フォト
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

クリスマスその後のトホホ

嵐のようなクリスマス営業が終わり、スッパマンが平凡な日常に戻るように25日から私も世を偲ぶ仮の姿「ロードークミアイセンジューショキ」となって、代官山の事務所へ通勤しております。

日曜日も含めて4日間も休んでしまったわけで、さすがに私の机の上には処理しなければならない請求書だの書類だのが、こんもり丘を作っておりました。ケーキ仕事は私が好きでやっていることなので、決して弱音は吐きません。ただ、腰痛、肩こり、胃の痛みの3点セットを抱えてPCの前でうげぇ~っと呻きながら仕事をするだけでございます。ふん。

で、クリスマスで今年度の仕事が全て終わったわけではありません。27日(土)は5時起きでこちらの方のバースデーケーキを作っておりました。レフアさんオメデト~!!このケーキともうお一方の遅めのクリスマスパーティー用のケーキを作って、それを出勤前にクロネコヤマトの集荷場まで運んでから代官山に出勤いたしました。ああ、二宮尊徳ばりの勤勉さだわぁ、と我が身を褒めつつ代官山の事務所の前まで行くと、ちょうどYUKA姐さんも出勤時とあって入口で出くわしました。

さて、YUKA姐さんが土曜日に出勤するのは珍しいので、お互い手なんか振り合っちゃって和んだ空気のところ、事務所の玄関前には二人連れのお兄さんが突っ立っておりました。あ、お正月のお飾りを持ってきてくれたトビのお兄さん方だ・・・とわかったのだけれど、「ん?」

お兄さん方、中に入れないの?あれ?玄関が開いてないの?

うちの事務所はショキの私達以外はフレックスタイム制をとっているのだけれど基本必ず誰かしらが休館日以外は出勤しているハズなのですが・・・。どうもなにか手違いがあったらしくこの日はだれも早番で出勤していなかった。

そして・・・私達は表のカギを持っていない!!

ひゅるるぅ~♪いつ、誰が出勤してくるのかもわからない。トビのお兄さん方は笑顔で「じゃ、あと30分位したらまた来ます!」と言って他へ行ってしまったけれど、30分で誰かが来るという保証はどこにもない。クロネコヤマトのいつものお兄さんがメール便を持って来る。「締め出されちゃったんすかぁ?」と笑われる・・・。事務所の向かいの蕎麦屋のご亭主が「寒いでしょ?うちで待ってなよ」と優しく言ってくださるが、仕込み時の忙しいところへお邪魔するのは悪いので「大丈夫で~す」とけなげにYUKA姐さんとお返事する。

結局ラチがあかない、ということで呼ぶと2000円かかってしまうセキュリティ会社に電話してカギを持ってきてもらうことにした。金庫を預かる身として姐さんも私もケチなので2000円がちょっと惜しかったのだ。でもしかたが無いよね。ただ、呼んですぐに来てくれるわけでもないので、さらにそこから30分ほど二人とも表で北風に吹かれておりました。

「今年一番の笑える良い思い出だ」と思いっきりポジティブな発言をするYAKA姐さんはエライ。おまけに姐さんは「自分にかまわず日向で待っててイイヨ。」なんて言ってくれる・・・・。「いや、一緒にいます!寒い思いは一緒にしましょ!」と私も答え、寒空で缶コーヒーを握り締め、じっと耐えた30分でした。ああ、YUKA姐さん、ずっと姐さんについていきます!

今年最後の(多分、多分そうあってほしい)トホホ・・な一日でした。

まったく!

081227

レフアさんのバースデーケーキはこんなんにしました。さきほど無事に届いてこれからコーヒーを入れて食べるところです、というメールをいただきました♪

実はこれ、クリスマスにうち用に作った来年のクリスマスケーキの試作品とパーツが同じです。フワフワに見えるクリームはカスタードと生クリームを合わせたもので、少しゼラチンを入れてあります。だから配送もOKなの。レフアさんは生クリームよりカスタードのほうが良い、と言っていらしたので、カスタードの割合を多くしてあります。中には苺と刻んだバナナがずしっと詰め込んであります。

試食会に来てくださって、そこからのご縁で楽しくブログで遊ばせていただいているレフアさん。お誕生日おめでとうございます。

有頂天な毎日だったりトホホな毎日だったり、今年も一年いろいろあったけれど、こうしてまぎれもなく私らしい毎日を楽しく過ごさせていただいていることに感謝。また来年も一緒に遊んでくださいな。

さて、これから焼きあがった伊達巻を鬼すだれで巻き巻きしなくっちゃ。

生還!

クリスマスおめでとう!クリスマスって囚われの身のケーキ職人さんたちが一斉に労役から解き放されることを記念して行われる行事だっけ・・・。みんなお疲れ様!売り子さんたちはまだ前線でがんばっているだろうけど、作り手の皆さんはさすがにもうクリスマスケーキは作ってないよね?さぁ、解放のビールを開けようぜぃ!

今年はクリスマスイブの今日が平日だったことで、祝日の昨日、天皇誕生日に天皇陛下のお誕生日祝いと一緒にクリスマスをやっちゃったお宅が多くて、実はクリスマスケーキのピークも昨日でした。

だから今日は午前中でとりあえずご注文品の製作は終了。やーれやれ。

毎年、なんらかのトラブルやアクシデントに見舞われるクリスマスケーキ作り最前線ですが、今年もしょっぱなにやりました。デコレーションも済ませ、あとは箱を包むだけという段階になって、テーブルの上においてある刻んだ胡桃に気付き・・・。クリームに入れてないよ、この胡桃!胡桃のケーキなのに胡桃入れてないじゃん!・・・・という初歩的なミスを。当然最初から作り直し・・・。計量してスポンジ焼いて、このサイズの箱はギリギリしか用意していなかったので箱を買いに出かけ・・・。ああ!

最初でよかった、良かった!と思いながらも22日はこのミスで大幅に作業に遅れが出て、焦りました。頭で考えれば絶対間に合うとわかっていても気持ちが焦って、その焦りがさらに次のミスに繋がりかねないので、「大丈夫、絶対間に合う、絶対大丈夫!出来る!出来る!」と本当に声に出しながら作っておりました。ああ、泣けるぜ。で、本当に全然大丈夫だったんだけどね。コレ以降は落ち着いて、つつがなく本年のクリスマス営業は終了。

コメントをいれてくださるhiroさんが、クリスマスケーキ作りのお手伝いに来てくださっていた頃はもっとすごい数をこなしていたように思うのだけれど、ここ数年はだいたい20台どまりで予約を終了しています。それでも毎年大変なのは、だんだんケーキのレベルがあがっているからだと思います。工程が複雑なものを好き好んで作っているからなぁ・・・。お客様の舌も肥えてきている感じ。

今年特に神経を使ったのがこちら。

081224c

胡桃とカラメルのチョコレートケーキ。試食会の時に最後に出した「タルト・オー・リエジョワ」のクリスマスケーキバージョンなんだけれど、カラメルの焦がし具合が甘いと苦味が出ないし、煮詰めすぎるとチョコレートに混ぜたときに器具について飴になって固まっちゃうし、その加減が難しくてそれこそ1台ずつ、つきっきりで作ってました。(おまけに胡桃入れ忘れちゃうしさぁ)

あと久しぶりに作って、手間はかかるけれど楽しかったのがブッシュドノエル。やっぱりクリスマスらしくて良いよねぇ~。華やか!

081223b

土台のロールケーキには生クリームに苺とラズベリーを入れました。外側はホワイトチョコレートのクリーム。

あとは定番のガトー・オー・フレーズ

081223d

これはもう外しようのない美味しさで、作っている本人が生唾もの。

その他にsuzuさんがご注文くださったショートケーキや、苺のシューロールも作ったのだけれど、これらはとても写真を撮っているどころではない修羅場時の出来上がりだったので、写真がありません・・・。

で、肝心の羊さんとのクリスマスにケーキは?って思うでしょ?もしかして、もうそんな余力ありませんわよって言うと思った?

ふふ~んだ。今年はちゃんとあるんだもん。

09christb

来年のクリスマスケーキ用の試作です・・・・って、どこまで業が深いんだ!アタシ。え~っとこれについて詳しくは明日。だって試作だからたべてみなきゃわかんないしね。

では皆様素敵なクリスマスを!

私はこんなものを頂きながらディナーざんす。

Cimg2691

SUZUさん、ありがとうございます!おかげさまで人並みのクリスマスです。

実はこんなものも某筋から頂戴していたんだけど、「センセ、鼻先の人参ですからね!すべて終わってからお飲み下さい!」と言われていたわりには

Cimg2692

メドがついた昨日の晩に既に封を開けておりました。

酒飲みなんてそんなもんデス。はい、おいしゅうございました。(まだ残ってるからね。)

今年も

今年は本当に一部のお得意様だけに限ってクリスマスケーキのご案内をしたので、例年よりかなり楽ちんです。

ただ、そうは言っても明日から28日まではご注文品の製作が続きます。そんなわけで多分いつも遊びにうかがうブログにも、足跡を残せず失礼することになりそうです。このブログもしばらく更新できないと思います。

皆様、お元気で。

素敵なクリスマスをお過ごし下さいませ。

次の更新はきっと伊達巻の画像から始まる・・・そんな気がしております。

Cimg2666

Cimg2668

こんなん作る内職はかろうじて終了です・・・。

ジレンマ

昨年から浜のボンベイあたりから、強い圧力を感じシュトーレンの試作を続けておりました。もう1ヶ月くらい毎朝私と羊はシュトーレンの朝食でございました。たまに普通の食パンのトーストの日は、「今日はパンなんだね♪」という感じ。(笑)

作り始めた頃はまだ他所のお店ではシュトーレンを売っていなくて比較検討が出来なかったのですが、クリスマスが近づいてきて店頭でも目にするようになりました。

私の堅気の仕事の職場は代官山。そして代官山といえばシェ・リュイの牙城。10日前後からシュトーレンが売りだされました。そして我が家にはそろそろ食べ頃を迎えた10日間寝かせたシュトーレンがあります。

そうなったら、やっぱ、食べ比べでしょう♪

Cimg2661

左がシェ・リュイのシュトーレン。1/2サイズで997円だったと思います。これは既に何切れか切ったあとなので小さくなっております。右が試作の私作のシュトーレン。(多分ちょっと焼きが甘かったヤツです)

Cimg2662

一切れ切ってみましょうか。手前が私ので奥がシェ・リュイのです。色が私のほうが濃いのは黒砂糖使用したせいかと思います。

食べ比べてみると、何がちがうかって・・・「お酒の量だわ」(嘆息)私試作のシュトーレンはスパイスもかなり使ったつもりなんだけど、それをも打ち消すラム酒の味!特にこの時はラム酒の中に焼き上がりをドブンと漬けて、取り出そうと思ったら熱くて取り出せず「アチチチチ!」なんてモタモタしていたからシュトーレンが溺れるほど酒を含んでいるのだわ・・・。ああ。

シェ・リュイのほうがフルーツが少ないようにみえるのだけれど、デカイいちじくが入っていて、これがなかなかのインパクト。あと胡桃も単にローストしただけでなくてなにか一仕事してある感じ。胡桃のところが美味しい。

先日食べ終わった試作シュトーレンは、ワインと一緒に食べたら止まらない美味しさだったので、やはり私の作るシュトーレンは宿命的に「酒飲みの為のシュトーレン」なのだろうなぁ。ヤバイ!下戸のかおり先生に贈っちゃったよ。

しかし、こういう焼き菓子って焼きあがるまで味見が出来ないし、ホールでお渡しする場合、切ってみるわけにもいかず、本当に作り手として迷いがあるとなかなか踏ん切りがつかない・・・。これで良いや!と思ったはなから「いや、やはり・・・」と思って、切って確認しちゃって結局売り物にはせずに羊の朝食行きとなる繰り返しです。

Cimg2660

もう、これで完成!と思ってラッピングまでしたのだけれど、私の心の中では「切っちゃえ、切っちゃえ!」とそそのかす、臆病な小人がいて油断がならないのですよ。

ちなみにこれはしっかり焼いたのとお酒には溺れさせなかったのとで、比較的良い出来だよね、と思っております。

来年はシュトーレン屋になったるで!

シンデレラ物語疑惑

私の母の世代ではシンデレラは「灰かぶり姫」と呼ばれていたらしいです。涙を誘う呼称ですね、灰かぶり姫・・・・。

一応私が子供の頃に読んだシンデレラ物語では、シンデレラを産んだお母様は亡くなり、シンデレラはあらたに後妻に入った継母とその連れ子の姉達によって虐げられ、台所でネズミさん達と一緒にジャガイモの皮をむく境遇となった・・・ということになっています。

ず~っと信じて来たこの話、どこか変だとは思いませんか?だってシンデレラのお父さんは金満家として書かれているのですよね?若い後妻をもらうのならともかく、子連れの(おまけに自分の子より年上の子供たちだ!!)性格に問題のある嫁をもらうかしら?シンデレラが若い後妻とその幼い娘達の為にあくせく働かさせる、という話ならすんなり納得いくのだけれど、後妻で連れ子がシンデレラより年上の子が二人もいる人が、先妻の娘であるシンデレラに遠慮こそすれ、いじめるなんて・・・ちょっと腑に落ちないですよね?

つまり・・・あの話は「実母と実姉が末娘を遠慮なくこき使う」話として読み込むとつじつまが合うんですね。だから遠慮が無い!実母と実姉はシンデレラが台所仕事が好きでたまらないと単純に信じているO型と仮定するとさらに一層真実味が増しませんか?

長くこの話が流布するにつれて、末の妹をこき使った姉の立場の人が、「ちょっと、この話は世間体が悪いじゃないの!」とクレームを入れた結果、じゃ、継母とその娘達という路線で~と安易に話がまとまったように思うのですよ。

きっとそうだ!

で、実録シンデレラ物語では王子様と結婚してメデタシメデタシの後に、シンデレラのお姉さんのところに子供が立て続けに3人も生まれて、そいつらが口々に「お正月の料理はシンデレラ叔母さんのお煮しめでなくっちゃ!」と言いつのって、シンデレラは年末、実家に戻って里芋の皮むきを相変わらずさせられる、という落ちなんですね?

革命が起こったら王子様なんてなんぼのもんかい!と思ったか、舞踏会の日にあいにく注文が立て込んで、カボチャの馬車をキャンセルしちゃったためか、羊さんと暮らすことになった私は本日、富澤商店にネット注文で「丹波の黒豆飛び切り」を注文いたしました。

昨年、丹波の黒豆が不作だったので北海道の普通の黒豆を炊いたら、姉に「いつものとちがう~!」と言われてしまったもので・・・。

先日、母(実母だと信じているが)と電話で話したら「Y(姉)と話したんだけど今度のお正月もいつもと同じでたいしたことしなくて良いわよ。」

「散らし寿司を作って(オイ!誰がだ?)鶏肉のお料理を今年のと同じのを作って(オイ!誰が作るのよ?)、そうそうあの鶏肉料理だと甘くて男の人には可哀想だからもう一種類のパルメザンチキンを焼けば(もう一度聞く、だれが作るの?)そんなんで良いんじゃない?」

私は専業主婦はヒマである、なんて露ほどに思っていない。時として専業主婦のほうがよっぽど大変であることはわかっております。だけどせめて年末年始は・・・おあいこにしよう~よ~。

シンデレラ叔母は年末29日、代官山の仕事(この日は大掃除)を終えたら忘年会にも参加せず、実家へお煮しめを作りに参上いたします。コレを読んでいる姪、甥たちよ、せめて君達だけでも手伝いに来る、ということは期待しちゃ・・・いけないんだろうなぁ。ちっ!

アタシだってたまにはハマのボンベイ、野毛あたりからカボチャの馬車を御者といっしょに「ちゃんちきちゃんちきちゃんちき」と囃し立てながら疾走させてハメを外したいもんです。

追記・・・今日、そんなシンデレラ姉のところからお歳暮の熨斗のついたローストビーフと美味そうなハムが届いた。「お正月よろしく~!」という姉の声が聞こえてきそうだ。ま、美味しいローストビーフではありました。(食べた時点で契約成立、なんでしょうね・・・)

クリスマスレッスン

クリスマスにはまだ10日以上日があるけれど、クリスマス直前は販売の仕事で手一杯になってしまうので、ブレーメンでのクリスマスレッスンは今日明日とそして19日でおしまい。

午前中はリー夫人だったので、ほとんど自習状態でお願いして、午後がメインの親子レッスンでした。小学校6年生の二人、アス&マリコンビ、今回が2回目のレッスンです。本当はまだ慣れていないので簡単なものからはじめるべきなのだけれど、せっかくのクリスマス。がんばってクリスマスケーキに挑戦してもらいました。

チョコレートを入れて焼きあげたバターケーキにベリーのシロップを打って、ラズベリージャムをはさみ、上からチョコレートガナッシュをかけるという本格的なもの。おまけに今日は飾りのクッキーも作っちゃいました。

アスカちゃん作のクリスマスケーキ

Cimg2651

マリカちゃん作のクリスマスケーキ

Cimg2650

ケーキの側面も星型のクッキーで囲っています。

二人のママたちも一緒に大騒ぎで作って、洗い物もいっぱいしてお疲れ様でした。

センセイも疲れたヨ・・・。

さて、来年からは基本に立ち返ってきっちりお勉強してまいりましょうか。親子レッスン、小学校の高学年になるとお子さん達主体で進めてまいります。私との相性があるので最初はお試しレッスンで様子をみられると良いかもしれませんね。

どう考えても砂糖菓子のように優しいセンセイではありません。怖くも厳しくもないけど、醤油味のセンベイのようにザクっとしたあっさりしたセンセイです。(多分・・・)

腕が抜けるような重さです

そのご注文メールを頂いたときは、正直言ってお断りするつもりでいた。だって「差し上げるお相手はギターを弾かれる方で、当日はサプライズでステージ上でケーキをお披露目する予定です」という内容だったから・・・・。

「また、こないだのグラビアアイドルのバースデーケーキ♪みたいんじゃないのかぃ?」とまず職人の山さんが難色を示したし、グラビアアイドルの一件の際に鼻の下を伸ばして対応した割には、丁寧に出した断りのメールに「ウン」も「スン」も無くていい加減嫌気がさした山田営業本部長も、「マスコミ関係だったらこりごりだね」と振り向きもせずに自分のドタ靴を磨いているばかり。

「でも随分お渡しの日まで時間にゆとりをとっての問い合わせだし、キッチン山田に辿り着いた道筋が上顧客のオカモ様のブログからだってことはマスコミじゃないと思うけどなぁ」それに文面がなんだか丁寧だし・・・。とタコ社長であるアタシはブツブツつぶやく。

そんなわけでいかにうちのケーキが地味で、食べてはじめて評価できるものであるか、だからステージ上の飾りとしてのケーキだったらうちのはそぐわないので・・・というお返事をした。

もしご注文してくださるのなら「ちゃんと食べること」を約束してくださらないと・・・とも書いた。

おもいっきりエラソ~である。

かなり嫌なヤツである。

マスコミ関係ならこれに絶対返事なんか寄越さないと思う。だから山さんは今年最後の渓流釣りに出かけてしまったし、山田営業本部長も新装オープンのパチンコ屋に行ってしまった。

なのにお返事が来た・・・・・。このエラソーで嫌なやつのところにとてもとても丁寧なきちんとした文面で。

ギターを弾くといってもお誕生日を迎えられる方はあるアーティストの親友で裏方をやっていらっしゃる方とのこと。そのアーティストのステージ(こじんまりしたところだそうです)に、いつも裏方を務めている彼を上げてしまってサプライズでお祝いをするのだそうです。

山さん、渓流釣りから帰る。山田営業本部長、パチンコから(大負けして)帰る。

で、タコ社長を含めて企画会議を早々に開催したわけです。ご依頼主からの希望は「ギターのモチーフをどこかに使って欲しい」というもので主役の彼が愛用しているギターの画像も送ってきてくださっていました。最初、クッキーでギター型を作ることも考えたのだけれど、運搬途中で(ご依頼主さまが電車で横浜まで運ばれるので)割れてしまう危険性もあり、却下。抽象的な図柄でいくか!という案もあったのだけれど、「それってカッコ良いけど、あんまり嬉しくないかも・・・」という何故かお茶を運んできた事務員山ちゃんがぼそっと言ったので却下。

いい案が出ず、会議は行き詰まり、「こういう時は寝ちゃおう!」という山田営業本部長の鶴の一声で解散・・・・そして本番を迎えました。

ああ、長々とごめんなさい。作ったのはコレです。

土台のケーキはガトー・オー・フレーズです。だから土台のほうにも苺がギッシリ。ここで苺3パック使用です。

Daira3

そして肝心のギターのモチーフはどうしたかというと、スポンジを2枚重ねてからギター型にカットして、バタークリームとチョコレートクリームでナッペし土台にのせた後から、細かく線描きで手を加えました。ちゃんとギターの弦も6本あるのよ。

Daira4_2

Daira2

上段にも苺を使ったので合計4パックの苺を使用したことになります。つまり、相当な重さ・・・・・・・。腕が抜ける重さです。マジ。

山さん、気合入れすぎです・・・・。

4時にあざみ野駅で待ち合わせて、ご依頼主(お若いお嬢さんでびっくり!おまけにミセスだと伺ってびっくり!)に無事お渡しいたしました。今頃某アーティストさん(誰だろ?)のステージの真っ最中だろうなぁ。サプライズ、うまくいくと良いな・・とキッチン山田おっさん3人組で祈っております。

*注意・・・ご依頼主にブログに画像をUPするから見てくださいね、とお伝えしたけど。きっと山さん、山田営業本部長、タコ社長・・というキッチン山田おっさん3人組の話は?????だろうなぁ。え~っと、全部私の中にいる人達の話です。くわしくはこちらをどうぞ。(コレ読んでますます?かも・・・)

さて、この大きな仕事が終わったので明日からいよいよクリスマス態勢に入ります!がんばろ。Daira1

マイシューマイ

仕事が終わってPCを消す前に、ちらりとこちらのブログを見に寄ったのが悪かった・・・。

代官山から家までの道のり、頭の中はシューマイでぎっしり埋まってしまった。しゅ~まい、しゅ~まい、しゅ~まい・・・・。

駅前のスーパーで挽肉と葱と生姜と舞茸を購入して小走りで家に帰ってドアホンを鳴らす。「はーい」という羊の呼びかけに「シュ~マイ」と返す。

既に時刻は7時半をまわり、いつもだと速攻8時には食事になるように手早く料理をするのだけれど、とにかく今日はシュ~マイだから、シュ~マイなの!と鼻息荒く葱を刻み舞茸を刻み生姜をすりおろし、肉を練り、蒸籠に白菜の外葉をならべ、それから羊さんも動員してシュ~マイつくりをした。小さいのが28個。(実は皮は60個分買って帰った・・・・。一人30個食べるつもりだったのか?私?)

蒸籠に一度には入りきらないので、2回に分けて蒸しあげ、あとはご飯と白菜、しめじ、葱のスープだけ。ひたすら熱い熱いシュ~マイを食べた。蒸籠からわきあがるすごい蒸気で食器戸棚のガラスは曇り、羊氏のメガネも私のメガネも曇り、なんだかわけわかんないけど、シュ~マイ、美味しいよね?的夕飯でした。

そして今朝、案の定、口の中を火傷していることに気付いた私です。

ところでスーパーで売っているシューマイの皮ってなんであんなに薄くてちっちゃいのでしょうか?みなさんどこのシューマイの皮を使っていらっしゃいますの?中華街でオススメのシュ~マイの皮ってありますか?(しばらく作らないとおもうけど。餃子は年に何回もつくるけどシュ~マイは・・・。)

近況報告

近況報告です。

かすてらを焼き、焼き菓子を焼き、クリスマスケーキ用の飾りのクッキーは半分量焼きました。まだ、計量と箱の発注と今週のレッスンの準備が済んでいません。

今週は大型のパーティー用ケーキの製作&お渡しがあるので無理をせずに代官山の事務所には有給を使って1日お休みをもらいました。無理をせず・・・でもすでに胃薬のお世話になっています。(泣)

大掃除はキッチン一帯と部屋の上部(つまり壁のすす払いですね)が終わり、今週末は羊さんを操作して窓ガラス拭きと玄関周りを終了させる予定ですが、あくまで予定。キッチンが綺麗だと気持ちが良いです。(でも新年がくるまでこの状態をキープできるかは微妙です。)

将棋の竜王戦、渡辺竜王が瀬戸際で踏ん張って2勝目をあげました。背水の陣とはこのことでしょうか。ギリギリで踏みとどまる・・・まるで今の私のようです。がんばれ~!

1日のもろもろの用事に優先順位をつけてやっていくと、常に下位の用事が片付かず、詰め替え用のクレンジングオイルを容器に入れ替えるということが1週間できず・・・・やっと昨日入れ替えられてほっとしました。

絶対に風邪はひかない!という強い気迫で日々過ごしているので風邪はひきませんが、胃腸が弱っているので外出しても美味しいものは食べられません。昨日はファミレスで鍋焼きうどんなんつぅものを食べました。家でも蒸した豆腐なんぞを食べております。(これはこれでしみじみ美味しいのですよ。)

アウトレットのお気に入りのお店から会員特別セールのハガキをもらったので羊さんと一緒にコートを買いに行きました。羊にはやはりウールでしょう(笑)ということで軽くて暖かそうな紺色のショートコートを買い、私もとても軽くてホワホワのコートを買いました。アウトレットだからただでさえ安いのに、さらに会員特別セールということで30%引きになってびっくりです。おかげで暖かい冬がおくれそうです。

そんなこんなでいつもの12月をとりあえず、過ごしております。母上様あまりにご無沙汰しているので近々に電話を入れますが、お願いだから「お正月のお節はどうするの?皆が集まったときの料理はなににするの?」と私を追い詰めるようなことは言わないでね。08chri11

緊急告知

12月5日に大型のかすてらを焼きます。8本取れるのですが、そのうち2本あと1本の行き先が決まっていません。(ま、うちの実家と羊さんの実家に送ればいいだけの話なんだが・・・。)

おかげ様で全て行き先が決まりました。ありがとうございます

もしも、買いたい!という方がいらっしゃいましたら、キッチン山田までメールでご連絡下さい。先着順で2名さま1名さまのみです。お値段2,500円です

あと、「アリーマ讃江」にのっけたシュトーレンも20日頃着でお一人様のみ、ご希望者がいらしたら販売いたします。アリーマさんと同じ釜のメシを喰う仲になりたい方もメールでどうぞ。今年は試作年なので2000円デス。

シュトーレンは先ほど行き先が決まりました。ありがとうございます。(やはりアリーマブランドは強いわぁ。)

うう・・・これからブレーメンで19時からのレッスンへ行ってきます

帰ってきました。これから晩御飯です。

これから代官山に出勤です。先ほど先行して出勤した羊さんから田園都市線が止まっているという連絡があったので、サテ、どういうルートで行くか思案しているところです。やんなっちゃう~!!

川和町までバスで出て地下鉄で日吉に出てから、東横線で代官山までどうにかいつもの時間までに辿り着きました。こちらもや~れやれ・・・といったところです。

akikoさんはじめ、注文に出遅れた!と思われた方、来春1月、2月はまた今年もかすてら寒稽古をやるつもりでおりますので、良いのが焼けたらお送りすることも出来ます気長に待てる方でしたらそちらでどうぞ。

すきなもの

好きなもの・・・とか言っちゃいけないんだろうな。私好みの人ってことです。

昔から「たとえば芸能人でいえばどんな人が好み?」と聞かれても答えられなかった。全然浮かばなかった。

若い頃にはやたらめったら、そういう質問をされて、そのたびに「私って本当に好みが無いんだなぁ」と少しあきれてもいた。

齢を重ねるにつれ、そういう質問はされなくなった・・・。それは裏返せば誰も私になんか興味がなくなったってことよねと少しいじけながら、今だったら私好みの人を何人かあげることが出来る。

ゴルフ界なら不動裕理

柔道界なら塚田真希ちゃん

将棋界なら渡辺竜王・・・・・・・・・・・・。

外見的にはなんか共通点が仄見える。このあとに佐藤浩市ってあげたら佐藤浩市ファンから物が飛んでくるんだろうなぁ。

竜王戦、現在渡辺竜王は、羽生さんとの7番勝負で3連敗のあと1勝。後がない中でジリジリと追い上げてほしいものだと応援しております。ちなみに将棋のことはわかりません。将棋ファンの羊のおかげで棋士のことにはちっと詳しくなっただけです。竜王の奥さんのブログが可笑しくて楽しくなります。

アリーマ讃江

試作してみた。

Cimg2631

だいたいわかった。

Cimg2633

多分もう少しイーストを強めて膨らませるのと、本番はフルーツをもうちびっと増やすこと。

撮影用に切って一切れ食べたけれど、昨日作ったばかりなので、まだ味が馴染んでいなかったです。お酒(ラム)が尖って感じられました。たしかにこれは1週間くらい寝かさないとダメですね。

焼いている間中、すんごく良い香りがして幸せでした。このサイズがふたつ出来たので来週からうちはこれが朝食になります。

以上、アリーマさんへ工場長の山さんからの報告でした。

さよなら11月

さよなら秋

Cimg2608

さよなら11月

Cimg2609   

さよなら、アタシの平穏な日々

Cimg2627

欲に目がくらんだ仏教徒にとってツライ12月が始まりました。

きっと仏罰だと思う。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30