フォト
無料ブログはココログ

« 可愛い!可愛い! | トップページ | タコ社長の嘆き »

2月の読書

小雪が降るような寒い中出かけてたもんで、お腹の風邪がぶり返し本日は完全休養です。

お昼は・・・どうしたらいいんだ!パンに卵?お素麺?

さて、(なにが「さて」なんだよぉ)2月の読書総括です。実は2月はロクに本を読んでいなかったことが判明。なぜだろうかと考えたら通勤途中自分のレシピノートを広げて、レッスン予定を組むお仕事を電車内でやっていたからですね。ああ、仕事熱心だこと・・。(家でやれよ)

だから思い返すに3冊しか読んでないです。1冊は図書館で借りた河合隼雄先生のエッセイ(タイトル覚えてないよ・・・。)もう1冊は丸谷才一の「男ごころ」これもエッセイですね。これは自分で持っていたのを再読です。しばら~くほっておいたので、いい具合に内容を忘れ、読み直しても楽しめました。丸谷さんの旧かな遣いが読みなれるとたしかにこのほうが読みやすい気がするので不思議です。

もう1冊もエッセイ。こうしてみると今月は短いものを、脳味噌がお仕事から離れる為にチビチビ気分転換で読んでいたように思います。

え~、その最後の1冊ですが、これは買う気もなく羊さんに付き合って本屋さんに行った時に見つけました。ちくま文庫には桂枝雀さんの落語本が充実してるなぁ~とあれやこれや、取り出してめくったりしているうちに、ふと手に取って立ち読みしたこの本。

いや、大変なことになりました。

ツボにはまっちゃって笑いが止まらんのよぉ~!!

ダメだ、笑っちゃいけない、笑っちゃいけない、と思えば思うほど笑いがこみ上げてきて、「あ、小学生がこっち見てるよ~」とか「後ろのお兄さんが離れていくよぉ」とか視界には入るのだけれど、止まらない。笑いをかみ殺して涙が出てくる~。必死で羊を探し(いや、一人で笑っていると変に思われるが連れと一緒ならどうにかごまかせるだろうという計算だったのですが)挙句、羊には完全に他人のフリをされた・・・。

仕方ないので買いました。責任をとって。

ちくま文庫 なぎら健壱著 「酒場漂流記」

すいません。こんなのを電車の中で読んで。おまけに電車の中でも笑いを止められず、怪しい人になってました。もちろん家の中では大爆笑して羊に完全に嫌われました。

もしどなたかが、ものすごくつらい気持ちになっていたらこの本をお勧めします。普通の人は本屋さんとか電車の中では決して読まないように。読んでもいいけど「ビリーザキッド」というステーキ屋さんの話だけは避けるように。いいですね?忠告しましたよ、ワタシは。

Cimg2859

先日ブレーメンにいらしたSさんから頂戴しました。Sさんはしばらくレッスンは産休です。なので~とお母様が作られた手作りの栞をお持ちくださいました。「センセイ、読書がお好きでいらっしゃるようだし」と一言そえてくださったのですが、センセイ、こんなのを読んでいるんだよぉ。

ごめん。でも「酒場漂流記」にはこの一番左の幅広の栞が良いかな。

Sさん、ありがとう。元気な赤ちゃんを産んでくださいね。酒場漂流記はいっぱい笑えるから胎教に良いと思うけど、産院の待合室で読むのは止めようね。

« 可愛い!可愛い! | トップページ | タコ社長の嘆き »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なぎら健壱がお酒飲んだ時の話を喋ってるの聞いたことある。
それが本になっているんだとしたら、相当面白いだろうなぁ。
ちょっと読んでみなくちゃって気になりました。
でも、にっきはいつもいろいろ本を読んでいて偉いです。

私は今月も、週刊文春と、ビジネスガイドしか読んでないわ。。。
絵本はたくさん読んでるけど、大人としてはちゃんとした本も読まねば。心のうるおいに本って大事よね♪

あ~。
これはよさそう。
早速買います。

>hirorin

hirorinは車かバイクで移動だから、通勤時間に読書というわけにはいかないものね。(してたら怖い)私も通勤時間以外はなかなか読めないなぁ。絵本の読み聞かせ、hirorinは絶対面白いと思う。子供たちかぶりつきで聞いていそう。私はまじめ~な顔してすんごく怖い怪談話とかやらせると多分上手いと思う。

>アリーマさん

これ書かれたのはけっこう前らしくて、お店の情報としては役に立たない、となぎらさん本人があとがきで書いていますが、店が面白いっていうより、出てくる怪しげな人達が面白いです。

以前朝日新聞でなぎらさんが書いてた酒場コラムがやはり可笑しくて、よく笑いながら読んでいたので、多分私のツボに非常にはまってしまう文章なのだと思うの。まずは本屋さんで立ち読みしてくださいな。

ユーリンドーで平積みになってて、買おうかなあと思っていました。近くにいたら借りにゆくのに。しかたない、私も買いましょう。

子供のころは、なにがおもしろいのかわからない、なんかいやらしいおじさんって印象だったのに、
大人になったら、めっさおもしろいじゃん、このおじさん!と思うように。結構スキです。去年は氏オススメのまぐろ丼を食べに築地にいったことも。早速本屋へいこうっと。

せんせい、早く読了なさって下さいね。
そしてムーミン家の姉妹の上に
その本を載せて渡して頂けると嬉しいな~book
帰りの地下鉄で大変なことになるんでしょうね。

>さんぱちさん

平積みになっているの???
そうかメジャーな本なのね。

>るるさん

そう、なぎらさんて多分とてもシンプルな人なんだと思います。シンプルでオープンだからいろいろな人がまわりに集まってくるのね。かなりユニークな人達が・・。

>リー様

読み終わっているのでOKですよ。必ず!必ず!市営地下鉄の中で読むことをお約束くださいませ。(ど~なってもしらないよん)

それは買ってみたくなる!
電車でどこまで耐えられるか?

ま、トイレでひっそり読むくらいにしとこうか。

なぎらさんって昔東陽町あたりのちっちゃなくたびれた居酒屋さんによく出入りしていたって話しを会社の人から聞いた気が。。。

>akikoさん

電車の中で少しくらい笑うのだったらまだ良いです。お願いだ、トイレの中で悶絶して笑わないで下さい。

「ト・・トイレの中から女の人のうめき声が!」という通報が保安に行って、保安員が駆けつけちゃいますよ。

先日買いまして、今読んでる最中ですが途中経過を。
やっぱり「ビリーザ・キッド」にやられた!!happy02

なぎらさんの話って、どこか落語に通ずるものがあるんだよなあ。
オチのつけかたがうまいんでしょうかねえ。
今、ちょっとライブに行ってみたくなってます。

ちなみに平積みされていたのはこの文庫本ではなくて、昨年出版された単行本でした。失礼しました。

>さんぱちさん

これは酒場に行ったことのあるなしで、おかしさがちがうようにも思います。(その点、さんぱちさんにはジャストフィットだと思いマス)
私は最初のあのモツ煮愛好家のおじさんの話でまずやられました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/28478763

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の読書:

« 可愛い!可愛い! | トップページ | タコ社長の嘆き »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30