フォト
無料ブログはココログ

« ケミカルアレルギー? | トップページ | あんまし無理すんなよぉ~ »

さくらんぼのケーキ

今年は焼き菓子倶楽部をはじめてから、どうしても焼き菓子に自分の頭が行きがちで、生菓子のほうがいまひとつ冴えてない気がしてました。

綺麗なケーキを作るのもキライじゃないのよ。ぱぁ~っと明るい感じも好き。でもいざ作るとなるとそっけない感じになっちゃうのは否めない。

そんななか、初めてご注文くださったお客様にお作りした6月のケーキ。昨日、お若いご夫婦がわざわざ家まで取りに来てくださいました。

090619b

090619a

かなり無造作な感じの仕上げです。

「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」、本場のはサワーチェリーで作るし、多分もっと重厚できちっとした感じだと思います。

私の今回のケーキはフレッシュ感あふれる、しっとりふんわりタイプ。

バターを加えて共立てで柔らかく仕上げたシート状のスポンジをカットして、サイドと底に貼り付け、そこにアメリカンチェリーのコンポートを汁ごとコーンスターチでゆるく固めたものを詰め、キルシュザーネクリームを重ねて、さらに別に焼いたスポンジを重ねて再度キルシュザーネクリームを詰めて、一旦冷して固めます。上のクリームはキルシュ酒を入れて立てた生クリームで、これはそれこそふんわりとナッペしました。お渡し時間の1時間前くらいに仕上げたので、多分本当にふわふわだったと思います。

今日、「とても美味しくて一気に家族皆で食べてしまいました」、という嬉しいメールを頂戴しました。良かった・・・。

実は心配してたのよね、フレッシュ感あふれるったって、もうちょっときちっとしたフォルムにしたほうが良かったかも・・・と思ってましたので。けっこうケーキのデザインっていうのも難しいです。

さて、中央のチョコレートを縁取っている赤い実は何かというと・・・。

Cimg3191

野生の木苺(野いちご?)。ゴールデンウィークのころに花をつけて、6月下旬になってようやく実がなります。すごく酸っぱくて、実のサイズにくらべて種が大きいのだけれどキラキラと宝石みたいに輝いています。まだ実をつけ始めたばかりなので、ほんの少ししか摘めない、今の季節の贈り物です。綺麗に洗って一粒ずつ実をほぐして使いました。

え~っと、これが例の山さんと蕪木京子ちゃんと山田営業本部長が、小学生の時に一緒に摘んだ秘密の場所の木苺です。(わかる人だけわかってねぇ~)

« ケミカルアレルギー? | トップページ | あんまし無理すんなよぉ~ »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケミカルアレルギー? | トップページ | あんまし無理すんなよぉ~ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30