フォト
無料ブログはココログ

« 紅茶とくるみのケーキ | トップページ | ちーさんバッグ »

苺・いちご・イチゴ!

本当はこんなブログをUPしている場合じゃないんだけどな。お仕事に行く準備しなくちゃいけないんだけどな。

そんなわけで、綺麗な写真だけUP!

昨日のブレーメンでのレッスンは朝から夜まで苺尽くし!苺フェア開催でした。

午前にいらした午後のSお姑様のショートケーキ

09025s1

09025s2

午後のしゅうるり様のオープスト・ヴァインクレームトルテ

090325o2

09025o1

夕方と夜のレッスンの皆さんもステキに作ってくださったのですが、いかんせん照明が暗いので写真撮れなかったの。ごめんなさい。

さて、4月は大船の観音サンも好物にしている(でっちあげ!)シュークリームと濱ボンベイのアリーマさんが好物にしている苺のシューロールのレッスンですよん。

« 紅茶とくるみのケーキ | トップページ | ちーさんバッグ »

ブレーメンでのレッスン」カテゴリの記事

コメント

いちご大好きです。
思わずPCの画面にかぶりつきそうになるほど。。。

しかもこの雪をうっすらかぶったような姿がまたおいしそうだこと!  生クリーム苦手なクセしてこの白と赤のコントラストになぜかクラっときちゃうのよ(どっかのマンガ家?)。 
不思議な魅力だわ。

やっぱりショートケーキはケーキの王道なのよね。

いちごのケーキ、おいしそうですね。
やっぱり私は作る人より食べる人になりたいlovely

イチゴってどうしてこんなに可愛いんでしょう。
好きなくだもの「いちご」っていうだけで
女の子力アップするような気がする~(笑)

美味しくイチゴが食べられるシーズンもあと少し。
思いっきりイチゴフェアな感じが嬉しいです。

わあ!素早いアップありがとうございます。
いちごって本当にかわいくて華やかで、
作っていてもとてもうきうきした気分になりますね。
それにしてもSお姑様のデコの絞り出し、
完璧な美しさです。
きりりとしたSお姑様のお人柄がにじみ出ている
美しい仕上がりにうっとりです。


・・
・・・ 苺のシューロール sign03

キャー O(≧∇≦)O キャー heart04

>akikoさん

私もあんまり生クリームいっぱいのケーキは好きじゃないのだけれど、ショートケーキは苺がうまいことバランスを取ってくれるみたいで、大丈夫。苺の保ちとしては12月、1月の身が固いほうが良いけれど、味は今頃のほうが美味しいですよね。
マジパンでどんなに綺麗なバラを作っても、どんなにステキなデコレーションしたところでも、1個の苺の赤い色には勝てないのよね。

>hiroさん

これをおつくりになられた方達は、みなさんその日のうちに食していらっしゃるハズ。
新鮮なケーキを新鮮なうちに召し上がれるのは、やはり手作りならではですよぉ~。

>ヒロリークリキントン閣下

「好きなくだもの「いちご」っていうだけで
女の子力アップするような気がする」
確かに!でもそれで女の子力を誰かにアピールするにはライバルが多すぎる。
ま、「一番好きな果物はビワです」って言われてもどう返答してよいのかわからないけどね。

>しゅうるりさん

レッスン、お疲れ様でした。
午後のSお姑様は、このショートケーキをご主人様の快気祝いになさる、ということでした。すごく喜ばれてその日のうちに1/4をお一人で召し上がられたそうです。(お腹大丈夫かなぁ)
そんなわけでSお姑様が綺麗にナッペされたあと、周りのクリームだけは、指示されて私が絞りました。「きりりとしたSお姑様の人柄がにじみ出る」指示のもと絞り出し袋を手渡されて、大人しく私が絞りましたとサ。(従順な嫁だも~ん)

>キャーキャー言っているアナタ

ヌシさんでしょ?
シューロール習いに来る?
それともシューロール抱えた女の子に声かけに、たまプラまで来る?

本牧から熱心に通われている「女の子」は、来月はシューロールではないのをやられると思うので、地元で張ってても入手できませんことよ。

おおお~、そーーでしたかーーー
しかしやっぱりね、私の審美眼もたいしたもんです。
この絞り出しはただものではない!って
思いましたもん。
ええ、もちろんSお姑様のきりりとしたお人柄も!
でなければせんせいに絞り出しをやらせるなんて無理!

ところで、来月、本当はシューロールもやりたいっす、師匠。
でもその前に予習はちゃんとやりますね。
(従順な嫁の妹状態)

従順な嫁・・・・・は 嘘も上手でなければ・・・(笑)
大先輩のしゆうるり様に バレてしまいました!!
元箱入りのお腹は 大丈夫でしたよ
それにしても 美味しかった!!!
スポンジに含ませたシロップの感じが最高でした

苺のシューロール♪
恵方巻きにしたい。

>しゅうるり様

シューロールも美味しいもんね。これから苺は味は美味しくなるけど、すぐに柔らかくなっちゃうから、シューロールみたいな形で食べるのが一番ですね。

>午後のSお姑様

「嘘も上手でなくては・・」
お姑様、だって、ジョージ・ワシントンの桜の枝のハナシもありますし・・
(ああ、口答えするなんてもっての他の嫁でゴザイマスことで・・・笑)

ご主人様のお腹も大丈夫で良かった、良かった。

>アリーマさん

シューロールの丸太船に乗って、甘沼を行くアリーマさんの後ろ姿が見えますわ。
もうだいぶ岸から離れておしまいになられましたわねぇ・・・・。

あれれ ???
なぜか無記名になっていました coldsweats01

でわ改めて


・・
・・・ 苺のシューロール sign03

キャー O(≧∇≦)O キャー heart04


シューロールの丸太船
いぃ具合に岸から離れたところで甘沼に引きずり込むぞぉ~ (笑)


ぎゃー!
ヌシさんて甘沼に棲むヌシだったんですね~dash

(きうりの代わりにシューロールを持った河童のような妖怪を想像中…)

>ヌシさん

ヌシさんにはシューロールの丸太船より、シューロールを組み合わせたイカダのほうがお気に召すかと思います・・・。

>さばさん

で、ヌシさんが棲む甘沼はチョコレート製なのよ。

アテクシ確かに見た気がするざます、
チョコレートファウンテンの中から
苺のシューロールを恵方巻き喰いしながら
出てくる河童なヌシさん……。

黒蜜の沼でも良くってよ note
Ψ( ̄∀ ̄)Ψ ケケケ…

いやしかし、まだチョコレートの沼に沈むところまでは行っていないのです。
シューロールの丸太にまだしがみついている状態だと思う。
でも、岸に戻れる状態かどうかはもはや微妙か・・・。

いざとなったら沼のヌシを騙して岸まで行かせようと思っているんですが・・・。
しかし「どろ~り」とかいってチョコ沼から顔を出すヌシさんを想像すると、結構リアルにコワイですう。

おそるべし、甜魔一族!

大甜魔王は濱チベットの本山で、朝に晩に火の前に座っては怪しい呪文を唱え、こうして罪もないただの酒飲みを甘沼に誘いこんではじわじわと沈めている・・・ちいっ、気付くのが遅すぎたわい。

>しゅうるりさん、ヌシさん

甘沼は多分瓢箪型でかたっぽうがチョコレートで、もうひとつのほうが黒蜜なんですよ。黒蜜のほうには白玉とかわらび餅とかの小島が浮かんでいるんだろうなあ。夏の蒸し暑い夜、ヌシさんは黒蜜沼に浮かんでいる久寿餅の上で寝ているにちがいない。いいなぁ。ワタシも久寿餅の上で昼寝したいっす。

>アリーマさん

気付くのが遅すぎましたね。もう岸には戻れませんって。この現実を受け入れた上で、いかに体重をキープするか、理性をなくさずにいるか、そこに重点をおいてください。

ワタシはなにも呪文なんか唱えてませんって。唱えなくて次々獲物が・・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/28811059

この記事へのトラックバック一覧です: 苺・いちご・イチゴ!:

« 紅茶とくるみのケーキ | トップページ | ちーさんバッグ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30