フォト
無料ブログはココログ

« 洋梨のタルト2種 | トップページ | 綿のように疲れるって? »

やっと最終回だわサ

2月から始まった焼き菓子倶楽部もやっと10回の最終回を迎え、前半お渡し組の包装も進み随時出荷を始めたところです。今回は諸般の事情でほとんどの方を前半組にさせていただいたので、連日作業が続き、久々に地獄を見ました。

パイ生地をのす作業って、連続すると背筋が鍛えられるのよ~。(←体育会系)

さて、約1年、月末の2週の週末にお届けすべく作業をこなしてきたわけですが、当初の「焼き菓子だから空いた時間に焼くから大丈夫!」という自分の楽観論がいかに甘かったか思い知らされることになりました。作ることの苦労は実はあまりなかったのですが、意外なところに落とし穴があったのですよ。

それは「配送作業」。

朝のコンビニで、出勤前の急いでいる他のお客さんが列をなしているところで「ゆうパックをお願いします」と箱を5個も6個も差し出す勇気、みなさんにはあります?私には無理です。「あ、私急いでないんで先にやってあげてください」といい続けているうちに、ずうっとそのまま待ち続けたり、後ろにずらっと並ばれて冷や汗をかいたりの連続でした。

じゃぁ、それが専門の郵便局ならOKなのか?というと本局まで行けばさすがに手馴れた局員さんなので大丈夫なのですが、いかんんせんうちから遠いし、駅前の郵便局は午前中はお年寄りで混んでいて、おまけに処理能力&スピードは、コンビニのお姉さんたちに遠く及ばない、という事実を目の当たりにして、諦めました。

で、結局私はこの店のこの時間帯の混み様とパートさんの処理能力は3個、とか見極めてコンビニのハシゴをしたわけです。早朝、近くの(でも私の通勤ルートからははずれる)コンビニから3個出し、通勤時に駅前のコンビニから2個出し、代官山のコンビニから2個出すというようなことをやっておりました。

その中で一番お世話になったのが、ローソン東市ヶ尾店の佐藤さんかな。朝6時台のパートさんで、綺麗で優しそうな女性です。この時間帯は、現場に向かう工事関係労働者諸君が車でやってきて集団で朝ごはんを買いあさる、というコンビニラッシュ時でもあるのでその合間を縫って処理してもらっていました。本当は駅前のコンビニが一番便利なんだけど、そこはオーナーがとんちんかんなオジサンで嫌な思いしかしていないので、朝のこの佐藤さんとのひとときが「いつもご迷惑をおかけして・・・」と言いつつ、なんだか心和むひとときでありました。

お手元に届いたゆうパックの伝票、担当者が佐藤さんになっていたら、「ああ、あの佐藤さんね♪」って思っていただけると嬉しいです。

そんなわけで食玩小説(いちおう)最終回とともに、ご注文していただいたお宅にこんなんが随時届きます。

Photo_2

試作で作ったパイは、ちょうどその頃新型インフルに罹患していた、姉のところのまあサマのお見舞いとして送りました。だからこの画像は姪っ子のkanakoさんの良い腕と良いカメラで撮ってもらったものです。(私が撮るより彼女に撮って貰うほうが数倍良い出来ですわ)

そうそう、今回初めてのご注文だったり、間があいてのご注文だった方には、食玩小説はつけていません。さすがに私もいきなり小説の最終回を送りつけるほど無粋ではありません。12月を無事に乗り越え、例年の母と姉達一家という全員O型集団に囲まれたアウェー戦の正月を乗り切った頃にHPにまとめて掲載しますので、そのときには最初から読んでやってください。(あ、興味があればだけど)

2月から焼き菓子倶楽部にお付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました。そして、ローソン東市ヶ尾店の佐藤さん、ありがとうございました。(あ、明日もあさっても行きますからヨロシク♪)

« 洋梨のタルト2種 | トップページ | 綿のように疲れるって? »

焼き菓子倶楽部」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。
私は1度だけ、いただくことができましたが…忘れられぬ美味しさです!
毎月、遠くから指をくわえて見てました。残念。
これから東市ケ尾店の佐藤さんに連絡して、残りの配送分の一部をイギリスに横流ししてもらおうかしら。
そんな早朝のコンビニなんて…知らない世界です。でも、焼き菓子倶楽部も、便利な日本の宅配システムあってこそですねー。先月郵便局のストで郵送物大遅れのロンドンでは無理だなー。

1年間本当にお疲れ様でした。今、不動裕理(里?)ちゃんの到着を待ちながら拝読しました。いつぞや先生が岡持ちのように焼き菓子倶楽部のケーキ箱をだあっと風呂敷に包んでお持ちになったお姿を拝見して、その時ようやく私も配送の大変さに気づきました。伝票をあの枚数書くのだって手間ですよね。心して、心して頂こうと思います。郵便屋さん、早く来て~♪そして伝票のお名前が佐藤さんでありますように。lovely

まことにおつかれさまでした。

写真はお菓子より奥のマグカップの方に大注目でしたけど。

>倫敦さん
うん、日本の便利なシステムって、結局一番最前線で利用者とやり取りしている宅急便のお兄さんであったり、コンビニの早朝バイトのお母さんだったりのレベルの高さにあるような気がしています。
でね、今回すごく良くわかったのは、コンビニの良し悪しって、結局オーナーさんの良し悪しなんだな、ってことです。
そういう意味で、ローソン東市ヶ尾店のオーナーはお客さんの目線をしっかり意識できる、素敵なオジサマでした。

>マダム・りー様
無事に不動裕理ビエノアはお手元に届きましたでしょうか?あなたとさんぱち嬢が銀座で豪遊している間も、ワタクシ、梱包作業に明け暮れておりました・・・(泣)

>kanさん
姪っ子が送ってきてくれた画像は何枚かあったのですが、これが一番彼女もお気に入りのように思えて、使いました。
画像のタイトルも「後ろの彼に注目!」っていうタイトルでしたのよん。

たいへん美味しくいただきましたーー。
写真、上手に撮れなかったけど・・・。

本当にお疲れ様でした。
わたしが仕事じゃない日なら、発送作業のお手伝いできたのに!
と、今更言ってもですけど、、、
これからも、大変な時は声かけてくださいね♪

>つむぎさん

お優しいお言葉、ありがとうございます。
私の特訓によって、ローソン東市が尾店では佐藤さんだけでなく、市川さんもオーナーも、じつに配送手続きが手早くなりました。(笑)散歩の途中で藤が丘のコンビニから出したときに、痛切に感じました。ああいうのは慣れなんですねぇ~。

ブログでのご紹介もありがとうございます。本当はもっともっと栗をいっぱい入れて差し上げたかったのだけれど、栗の皮むき作業が限界なので。
あっ、来年栗の皮むき作業隊に応募しません?(それはイヤ!という声がほうぼうから上がりそうです)

お疲れさまでした。
約1年、本当にありがとうございました。
今回もとっても美味しかったです。
すでにお調べ済みかとは思いますが、青葉郵便局に聞いてみました。
個人宅への集荷もやってるそうで、基本は10時から18時の間のようなのですが、事前連絡があればある程度(前後2時間程度)融通が利くようです。
日本郵政以外の運送会社もドライバーさんの都合になるかとは思いますが、常連さんなら恐らく時間が遅い分には集荷してくれそうですよね。
何とか楽になると良いですねえ。
というのも来年もぜひぜひ!!なもので♪
あ、でもにっき先生の体力次第です。
20代のお嬢さんの体力に期待です。

>ねこてんさん

まぁ!わざわざ問い合わせてくださったの!ありがとうございます。
集荷はやはりヤマトより、なんとなく方法とかもあいまいで、郵便局は頼みづらいところがあります。
でも、結局私がカタギの仕事をしている関係で、家にいられるのが朝8時半まで、夜は19時半以降・・・となるとヤマトだろうとゆうパックだろうと集荷してもらえる時間帯ではないので、テコテコ自分でコンビニに運んで、自分の目でしっかりとあのシールはここに、時間帯指定のシールも忘れないでねと口うるさく言うのに限るのですよ。
コンビニのお姉さん達とも、ヤマトの集荷場のお姉さんともすっかり顔なじみになりました♪私の出荷の苦労、っていうより、荷物を預かってくれるコンビニのお姉さんや宅急便集荷場のお姉さんたちの笑顔も一緒に皆さんのところに行っていたんだなぁと、なんかそうしたお姉さんたちにも感謝!って感じです。実はコンビニの佐藤さんや市川さんも焼き菓子倶楽部スタッフの一員だったんだなぁ~なんて思っています。
もちろん、約1年間食べ続けてくださったねこてんさんはじめ、みなさんが楽しい焼き菓子倶楽部の一員でした!!感謝!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/32270706

この記事へのトラックバック一覧です: やっと最終回だわサ:

« 洋梨のタルト2種 | トップページ | 綿のように疲れるって? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30