フォト
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

ウェブページについて

気が付いた方もいらっしゃると思いますが、この記事の左側のバーのTOPに新たにウェブページを貼り付けました。

ここはおもにキッチン山田のケーキのご案内を載せようと思っております。

ま、詳しくはキッチン山田のHPを見ていただくのが早いのですが、ブログをチェックするついでに最新のお勧めだったり、お知らせを見ていただくのには便利かな、と思っています。

今のところは6月の父の日のお勧め焼き菓子のご案内とかすてらについてだけですが、ゆくゆくは今月のお勧めのケーキや焼き菓子倶楽部のご案内なんぞも載せていければと思っています。

ちょこっと気にしていてくださいましね。

そして・・・ぼちぼちHPのほうもリニューアルしなくっちゃね・・・。

首都へおでかけ

そういえばほぼ毎日、日本の首都へ仕事に行っているのだけれど、代官山は首都って感じはしないなぁ。

その点、日本橋はまぎれもない首都だぁ。

Cimg4058

「印象派はお好きですか?」

いえ、別に・・・それほど・・・。でも雨の日曜日、そちらが一番空いていそうな気がして、選びました、ブリジストン美術館。

のんびり絵を見ながら過ごすにはちょうど良いサイズの美術館で、案の定、さほど混んでもいなかったので楽しめました。印象派にさほどの思いいれは私も羊もないので、最終的には、「持って逃げるとしたらどれにする?」という視点で絵を鑑賞。

やはり持ち逃げしやすいサイズながら他を圧倒する存在感のセザンヌ作「鉢と牛乳入れ」が堂々の1位。よくもまあ、こんなつまんない物を描きながら、良い絵にしたもんだと思います。(だって、ボウルと牛乳入れだよぉ~!)

こういう正しい美術鑑賞をした後は、雨がかなり激しく降って来たので、とりあえずのお食事どころで昼食を。

Cimg4057

さほど期待しないで入ったのに、エビフライを頼んだらエビが小ぶりながら4尾。アツアツでカリカリで尻尾まで食べられて美味でした。

久しぶりの首都へのおでかけ、けっこう楽しかったです。

次は新幹線も止まるようになった品川に行こうねぇ~♪ 羊どん。

ちはるちゃんのバースデーケーキ

ちはるちゃんが1歳になったお祝いに、ケーキをお願いされた。若いパパさんは代官山の事務所でご一緒しているKさん。ちはるちゃんが生まれてから、目じりが下がりっぱなしで、ことあるごとにケイタイに保存している写真を見せられる。happy01

そんなふうに間接的ではあるけれど、成長の様子を知っているおチビさんのお祝いケーキを作るのはさらにモチベーションがあがります。

今回は大人だけで召し上がる、ということだったのであまり制約がなく、さっぱりとしたもので且つ可愛いケーキ!!というご注文でした。

100522a

100522c_2 ベースのケーキは、今月のレッスンでも取り上げているマスカルポーネのムースですが、出始めのアメリカンチェリーをコンポートにしたものをムースの中に忍ばせています。

アメリカンチェリーに砂糖をまぶして火にかけてジャムよりはゆるいソースを作り、それも小瓶に入れてお渡ししました。

こういうシンプルなムースは、応用がいろいろ効くのでその季節、季節に合わせて楽しめます。(だからレッスンで取り上げてるのに、ちっともみんな来ないなぁ・・・・ぶつぶつ。)

奇跡的に3個繋がったサクランボが入っていたので、ちはるちゃん親子三人の象徴(?)としてリボンで結んで飾りました。

相変わらず、ぱんぱかぱ~んとした派手さは無いとは思うのだけれど、可愛さの及第点はもらえたかなぁ。

ま、なにはともあれ、ちはるちゃん1歳おめでとう!

100522d

ロンパリのウサギも祝福してマス。

午後のSさんのお仕事

事務所仕事が休みの日は、私にとってオフどころではない日が多い。たまに「地獄のような忙しさじゃぁ~」と叫びつつ時間に追われて、脂汗を流すこともある。

こういう優雅ではない「忙しさ」って結局自分の詰めの甘さが原因で、誇らしげに「忙しくてもう大変なのぉ~」と自慢するような類のものではない。

ちゃんとした人は、ちゃんと自分の時間を配分して優雅さを保ちつつ、常人ではこなせない量の活動を汗もかかずに(多分・・・)こなしているようなのである。で、そういう人は活動すればするほど自分の中にエネルギーが満ちあふれて、さらにキラキラと楽しげに充実した日々を送られているようなのである。すごいなぁ。

午後のSさんがレッスンにいらした時に大きな白い箱をお持ちになった。中にはカフェ・ハンズで開催した試食会に合わせて作ってくださったバラの花のリースが、カフェ・ハンズバージョンに装いを変えて入っていた。試食会の時にはホイッパーが誇らしげに掲げられていたのだけれど、今回は素敵なカップになみなみとコーヒーが注がれている。

Cimg4046

リボンにはちゃんとハンズさんの店名が・・・。

私の手柄でもなんでもないのに、ついつい私の鼻まで高々である。鼻の穴をふくらまして、自慢しまくるワタクシ。

そして、こういう丁寧な仕事を見て、荒っぽい日々の過ごし方をしている自分を反省。忙しいって言葉を私も安易に使いすぎるなぁ・・・。午後のSさんの毎日は私のタルイ日々の何倍も凝縮されたものに違いないです。

この日のレッスンで優雅に「えいやぁ~!!」っとトランシュ・ア・ロランジェを切り分けるSさんの魔法の手。今回のケーキクラムはチョコレート生地ではないので、オレンジの香りがストレートに効いています。

Cimg4047 

なんとこの日、おまけに私にまで線描きの図案の参考になれば・・・といって立派なキルトの図案集をプレゼントしてくださいました。

Cimg4053

不肖ワタクシ、実は「これで塗り絵したい~」と言って午後のSさんにあきれられたのであります。(でもきっと塗り絵しちゃうな。)

しろくま

会社で私を甘やかす、YUKA姐さんがこんなおやつを買って来てくれました。

「白熊」

Cimg4044

氷菓のしろくまではなくって、チロルチョコの白熊♪

チョコレートとホワイトチョコレートの間にパフパフとした霰みたいなのと、みかんのゼリーが入っていて美味しいです。ほんのり上がみかん色。

Cimg4043

で、包装紙が可愛い~。ひとつひとつに文字が書いてあるのですが・・・。

残念ながら私のパッケージには「ま」が入っていなかった。

「ま」ぬけなしろくま君です。

Cimg4042

罪滅ぼし?

私ひとりが中華街で美味しいものを食べ、みなさんと楽しく過ごし、そうしている間、羊は家で冷蔵庫に残された鯵の干物一枚(でも鳥取の境港の美味しい鯵の干物だぞ~)と味噌と少しの野菜を食べ、決して怒らず・・・という宮沢賢治並みのひと時を過ごしておりました。

そんなわけでオフ会の翌日の日曜日には、夕食に合わせて久々にパンを焼いてあげました。(パンぐらいでは騙されないか?)

うんにゃぁ、焼きたてのパンは美味いぞ~。

Cimg4028

残っていた漬け込みフルーツを入れて黒糖も少しだけ加えた、シンプルな丸パンです。

実は前日のレッスン時にのりたまさんからいただいた、こんな酒の肴があったから・・・。

Cimg4026

ナッツを炒ってローズマリーと塩とちょこっとの砂糖(だよね?)を加えてあります。(ちゃんと説明を聞いていなかったのでおぼろげ・・・)カリっとしてしょっぱ甘くて、これは美味しい。

羊には焼きたてのパンとこれとビールがあれば十分でしょう!(ちゃんとお肉のローストも焼いてあげましたけどね。)

Cimg4029

のりたまさん、ご馳走様でした♪

日英オフ会(妹体質全開の巻)

さて、☆から中華街へ、場所を移してbluepineさんご夫妻とマダムとなまはげご夫妻、私のオフ会は続きます。

マダムが厳選したお店はこちら

Cimg4025

ちょうどギリギリ入れて良かった!

まずは生ビールで乾杯してから、次々供される美味しい料理をいただきます。

このイカとか・・・。

Cimg4024_2

イカの以下は以下同文・・・・。美味しかったぁ。

えへへ・・・。お料理の写真はマダムのところでご覧ください。あ、お料理の説明もね。

時として、私、とてもしっかり者に見られることがあります。(割とよくあることです。)

でもその実体は小さい時から姉の後をついていきさえすれば、生きてこられた妹体質なのですよ。頼れる人がいれば、おまかせしてあとは何も考えない。そのかわりワガママも言わない、平和な妹体質。

そして良くしたもので、私のまわりは長女体質の方がほとんどなわけです。この際私より年上、年下は関係ナシ。思い浮かべただけでも「さばさん、ちーさん、マダム、職場にいたってはYUKA姐さん」み~んな私が何かやるよりよほど的確にきちんとしていらっしゃる。これはお任せするほうが正解でしょう。

というわけで、この夜もお料理を選んでくれるのも、みんなに取り分けてくれるのも、お土産を買ってくれるのもみ~んなマダムがやってくださいました。私は「ママ、ありがとう♪」と言って食べていれば良かったのです。以前、蕎麦屋オフ会で気を使ってお酌しようとしたらお酒ではなくそばつゆだったし・・・。だからね、無駄なことはしないのよん。

そしてとてもラクチンで美味しく楽しく過ごせました。bluepineさんは長女体質の方とお見受けいたしましたが、この夜は私と一緒にすべてを委ねて、楽しくラクチンに過ごしていらっしゃったようです。たまには妹体質も良いもんでしょ?bluepineさん♪

働き蟻10匹の集団の中には、2匹くらいなまけものの蟻がいて、その怠け者の蟻ばかりを10匹集めると8匹は仕方なく働くけれど、2匹は相変わらず怠け者で・・・さらにその第二選抜を勝ち抜いた怠け者の蟻ばかりをさらに10匹集めると、やはり2匹は怠け者で・・・。という説明をbluepineさんにはしたのだけれど、多分勤勉なbluepineさんは第2選抜あたりで働き者の蟻になっちゃう気がします。

そんなわけで、どう考えても遠方からわざわざ訪ねてくださった、初対面の方だというのに私も、長女体質のマダムも長女体質ながらリラックスしきって楽しく過ごすことが出来ました。

ブルさんもとてもとても素敵な紳士でいらっしゃいました。さりげなく腕を組み、それがサマになっているご夫妻の様子をうらやましく拝見し、ふと傍らをみると、素敵なダンナサマを「なまはげ」と呼ばわるシャイなマダムはダンナサマと肩を並べるそぶりも無く・・・。

「ねぇ、ダンナサマと腕を組んだら?」と言ったところ「ふふ~ん!!」という鼻息だけが返ってきましたとさ。

bluepineさん、ブルさん、短い帰国の貴重な一日を私達に会うために使ってくださってありがとうございました。とても楽しい一日でした。

そして歓迎式典の一切を取り仕切り、ガイドも引き受けてくださったマダムご夫妻、たいへんお世話になりました。マダムも料理の取り分けからなにからなにまで面倒見てくださってありがとうございます。これに懲りずにまたヨロシクね♪

レッスン→☆→中華街(日英合同オフ会)

昨日は盛りだくさんの一日でありました。

まずはブレーメンでのレッスンがひかえておりました。先月お試しレッスンにいらしたTさんが正式入会なさってので、ちょこっと先輩ののりたまさんと一緒に「サン・マルク」を作っていただきました。

こちらはのりたまさん作「サン・マルク」

10515noritama

アーモンド粉入りのしっかりしたスポンジをシート状に焼いてカットしてセルクルにセット。チョコレートムースを作って流し、固まったら白いムースを作って流して上にもう一枚のスポンジをかぶせ、さらにそのスポンジに卵黄を使ったアパレイユを流しかけ、グラニュー糖をふってから焼きゴテでジュワジュワ~と焼き目をつけます。

ああ、メンドクサイ複雑な工程です。私のレシピの記載方法がもうちょっと分かりやすいほうが良かったなぁと反省です。お二人ともアワワする私によくぞ付いてきてくれました。お疲れ様でした。上のスポンジが贅沢な玉子焼きみたいで美味しそうでしょ?

お二人を送り出したあと、片づけをしたりしていたら1時をとうに過ぎ、アタフタと一旦家に帰り、支度をしてからちーさんのお店CAFE☆STARへ。しかし、☆は遠かったなぁ。田園都市線であざみのまで出るところ、うとうとして寝過ごし、気がつけばたまプラーザ。慌てて反対方向に乗り換えて、ここで10分をロス。あざみ野から市営地下鉄に乗ったら乗ったで、また眠ってしまって坂東橋で降りるところを「あ!!また寝過ごしちゃった!」と思っておりたら一駅前の「伊勢崎長者町」・・・。呆然とホームに立ち尽くすアタシ。ここでさらに10分ロス。まったく本当に、待ちあわせ場所が☆で良かったです。

☆に付いたら皆さんすでにお待ちかね。そう、遥々英国の霧の都倫敦から、bluepinesさんがご主人のブルさんと昨年産まれたプリンスねお君と一緒に一時帰国していらしたのです。ねお君はbluepinesさんの妹さんのお宅でお留守番でしたが、ブルさんとお二人で横浜までマダムと私に会いにいらしてくださったのです。是非、ちーさんのお店も訪ねたいということで、ブルさん、初の横浜はディープな町、小金町からスタートでした。小さくてでも居心地の良いお店でしたでしょ?bluepinesさんご夫婦とマダムとご主人、私、そして偶然、さみぃさんも来店していて、なんのとこはない、すでにそこはプチオフ会場でありました。勝手知ったるCAFE☆STAR、マダムがお二人へお土産としてもってきたロールケーキをその場でみんなで食べちゃうし(ちーさんも一緒♪)すっかりくつろぎモードでありました。

その後はマダムと素敵なご主人(この方のどこがナマハゲなんだよぉ、マダム!)の案内で中華街へとくりだしたのであります。

ちなみにさみぃさんはいろいろとご用事が溜まっているとのことで、残念ながらご一緒できず。(本来の寿命より1日長生きすればチャラだから行こうよぉと誘ったんだけれど、悪魔の一言には乗ってこなかった・・・。)

というわけで、楽しいひと時のお話はまた次に・・・。

山さん、CAFE☆STARに現る

CAFE☆STARのリサイクルブックデーに協賛してケーキを出すからね、ってちーさんに大見得切った割にはけっこう母の日ケーキに時間がかかって、ドタバタ。

焼き菓子のほうは前日の夜には作れたのだけれど、生菓子は9日の朝に作っていました。

CAFE☆STARへの協賛ももちろんだけれど、ベースは8月のレッスン課題の試作&写真撮りなわけで、「何を作るか」はどうしてもレッスン課題としてのほうに重きを置かしていただきました。そういうわけだからねぇ・・・と言い訳をしつつも、作ってしまった後から「やっちまったヨ」と思いました。

せっかくの「生菓子」。普段は焼き菓子が多いお店で出すのだったら、もうちょっとなんか色気のある可愛いものが良かったんじゃねぇ?

100509b2

ごめん。コレだぜ。

「ガトー・カフェ・メランジェ」 職人山さんが言うことには、8月の暑さの中でひんやり冷したコーヒースポンジ&コーヒーシロップ&生クリーム、そして表面のサクっとしたメレンゲのこの味わいは最高!なんだそうだけど・・・。女子受けは良くないでしょうよ。ちなみにスポンジには炒りたてのヘーゼルナッツを粉にして入れてます。だから食べてると時々、ザクっとナッツの歯ざわりがします。あとラム酒が効いてる・・・。

ギリギリに出来上がったので、着替えるヒマもなく、気付けば飛び散ったクリームの滲みがあるTシャツ姿でありました。ほぼ98%山さん状態でCAFE☆STARに到着し、開店前の忙しいちーさんにご迷惑をかけつつ、写真を撮ってもらいました。(ちーさんが写してくれると本当に5割は器量が上がるうちのお菓子たち!)HPに載せる公式写真はちーさんのを使わせてもらおうっと♪

焼き菓子のほうは改めてご案内しますが、今年の「父の日用」のヘーゼルナッツとアプリコットのチーズタルトです。ちーさんのところで切り分けて、こちらもちゃんと公式写真用にちーさんに撮影をお願いしました。

100509a2

本当に開店前で忙しいのに、申し訳なかったです。お客様がいらっしゃる前にちーさんにコーヒーを淹れてもらって、二人でケーキをはんぶんこして2種類とも試食。カフェ・ハンズさんから仕入れているスターブレンドの「濃い目」が合うねぇ・・・なんてしばし談笑。(開店前で忙しいっていうのに)

他のお客様がいらっしゃる前に退散するつもりだったのだけれど、結局お昼を頂戴することにして、カウンターでヘロヘロしてたら常連客のぶりさんが登場。思わぬ相席になっちまいました。98%山さんだったので、「愛想ナシ」。ぶりさん、スマンこってす。

せっかくのリサイクルブックデーだったので1冊だけ私も本を出させていただいて、かわりに1冊選んで、貰って帰ることになりました。

「だららん日記 ~リラックマ生活2~」

こんな本を出品したのは誰?って聞いたら、なんのことはないちーさんご本人でありました。えへへ~。大事に楽しませていただきます。

職人山さんは作るケーキは渋いけど、リラックマにはめっぽう弱いらしいです。

あたしんちの母の日

さて、自分の母の日はどうだったかというと・・・。

Cimg4012

ちーさんのお店、カフェ☆スターのイベントにお邪魔したあと、横浜に寄って鶴屋八幡で練りきりを買いました。母にはもちろんですが、姉も来るということだったので、きっと母の日イベントなんかしてもらっていない姉の為にも「カーネーション」の練りきりをチョイス。

けっこうしっかりとした色づけですが、カーネーションカラーって確かにこの色ですものね。

そして母の家で姉と、姪のKANANOさんと合流。いまや姉や母より美味しく上手にお茶を点てられる様になったKANAKOさん。

Cimg4016

なんだかKANAKOさんが点ててくれると、お茶の泡の層が厚くって立体感があるのよね。本当に美味しく味わいました。

そしてその後は16歳から79歳までの年齢幅があるけれど、そんなの関係なしのガールズトーク炸裂!

オカモさんご推奨の鶴見、佃野商店街のあさひやの手焼きおせんべいと成城石井で売っていたおせんべいとの食べ比べもして、ご馳走もプレゼントも花束もなんの用意もできなかったけど、楽しく過ごした母の日でした。

5月初旬に誕生日だったお姉さんのバースデーのお祝いも兼ねて、改めてまたセッティングするからねぇ。

祝!母の日

明日は母の日。宅急便を出しに行ったら、集配所がいつになく混んでいました。

「キッチン山田」として母の日は特に打ち出していなかったのですが、早々にSUZUさんからお願いされていました。内容はおまかせだったのですが、少しシックな装いの母の日ケーキになりました。

100508a

カーネーションを描きたかったので、表面はクリーム色のワインムースですが、切り分けると中は淡いピンクの苺のムースです。

側面はカーネーションカラーのピンクと緑のパータデコールで飾ったアーモンドスポンジです。

100508b

SUZUさんご依頼のこのケーキのほかに、是非ともとお願いされて、こんなのも作ってました。もう苺が柔らかくなってしまうので、お届けは無理ですと申し上げたら、わざわざうちの最寄駅まで遠路はるばる取りに来てくださいました。

もとはといえばタプタプ様この記事を見て、決められたそうです。随分古い記事なのに、さすがに影響力のあるブログです。(ああ、おろそかにできないタプタプほんま神。ありがとうございます。)

Maman2

画像は結構なピンク色ですが、実際はもう少し落ち着いたピンクです。カーネーションの花束を持って駅のホームに立っていたお客様は、可憐なまだうら若いお嬢さんでした。

ご実家まではかなり距離があると伺っていましたので、お渡ししてからも「もうご実家に着いた頃かなぁ?」なんて気にしていました。

多分、おかあさまはどんなケーキより、花束よりお嬢さんの顔が嬉しかったとおもうのだけれど、ケーキを囲んでお話に花が咲いたかな?Maman3

私も明日は実家にちょこっと顔を出す予定です。

手土産はケーキではなく多分、和菓子(笑)。母にお茶を点ててもらおうと思っています。

カフェ☆スターのイベントに協賛します

ちーさんのお店、カフェ☆スターでは今週末、古本交換会というイベントが予定されています。ワンドリンクが参加料で、一人10冊までの古本の持ち込みが出来るし、またその本をいただいて帰ることも出来るという、読書家(漫画好き)ちーさんならではのグッドなアイデアです。

で、そこにキッチン山田もケーキ提供という形で協賛させていただくことになりました。「協賛」といっても、実はブレーメンでは常に2ヶ月前にレッスン課題の画像を提出しなければならず、そのたびに試作をするので、その試作品をちーさんに写真に撮ってもらいがてら、イベントににぎやかしに使ってもらおうというだけのことです。

カフェ☆スターではあまり出ない「生菓子」を9日(日)にご用意しようと思っています。ただ、あくまでレッスン用のお菓子なので凝ったものではありません。

今考えているのは、コーヒー風味のケーキをメレンゲで覆った「ガトー・カフェ・ムラング」(ブレーメンでの9月のレッスン課題です)。翌日、翌々日とお店は定休日なので、ちーさんにご迷惑をかけてはいけないので、生菓子はこれだけ。あと翌週まで使える焼き菓子を提供させていただこうと思っています。

ケーキ教室でこんなのを作るんだ♪と味見していただいて、興味持っていただけたらラッキーと捕らぬタヌキを数えております。

カフェ☆スターのイベントは8日(土)、9日(日)。うちのケーキを出していただくのは9日(日)だけですが、ちーさんの美味しいご飯や、お店の美味しいスイーツは両日ともにたっぷり用意してあるはず。マンガや珍しい本がいっぱい集まるとイイナ。

GWに出来たこと、出来なかったこと

今日で今年のGWも終わり。皆さん楽しく過ごされたことと思います。私は一足、早く今日から仕事です。

今年はずっとお天気が良くて気持ちのよい日が続きましたね。まるで春の天候不順を取り返すかのような晴れっぷり!

そんな良いお天気だったので、冬物のセーターは手洗いできるものは全部手洗いし、あとはクリーニングに出し、お布団を入れ替え、カーテンを洗い、床を磨き・・・ってどんだけ溜めてたんだというくらい溜まった家事に精を出しておりました。

まず出来た事は①引き出しの3番目まで整理できた。②衣類の整理をして捨てるものは捨てた。③タケノコご飯を炊いて、羊実家へご無沙汰のご挨拶に行ってきた。④ボロくなった靴の変わりの新しい通勤靴を購入。⑤お風呂場の椅子を新調。⑥登戸の先生のところへ行って来た。そんなところでしょうか。

出来なかったことは①引き出しの4番目、5番目の整理が出来ていない。②衣類の整理はできたが本の整理が出来なかった。③私の実家へは行けなかった~(泣)④靴は買えたが服は買えなかった。⑤お風呂場の椅子は買ったが脱衣籠は新調できず。⑥換気扇の掃除が出来てない。

GWが終わったからといって、出来なかったことはその後もやり続ければいいだけの話なんだけど、それが出来るようなら苦労はないわ。

GW終了とともに、私の家事熱も冷めてしまったもよう。だれかこの後を引き受けてくれないもんでしょうか?

今年の焼き菓子倶楽部、春の部終了

2010年焼き菓子倶楽部、春の部は今日が最後のお届け日でしたので、これにて無事終了です。ご賞味された皆様、ありがとうございました。

今回は仕上げを4種作ったので、どれが誰のところに行くかわからないようにシャッフルしてお出ししました。さて、どの子が誰のところへ行ったのやら。

「山さんのバーゼル・レッケルリ その1」アーモンドスライスをうろこ状に並べたオーソドックスタイプです。

10club4a

これに粉糖をかけた「その2」もお作りしました。

スライスアーモンドではなく、ホールのアーモンドをガシガシ砕いた仕上げに、粉糖をかけた「その3」です。

10club4b

「その4」はこれに粉糖がかかっていない仕上げです。

仕上げはそれぞれですが、中身は生姜とスパイスが効いた同じフィリングです。作っている本人が楽しかった焼き菓子です。

さて、「春の部」というネーミングでお気づきのように今年の焼き菓子倶楽部は年4回にしました。つまり次は「夏の部」です。

「食玩小説」も1話読みきりではなく連続4回になる予定。(あくまで予定。それに第一おおかたの人は期待もしていないはず)

夏の部は7月、秋の部は9月、冬の部は11月と、こちらもあくまで予定ですが決めています。一度にいっぱい注文を受けてしまうと自分の首を絞める結果になるので、告知はこっそりひっそりして、ささっと撤収いたしますのであしからず。

何を作るかより、食玩小説の筋をどうするかのほうが問題だったりもします。(だから誰も期待してないってば!)

目玉焼き・・・?

こんどは玉子焼きではなく、目玉焼き。

な~んてね♪

1007lesson1

7月のレッスンで取り上げる、アプリコットのタルトレットです。今日は午前と午後にブレーメンでレッスンをやっていたので、間の昼休みに作りました。

単純といえば単純な作りですが、出来上がるとけっこう可愛いじゃない。

シンプルながらタルトレット生地の敷き込みかた、カスタードクリームの作り方が学べるので、良い教材かしらと思っています。ま、なにより夏らしいし。

さて、今日は基礎コースのお二人のレッスンでした。午前は元気なTERAさんがハニージンジャーケーキに挑戦。

100501t

生地にもたっぷり生姜が入り、仕上げのアプリコティにも生姜を加え、ラム酒入りのグラスで仕上げました。コレは、文句なしに美味いっしょ!部屋中漂う生姜の香りが食欲をそそります。(でも3日間はお預けです)

午後は可憐なSさんがリンツァートルテを焼きました。

100501s

初めてだったのに、生地の絞り方が上手でした。でも、生地が膨らむとその形跡が隠れちゃうのよね(笑)。こちらも3日間はお預けです。

爽やかなお天気に恵まれたGWの幕開けは、こうしてケーキ作り三昧でスタートです。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30