フォト
無料ブログはココログ

« ごろうじませ、のんた | トップページ | レモンのお菓子 »

今年も行ってきました!

ブレーメンでのレッスン生、午後のSさんは知る人ぞ知る、キルト作家。15日から始まった「東京国際キルトフェスティバル」には、鷲沢玲子先生一門として「ようこそマイルーム」という作家共演のゾーンで鷲沢先生のブースを盛り上げていらっしゃいます。

鷲沢一門のブースは赤ちゃんがいるお部屋がテーマ。

Cimg3677

床にはアヒルが集い・・・

Cimg3684_2

小さなベッドにはウサギさんとしずくちゃんが並び・・・。

コレか、12月のレッスン時に「うさぎちゃんとしずくちゃんとあひるさんを作りつづけています。」と泣きが入っていたのは。本当にこんな細かい作業を続けていらしたなんて、脱帽です。

もちろん、ウサギ&あひる&しずく作りだけが午後のSお姑サマの仕事ではなく、このブースに飾られた素晴しいキルトのどれか(ベッドカバーって言ってらしたっけ?)はお姑サマの作品です。

Cimg3678

あきれるほど美しい品々。(サッカーボールまでキルトで作らんでもいいと思う・・・)

Cimg3680

色鮮やかな作品。

あと、これはもしや、お姑サマの作品かしら?Cimg3682

お宮参りのときに赤ちゃんに着せるベビードレス。お友達のお孫さんの時にも作って差し上げたと聞いております。

シュール・りーさん、ご長男君がいつか結婚して可愛い孫が出来た暁には、作っていただけるよう、今からお願いしておきなさいな。

本当はもっともっと写真を撮りたかったのだけれど、(っていうか撮影はOKだったんでしょうか?)このブースはものすごい人気で、人垣をかき分け、中に入ってもムチャクチャ押されて撮影が難しかったのです。

1月23日まで東京ドームで開催中です。興味のある方は是非足をお運び下さい。(会場は広いし混み合うので、まちがってもヒールなんか履いていったらダメよ。私、今年はスニーカーで正解でした!)

しかし・・・なんにせよ午後のSお姑サマはすごい方でありました。こんな器用なのに卵を割るのにいつも大騒ぎする・・というのがさらに大人物を思わせるんだなぁ・・・。

« ごろうじませ、のんた | トップページ | レモンのお菓子 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生! 今年も行かれたのですね・・・ありがとうございます!!
凄いおば様達とマウンドに降りて行く階段・・ご苦労様です(笑)
しずくちゃん等とサクッと出るところをみると 私 どんだけぼやいていたのだろう・・・・と反省しております
ええええ・・・・私のキルトはお部屋の真ん中の壁にかかっている
ボォッとした色の(青いけしの花のアップリケがしてある)ベットカバーサイズのものです!!! 右側にはわが師の綺麗な色のキルトが・・・私のは引き立て役ですねぇ・・はい・・何故に真ん中にとの疑問が・・・・!

>午後のSさん

お疲れ様でした、本当に。
昨年ほどの規模でなかったけれど、やはり準備が大変なことには変わりないです。
そうですか、あの真ん中のキルトが!
壁側のキルト、もっと近くで見たかったです。写真で撮りたくてもブースの外側からだと一番遠くにあるんですもの!!

相変わらずの盛況ぶりで、すごかったですね。今年はちゃんと前売り券をチケットぴあでさらにお安く買わせていただきました。おばさまがたにもみくちゃにされたけれど、楽しかったです。

一門って、落語じゃないんだから〜。

ミシン台とおぼしきものに、のせてあるキルト。。

すてきだな〜花柄好きにはたまらないです!

縫い物ができる人は本当に尊敬しちゃう〜!

>のりたまさん

だって・・・やはり「一門」って感じなんだもん。
「一家」だとヤクザの親分さんぽいですよね。

ブレーメンの教室の時にドアにつけている飾りも全部午後のSお姑サマの作品です。
こんど教室に入る前にじっくりご観賞下さい。すごいのよ~!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/33014853

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も行ってきました!:

« ごろうじませ、のんた | トップページ | レモンのお菓子 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30