フォト
無料ブログはココログ

« 夏休みオメデトウのケーキ | トップページ | 酷暑のおまじない »

木苺のマカロン

木苺のマカロンは作るには、まず春先から川沿いの土手の籔のどこらへんに木苺が花をつけるか目をつけておくこと。

木苺は花をつけてから結実するまでけっこう時間がかかるので、日々怠りなく観察して実がつき始めたら早起きして鳥に食べられる前に収穫すること。

Cimg4161

その際、自転車通学の高校生やサラリーマンにいぶかしげな目で見られても、臆することなかれ。但し、収穫に夢中で自転車に轢かれたりしないよう注意。

今年は羊と二人で3日にわたって作業にいそしみ、採れたのはお茶碗に山盛り1杯分くらい。採るたびごと、冷凍しています。

100704

さて、この貴重な実を計量して、重量の40%の砂糖を準備しておきます。木苺をよく洗ってから耐熱容器に半量の砂糖と共に入れ、レンジで実が柔らかくなって種と分離するくらいまで加熱します。それを今度は裏ごして種を取り除き、出来たピュレに残りの砂糖を加えてホウロウの鍋で煮詰めていきます。

出来るとコレぐらいまで嵩が減りますが、素敵にルビー色のジャムです。

Cimg4203

野生のものなので、非常にペクチンが強くてジャムというよりゼリーに近い仕上がりです。だからマカロンに挟んでもマカロンが必要以上に湿気てしまわないという利点があります。

Cimg4205

ほんのりピンクに染めたマカロンを焼いたら、ジャムをサンドして出来上がり。

「初物は笑って食べる」と言うし、初物というより超期間限定の縁起物みたいなものなので、コレは独り占めするより誰かと笑って食べたいので、さばさんと黄金町の☆で待ち合わせた日に、さばさんと☆店主のちーさんと、たまたまお店にいらしていたお客様と一緒に食べました。

甘くて、すっぱくて、どこかにかすかな苦味もあって、草の香りのようなものも感じられる複雑な味です。

梅雨が明けて、すさまじいほど真っ青な空が広がった夏の始まりの日に、いっぱい笑って縁起物(?)の木苺のマカロンを食べたので、今年の夏は良い夏になりそうです♪

そうそう、この日最後の1個だった☆の豆寒天もゲットできたし♪Cimg4206 
さばさんと二人で1個。ちーさんがプルーンをおまけしてくれました。
ごちそうさまでした。

« 夏休みオメデトウのケーキ | トップページ | 酷暑のおまじない »

素敵なこと」カテゴリの記事

コメント

マカロン大好物です!写真に思わずじ~っと見とれてしまいました(笑)しかも、ご近所で採れた木苺で作るマカロン、何だかよりいっそう美味しく食べられそうですね!

ところで、キッチン山田さん的に、マカロンをオーダーできるお菓子としてラインナップする予定はないのでしょうか? マカロン好きとしては、ぜひとも! と思っちゃうのですが。

野生のものはペクチンが多いと聞いたことはあったのですが
ゼリーに近いとは、野生恐るべし!ですね。
それにとても貴重なんですね。

>SUZUさん

あの川沿いにけっこう自生しているのです。摘む勇気さえあればSUZUさんにも収穫可能ですよ♪
マカロンは値段設定が難しいのよね。
たしかに手間がかかるので量産はできないけど、だからといってあんな小さなお菓子に高い値段をつけることははばかられるし、(作り手がひとくちに100円以上かけられない貧乏性だから・・・)
多分、特別なケーキのときにデコレーションのパーツとして作るだけだと思います。
来年まで待っていただければ、ご近所のSUZUさんには木苺のマカロンをお裾分けするから、良い子にして1年お待ち下さい。

>hiroさん

お元気でしたか?
hiroさんのお宅の鬱蒼としたお庭になら、種を蒔いておけばしっかり繁殖してくれそうですよ。
ペクチンたっぷりなのでフルフルを通り越して、みっちりといった感じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/35803390

この記事へのトラックバック一覧です: 木苺のマカロン:

« 夏休みオメデトウのケーキ | トップページ | 酷暑のおまじない »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30