フォト
無料ブログはココログ

« 一杯のコーヒーが繋ぐ縁 | トップページ | 春を告げるケーキ »

焼き菓子新作?

さて、代官山の事務所内でのチャリティ焼き菓子バイキングも2日目の午前中には完売になったので、午後には郵便局からユニセフへ無事に送金できました。

みんなの気持ちもいっぱい入れて、ソコソコの金額を寄付できたのでよかったです。おまけにみんなに食べてもらうことで新しく作った焼き菓子の反応まで見ることが出来て一石二鳥♪

今回新しく(というかバージョンアップして久々に作った)のは2品。ひとつはこちら。「トランシュ・ア・ロランジュ」

Tranches

説明文として↓の内容をPOPにしました。

「パート・サブレの間に詰められたフィリングはアーモンド粉と砂糖、卵、それにフレッシュなオレンジの皮と果汁、ケーキクラム(ケーキの切れ端を乾燥させたもの。今回はココア生地のクラムを多く使用)を混ぜ合わせ、マリエン・ホーフ社のブラッディ・オレンジのリキュールに浸したオレンジピールも混ぜています。焼き上がりに、ブラッディオレンジのリキュールで溶いた粉砂糖のグラスを表面に塗っています。ほのか~な、オレンジの香りが楽しめます」

もう一つの焼き菓子は、本当に初めて試しに作ったもの。レシピだけ登戸の先生からいただいていて作ってなかったのです。「バーゼル・レッケルリ」(なんのこっちゃ?バーゼルはフランス、スイスの国境近くの都市の名前です)

Bazer1

タルト型に敷き詰めた甘いビスケット生地にも、中のフィリングにも各種スパイスと生姜汁が入っています。フィリングは、これまたバター、アーモンド粉、卵、ケーキクラムがベースのもの。
スパイスはグローブ、ナツメグ、シナモン、メース、キャラウェイを入れて、ラム酒もきかせてみました。
上にも生姜、スパイス入りのビスケット種をかぶせて、照りの卵液を塗ってスライスアーモンドをふりかけて、焼きあげています。

Bazer2

これは・・・個人的に私が好きな味です。ガツンとくる旨さってぇヤツですか?

代官山男子諸君にもやはり好評でありました。繊細な香りのローゼンリキュールを使ったバラのマカロンも、男子諸君がお土産に持ち帰ったところ奥様達に好評だったようなのですが、アタシの作る菓子はやっぱこっちだろう・・・と改めて思った次第です。

« 一杯のコーヒーが繋ぐ縁 | トップページ | 春を告げるケーキ »

焼き菓子倶楽部」カテゴリの記事

コメント

Basler Läckerliですか、ナツカシの伝統菓子ですねえ。
ドイツ語で「美味しい!」を「Lecker!レッカー!」と言いますので、
“バーゼルの美味しいヤツ”的ニュアンスとなりましょうかhappy01
(製菓用語ならば違う意味があるかもしれませんけどsweat01
レモンピールが入ったやつなんかもありますね~

>kanさん

ほっほ~。さすがですね。
そうなんだ、有名な伝統菓子なんだぁ。
スパイスを強めに入れて、ジンジャーを利かせるのですが、確かにここにレモンピールを入れるのはアリだなぁと思います。

作り手も食べ手も「なんのこっちゃ?」のお菓子を、「これ旨いっすねぇ」と言いながら、みんなハイエナのように群がって食べてました。

「代官山のオフィスでコーヒーを飲みつつ、事務所の女性が作ってきてくれた手作りのドイツ伝統菓子を談笑しつつ食べた」と書くとソレっぽいけどね(笑)

これは間違いなく"ワイン"に合うと確信いたします!!!
ああ、くいてぇ。。。(←はしたない言葉でごめんあそばせ)

>akikoさん

そりゃぁ、もうワインに合いまくりだと思います。絶対赤ワインだよねぇ~。
ちょっとワイルドな味なのよん。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/33177723

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き菓子新作?:

« 一杯のコーヒーが繋ぐ縁 | トップページ | 春を告げるケーキ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30