フォト
無料ブログはココログ

« 苺 | トップページ | レモンのカトルカール »

キルト展に行ってきた

昨日から新宿パークタワーで開かれている鷲沢玲子さんご一門のキルト展に行ってまいりました。母と姉と新宿エルタワー前から出ているシャトルバス乗り場で待ち合わせ、パークタワーに着くと、いやはや自分達も含め、おびただしい妙齢の女性達でいっぱい!!

1階は無料スペースにて鷲沢玲子先生のいままでの作品が展示されています。優しい上品な色使いの作品の数々。

中にはケーキの図案になるわ、コレ。といったパターンもあり。(そういう見方をしてはいけないんだろうか?)なにしろ3人ともキルトはまったくの門外漢なので、関係者が聞いたら「オイオイ、」と突っ込まれること必至の会話をしながら、混雑するなか作品を見て回りました。

そして3階のメインのブースに進みます。受付に午後のSさん発見!!

そう、今回は午後のSさんの作品を見させていただくというのが主目的。皆様、Sさんの作品は入口から入って右側すぐのところにありますよ~。

すごい混雑でカメラをうまく構えられなかったことと、どだい、私のカメラでうまく撮れるわけがないので、雰囲気だけお伝えできれば~。

Cimg3935_2

シルク特有の光沢と縁取りの紅色が効いていて華やかな作品です。他の方達の力作も拝見して、みなさんご自分の世界をお持ちなんだなぁと感心していたのですが、午後のSさんのキルトは姉の表現でいえば「都会的な感性」のキルトでした。

静謐で理知的、そんなイメージでしょうか。(何度も言って申し訳ないけれど、とても卵の黄味と白身を上手に分けられなくて卵割のたびに緊張しまくる人の作品とは思えない)だいたい、どうやってこういう構図が浮かぶのかしら?ご本人曰く「自然と浮かぶ」そうなんですが・・・・。

Cimg3934_2

大作が続くキルトの森は、絵の展覧会とは違っていっぱい見ても疲れません。多分作り手のぬくもりと手仕事のぬくもりが包んでくれるからだと思います。

針仕事が好きな母は、多分私達以上に楽しめたのだと思います。「こんなすごいの見ちゃうと、やってみようという気が失せちゃう~」なんて問題発言を会場で堂々としていましたが。

午後のSさん、眼福でした。どうもありがとうございます。

興味のある方、24日土曜日まで新宿タワービル3階にて開催しています。是非!!

« 苺 | トップページ | レモンのカトルカール »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

キルト展、前に見に行ったけど素晴らしかったです。
でも・・
これ、パッチワークじゃないの?とか
キルティングとキルトって何が違うの?とか言いながら見てきた私は、
どうしても「こたつカバー」しか使い道が思いつきませんでした。

>hirorin

大きい玄関ホールがあったら飾れるのに・・・とか、こんな素敵なキルトをベッドカバーにするにふさわしいベッドと部屋がほしいとか、私達もそういう会話に終始していましたsmile

うちの教室には午後のSさんが作ってくださった立体キルト作品があるので、それはそれは贅沢なことなんだ、と改めておもいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/34319360

この記事へのトラックバック一覧です: キルト展に行ってきた:

« 苺 | トップページ | レモンのカトルカール »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30