フォト
無料ブログはココログ

« 体調を崩す前のハナシ | トップページ | akiko讃江 »

高い天井

中華街に不案内な私と、さばさん。とある会(閣下も君臨なさる!)を中華街で開こうと企画したはいいけれど、肝心のお店選びに迷ってしまって、(というか迷う前から)中華街の陽気な西太后、ちーさんに相談という形をとった丸投げをした。

で、素敵なご提案をいただいた上に、図々しい私達はメニューの相談までお願いしようと、ちーさんを平日の夜にお呼びだてした。なんてやつらだ。

さて、それに先立ち、どこで打合せをしようか~?という話になりました。私達が仕事帰りに寄れるところというと、京急を使って横須賀中央にお勤めするさばさん、東横線沿線の代官山勤務の私、やはり横浜駅周辺が一番便利であります。でも実はこの「何処にしようか?」と言っていた時期、私は夏バテの真っ最中でした。

唐突に話は変わりますが、どういう場所が一番心安らぎますか?という質問をすると、その答えにはその人の育った場所とか、もしくは人間の太古の暮らしが反映するらしいです。ちなみに山の中の町で育った羊は、「森の中の木に囲まれていると安心する」そうで、「海の近くにいるとザワザワと心が落ち着かなくなるし、波の音があると眠れない」そうです。で、私は「見晴らしのよい広々としたところ」が清清して、気持ちが良いです。何かに囲まれていると、不安になります。

まぁ、別に普段はそんなこといっていても、ちゃんと大人だから、四方を人に囲まれた満員電車にだって乗れるし、天井までの書棚に囲まれた書庫で、資料の整理をすることだって平気です。

ただ、体調が芳しくなくなってくると、そうした狭いところがイヤになっちゃうのですよ。小さな美味しいお店も大好きだし、街の賑わいも嫌いじゃないけど、「今」は横浜駅の通路の人ごみを想像しただけで気分が悪くなるし、小さなお店で隣の人が大声でしゃべってたら、ものすごくヤダ!というワガママが出てきます。

そんなわけで私の独断で場所を選びました。夏も終わったのにビヤホール。夏の終わりの平日に混んでいるとは到底思えないし、場所は繁華街とはいいがたい、寂れた生麦だし。これこそ、理想だ!

そんな理由で選ばれたら店としてはたまったもんじゃなかろうが、案の定、生麦の駅から国道沿いに歩く最中、さばさんに「先輩!本当に道、あってるんですか?」と不安がられるほど、誰とも行き会わない。暗闇に「生麦事件の碑」が立っている。ちゃんと手を合わせるちーさん。エライなぁ。でも、「馬から下りなかったほうも悪いよねぇ~」って、それを碑の前で言っちゃぁいけませんぜ。

辿り着いた麒麟のビール工場は、夜だからすでに工場自体はひっそりと静まり返っています。昼間、ここでビール工場の見学をするのはけっこう楽しい。見学し終わると、ビールが1杯振舞われるしね♪。そこはかとなく漂うビール酵母の香りは「エビオス」の匂いだねぇ。ビール工場にはパブとレストランの二つの施設があるけれど、大人な私達は迷わずパブのほうに入ります。

するってぇと、あにはからんや、パブの中はほぼ満員。楽しそうにビアグラスを傾けるサラリーマンのお父さんやら、職場の同僚グループやらが、この町のどこから沸いたか?というくらい大勢さん、楽しそうにやっています。さばさんが「皆さん、ここの工場の人?」っていうけど、多分ちがうでしょうねぇ。(だってここの工場の社員食堂では蛇口をひねればビールが出てくるってハナシだし・・・←嘘です

でもね、どんなに混んでいても大丈夫。テーブル同士の間隔はさほど広くないものの、ここは天井がすご~く高いのよ。だから閉塞感は全く無し。広々とした空間で、まさに私の逃げ場所はココだ!という感じでゆっくりくつろげます。

くつろぐとビールが美味しいのは世の習い。ビールが美味しいと肴が美味いのも世の習い。笑顔はじけるちーさん、おまけにちーさんは写真も上手ときたもんだ。私は安心して写真も撮らず、ひたすらリラックスしてビールと食べ物の摂取に励みました。だから、食べたもの、飲んだものに関してはちーさんのブログにお任せです。(呼び出しておいてひどいよねぇ。自分でもそう思う)

ま、自画自賛なんだけど、私、わりあい人を引き合わせるのが上手い。今回もぜったいちーさんとさばさんは読んでる本とかの傾向が一緒だし、ハナシが合う(ウマが合う)と思ったのよね。両人とも偏屈な私に付き合えるくらいなんだから、誰とでも仲良くできる優れたコミニュケーション能力の持ち主だけど、でもそれを差し引いても話が合う仲間だと思った次第で、その勘はずばり的中でよかった。

ワガママな酒飲みの最高の飲み方は、自分の好きなくつろげる店で、好きな肴で、気の合う友達が楽しい会話をしてくれているのを、傍でただ聞きながら、自分は時々相槌を打つくらいですまして、せっせと美味しいお酒にいそしむってことだと、思っております。

着実にその夢に近づきつつある・・・と実感した宵でありました。

ちーさん、さばさん、お付き合いいただき誠にありがとうございました。お二人の読んでいらっしゃるマンガ、私もちょっと読んでみようかなぁ、と思って本屋へ寄って、おもわず買っちゃったのが三島 衛里子著 「高校球児 ザワさん」(小学館)でした。これも、既にお二人は読まれているのでしょうか?オモシロカッタヨ。

« 体調を崩す前のハナシ | トップページ | akiko讃江 »

素敵なこと」カテゴリの記事

コメント

ビアビレッジ最近行ってないなあ。
昔は会社から徒党を組んで歩いていっていたもんです。確かにあんな場所にありながら、いつも混んでいて待たされました。

で、いつになったら高い天丼(てんどん)の話がでてくるのかなあ~と思ったら天井(てんじょう)でしたね。ははは。

ビアビレッジ、大好きで良く行ってました♪
夏にガーデンコンサートとかあって(最近もやってるかしら?)、ビール片手に外で転がって音楽聴くのは最高に気持ち良くて、お勧めです。

関係ないけど、ビアビレッジの通り沿いを横浜方面に少し走っていくと中華屋さんがあったのだけど・・知ってる?まだあるかな?
そこも美味しくてお気に入りだったんです。

にっきセンセーとさばさんの「大人な会話」ってちぃさんのブログに書いてあった。そうなんだ・・・と思いました。(←どんなんだ?)

そんな夏バテの最中だったのに、お誘いありがとうございました。
このブログにいらっしゃる方たちはビアビレッジ率高そうですねぇ!
私はお初でしたが、周辺1キロに漂う酵母の香りに、ビールの川が流れる天国を連想しました。ビールもお食事もおいしくて、楽しくて、やっぱり極楽だった!

にっきさん下車後の車中は、ご想像通り「名香智子」とか「成田美名子」とか、久々に口にする固有名詞が続々と。夢中になった私はうっかりと横浜で乗り換えるのを忘れ、普通電車で逗子まで帰りましたとさ。

>さんぱちさん

高い天丼だって?
座布団1枚!
高い天丼は私だってキライだ。

>hirorin

そんな中華があるの?
生麦にはあと美味しい洋食屋さんとかもあるのだけれど、いつもとにかく心はビール一直線なので辿り着けないのよね。
さばさんと私の大人の会話って・・・単に低い声(さばさんがね)と、ぼそぼそ途切れがちな話(主にアタシだ)ってだけのこってす。

>さばさん

普通で生麦から逗子までってけっこうあるよね?
生麦までお付き合いいただきありがとうございました。夏バテは当日はちゃんと収まっていました。でないとビール3杯はありえないでしょう。楽しく美味しく、有意義な会になって本当に良かったです。

「名香智子」って・・・かなりマイナーじゃないの?さすがのふたりです。

にっきせんせい、こちらこそありがとうございます!
てか、夏バテで具合悪かったなんて〜sweat01
悪化しなくて良かったですよ!sadsweat01

しかし、ビールもつまみも、すんごい美味しかったですね〜lovely
そして、さばさんも!あんなにマンガ話をして、引かれなかったどころか、乗って下さった方は久々で、すごく嬉しかったですhappy02shine
にっきせんせいの読み、バッチリでしたね(笑)

生麦事件の碑の前で言っちゃったのは、確かに「あっしまった」って思いました。クチを滑らせた大臣ってこんなキモチかなと・・・(笑)
事件の前に通りかかったアメリカ人は、日本の風習に通じていたので、馬から降りて、なんともなかったんですよね。だから切られたヒトたちも、もっと日本のことを勉強しておけば良かったのに・・・ってちょっと思ったのですよ〜coldsweats01
でも、正直あの時代に生まれなくて良かったsweat01外国人に限らず、切り捨てゴメンがまかり通るなんて。ねえsweat01

そうそう、名香智子は全然マイナーじゃないっすよ〜!
パートナーとか、ファンションファデとか、シャルトルシリーズとかいっぱいあるんだから〜!ね、さばさん?(笑)
それよりも、いきなり「高校球児 ザワさん」を選んじゃうにっきせんせいがスゴいです!まだ読んでないけど、ちょっと面白そう・・・♪

>ちーさん

いえいえ、私の夏バテなんて一般の方からしたら、「きょうはちょっと肩こりがひどいなぁ」程度のものですので大丈夫です。でなければ、さすがにビール3杯は飲めないでしょう(笑)

そして名取智子さんをマイナーなんて申し上げて失礼いたしました。「通好み」と訂正させていただきます。いや、息の長い作家さんだったのですね?まだ描いていらしたのね・・・。(重ね重ね失礼な発言でcoldsweats01

高校球児 ザワさん、お貸しいたしますよ。例の会合の際、お持ちいたします。私としてはオススメなんですが。ところでちーさんは「オイ、ピータン」(で合ってたっけ?タイトル)読んだことあります?

ふふふ、もちろんです!連載されてる雑誌、買ってますから(笑)
伊藤理佐さんですよね!
ちょっと前、吉田戦車さんというマンガ家さんと結婚されたんですよ〜♪
(「伝染るんです」ご存知ですか?この方も料理好きだと思う)
そんなとこも含め、大好きなマンガ家さんです。
ちなみにワタクシ、「大森さん」のファンです(笑)

会合の際、私もおすすめをお持ちしますね♪
夏バテ、ひどくなくて良かったですbleah

ヌシにも『高い天丼』に見えました(笑)

吉田戦車さん、ほぼ日で「吉田戦車の逃避めし」連載中です。
今年の2月に出たKAWADE夢ムックの「総特集 吉田戦車」は、(ギャク漫画家としては多分珍しい?)彼の良い人っぷりが全開で、りさっち(伊藤理佐さん)良かったね~♪と思ったものです♪

>ちーさん、さばさん

ああ、おふたりのマンガ博学ぶりったらさすがです。
いえ、ちょっととあるサイトでこの「ピータン」を取り上げていてね、それ読んで南区の御大も「大森さん」と同じポジショニングだなぁと思ったもので、読んでみたくなったの。
「南区の御大=かぎりなく大森さん」というわけではないの?だとしたら御大もモテまくりのはずなんだが・・・。
読んでないので想像だけです。そこんとこどうなんでしょう?マンガ博士達、おせーて。

>ヌシさん

さんぱち姐さんと同病ですね。
見た文字がすべて食べ物に関連した文字に変換されてしまう、かなり重症だと思います。

高い天丼はキライだ。というかそんなもの出す店はキライだ。

本人の知らぬ間に、いろいろと他人に影響(良い影響が多い)を与えているところとか、南区の御大に共通すると思われます!
しかし、お年はかなり御大よりもだいぶ上だし、メタボ率も大森さんの方がかなり高いんじゃないかなあhappy01sweat01
でも一番の違いは、大森さんにはひっつめメガネだけど、いろいろ通じ合ってるステキな彼女がいることかな!
・・・・あっ、言っちゃった・・・御大、ごめんなさーいbleah

>ちーさん

なるほど
>お年はかなり御大よりもだいぶ上だし、メタボ率も大森さんの方がかなり高い

っていうことは将来の御大像ですね。
その将来に果たして
>いろいろ通じ合ってるステキな彼女がいる
かどうか・・・ってところがネックなわけなのね。

こんなところでbottleの肴にしてゴメンね、御大。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 体調を崩す前のハナシ | トップページ | akiko讃江 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30