フォト
無料ブログはココログ

« マイシューマイ | トップページ | クリスマスレッスン »

腕が抜けるような重さです

そのご注文メールを頂いたときは、正直言ってお断りするつもりでいた。だって「差し上げるお相手はギターを弾かれる方で、当日はサプライズでステージ上でケーキをお披露目する予定です」という内容だったから・・・・。

「また、こないだのグラビアアイドルのバースデーケーキ♪みたいんじゃないのかぃ?」とまず職人の山さんが難色を示したし、グラビアアイドルの一件の際に鼻の下を伸ばして対応した割には、丁寧に出した断りのメールに「ウン」も「スン」も無くていい加減嫌気がさした山田営業本部長も、「マスコミ関係だったらこりごりだね」と振り向きもせずに自分のドタ靴を磨いているばかり。

「でも随分お渡しの日まで時間にゆとりをとっての問い合わせだし、キッチン山田に辿り着いた道筋が上顧客のオカモ様のブログからだってことはマスコミじゃないと思うけどなぁ」それに文面がなんだか丁寧だし・・・。とタコ社長であるアタシはブツブツつぶやく。

そんなわけでいかにうちのケーキが地味で、食べてはじめて評価できるものであるか、だからステージ上の飾りとしてのケーキだったらうちのはそぐわないので・・・というお返事をした。

もしご注文してくださるのなら「ちゃんと食べること」を約束してくださらないと・・・とも書いた。

おもいっきりエラソ~である。

かなり嫌なヤツである。

マスコミ関係ならこれに絶対返事なんか寄越さないと思う。だから山さんは今年最後の渓流釣りに出かけてしまったし、山田営業本部長も新装オープンのパチンコ屋に行ってしまった。

なのにお返事が来た・・・・・。このエラソーで嫌なやつのところにとてもとても丁寧なきちんとした文面で。

ギターを弾くといってもお誕生日を迎えられる方はあるアーティストの親友で裏方をやっていらっしゃる方とのこと。そのアーティストのステージ(こじんまりしたところだそうです)に、いつも裏方を務めている彼を上げてしまってサプライズでお祝いをするのだそうです。

山さん、渓流釣りから帰る。山田営業本部長、パチンコから(大負けして)帰る。

で、タコ社長を含めて企画会議を早々に開催したわけです。ご依頼主からの希望は「ギターのモチーフをどこかに使って欲しい」というもので主役の彼が愛用しているギターの画像も送ってきてくださっていました。最初、クッキーでギター型を作ることも考えたのだけれど、運搬途中で(ご依頼主さまが電車で横浜まで運ばれるので)割れてしまう危険性もあり、却下。抽象的な図柄でいくか!という案もあったのだけれど、「それってカッコ良いけど、あんまり嬉しくないかも・・・」という何故かお茶を運んできた事務員山ちゃんがぼそっと言ったので却下。

いい案が出ず、会議は行き詰まり、「こういう時は寝ちゃおう!」という山田営業本部長の鶴の一声で解散・・・・そして本番を迎えました。

ああ、長々とごめんなさい。作ったのはコレです。

土台のケーキはガトー・オー・フレーズです。だから土台のほうにも苺がギッシリ。ここで苺3パック使用です。

Daira3

そして肝心のギターのモチーフはどうしたかというと、スポンジを2枚重ねてからギター型にカットして、バタークリームとチョコレートクリームでナッペし土台にのせた後から、細かく線描きで手を加えました。ちゃんとギターの弦も6本あるのよ。

Daira4_2

Daira2

上段にも苺を使ったので合計4パックの苺を使用したことになります。つまり、相当な重さ・・・・・・・。腕が抜ける重さです。マジ。

山さん、気合入れすぎです・・・・。

4時にあざみ野駅で待ち合わせて、ご依頼主(お若いお嬢さんでびっくり!おまけにミセスだと伺ってびっくり!)に無事お渡しいたしました。今頃某アーティストさん(誰だろ?)のステージの真っ最中だろうなぁ。サプライズ、うまくいくと良いな・・とキッチン山田おっさん3人組で祈っております。

*注意・・・ご依頼主にブログに画像をUPするから見てくださいね、とお伝えしたけど。きっと山さん、山田営業本部長、タコ社長・・というキッチン山田おっさん3人組の話は?????だろうなぁ。え~っと、全部私の中にいる人達の話です。くわしくはこちらをどうぞ。(コレ読んでますます?かも・・・)

さて、この大きな仕事が終わったので明日からいよいよクリスマス態勢に入ります!がんばろ。Daira1

« マイシューマイ | トップページ | クリスマスレッスン »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

私が鼻の穴をふくらませても何にもなりませんが、
(役割はさしずめひっつめおだんご髪+こめかみに謎の絆創膏を貼った、キッッチン山田の工場に回覧板を持ってくる、斜め向かいに住んでいる入れ歯のクセに食い意地が張っている事が近所で評判のトヨ婆さん といったところでしょうか(ナガイっ!))
『どうだいっ、ウチの山さんの実力を見たかいっ!?ふふふんっ!happy02happy02』といった気分です。せんせい、素敵です素敵ですこのケーキっsign03heart04ギターの線描きを見てどれだけ息を止めていらしたかを考えると貧血を起こしそうですが。coldsweats01バラも素敵ですね、ローマジパンでしょうか。一口食べたら絶対幸せになる味も伝わってくる気がします。
主役のギタリストさんに、皆さんの真心が必ず伝わるケーキ。作った人も、贈った人も、贈られたギタリストさんも、みなさんにおめでとうを捧げたくなる素晴らしさをありがとうございます。

>回覧板をいつもまわしてくれるトヨさん(長い)

ギターだけ作った段階では「ちょっとどうしましょ」という感じだったのですが、土台に載せてしまった段階でもう後戻りは出来ず、山さんの腕を信じました。どうにか格好がついて良かったです。

今回はご依頼主に「誰かに何かを依頼するとき」の姿勢をとことん教わりました。まだお若いのにすご~くきちんとした方でした。単に礼儀正しいだけでなく、きちんと言葉を尽くして自分の気持ちを伝え(そこにハートがあるからだと思います)その上で任せるべきところは任せる、なかなか出来そうで出来ないことだと思います。勉強になりました。で、私は最後まで「エラソーな奴」を通してしまいましたわ。coldsweats01

すごい素敵、素敵、素敵ぃ~~shineshineshine

ぜんぜん地味でないんですけど。
すごい豪華!
こんなケーキをもらったら、私、感動して気絶する。
ギター弾かないけれど、ギターのケーキいいなぁ・・・。
用意した方も、祝ってもらった方もとても喜んだと思います。

このお話は 噂で聞いておりましたが・・・
はっきり きっぱり 言いましょう!!!!
自慢の 嫁でございます!
はい はい 自慢でございます!
トヨ婆さん共々 鼻息荒く どんなもんだいと・・・・
  (自称 姑としては 少し品がなかったかと反省)
しかし 美味しそうであります!
イチゴの季節に産まれたかったと しみじみ 思いました。

ステージで渡す花束のようなケーキですね。

>るるさん

ありがとうございます。でもこのケーキ、どうやって切り分けたのだろうか?多分すごく大変だったんじゃないかと思っています。

一番大変だったのはギターの画像をコピーして、その各パーツ(ネックだのボディーだの)の比率を計って計算して基になるギター型をおこすところでした。ケーキ屋に電卓はかかせませんわ。

>午後のSさん

お姑さま~、お褒め頂いて光栄ですわ。そっか、このケーキの話をしておりましたっけ。(多分、案がまとまらずぶーぶー言っていた頃だと思いますcoldsweats01
やっぱり、考えがまとまらないときはいろんな材料を頭に入れるだけ入れて寝てしまうに限りますね。朝になるとちゃんと整理されてどうにか出てくるもんです。
お姑さまのキルトも図案作りが大変なのではありませんか?今度そこらへんも教えて下さいませ。(従順な嫁)

>kanさん

花束も豪華なのはものすご~く重いのですよね。ケーキだとみんなでその場で食べちゃえるのがいいです。

すごぉーぃ happy02
これはぜひ小猿くん … もとぃ卒業でしたね sweat01
まぁ様姉上に撮影をしてもらわなくては camera


す、すごい…

久々登場の事務員山ちゃん(辞めさせられたかと思ってました)の同期で、いつもケーキ屋のウィンドウを指をくわえて眺めている者ですが、今回は腰を抜かしてしまいました。
これを「食べろ」っていわれても…ああ、とてもナイフなんていれられない。でもめっちゃ美味しそう。すごいジレンマでしょうねえ。

すごいすごい!!
なんて素敵なケーキ・・こんなのもらったら、うれしくて泣いちゃう♪
ギターがまた素晴らしいですねぇ。さすがです。
ご依頼までのエピソードを知ると、余計ににっこりしちゃいますね。
大変でしたでしょう。にっきさん、大仕事お疲れ様でした('∇')

きっと喜んでくださってますよね。
そんな想像も楽しいお仕事がうらやましいです♪

あ~仕事どころじゃない。コメントせずにはいられない。これはすごいです、にっきさん。カンドーものです。お疲れ様でした。
これみたら、ヨメに行きたくなってきた。っつーか、披露パーティーしたくなってきた。
万が一、億が一、兆が一(しつこい?)の場合は、こーゆーのお願いします!!

言葉が出ないほどすばらし。。。
しばし見とれてしまいました。
いやー、ギターがイチゴと花にうもれてるみたい!
美しすぎるー
でも、食べたいー
でも、もったいないー
興奮しっぱなしです。

ついに、事務員の山ちゃんまで登場ですね!

>ヌシさん

まあ様の姉上かなさまは自分の口に入らないケーキの撮影なんかは絶対してくれないと思います。姪っ子とはいえシビアーな関係なんですのよ。(アタシが眼レフ買えばいいのだけど・・・まず無理だ)

>倫敦さん

事務員の山ちゃんは山田営業本部長の親戚筋の縁故採用なのでそうそう切れないのですよ。毎日、雑誌を見ながら爪にマニュキア塗ってるしょうもない娘ですが、たまにぼそっと鋭いことを言うので侮れないのです。

>ゆゆさん

お褒めにあずかり光栄です。実はギターのケーキっていうんで検索かけるとけっこうみなさん作っていらっしゃるようで・・・。需要があるアイテムなのですね。私のはクラッシックギターの趣でございます。多分エレキギターで、という指定があったらやはりやめていたと思います。このケーキ食べて良いよ、といわれたら迷わず土台にかぶりつくべし。ここがウンマイのよ~。

>akikoさん

ありがとうございます。
このギターにクリームをナッペするときに、クリーム色のバタークリームとチョコレートを混ぜたチョコクリームをそれぞれお皿にのせて、パレットナイフで色を混ぜつつ塗ってたんだけど、その作業って油絵を描くときと同じだったんですよね。私、パレットナイフ一本で絵を描いていたのだけど、その時の経験が今に繋がっている・・と思ってなんか不思議でした。これ、油絵みたいでしょ?

にっきさん、お疲れさまでした。

すてきぃぃぃshineshineshine
上下左右四方八方からかぶりついて見ちゃいました。
どうしてこんなすごいことが出来る訳?これこそにっき技ですね(^^♪
私もakikoさん同様。食べるのもったいないけど...でも食べた~い状態。
依頼主さんも鼻高々ですね。忘れられないお誕生日になったことでしょう“Happy Birthdayribbon


あ、いいなコレ♪
クリスマス用にね、一つお願いしまあす・・・

・・・ああっ、イタタ(なんか飛んできた)
冗談ですってば!!

素敵なバースデーケーキですね。
にっきさんのクリスマスケーキ作りを見せていただいた者には
「ずっしりと重い」というのがよくわかります。
何しろすき間なくいちごが入ってますものね。
いちご好きにはたまらないheart01
あ〜〜〜私も食べたいhappy01

>オカモさん

そうそう、このご依頼主様はオカモさんのブログからうちにやっていらしたのです。ありがたや、ありがたや・・・。どこでどう繋がっているかわからない不思議なネットの縁です。

>アリーマさん

これを作ってからお渡しの間の時間に例の宿題をしたのだけれど、なんか時間切れになってしまい、一応出来たのだけれど自信がもてず、迷った挙句今日真ん中から切ってみてしまいました。ちゃんと出来てたのに・・・。切らなきゃよかった。crying

そんなわけで今日、本番を焼きました。多分大丈夫だと思います。来年はシュトーレン屋になろうかと思う。

>hiroさん

そうそう、わかってくれますよね?うちのケーキの重さ。よく父がサイズ表示でなくキロ表示でケーキの値段つければ?と笑っていましたっけ。

これも軽く5kgは越えてると思います。7kgか8kgはあったんじゃないかしら・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/26109366

この記事へのトラックバック一覧です: 腕が抜けるような重さです:

« マイシューマイ | トップページ | クリスマスレッスン »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30