フォト
無料ブログはココログ

« 湯治に母を付き添わす | トップページ | この店がスゴイ! »

串のお作法

女子飲みは楽しい、だけど難しい(私にとっては)。

私自身、中身がおっさんであるからして、私と同じ程度に中身がくたびれた大人の女の人と飲みに行くのは楽しい。まぁ、売り場を離れてからそういえば正真正銘のおっさん、もしくは男の子、そして上記の大人の女性としか飲みに行っていないけれどね。

ごくまれに現役女子の飲み会に交じったりすると、かいがいしくお世話を焼かれたりするぶんには「苦しゅうないぞよ。」と思ったりもするけれど、焼き鳥の串を手際よく外されて、綺麗にお皿に並べられたりすると、大層悲しい気分になる。

っていうことを、先日のさんぱちさんの記事にコメントした。

で、さんぱち嬢に「ワタシなんて「焼き鳥は串からバラしてから食べる」というのが女子のマナーであると、先輩OLから教わって、ずっとずっと実践してましたよ!」と書かれてしまった。

さすがに私も上司ならびにお取引先と同席の宴会で、焼き鳥を串からグイッと食べていたわけではなかろうと(自信はちと揺らぐが)思う。多分お箸で竹串から引き抜いて、お行儀良く食べていたような気がする。(自信ないけど)

で、不安になって同じような串の写真が載っていたアリーマさんにも質問してみた。現役女子から遥かかなたにおわしますアリーマさんでも「原則かぶりつくのが好きだけど、気分次第で外して食べているかも。串のしたのほうになると食べにくいから外して食べる」というお返事でした。理屈にあったお答えです。確かに串に下の方に刺さっているのを串につけたまま食べるのは危険だわ。

じゃあ、現役女子によって外された焼き鳥の何処が、私は悲しいのか、と自問してみました。それに先立ち、皆さんは悲しくはならないのか?といちおう質問しておきます。皆様、その光景を思い浮かべて、いかがです?悲しくない?

フロイトの心理分析によると、私の悲しみの根本には「喰いもん、独り占めの欲求」があるようです。この「喰いもん、独り占め欲求」が強い人は、食べ物をシェアすることを嫌います。大皿料理は盛られたものを取り分けて食べるのが原則だから、それは大丈夫だけれど、一人ひとり盛られた、一人前の料理をシェアするのはキライ。頼んだものは、頼んだ人が責任を持って食すべき、とかたくなに思っていますが、それも裏を返せば、「自分の喰いもんを人に分ける行為はキライ」だからなのかもしれません。

だから、私は私が独り占め出来たかもしれないマイ串を、勝手に私のところへくる前に、お中元ギフト解体セールみたいに解体されて「みんなで仲良く分けて食べる」ことに、ものすご~く抵抗感があるのね。串に刺したら、それはもう1人前の食べ物で、シェアするもんじゃない、と私の狭い心は血の涙を流すわけです。

フロイト先生も「こういう人格を持つ者がまれにいるので、焼き鳥は一人一串を原則として注文すべし」と言っておられます。まあ、さんぱちさんが行かれたお店のように、ひとつひとつが大きくて、一人一串だと飽きるからシェアする、というのも道理の通った話ではあります。

さて、そんな自省をしていたので、ちょっと焼き鳥っぽいものが食べたくなって作りました。

Cimg3445

串に刺していないです。鶏のつくねでございます。鶏のもも肉をミンチにして、豆腐1/2丁とつなぎを加えてこねつけて、小さく俵型にしたものを焼いてからタレを絡めました。

Cimg3446

お豆腐が入っているからふんわりとした焼き上がりです。卵黄をつけてから七味を振って食べると美味しくて箸がとまらず、羊と奪い合いながら食べました。

そうそう、フロイトさんは「ワタクシは「喰いもん独り占めの欲求」なんていう研究はしておらん。」と憮然としてました。あれ?ユングだったっけ?(嘘です)

« 湯治に母を付き添わす | トップページ | この店がスゴイ! »

普通のご飯」カテゴリの記事

コメント

子供のころ、静岡おでんでいつも串ものを食べていた私は
「串が口の中にまっすぐ入っている状態」が一番美しいのに
途中から横かじりになるのは見苦しい!
と思い、どこまでまっすぐ串を口に入れて食べられるかに挑戦してました。
最後の方になると、当然「オエーーー」という声が出て美しいどころかひどい目に遭いましたよ。

ってことで、焼き鳥なら半分まで食べたら、残りを前の方にずらして(決してはずさない)食べるようにしてます。
よく怒られたけど、右手と左手の串を交互に食べるのも幸せでした。

わかります!わかりますとも!

会社入ってしばししたころ、少人数の宴会があり炉端焼屋で何種かの囲炉裏料理の中でさざえの壷焼があったのです。
遠慮しないでサザエ食べて♪と言われ、千葉育ちの私はてっきりまるごと一つ?と思ったらサザエは中身が小さく切られていて…びっくり。 贅沢はそうそうできなかったけどサザエの壷焼きといえばくりくりっと回転させていかに身を取り出すか?に燃えるもの。 中身が切られていてわけて食べるものとは思いもしなかったわ。

当然焼鳥は一本まるごと一人。

今はやっと焼鳥は種類と人数に応じて串から外してたべるものとわかりました。
この先まだまだ苦労はたえなさそうですね。頑張って〜

日本の串焼きが小ぶりなのは「このまま食べれば汁が逃げなくて美味しいよ」という意味なのだと信じています。
串から外したほうが上品に見えるのは間違いなく、ワタシも使い分けは一応しますが、しかし「いちいち串から外すのがマナー」とばかりにどこでもチマチマ目の前でやられるとイラッと来るかも。

確かに居酒屋のセットなんかだと、必ずしも人数分全種類来るわけじゃないから、便宜上それも仕方ないんでしょうがねえ。

しかし「現役女子」という表現は、ちょびっと悲しくないかなあ?
「女子」のニュアンスが違うんでしょうか?

>hirorin

静岡おでん♪
食べたことないんだわぁ。鰯の粉ふりかけてたべるんだっけ?
もうそれこそ、駄菓子屋の世界だねぇ。
おでんといえばチビタの時代の子だから、チビタのおでんを左右の手にもってかじりつく(縦に)のは楽しいと思います。
なかなかそのまま無邪気に生きていけるわけではないのだけれどね。

>akikoさん

ああ、きっとakikoさんは今でもそういう難しい宴席でもにこやかに場を和ませているんだろうなぁと、ちょっと自分で反省です。
ワタクシ、ちまちまと分けなければいけないのであれば喰わんという、ワガママがついつい出てしまい、結局、そういう席から自分を遠ざけてしまった感アリです。
きっと気難しいヤツと思われるのでありましょう。単に分けるのがメンドクサイだけなんだけどサ。
サザエのつぼ焼きは、臨海学校で食べるのが遅くて居残りで最後まで残って食べさせられたから、未だにトラウマです。だからサザエのつぼ焼きに関しては満面の笑みを浮かべて「akikoさん、どうぞ全部召し上がれ」と言って差し上げられると思うの。小ぶりのサザエだと、私も食べるから1個残しておいてね。

>アリーマさん

「現役女子」に対するのは「退役女子」なのか・・・。う~ん、たしかにそう書くとむなしいなぁ。では「純正女子」なのか?う~ん、そんなヤツいるとも思えんし。
「ちゃんとした女の子」でもないしなぁ。言葉って難しいです。

私の中の「現役女子」のイメージはいつもちゃんとバンドエイドを持っていてくれて、私が指先を怪我すると、すぐにバンドエイドを取り出してくれる人ですね。焼き鳥の串から綺麗に全部肉を取り外してくれちゃってそういう時にはイラっとさせられるけれど、基本、いつもお世話になっている気がいたします。人の話をちゃんと最後まで笑顔で聞いてあげられて、くだらない上司のダジャレにもちゃんと笑って上げられる人です。

・・・そう書くとそこから一番遠い、と書いてしまったアリーマさんの立場はどうなる?とふと思いました。ええとアリーマさん、一見するとおとこぎあふれていますが、実はバンドエイド、常にもっていてくれたりします?

ワタシの記憶が正しければ、その「必殺串はずし」も女性向け雑誌のOLのマナー特集の中でとりあげられてたと思うんですよ。
周囲への気配りというようりもむしろ「串から直接食べるのは女性としてはしたない」という意味合いが強かったような。
純粋なワタクシはそれをひたすら実践していたわけです。
その先に幸せな未来があると信じて・・・(遠い目)

ふと気になって、手帳の中にいれてあるバンドエイドを点検してみました。
…らば、テープの粘着部分が溶けてベタベタになっていました。
使えん!

そして焼き鳥は、勿論一人一本食べたいです。食べ物の美味しさには一定の「量」も必要だと思うからです。だから、ランチメニューなんかを友達同士で「ちょっと一口取り分け」も、本当はあまり好きではありません。(二人で本当に一口分だけなら可。三人以上でガシャガシャやるのは不可)

あ、それから焼き鳥は自宅では横ぐわえもアリ。お余所では串から外すこともありますが、不器用なのでお箸が滑ってお皿をガショーンとさせたり、甚だしい場合は肉片を飛ばしたりするので、マナーという点では寧ろマイナスかも。

ま、焼き鶏の串喰ぃは上手でなぃと口の横がタレでベタベタになりまかすらなぁ
我々男子連中は関係なぃですが
綺麗に粧っている現役女子としてはガシガシ拭くわけにもいかなぃでしょうしね ~


>さんぱちさん

確かに花のOLが串を横咥えにしている姿はいただけないですものね。多分、私も花見の席で缶ビールを缶から直接飲むようなときには、思い切り串で齧っていた気がしますが、お店ではやっていないはず。多分、やっていないよね?(かなり不安だ)
綺麗で優しいお姉さん(年下でも)に世話を焼かれすぎると、つい「一人で出来るもん」と抵抗したくなります。

>さばさん

そうだわ・・・。さばさんと二人で食事をしに行って、料理を交換っこしたことは多分ないように思います。
「うわぁ、さばちゃんのお料理も美味しそう♪わぁ、一口ちょーだい!あ、アタシのも食べてみて、みて!すんごく美味しいのよぉ♪」というようなテンションにならずに早、○○年・・・。無理しないって大事よね、お互い。
二人とも若かりし頃から、ずっとおっさんだったわけだ。納得。

>ヌシさん

綺麗に粧っている・・・それが現役女子の前提なわけだ。
ヌシさんの周りのお嬢達はみんな、気持ちよく綺麗にきっちり食べていそうです。
みんなが気持ちよく食べられる、それがマナーの基本よね。
やっぱりTPOとその場の空気を察する機転のよさかな?

そうかなるほど・・・

>綺麗に粧っている・・・

ここがポイントですね。

ワタシ、ご飯の前に口紅はとりあえず拭っちゃうがな。
いや、稀につけていればの話ですが。
それが非女子なんだろうか?

要するに「ものを食べるのにでっかく口を開けるのはハシタナイ」というところでしょうね。
これをサクッとやってしまえるかどうかの状況判断は、ワタシも確かにします。

ところで

>実はバンドエイド、常にもっていてくれたりします?

ハイ、まずたいてい持ってます。
「まずたいてい」というのは、粗忽なので外出中の生傷が絶えず、常時持ち歩く鞄どもの中には、必ずどっかで買い求めたバンドエイドが潰れた箱ごと入っているからです。
最高三箱見つけたことがあるよ。

こういうのはダメ・・・?

>アリーマさん

そう、
>綺麗に粧っている・・・
このちがいか!と目がひらかれる思いでしたの、ワタクシも。

ま、その装いが電車の中で丹念になされたものでないことが前提だけどね。
私の場合、職場でしょっちゅう紙で指を切っておりましたが、そこは百貨店、見渡せば女子の山。どの子にお願いすれば、たちどころにバンドエイドが出てきて丁寧に介抱してくれるか、そこらへんは熟知しておりました。ええ、私は持ち歩かなくても済んでおりましたの。オホホホ(自慢することじゃないか。)
ちなみに真正女子は花柄の可愛いポーチから、きれいなバンドエイドを出してきてくれるものです。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯治に母を付き添わす | トップページ | この店がスゴイ! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30