フォト
無料ブログはココログ

« 朝の奇跡 | トップページ | ミュゲ »

どちらかを選べ

その昔、その昔・・・ワタクシが女子大生だった頃、クラブの先輩から尋ねられました。

「顔が良いがセンスの無い男と、顔は不細工だがセンスの良い男、さぁ、どっちを選ぶ?」

 私が「?」という顔をしていると先輩は、「例えばJ大の星野サンと歌代サンみたいな人よ」とささやいた。

当時、新宿の野村ビルで大規模な合同展を開くべく、うちらの大学とJ大とG大の役員が打ち合わせと称して、毎週新宿で集まっては会合後遊び歩いていたのである。私は次期渉外担当として、その末席にお邪魔して各大学の諸先輩方に可愛がられて(つまりコイツ変な奴!的な可愛がられようです)おりました。その大恩ある他大学の先輩、星野先輩と歌代先輩を、ひきあいに出して、「そんな議論できません!」な~んて言うはずもなく、それからしばし女の子みんなで、ああでもない、こうでもないと盛り上がったわけです。

星野先輩は、まあいわば正統派の美男子で鼻筋がとおり目が大きく背も高い。けれどもいかにも理系男子で、服のセンスがどうこうというより、女の子慣れしてなくて、平たく言えば「スケベ丸出し」。東に綺麗な女の子がいれば、そちらに駆けつけ、西にもっと綺麗な女の子がいると「回れ右!」して即座に駆けつける・・という大変わかりやすい御仁でありました。で、その東と西の中間にいる女の子のことはまったく目に入っていないというのがアリアリとしている。そういうところが、女の子達には「センスないよねぇ」という印象を与えていたわけです。ま、正直でガキなだけで罪はないのだけれどね。

かたや、歌代先輩は小柄でどう見ても美男子ではありません。顔のデッサンがどこかなんかイビツなわけですよ。ちょっと山下達郎にも似ていて(わかるでしょ?)清潔感のある不細工(ああ、歌代先輩ごめんなさい!)でありました。ただ、この人の笑顔はものすごく良い。破顔一笑っていうくらいの魅力ある笑顔でした。で、あまねく女の子達を大事にしてくれる。きちんと向き合ってくれる、という非常に評判の良い先輩だったわけです。

さて、女の子達の議論は「子孫の為には星野先輩。自分の為なら歌代先輩」という点では全員一致で、さぁ、ではどっち?と改めて聞かれると各々「う~ん」と深く悩んだわけです。

さて、なにゆえこのような古い話を持ち出したかというと先日NHKでガンバ大阪の遠藤の特集をやっていたからです。遠藤ファンの人がいたらごめんなさい。遠藤も昨今のルックスの良いサッカー選手の中にあっては中村俊介の上をいく不細工ですよね。試合中彼の顔がアップになるたび、「いや、ほんと、不細工だよねぇ~」と感に絶えずついついもらしてしまうワタクシです。そして不細工、不細工といい続けているうちにすっかりファンになってしまったわけです。不細工ではあるものの、バランスの良い頭の良さがにじみ出ていて、おまけに笑顔が良い!そんなに熱心なサッカーファンではないけれど、彼のプレーにも惚れ惚れです。で、遠藤は例の歌代先輩に非常に似ている。ああ、この感じ、歌代先輩だぁ・・と久しぶりに思い出し、歌代先輩お元気かなぁと思いを馳せてたわけです。

東と西の中間にいた、かつての平凡な容姿の女の子達はそれぞれどういう選択をしたのでしょうか?

ちなみに歌代先輩は卒業後、某シンクタンクに就職あそばされ、わりとすぐにとても綺麗な女性とご結婚なさいました。星野先輩は理系でしたのでSONYに無事就職されました。で、一度だけ美人の先輩の代役でデートしましたが、記憶の隅を突いてもどこへいったか、何を話したか、全く覚えておりません・・・。すいません、星野先輩。

どうも、人の顔をおぼえるのが苦手な私は、顔のデッサンが多少狂っているくらいの人のほうが覚えやすく、あまりに整然と整っているとすぐに忘れるという癖があるようです。その結果、不動裕理(女子プロゴルファー)渡辺明竜王(将棋塚田真希(柔道)遠藤(ガ大阪)というコレクションに固まりつつあります。

羊は・・・・・。ええ、口元のデッサンが。本人「チェリーリップ」と申しておりますが通常世間では「タラコ唇」と称されるものでありましょう。

« 朝の奇跡 | トップページ | ミュゲ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あはは♪
私は昔から「顔なんて年取ったら男か女かもわからなくなるんだから!」と思ってますので、
歳をとったら尚更センスが重要。
ってことで、間違いなく歌代先輩に1票♪

どうみても「ブサイク」な顔の方が、私も好きです。
見飽きないよね。慣れてくると可愛くみえるよね。
映画ハンサムスーツでも、塚地君の方がいいのになぁ・・って心から思ってるもの(笑)

顔か性格の二択か。
社会人になって、もうちっと年くってスレると「お金持ち」という選択肢も現れたりしますよね(笑)

ストレートに言っちまうとナンダが、ブサイクと言えばスケートの織田くんが最右翼じゃ?
アレだけビジュアル重視の世界で、しかも世界選りすぐりの「長身脚長王子様系」の中に混じって、いやまあよくぞ生き残っているものぞと感心しております。
世が世ならマヂ王子、とはいえ・・・ねえ。

実はワタシ、若い頃はみのほど知らずにも筋金入りの面喰いでした。
そのおかげで、ハンサムくんは幼少時にもてはやされるから基本的なオトコとしての生命力に欠ける、という真理にまで行きつき、結果として・・・実生活はこんなモン(?)になっております。

何を隠そう、私の中で山下達郎はほとんど神様です。
で、神様でもありますがものすごいloveです。
あのシルクのような滑らかな声、
あのきらめくメロディー、
心の一番奥にある泉に小石を投げ込まれてしまったように、
私の心を揺らし、締めつけるあの詞!

レッスンの時、kaoriせんせいのCDコレクションにほぼ私と同じ完璧山下達郎ラインナップがあるのもしっかりと確認済みです。あれをかけながらレッスンしたら、きっと仏蘭西まで飛んでいく勢いでケーキを作りまくることでしょう…
というわけで俄然歌代先輩に軍配が上がりますね。
もちろん山下達郎≠歌代先輩 なのはわかっちゃいますがねぇ。

ところで、私の出会った『アジア系女性を妻に持つ欧州人(繰り返します、欧州人。欧米人に非ず)』のほとんどがパグにそっくりな奥様を連れていらっしゃるのはなぜなんでしょう。
アジアン・ビューティーって、例えばチャン・ツィイーとか小雪@ラスト・サムライといった容姿に代表されるものかと思っていたのですが、彼らから見ると違うのかしらん。彼らはアジアン・エキゾティックを求めたのでしょうか。それともアジアン・エキセントリックか。
よく判らないのですが、以前からすごく不思議なのです。
全く関連の無い、お互いに出会ったことも無い奥様方がなぜにかくもパグ似なのか…。

>ヒロリン

顔のデッサンがアンバランスな人を見ると、どうしてもどこが変なんだろう?と思ってじいいっと見ているうちに、なんだか馴染むのよね。で、その馴染み方が愛着へと変わっていくわけです。あと、自分は顔が売りにはならない、と思った時点で性格がサバサバする気がします。(アタシ自身がコレさ)

>アリーマさん

うん、アリーマさん面食いですものね。でもアタシもダル君好きよ。顔は整っているけれど、アリーマさんが以前書かれていたように、首の太さとか長さとか、体つきがアンバランスで(多分ピッチャーとして進化した体ですね)そこらへんが不思議で、見続けているうちに愛着がわきました。

織田クンは・・・。なんかああいう衣装を身に着けたお猿さんのお人形みたいに見えます。だからがんばって回ってるなぁ、エライエライ!と応援してます。昨日もTV見ながら、本当は秀吉の子孫なんじゃないの?と突っ込みを入れながら見てました。口呼吸のタカハシ君より好きかも。

>しゅうるりさん

竹内まりやが達郎と結婚したときアンルイスが「そりゃぁ、達郎はダサいよ、ダサいけどさぁ」と一生懸命二人を擁護していたのを思い出します。(擁護になってないけど)
ユーミンにしても松任谷さんだもんね。ミュージシャンは「顔より才能」を取るんでしょうね。

パグ似の奥様・・・きっと自国ではけっして手に入らない珍種と写ったのでしょうか?でも多分とても可愛いヒトなんだと思います。無表情にも映るツンとしたアジアンビューティーより愛嬌があって明るく可愛いパグ顔が私もいいかも。

ん~ ん~ ん~ despair

台北ではすっごい美人と…な男性とのカップルを多数拝見しました
といぅよりそんなカップルばっかり !?
曰く
圧倒的に美人>美男子の比率だそぅで自然そぅなるらしぃです
(ヌシが言ったんぢゃないぞぉ)
なのでイロイロ選択肢のある日本の女性は贅沢なのです うんうん

>ヌシさん

・・・な男性はすべからくお金持ちなのよ、きっと。それにしても台湾女性はみなさん綺麗よねぇ。食べ物が美味しくて、エステが出来て、見渡せば美人ばかり・・・ヌシさんが台湾にはまる気持ちもわかるわ。

>イロイロ選択肢のある日本の女性は贅沢

なのになんでコレ選んじゃったの?と思っている既婚女性があちこちに。(ま、たいてい割れ鍋にとじぶたなのよねsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝の奇跡 | トップページ | ミュゲ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30