フォト
無料ブログはココログ

« 寝正月 | トップページ | 鬼があきれる »

「焼き菓子倶楽部」構想持ち上がるも

ま、こういうことをぶち上げるのは、キッチン山田の山田営業本部長に決まっとります。この人は飲んでさえいなければ、けっこうマメに数字に取り組み、それなりにきちんとした仕事もするんです。年明けの会議で、今年度の目標数字をかかげ、その達成のための月次目標を積み上げた上で、この構想をぶち上げました。新規のお客様にうちのお菓子を試していただくきっかけになる企画なんだそうです。

お金をもうけるつもりはサラサラないのだけれど、このご時勢、いつなんどきロードークミアイセンジュウショキのお仕事も首になるかわからず、その時にちゃんと独り立ちするためには、きちんとしたシュミレーションが必要なんではなかろうか、という山田本部長の話には深くうなずくものがありました。しゅうるりー様とコンビを組んで流しのケーキ屋をやるという話もあるのだけれど、その際、どちらがボケでどちらがツッコミをやるかとか、いっそちーさんを巻き込んで「平成のかしまし娘」を立ち上げたほうがよかろうとか(そうなるともう菓子屋では無いナ)、それはそれでまだまだ揉めそうなので、まずは一人である程度はメドがつくようにがんばろうかと思っておるわけです。

よし、では今年は2月から11月まで年10回で焼き菓子を取り上げ、通常のオーダーの仕事の他に、積極的に売り出していこうじゃないか!という話でまとまりました。新春の売り出し会議はこうして無事終了し、そのあとは例年通りの酒盛りで、山田営業本部長も山さんもしこたま飲んで二人とも上機嫌だったのです。

しかし、このやり手の営業部長と気難しい職人の考えていることは天と地ほどの開きがあります。実際にどんな焼き菓子を取り上げようか、という話になったとたん、大もめにもめて収集がつかん有様。年の始めに10回分すべて決めておこうとする山田本部長に対して、山さんは「その時の気候とか、果物の出来、なにより職人の気分ののり具合で、作るもんは変わるもんや」と言い張り、がんとして譲らず。まあ、山さんの言わんとすることもわかるので、ここは山田本部長に抑えてもらってせめて節目の月の菓子だけは早めに山さんに考えてもらおうということになりました。

昼休み、そんな話をしに山さんを探しに行くと裏の土手でひっくりかえっておりました。

どんな焼き菓子を作ろうか・・・と考えているうちにわからなくなったのだそうです。焼き菓子というと普通の人が思い浮かべるのは、パウンドケーキだったりマドレーヌだったりだけれど、そうしたなじみの深いお菓子を取り上げても面白みがないし、自分の勉強のためにフランスの郷土菓子のようなものを取り上げたとしても、それが美味しいものでなければ、買ってくださったお客様に悪い。かといって昨今の流行のものに手を出す気はサラサラ無い。サテ、何を作ったら良かろうか?そもそもいったい自分はどんな菓子が作りたいんだ?

「アタシが美味しいって思う菓子っていったいどういうもんですかね?」と山さんに真顔で聞かれてしまった。自分ではどう思うんだね?と改めて尋ねると「カラメルの深い味も好きだし、胡桃やナッツの香ばしさも好きだけれど、かといってその味を春に食べたいかと聞かれるとどうもちがう気がする。春には春の花の軽やかさが似合う、軽いものが食べたいし果物の香り立つような味わいも捨てがたい。アタシはやっぱり日本に住んでいるからこの湿気の多い気候のなかでもスルリと胃に収まるもんが美味いと思いマス。ただね、やっぱり見せかけだけの味にはしたくないんです。」

きっと山田営業本部長には「コレだから社長はいつまでたってもタコなんだよ!」と侮られるとは思うのだけれど、山さんにはついつい「山さんが本当に美味しいと思うものを作んなさいよ。それをお裾分けするっていうスタンスでいいじゃない。どうしても作りたくない月はそれはそれで仕方がないからお休みだぁねぇ。」と言ってしまった。

そんなわけで来月からいつ何時お休みになるかわからない「焼き菓子倶楽部」(別名「山さん美食倶楽部」)がスタートします。2月にはHPもリニューアル予定でいるので、HPとブログ両方に月初、今月の焼き菓子ということで載せるつもりでいます。山田営業本部長が張り切ってぶち上げたにも関わらず、またしても地味で稼げなさそうな企画になりそうですが、ただ、① 常温配送が出来るもの(送料が500円程度で済みます) ② 少人数のお宅でも、もてあまさないサイズ ③ 価格を2000円から高くても3000円程度におさえたもの という条件だけは山さんに守ってもらうつもりでいます。

今まで頼んでみたかったけど、ちょっと敷居が高かったという方や、お家で自家用に楽しんでみたい、という方に試していただけたらと思っています。もちろんコアなお客様もどうぞ。この1年、どんなお菓子を山さんが取り上げるのか、タコ社長の私も興味があります。

山さんに無理を言って、すこしだけどんなものを取り上げるのか、決まっているものを聞きました。5月のガトーフランボワーズだけは決定だそうです。中身のラズベリーのジャムを、市販のものではなく手作りして作るそうです。これは直径21cmなのでこれより小型で、もしかすると型も変えるかもしれない・・・とのことでした。

0710074

071007c

2月は・・・どうするんだろうか?

そして山田営業本部長は、 こんな展開で本当に大人しく黙っているのか?新年早々、風雲急を告げる厨房であります。  

« 寝正月 | トップページ | 鬼があきれる »

山さんVS山田営業本部長」カテゴリの記事

コメント

年10回の企画がうまくいったら…
季節ごとに「詰め合わせのお試しセット」なんかもいいですね。
アイデアはふくらんだりしぼんだりしますね。
見た目は似たものも多いですし。

遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
あーあ、なまじ運転免許を持っている!という理由だけで
流しのケーキ屋の相方にご指名されてるって
2009年は本当に波乱の年になりそうだぁ。

…というのは、とりあえずまだまだ大丈夫そうなので
ほっと胸をなでおろしたところです。
とりあえず第一段のこれ、
美味しいんですよねー、『ガトー・フランボワーズ』。
あの甘酸っぱいラスベリーと
贅沢な生地を思い出すだけでヨダレが…。
これ、小さく焼いて
(イメージとしてはガレット・ブルトンヌくらいかなぁ)
ぱっくり食べてもいいですよね。

お、来年はシュトーレンに加えてレブクーヘンも・・・と思ったが、さすがに12月はないんですね。わはははは。
正月の焼菓子といったら伊達巻でしょう・・・って、ああ、一月もないんだ・・・へっへへへ。

これと話は違うし難しいとは思うのだけれど、やはりスイーツ大量消費派ではない私としては焼菓子1~2個ずつの詰め合わせがあれば嬉しいんですけれどねー。
中身はおまかせでよいから、何人か集めて同じ内容の詰め合わせを送っていただく、とか。

手間と採算の問題がまったくわからないモンのタワゴトですが、もしナントカできそうならば・・・ああ、また無理難題を言ってるのかワタシ・・・?

ぎりぎり松の内…遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。10リットルくらい出汁をとって迎えたお正月も、今日七草粥を食べたら(やっとdash)お終いですね。

さて、新春の事業計画、常温配送・少人数・そして何より焼き菓子!これは私のための企画ですか?(と思っている方、たくさんいらっしゃいますよね~♪)
山田営業本部長、アンタやるねぇっ!タコ社長、山さんがあんまりお休みしないように、そこはしっかり手綱をよろしくね。そして山さん、今年一年楽しみにしていまーす!

>kanさん

焼き菓子といえばウィーン菓子やドイツ菓子に美味しいものがいっぱいありますよね。kanさんのブログはかなり参考にしております。余所で美味しいものいっぱい食べてブログUPしてくださいね。

>しゅうるりー様

流しのケーキ屋構想は消えたわけではありません。このご時勢、お互い今の仕事に行き詰った場合の次の一手は常に考えておかないと。リー様が今日発表なさる「今年の抱負」に「泡立て器でボウルをかきたてながらの漫談」というのは入っていないのでしょうか?すんごく期待しているのだけれど。

>アリーマさん

12月はシュトーレン倶楽部に限定です。そのうえレブクーヘンまでも要求するのですかぁ(泣)
ああ、深夜泣きながら焼き菓子を箱詰めする私の姿が目に浮かびます。

それはさておき、2~3個詰めの焼き菓子詰め合わせも数がまとまればOKですよ。1種類6個がだいたい最小単位です。ただそれをそれぞれ配送となると送料がもったいないので、一箇所にどんと送って、みんなでバラバラと持ち帰るというのが賢い方法かと思います。(でも現物を見たアリーマさんが2個でおとなしく収まるのかは・・・ま、ちょっとあやしいな)

>さばさん

出汁10リットルって・・・そりゃあご苦労様でありました。灰かぶり姫コンクール、堂々の大賞受賞ですね。オメデトウ。

焼き菓子は美味しいけどバターを多く使うものだから、あんまり食べられないのよね。羊と二人家族なのでそこいらへんは痛いほどわかる。でも送料がもったいないのよね~としみったれたもう一人の私が常に言うのです。さばさんも地元のお友達とシェアできると良いですね。

久し振りに 右目をピクピクさせながら
PCを開ければ なんと 焼き菓子倶楽部の構想が・・・・・
一年分の3万円を前納すれば 10個定期的に
送られてくるぅ・・!!! 何とか 頒布会 みたい・・
うううぅうう 嬉しい 楽しい でも 自分で作れって
言われそうです。 今年も よろしくお願いします。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

私もこのブログを読んで、あ~これは私のためにブチ立ててくれた計画に違いないと思いましたヽ(´▽`)/

マドレーヌなどはほんと出尽くした感じで、どこのをいただいてもおいしいけれど、さほどのカンドーを味わうことななくなってます。こんな時代に、キッチン山田の焼き菓子倶楽部!こいつぁ春から縁起がいいや。


まあ!なんて素敵な構想でしょう♪

明けましておめでとうございます。
来年のお正月は手作りケーキでお祝いをしようと今から鬼に笑われるような計画を考えております。

その前に栗きんとんの栗の甘露煮を自家製で作らなくちゃね。
ああ、でもそうなると渋皮煮も食べたいし。

焼きっぱなしのケーキ!これはもう大好物です。
フルーツ、ナッツ、猪口・・・いえ、チョコなんか入っていたらそりゃあ一緒に中身に入り込みたい気分です。
こんなすばらしい構想でどうか私を誘惑しないで~
だめ~
助けて~

・・・誘惑の手をお待ちしております。

ご挨拶が遅くなりました…あけましておめでとうございます。
お正月からワクワクするような構想をありがとうございます!すでにもう食べたくてたまりませんっ。マドレーヌやパウンドケーキ、フィナンシェ、フロランタン、ダックワーズ…そんなところしか思い浮かびませんが、何でもこい!ですぅ。
今年もよろしくお願いしますー♪

毎月の焼菓子頒布会、みたいなスタイルがあったら嬉しいですねー。

ただし、

>ただそれをそれぞれ配送となると送料がもったいないので、一箇所にどんと送って、みんなでバラバラと持ち帰る

これができるような仲良しご近所繋がりは、私にはない(積極的に作る気もない)ので無理ですねえ。
個人的には送料が500円くらいかかっても、お一人様レベルでできたらよいな、と思いますです。

あくまで願望です。
試験的に三ヶ月くらいの短期間で希望者を募ってみる、とかね。
例えば、ですよ。

>午後のSさん

今年もよろしくお願いいたします。前納して年10回の頒布会ですとぉ~!!そんな前金いただいたら、山田本部長も山さんもタコ社長もそのお金を持って競馬場へ行きかねないから危険です。

>さんぱちさん

どんなのが出るかわかんないですよぉ~。だんだんみなさん舌が肥えてきているので、素朴なものではご満足いただけないかもしれないし・・・。ふ~ん、こんなお菓子があるんだ、位の感じで捉えてくださいませ。今年もよろしくお願いいたします。

>akikoさん

猪口・・・私も好きです(笑)実は栗の渋皮煮は作っても甘露煮は作ったことないんです。是非、是非たっぷり作ってきんとんだけでなくお菓子にもまわしてくださいな。「マロンシャンテリー」なんていう素敵な言葉がうかんだわ♪

>レフアさん

今年もよろしくお願いいたします。レフアさんも焼き菓子好きでしたか。男の人より案外女性のほうが焼き菓子好きですよね?男の人はパウンドケーキとかボソボソして喉に詰まりそうだからイヤという方がいまだにいます。食べつけていないからかしらん。

焼き菓子…海外発送もありですか?または帰国時10回分まとめ買い?やはり毎月、ネット上の写真で楽しむしかないか…
円高を背景とした、山田営業部長の国際化に期待しています。

>アリーマさん

シュトーレンの時のようにアリーマスペシャルご希望の方は、という告知をしませうか。

あ、なんかいい響きだなぁ、「アリーマスペシャル」!
キッチン山田の「アリーマスペシャル・焼き菓子6個セット」限定3箱発売中とか・・・。

え~っと、捕らぬ狸の皮ばかり考えてないで、ちゃんと2月の第1弾の焼き菓子をまず考えますデス。

>倫敦さん

いえいえ、倫敦さんはキッチン山田海外特派員としてイギリス本国の本場焼き菓子の調査をしていただかなくては。
で、ご帰国の折にはお持ちいただいた本場のお茶菓子をみんなで食べ比べしなくっちゃ!

山さん美食倶楽部〜♪
なんてしゅてきな響き〜♪
ワタクシメも焼き菓子大好きなので、来月が今からすっごく楽しみでござりまする。

え?かしまし娘?
んじゃワタクシ、包装係と笑顔の販売員とまかない担当でいいでつか?
過去、○クヤと、○ーハ○ムでケーキ販売してましたけど〜☆
これなら菓子屋でいけそう?(笑)

ではでは、本年もどうぞよろしくお願いいたしま〜す!

>ちーさん

今年もよろしくお願いいたします。体調はもうよろしいのでしょうか?
笑顔で実は押しの強い販売員・・いいですねぇ!おまけに体に良いまかないも作ってくれるの?もう願ったり叶ったり。ちーさんとリー夫人のお二人をのせて行商の車が出て行くのを私は見送ればいいわけだ。あ、行商に出る前に私用のお弁当を作っておいてね♪今年は脱!素ラーメン出来そうだなぁ(妄想)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/26871824

この記事へのトラックバック一覧です: 「焼き菓子倶楽部」構想持ち上がるも:

« 寝正月 | トップページ | 鬼があきれる »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30