フォト
無料ブログはココログ

« ロックなケーキ屋 | トップページ | おフランスったらプロヴァンス »

イヨマンテの夜、ブラマンジェの朝

あ~あ~♪イヨマンテ~♪

知らない人は知らなくていいです。別に意味はありません。ただ、イヨマンテとブラマンジェは似ているなぁ、と思っただけですってば。

昨日の朝までは「プリンでも作ってネット上の非いまどき男子の皆さんに見せつけようか」という気分でいたのですが、よく考えたら今年後半のレッスンネタをさっさと決めて、どんどん写真撮りしなきゃいけなかったわけです。

そんなわけで急遽、全日本のサッカーの試合を横目で見ながら9月の親子レッスン用にブラマンジェの試作を作ってました。

材料はアーモンド100g/ミルク300cc/砂糖60g/板ゼラチン2枚/生クリーム150cc

まず下準備をしないといけません。

Cimg3151

鍋にたっぷりの水と皮付きのアーモンド(生)を入れて煮立たせます。1分たったら冷水にアーモンドを放してさらすと、簡単に皮をむくことができます。つるん、つるんと面白いように剥けますよ。

Cimg3152

こんな状態になったアーモンドを粗く刻みます

鍋にミルクを入れて沸騰寸前に火をとめてこのアーモンドを加え、そのまま30分以上おきます。(こんなんで本当にアーモンドの香りが移ってるんですかねぇ)

Cimg3154

もう一度弱火にかけて砂糖と水で戻しておいた板ゼラチンを加えて溶けたら火を止めます。

Cimg3157

で、アーモンドを漉すわけです。(ああ、もったいない)

Cimg3156

この状態で少しとろみがつくくらいまで冷しておきます。好みで洋酒をどうぞ。アマレットなんかいれるとさらにそれっぽくなるかも。

Cimg3158

別のボウルで6分立てくらいに泡立てておいた生クリームを加え混ぜ、かき混ぜながら冷して充分まざってとろみがついてきたら、好みの型に入れて冷します。

Cimg3159

この時点でサッカー全日本が予選突破してW杯にいけることが決定!いやメデタイことであります。

そしてピカピカに晴れたブラマンジェの朝!

Blan1_2

冷凍サワーチェリーに40%の砂糖を加えて煮たソースをブラマンジェに添えて盛り付けてみました。爽やかな取り合わせでしょ?

9月の親子レッスンではホールのアーモンドの下処理に時間をとられるのはつまらないので、スライスアーモンドを使って、またちがったアプローチでレッスンにしようかなぁと考えておる次第です。

ブラマンジェはもったいないから、釣り餌にはしないで可愛い女の子同士で食べようねぇ。Blan2

 

« ロックなケーキ屋 | トップページ | おフランスったらプロヴァンス »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

朝からイヨマンテ、じゃなくてブラマンジェですか。
いいなあ。にっき家。

イヨマンテの夜、いい曲ですよね。
イヨマンテって熊祭りのことなんだよね。

ワタシは「カピバラと脇腹って似てる!」といつもカピバラをつかみながら、いや脇腹をつかみながら思っています。

遠藤保仁、今回も落ち着いたプレーぶりでしたね。
おめでとう日本代表!!


あのー、素朴な質問なんですけど、
漉し残ったアーモンドのゆくえはどうなるのでしょう?

>さんぱちさん

イヨマンテの夜に反応してくれてありがとう!「熊祭り」うちではいつでも「リラックマ祭り」が出来る状態です。

>カピバラと脇腹
私の頭の中にその情報、しっかり書き込まれました。今後、私もカピバラを見ると脇腹をつまむ条件反射がでそうです。

>kanさん

慙愧の念に耐えませんっ!!
画像では撮っていないのですが、漉したあとのアーモンドはさらに思いっきり絞られて、カスカスのボロボロだったのでサヨウナラだったのです。
あ~あ、もったいないよねぇ。

今度はハンバーグにでも混ぜてみようと思っています。

オシャマンベ!
・・・も似てない??

んー、
じゃあ私はスプマンテ!(違)

んもうせんせいったら、
語呂合わせしたいからって
ブラン・マンジェ~Blanc Manger~を
ブラマンジェってぇ。
(ブラマンジェって言ってもいいみたいっすけどね)
こういう冷たいスイーツも恋しい季節♪と思っていたら
今日はことのほか寒くて参りました。

ア・・・ア・・・アルデンテは・・・?(苦

ブラマンジェ、習いに行きますぅ~~
アーモンドの花ってのが、桜の頃に咲いていたらしいのですが
白いって情報だけで、さっぱり探せなかったのを思い出しました。

>hirorin

オシャマンベも認定いたしましょう!!

>しゅうるりさん

いいの、にっぽんじんならブラマンジェでぇ。
スプマンテ・・・。う~ん、もうひとひねり欲しいところです。

>つむぎさん

いや、だからこのレシピで出来るって。とにかくアーモンドの香りをいかにミルクに移すか(もしくは移したと納得するか)がポイントです。

アルデンテ・・・っていったい。

アーモンドの花は日本人が桜の開花で春を知るようにイタリアで春を実感する花だそうですね。
(あくまで伝聞形式)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロックなケーキ屋 | トップページ | おフランスったらプロヴァンス »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30