてます。)苺がケーキ屋にあふれているのは需要があることも一因ですが、生のまま使える、ということで非常に効率が良いのでしょうね。他のフルーツだとかならずひと手間、ふた手間かかるもの。

>アリーマさん

「クリスマスのシュトーレン」とつぶやいた途端、職人の山さんが勝手口から逃げました・・・。

去年御社の営業部長がワタシから先行予約を取り付けていった記憶がありましてね…(そして現場が怒る。よくあることですよ)

>アリーマさん

山さん、野毛方面の飲み屋街に逃げ込んだ、という情報があるんですけど見ませんでした?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/25172783

この記事へのトラックバック一覧です: 来年またね、アップルパイ:

« フタありシャルロット | トップページ | 完全オフ日 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30