フォト
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

オープンレッスンのお知らせ

オープンレッスンのご案内です

2010年は年に3回くらい、ブレーメンでオープンレッスンを開催しようと思っております。

普段教室で取り上げるお菓子の中で、比較的簡単で、ご自宅で再現しやすいものをとりあげるつもりです。どんな教室なんだろう?と興味をもたれている方、是非どうぞ。

第1弾 新春オープンレッスンではレモンパイとこちらの紅茶とクルミのケーキを取り上げます。

Teanut2

詳細はこちらから。

そして忙しさにかまけて全然更新していなかったHP、教室の予定等に限ってですが更新を済ませましたので、こちらもチェックしてみてください。

1月はレモン特集。

レモンシフォンパイ↓や

090720_2

ミロワール オ シトロンなんていう生意気な名前のおフランスの焼き菓子↓なんかもとりあげます。

Miroirs

Miroirs2

Miroirs3

さ、2010年も気合を入れて泡立てがんばろ~! 

山さん的 伊達巻の作り方

午後のSさんから「シュトーレンより伊達巻の作り方を教えて~」と言われていたのですが、その頃はまだ店頭に「イトヨリのすり身」が売っていなくて、さすがに魚のすり身から作るのも大変なので(それにイトヨリなんて普通売ってないし)ご希望には添えませんでした。

年末に入り、魚のすり身も普通に店頭に並んでいます。ってことで、ネット上で午後のSさんに公開レッスンです。

講師は山さんにお願いしました。

《材料》

イトヨリのすり身 150g(成城石井では今年は小分けにされたのが売っていて、便利です。1パック買ったら170g、入っていましたので、今回は170g使いました。)
卵 8個
鰹節の出汁 75cc  
砂糖 130g
みりん 10cc
醤油 小さじ1杯

《作り方》

①まず、鰹出汁を鍋に入れてそこに砂糖を入れて煮溶かします

Cimg3633_2

② 出汁75ccに対して砂糖130gなので、かなり濃度があります。そこに醤油と味醂を加え冷ましておきます

Cimg3638_2

さて、ここからが「山さん的」伊達巻の作り方のゆえんなのですが、魚のすりみに卵を混ぜ合わせていくために山さんが使うのは、フードプロセッサーではなく、古式ゆかしい「すり鉢」を使います。

③ すり鉢にイトヨリのすり身を入れ、まずは卵黄のみを1個ずつ、4個まですりこぎを使って混ぜ合わせていきます。めんどくさがらずに、1個ずつやったほうが早く混ざります。

Cimg3635_2

これが卵黄4個が混ざった状態です。ここまでくれば、あとは混ざりやすいので、すり鉢からボウルに移しかえ、すりこ木でなく泡立て器にかえます。

Cimg3636

④ こんどは全卵を1個ずつ加えて、その都度泡立て器でよく混ぜ合わせます。全卵4個が全て入ったら、最初に卵黄だけ入れて残った卵白を加えていきます。何回かに分けていれたほうが混ざりやすいです。

Cimg3637

⑤ 卵が全て混ざったら、砂糖と醤油と味醂を加えて冷ましていた出汁を加えて混ぜ合わせます。この段階になるとたっぷん、たっぷんの水分の多い卵液ですね。

Cimg3640

⑥ これをよく熱した卵焼き器で焼きあげれば良いのでしょうが、ケーキ屋である山さんはオーブンで焼きます。オーブンはあらかじめ200度で予熱しておきましょう。オーブンペーパーを敷いた天板(28×28)に卵液を静かに流し、天板を2重にして約30分で焼きあげます。(途中で火が強いようなら、180度まで落します。ここらへんはオーブンにあわせるしかないです。うちのは火が強いので190度で焼き始め、ラスト10分は180度、で、追加で5分、180度で焼きました。合計35分。)

Cimg3641

焼き上がりはこんな感じ。魚のすり身が入っているので弾力があります。途中、オーブンの中で異様に膨れ上がりますが、気にせずそのままどうぞ。ただ、あまり膨れると膨れ上がったところだけ焦げてしまいますので、その時はオーブンの段を下段に移す、天板の前後を入れ替えるなどの処理はしておきます。「ああ~、膨れてしまった!!」と焦らなくても大丈夫。

Cimg3642

⑦ これを鬼すだれで巻きます。ちゃんと焦げ色がついたほうが表になるように気をつけて。すだれで巻いたらすだれの両脇を輪ゴムでしっかり巻いて止めて、冷めるまでそのままにしておきます。

Cimg3645

⑧ 冷めたらすだれを外して、端を切ってお味見をどうぞ。あまり甘くなくて魚の味がしっかり感じられる、伊達巻の出来上がりです。きっちりラップでくるんでからジプロックして、今回の伊達巻は冷凍しました。解凍は冷蔵庫に移して自然解凍でOKだと思います。

Cimg3647

多分、フードプロセッサーだともっと楽に出来ると思うのですが、最初は卵黄だけを加えていく、というやり方はフードプロセッサーでも有効だと思うのですがいかがでしょうか?

午後のSお姑サマ、こんなかんじでうちの伊達巻は作られております。参考になりましたでしょうか?

え?今はそれどころじゃない?

年明けのコレのご準備、大変だと思いますが、どうかお体に気をつけてがんばってくださいね。伊達巻の端切れをぱくつきながら、応援しております。

 

メリークリスマス

メリークリスマス!

こんなんとか

091219b

こんなんとか

091221

これも

091222a

それも

091222b

あれも

091223a

こういうのも

091223b

作り終えて、〆にこれを作って

091223c

お風呂に入ってから背中に湿布薬を貼って、今日はこれから代官山に出勤です。

神よ!私に祝福を、もしくは仏様、罪深き仏教徒にお許しを。

オヴォワー!よいお年を。

PCのモニターは完全にいかれてしまったので、急遽、羊さんに仕事帰りに買って帰ってもらいました。ついこのあいだ、プリンターが壊れたばかりだというのに・・・。

そんなわけで、メール、またOKになりました。

でも明日くらいからぼちぼちご注文が立て込みはじめたので、しばらくさようなら。

もしかすると午後のSさんのご要望にお応えして、伊達巻作りの様子をUPするかもしれませんが、それも未定。

皆様良いクリスマスとお正月をお迎え下さい。

アデューっていうと今生の別れの挨拶になっちゃうそうなので、来年またね、という意味をこめてオヴォワー。

年内もう一回くらいUPできると良いのですけどね。

メリークリスマスざんす!

なんだかちっとも冬らしくならない天候ですが、街はクリスマス一色!

先日はちーさんカフェ・ハンズさんにお付き合いいただいて、その後お美しいマダム(試食会当日までこの枕詞がマダムには付きます。)と合流して、クリスマス仕様になっている山手の西洋館へ行きました。多分、今年度最後の私の休日・・・。

Cimg3605

素敵なテーブルコーディネートやクリスマスツリーにしっかり気分はクリスマス♪           でも結局一番気に入ったのはこの子供部屋のクマくんなわけです。可愛いじゃぁないですかぃ。

さて、そんな街のクリスマス気分に合わせて、今日のブレーメンでのレッスンもクリスマススペシャルレッスンでした。

カイザートルテというしっかりしたカラメル入りのスポンジにコーヒークリームをサンド&ナッペして、チョコレートガナッシュをかけたケーキです。それだけでも贅沢なのに、今回のレッスンはマカロンの実習付き。(クリスマス月間は私が皆様にご奉仕するためにあるようなもんです。)

午前の部・・・のりたま嬢のカイザートルテ(自然光なので明るい)

0912noritama

午後の部・・・午後のSお姑さまのカイザートルテ(日が暮れたのでフラッシュ!)

0912simizu

それぞれ大人のシックなクリスマスケーキに仕上げてくださいました。当然余ったマカロンは残ったガナッシュをサンドしてお持ち帰りです。

今回取り上げたマカロン、生地を乾かすのに時間がかかるので私が用意した生地をのりたまさんが焼き、のりたまさんが作った生地を午後のSさんが焼きました。

ってことで、最後に残った午後のSさん作の生地は私が教室に居残りで焼いておりました。(マカロン残業)

こんなメンドクサイことは今年で最後じゃぁ~とぶつぶつ言っておりましたが、でもこれが美味しいのだから仕方がありませんね。

のりたまさんも午後のSさんも、ご自宅で上手くマカロンが焼けますように♪

来年のお楽しみ♪

レッスン予定だったのだけれど、予約が入らなかったのでぽっかりと空いた休日。今日を逃すと次に自由になる休みは12月30日まで無い。(つらく厳しい日々です)

そんな私の勝手な予定にもいやな顔ひとつせず、ちーさんは付き合ってくれます。ちーさんがコーヒー教室に通う根岸の「カフェ・ハンズ」さんへ、行ってまいりました。ハンズママの作る優しい味のランチを食べに、そしてマスターの美味しいコーヒーをいただきに。

Cimg3596

今週のハンズママのランチは、カボチャと鶏肉のクリームシチューでした。ええ、写真はいまひとつですが、ちーさんがちゃんと撮ってくれてます。こらえ性の無いワタクシはちーさんがまだ写真を撮っているというのに「ねぇ、ねぇ、もう食べていい?お腹すいた!」と聞き分けの無い小学生のように言い募って、写真を撮るのはちーさんに任せてさっさと食べ始めました。優しい味のシチューです。もったいないのでパンでお皿をぬぐってまで食べ切りました♪

実はちーさんのブログにここカフェ・ハンズさんの記事が載り始め、コーヒー教室の話題が出るようになってから「これは!♪」という感触があったのです。で、ハンズさんのHPを拝見すると16名程度で貸切にできて、各種イベントが出来ると書いてあるではないですか!!

今年は出来なかった試食会、私は「別に今年は良いよね♪」と高を括っていたのですが、そんなことをマダムはともかく、午後のSお姑サマがお許しになるわけもなく、「そんな食玩小説を書く暇があったらさっさと試食会の予定でも立てなさい!」と厳しくご指導ご鞭撻を賜っておったわけです。そんな最中に神の啓示のように「カフェ・ハンズ」さんの「イベント可」の文字が・・・・。

ちーさんにまず内偵をお願いして、「試食会やってもかまわない?」という打診をしてもらって、快諾のお返事をいただいたのが秋の初め頃。それからあれよあれよと時間だけが過ぎ、やっと今日、初めてカフェ・ハンズさんに伺うことが出来ました。

大きな道路沿いに立つカフェハンズさんの外観は意外なほどあっさりしていて、少しとっつきにくく感じましたが、中に入ってみると広々として、落ち着く空間。ちまちましていないところが「広く見渡せるところでないと安心できない」という私の性癖にぴったり!!おまけにマスターもママも押し付けがましいところが少しもないけど、コーヒーに関してなら任せて!という強い自信がしっかり見えて、ここならお任せして大丈夫!と確信いたしました。ああ、もうこれで試食会の80%の仕事は終わったようなもんだぁ。

そんなわけで、来年の3月7日(日)午後3時から、根岸のカフェ・ハンズさんでキッチン山田の第5回の試食会をやることにいたしました。詳細は年明けにお知らせいたしますが、今回はせっかくカフェ・ハンズさんでの開催なので「珈琲に合うケーキ・ケーキに合う珈琲」というテーマでやろうと思っています。

勝手にカフェ・ハンズさんを巻き込んで、マスターに珈琲についての知識をいろいろとお話しいただこうと出演依頼もしてきました。年明けにいちどケーキを持って再度ハンズさんに伺おうと思っています。既に私のあたまの中にあるケーキにハンズのマスターがどんなコーヒーをあててくるか、とても楽しみです。

アントニオ猪木VSモハメド・アリの異種格闘技にも勝るとも劣らないイベント、どうなるのでしょう?誰よりも私が一番楽しみにしています。

そうそう、当然、この試合(?)のレフリー(司会者)はマダムにお任せ!ということでそちらも本日依頼済みです♪

贅沢の片鱗

缶コーヒーのBOSS、贅沢微糖のコマーシャルは最近のCMにあっては出色の出来だと思います。どれくらいの贅沢なのかを、具体的にCMにしてくれてるところが、笑えるうえに妙に説得力があって好きです。

そうかぁ、銭湯で湯船で、唄うサブちゃんと隣り合わせになるくらい贅沢なのかぁ・・・。そりゃぁ贅沢だわぁ。と素直に思います。マラソン編よりさらに良い出来です♪

さて、日曜日に焼いて各方面へお送りした「かすてら」ですが、あれは私が焼くいつものかすてらではありません。

いつもは私がせっせと卵を泡立てて、自力で、家庭用のオーブンで焼きあげる試行錯誤のかすてらですが、年2回、中元歳暮期に登戸で焼くかすてらは、かすてら専用釜で焼くというだけでなく、登戸の先生のご助力をふんだんにお借りした作品であります。大きいのを焼きあげて、それを8本分にあとから切り分けております。

かすてら作りの肝である「泡きり」作業は、さすがにもう自分でやるしかないのですが、焼き色付けとか、窯の調整とかは先生にお任せしっぱなし。かすてらを焼き始めてまだ年数がいかないときはそれがどれくらいありがたいことか、わかっていなかったのですが、このごろは本当にすご~く贅沢なことだということがわかってきました。

サブちゃんと銭湯で隣り合わせになるくらい贅沢!!

今回のかすてらが美味しくても、それは私の手柄でもなんでもなくて、先生の力をかりているから必然の美味しさなのです。ああ、贅沢!

泡きりも終え、焼き色付けも済み、あとは待つだけの時間帯に先生と「舞姫 生酒」を飲む、おまけに澤の井の大吟醸と飲み比べをするという贅沢まで付いたひと時でした。

肝心のかすてらは私の口には入りません。大量に出るカットしたあとの、端切れだけ頂きました。

Cimg3594

贅沢の片鱗です。

12月のレッスンの空き情報

12月のブレーメンでのレッスン、みなさんの予定が組み変わって、空き日が変わっています。

現在 9日の午後の回、夜7時の回が空き

12日の午前の回、あと1名様、午後2時~の回はあとお一人OK、4時半、19時の回は空いています。

18日の午前はあと1名様が可で2時、の回は空きました。19時の回もOKです。

こうして見ると繁盛してないことがバレバレだね♪

初めての方もどーぞ。

追記(12/7)

いろいろ混乱してきて間違えてました。ピンクの字で書いたところが朝とは違います。

クリスマスがやってくる♪

12月のブレーメンでのレッスンが始まりました。

嵐の前触れのような、怒涛の1日でした。

今月の親子レッスンの課題、「ブッシュ・ド・ノエル」をやりたい~!との挙手がKAYOちゃんからあったので、この日ならOKよん、とお伝えしておりました。で、10月からレッスンを受けられているTさんはガトーバスクもシュトーレンもやりた~い、ということでお受けして、そのうえ午後1時からは初めてレッスンにいらっしゃるMINAMIちゃん(小6)とママが親子レッスンで「ブッシュ・ド・ノエル」を・・・。

ブッシュ・ド・ノエルとガトーバスクとシュトーレン、全て同時進行ですわ(笑)

いろいろ買い忘れていたり、教室の材料が切れていたりで、KAYOちゃん、Tさん二人ともレッスンの合間に使いっぱしりまでさせられて、お疲れ様でした。体育会系レッスン、お買い物ゲーム付き・・・・(汗)

まぁそれでも奇跡的に、どのケーキも仕上がってみなさんお帰りになりました。(ああ、本当に奇跡のようだ!)

そんなわけで、お教室にもクリスマスがやってきました♪

KAYOちゃんのブッシュ・ド・ノエルです。

0912kayo

午後は雨交じりで暗くなり、MINAMIちゃんのブッシュドノエルは私のヘボカメラではフラッシュを焚かない限りぼやけまくりです。ちゃんとMINAMIちゃんのママはデジタル1眼(多分)を持っていらしていたので、綺麗に撮影されていました。そして私のカメラよりMINAMIちゃんのゲーム機内臓のカメラのほうがよほど性能が良い、ということが判明。

もう少しでワタシ、ぐれるところでした。

MINAMIちゃん作のブッシュ・ド・ノエル

0912minami_2 

なにはともあれ、クリスマスに徐々に追い詰められてきた感があります。うっきゃぁ~!

緊急告知

相変わらず、いろいろと立て込んでおります。

メール等のお返事が遅くなっていてごめんなさい。

とりあえず、緊急告知です。日曜日に登戸で専用窯でかすてらを焼きます。自分用とあとお願いされたものを焼くのですが、あと4本、行き先が決まっていないのがあります。ご入用の方がいらっしゃいましたらメールにてご一報くださいませ。

あとシュトーレンも若干でしたら承れます。こちらもメールにてご連絡下さい。

よろしくで~す。

ご協力ありがとうございます。

遠いお国の方、焼き菓子好きのO氏、甘沼の尊様、akiko様、改めてご連絡いたします。もしも私の自宅のPCにakikoさん以前にメールを頂戴していた方がいらっしゃいましたら、その方もOKです。akikoさんをラストの方とさせていただきますね。

シュトーレンはもうめんどくさいから(オイ!)いいや。

毎度お騒がせいたしました。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30