フォト
無料ブログはココログ

« 高い天井 | トップページ | ガトー オー カラメル »

akiko讃江

花暦のakikoさんは私と同年代なのに(高校時代のスカートの長さに関する記事で分かった)、年齢不詳の若さ、というか色っぽさだ。

私と同じ酒飲みのクセに私のようにやさぐれていない。

私と同じようにダンナ持ちなのだが、私が一緒に暮らすのは羊、あちらはダーリンだ。

そのようにまるでちがう星にすむ酒飲みなれど、共通点はある。「脂に弱い」胃の持ち主だってことだ。

先日UPしたグリーンアスパラと生ハムのキッシュの記事に材料を明記したのだけれど、その際の生クリーム100gというところで、akikoさんは「その時点でダメ~」とダメ出ししてきた。うちとしてはお菓子つくりで余った生クリームを消化したいがために、キッシュを作るので、そこを突かれると大層困るんだが、ただ、私としてももう少し軽いキッシュが食べたいよねぇ~というのはある。美味しいけど、胃にもたれるからイヤ!なのよ。

というわけで、先日作ったばかりだったけど、グルイエールチーズが残っていたから再度作りました。

胃弱の為の「玉葱とベーコン、キノコのキッシュ」ざんす。

上にハーブでも飾ればよかった。緑のものが入るともっと華麗だわねぇ。

Cimg3421

キッシュの皮は、今回はちょっと強力粉も使ってみました。

薄力粉80g、強力粉40g、無塩バター70g(これは60gくらいまで下げてもOKだと思う)、塩少々、水30~40cc)

ふるった粉を台の上において、バターを粉の中で細かくスケッパーで刻んでいきます。スケッパーが無ければテーブルナイフを二本両手にもって刻んでいけばそれでもOK。よく粉とバターがまざったら塩を加えて、冷水をたらして生地を練らないように気をつけつつまとめます。これをラップで包んで30分くらい冷蔵庫で寝かせておきます。

寝かせた生地を麺棒で型(18cmタルト型使用)より少し大きめにのしてから、型に貼り付けフォークかなんかでピケします(穴あけるってこと)

予熱済みの180度のオーブンで13分、空焼き。丁寧に作りたいときはそのあと卵黄1個をほぐしたものを焼きあがったタルト皮に塗って再度オーブンで2分くらい焼いて乾かします。(フィリングの液体が皮にしみこまない為の処置)

で、中身はそれこそお好きに、ってかんじなんだけど、今回は玉葱とベーコンとキノコを炒めて塩コショウしたものをたっぷり詰めました。

さて、問題のフィリングですが、生クリーム100gのかわりに、プレーンヨーグルト150gをザルのうえに綺麗な布巾をしいて、そこに流して30分くらい水切りしたものを使用。

そのヨーグルトと卵2個、グルイエールチーズ100g刻んだものを混ぜて塩コショウ、適当なスパイス(ナツメッグ使いました)を振って、それを具を詰めたタルト皮に静かに流し込んで予熱したオーブン180度で25分焼いて出来上がりです。

別に生クリーム使わなくてもOKじゃん、というのが食べてみての感想です。普通の晩御飯だったら、うちはコレでなんら問題無しです。というか、羊もこれのほうが、軽くていいねぇと言っておりました。ヨーグルトの酸味は特に感じられず、その点でもOKでした。

台にバターを使うし、チーズも使うので決してローカロリー、ローファットなメニューではないのですが、脂に弱い、生クリーム苦手なakikoさんには良いかなぁ?と思います。

おうちでワイン飲むときとかにお試しくだされ。

« 高い天井 | トップページ | ガトー オー カラメル »

普通のご飯」カテゴリの記事

コメント

私も、脂に弱し、なんですよ~実は。家系的にあんまり胃が丈夫じゃあなくって、脂っこいもの、味的には大好きなんですけど、一度にある一定以上の脂を摂取すると、胃がきゅるきゅるというか、ダメだよぉ~~サインを送ってくるのがわかるのです。なので、このレシピ、ぜひ試してみますね!! しかし、どんなものでも食べても平気な鉄の胃袋が欲しいな~、な~んて思っちゃいます。

いやいや、中身は所詮おやじですから(笑


ああ、カミサマホトケサマオシャカサマニッキサマ♪
ヨーグルトね〜
ライトなチーズケーキを作るときの要領ですね。さすがにっき先生だ!

誕生日にはこれにろうそく立てて…?

ありがとうございましたー

>SUZUさん

そうよねぇ、所詮お米の国のニッポンジンですもの。
多分、生クリームのコクがないと本当の美味しさとはいえないのかもしれないけど、自宅で自分が食べるのだったら、体に優しいほうを選択しちゃいます。お客様をお招きして作る時には、生クリームでやってみてください。私はタルトの皮から作りますが、もし面倒なようなら冷凍のパイシートをうんと薄くのして、使うとよいかも。
しかし、冷凍パイシート自体が胃弱な身には脂こくってダメかも。
あと皮ナシで耐熱皿にオイルを塗ったものにフィリングだけ詰めても、美味しいおかず(肴)にはなります。

>akikoさん

おしゃかさまと同列とは恐れ多いこって。
「試してみたら美味しかった」という感じで、akikoさんのおかげでうちの定番ができました。チーズさえ買ってくればいいわけで、これから美味しい野菜が出始めたときには、気軽に作れるようになりました。
下仁田ネギとベーコンとかホウレンソウとツナとかもイケルと思います。お誕生日はこれにケチャップでHAPPY BAIRTHDAY!と書くのはどうでしょうか?

せんせい…
ケチャップで線描きするときも
息、止めてます?

こ・・・これは焼き菓子倶楽部の仲間にはならないんですか??
(自分で作りやがれって言われますね、すみませんっ)

脂っこいものはわたしも苦手ですが、今日はとんかつです。。

>しゅうるりさん

たとえケチャップといえども、ガハハハ笑いながら文字がかけるほど達人じゃあございません。
ま、うちにはケチャップなんぞございませんが。chick

>つむぎさん

そう、ご自分でお作りあそばせ。
だって、焼きたてが美味しいんだもん。
とんかつ、上手に揚げるとあんまりあぶらっこくならないですよね。
う~ん、調子よくなってきたらトンカツ食べたい!restaurant

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高い天井 | トップページ | ガトー オー カラメル »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30