フォト
無料ブログはココログ

« アプリコット♪アプリコット♪ | トップページ | 5月の読書(中間報告) »

かすてらの話

やっとさんぱちさんに予告していたかすてらの話に辿り着きました。

Cimg2723

ことの発端はさんぱちさんが書いていらしたNHKの深夜の番組「タイムスクープハンター」の「リストラ武士の奮戦記」でありました。明治維新で一気にリストラの憂き目にあった若い武士が、当時流行のかすてら屋さんに修行して、紆余曲折を経て今まで固執していた武士としてのプライドを捨て、新しい時代に船出していく・・・・とまるでこの番組を見たかのような書き方をするけど、要約するとこんな話で良いんでしょうね?さんぱち先輩!

で、さんぱちさんが「詳しいあらすじはこちらで」とリンクを貼っておいてくれたタイムスクープハンターのHPを拝見したら、そこでかすてら屋の親方が持っているかすてらが丸くて、「あ!」と思ったわけです。この時代、かすてらは「丸型」でありましたか。

それから日を置かずして私は登戸の教室に、S崎さんの安産祈願かすてらを焼きに参りました。良いかすてらを焼けて、先生にも褒めていただけて、気分がほぐれたところで、この番組の話を先生にしてみました。

「先生、明治維新の頃のかすてらって丸型だったんですか?」「そうだよ。」「え?では型は曲げわっぱとか?」「銅だよ」「ええ?ではどちらかというと今でいうスポンジケーキみたいなもんだったのですか?」「やっと、この時代にスポンジケーキみたいなものまで辿り着いたんだよ。」「ええ~?」

どうも私自身の思い込みが今まで強かったようです。かすてらが南蛮から日本に入ってきてすぐに日本では木枠を使っていたと思い込んでおりました。

さて、そこから先生のかすてら伝来持論が始まりました。先生の説はかすてらはポルトガルの宣教師によって伝えられた「パン・デ・ロー」が元祖だろうといわれているけれど、先生としてはあんな菓子(スポンジ)が長い長い航海に保存できたとは思えない。もしかしたら中継地のマカオあたりで焼かれたものを持ち込んだのかもしれないが、それより最初は「かすてらぼーろ」のような乾いたものだったと考えたほうが自然である。最初は日本では「紅梅焼き」のようなものとして広まったのではなかろうか、とのものでした。

で、やっと明治維新の頃に銅の型をつかってふんわりとしたスポンジ状のものができるようになったのですね。今のように木枠を使って大きい形状のものが焼けるようになったのは、ガスオーブンの発展によってなんだよ、とのことです。それまで下からの火力しか得られなかったものがようやく横からの火力を得、そして上からの火力が可能になったオーブンの発展によって現代のカステラの製法が確立したのだそうです。先生曰く「大正時代がいいとこじゃない?」

意外と新しいお菓子だったのね?かすてら。ハイカラなお菓子でありました。そして上火という力を得てからは、効率よくオーブンいっぱいに焼ける長方形の木枠が採用され、パサパサした味はどうもねぇ~という日本人の(というか日本の風土が求める)食味にあわせて、生地の蒸気を閉じ込めつつ焼きあげるという独特の焼き方に発展していったのでありましょう。

武士階級の人が明治維新後に職人に~という話も多いに有り得る、という話でした。かすてら一番電話は二番、三時のおやつは文明堂♪の文明堂さんの始祖のお名前は「中川安五郎」さんだけれど東京進出を果たした実弟は宮崎甚左衛門というご立派なお名前。武士階級からの転身、大いに有り得ると先生も語っておられます。

あと、日本国内でも長崎からどのように伝わっていったかその道をたどると・・・というお話も聞けて、さんぱちさんからの情報が思わぬ形で先生とかすてらを熱く語る、という楽しい時間に変わりました。ありがとうございます、さんぱち先輩。

かすてらの起源については福砂屋さんのHPのが一番詳しいです。福砂屋さんが監修したのかな?かすてらについての立派なご本は先生のところにも送られてきていて私も目にしたことがあります。

さて、そんなわけで「かすてら」ですが私にご注文いただけても、なかなか焼けないのが現状です。(現在順番待ちの方が・・・すいません。)でも登戸の教室でしたら、先生の監修のもと腕利きの生徒さんが焼きますので、ご注文が可能です。私がその場にいたら焼かされるかもしれないけど、私より腕の確かな若手が焼くことが多いと思います。興味のある方は登戸の先生のほうへお問い合わせ下さい。でも、このブログのことは先生にはナイショにしているので、くれぐれも私の名前は出さないでください。そこのところだけひらにお願い申し上げまする。

« アプリコット♪アプリコット♪ | トップページ | 5月の読書(中間報告) »

「かすてら」カテゴリの記事

コメント

ああ、興味深い話ですねえ。

確かにパン・デ・ローの長期保存は難しそうですね。
でも上陸して鶏卵が手に入れば、どこでも作れそうな気もしますね。

パン・デ・ローにはスポンジタイプだけでなく、
生焼けのプリンみたいのもあるそうです~

身近な技術→より最近できたもの、だと錯覚しがちなんですよね。
例えば自動改札なんか、実はそこそこ昔からあったりしますね。

>kanさん

>上陸して鶏卵が手に入れば、どこでも作れそうな気もしますね

たぶんそれは無理だったと思います。まず当時砂糖の入手じたいが大変だったと思うし、それよりなにより作るための器具がなかったかと思います。泡立て・・というのはそれまでの和菓子にはなかった発想じゃないかな。
あと宣教師さん達は職人さんじゃないし(笑)。出来たとしたらやはりマカオとかの中継地ですでに南蛮(!)の基地ができていたところでだったように思います。なかなかあの当時のことを想像するとオモシロイです。

 にっきさんにも登戸の先生にもぜひ見てほしかったなあ。番組を見ていたワタシが「要潤はやっぱりかっこよい」というしょーもないオチで終わらせてしまったにもかかわらず、見ていないお二人がこんなにも掘り下げたトークを繰り広げられて。製作スタッフが知ったらさぞかし喜ぶことでしょう。

福砂屋さんのとこでみた「パン・デ・ロー」がほんとに番組で親方がやいていたカステイラに似ている!と思いました。それとワタシは丸いカステラにまったく違和感を覚えなかったのは、きっと「ぐりとぐら」のカステラが頭のどこかにあったからだと思う。あれ丸かったよね???チビクロサンボのホットケーキと混同してないよね、私。

おべんとログです。先日はコメントありがとうございました。ブログ初心者なので励みになります。私は長崎出身なのでカステラ大好きです。その昔は福砂屋のカステラは県外では買えないものでしたが、今は主要な都市では販売しているので、何となく寂しかったりもします。地元ではカステラの「端っこの切り落とし」を安く売っていますので、味は同じでお得感一杯だったりもします。キッチン山田さまのブログは素敵なお料理で一杯ですね。少しずつゆっくり拝見していきます。今後の更新も楽しみしております!

>さんぱちさん

いや、本当に良い話題を提供してくださってありがとうございます。ちなみに要潤クンはタイプでないので安心して。
かすてらの起源ではあとスペインの「ビスコッティ」説もあるんですよね。
もしかしたら、宣教師達が持ち込んだのは「パン・デ・ロー」みたいなふんわかしたもので、でもとても日本じゃ当時作れなくて、似たように卵と砂糖と粉を混ぜ合わせたホットケーキみたいなものを作ったのかも・・。なんていろいろ空想しちゃいます。ぐりとぐらのかすてらは下火だけで焼いた前期かすてらですね(笑)

>おべんとろぐさん

こちらにまでご来訪いただきありがとうございます。こちらも「恰幅」のほんまさんとこの支店分社仮営業所くらいの感じで、恰幅読者の中のかなり偏った年齢層(平均自称年齢22歳から26歳gawk)の方々が訪れてくださっています。仕事柄お菓子はよく載せますが、料理は・・・料理は・・・。毎日ほとんど質素なものばかりでお見せするようなものはほとんどありません。
おべんとログさんのとこのぎっしり詰まった気取りのない、でも美味しそうなお弁当とおべんとログさんの「ごちそうさまでした」という〆の言葉がすごく素敵です。お忙しいとは思いますが、たまに覗いていただけると嬉しいです。

>ヌシさん

そう、ふんわりしていてくちどけがよくって、香りが良いかすてらだよ~ん。chick

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アプリコット♪アプリコット♪ | トップページ | 5月の読書(中間報告) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30