フォト
無料ブログはココログ

« さくらんぼのケーキ最終日 | トップページ | ブッター クーヘン »

アーティチョーク

サーマータイム、日本でも導入してもらえないものでしょうかねぇ・・・。現在、個人レベルでサマータイムに突入。

なにしろ濱チベットは、啼く鳥に不自由はないので、夜明けとともに綺麗な小鳥のさえずりから、オナガの「ゲゲェ~ウゲゲェ~」という声まで、とにかく賑やか。夏は窓を開けているので、まずその声で目が覚め、東向きの部屋は日の出と同時に明るくなるので、完全覚醒となります。そんなわけで4時~4時半起床。寝不足になるので、どんどん就寝時間も早くなり、多分夜10時には意識が遠のいているもよう。

世間もサマータイム導入してくれていれば夜11時就寝、朝5時半起床は十分アリでしょう?私個人がサマータイムに突入している今、この睡眠時間帯のズレは「歳をとった証拠」として他人様には誤解されてしまうのです。ちッ。

夏は涼しい朝のうちにこうしてブログを書いたり、HPの更新作業をしたり、メールにお返事書いたり、帳簿をつけたりできるので有効なんですけどね。

さて、そんな早起きの年寄りの散歩ネタ。

アーティチョークですぜ、akikoさん!(でも、akikoさんの写真のアーティチョークとはちがうなぁ・・・。もしやコレはちがう種類か?akikoさんのとこのはいかにも肉厚で美味しそうでした。皆様、まちがっていたらごめんなさい。)

Cimg4163

Cimg4162 

子供の頃、父がくれたティファニーのテーブルマナー本(あのティファニーが「ティファニーで朝食を」の映画を受けて作ったらしい。イラストがしゃれたすごく粋な本です。)にアーティチョークを供されたときの食べ方が載っていて、子供心に驚愕したものです。さすがにいまだかつて、ボイルしただけの鬼あざみがドンっとお皿にのった状態で出合ったことはありません。ちゃんと食べやすく美味しく料理したのは食べたけど。

畑のすみに植えられているアーティチョークは今、綺麗に紫色の花を咲かせています。和名「鬼あざみ」と言われるだけあって、とても大きな花だし、茎も太いし葉もデカイ。コレをちゃんと農家さんは収穫するのでしょうか?2,3年前に畑一面アーティチョークを植えてた農家さんもあったのですが、収穫には至らなかったもようです。

作ったはいいが、買い手がいなかった・・・?もしくは食べ方がわからなかった?

今回発見した畑では数株程度です。田園都市線沿線のおされなフレンチレストランとかが契約栽培でもさせているのかな。謎です。そのうち地元JAで普通に売られていたりして。

さて、そんな人様の畑のものには手をつけるわけにはまいりませんが、川沿いの土手に自生するコチラは自由に収穫させていただきます。

Cimg4161

ちっちゃい木苺。春先から川沿いのどこに今年は多く花をつけたかチェックしていました。今年は昨年とはちがう場所に大きな籔を形成してくれていました。今年は早朝羊をお供に2日にわけて収穫しました。現在冷凍中。多分、今日もう一度収穫できると思うので、今日の収穫分と合わせてジャムを作ります。ほんのちょびっとしかとれない貴重なジャムは、マカロンに使う予定です。

1年に一度のお楽しみ♪

« さくらんぼのケーキ最終日 | トップページ | ブッター クーヘン »

散歩」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしながらアーティチョークを食べたことがありません。
売っているところにも、レストランのメニューにも。。

中学生の頃かな。伊丹十三さんのエッセイを読んで憧れたものです。鱗片を一枚一枚剥がしながらフレンチドレッシングで食べる。ソラマメみたいな味がするんでしたっけ?

アーティチョークとルバーブ(リュバーブ)は、私にとって「憧れの西洋の味」です。ルバーブは太田愛人さんの「辺境の食卓」だったかな。こちらはジャムになってあちこちで遭遇するけれど…いまひとつ納得がいきません。夢想して憧れた味って強力ですね!アーティチョークもそうかな?某農園さんで作るようになったら、是非ご一報くださいませ。

>さばさん

私にとっての初アーティチョーク体験は閣下と共にいただいたフレンチレストランでの夕食時です。閣下と一緒というところがミソですね。
やはり日本ではあまり使われていない素材なのでしょうか。瓶詰めは成城石井とかでみかけるけれど、どうもアレはあまり評判がよくないようです。某農園、もしくはJAでみかけたら速攻お知らせして買っておきます。

それからここから業務連絡なのですが、ご心配をおかけしておりましたがいろいろ落ち着きました。近々にBABI嬢もお誘いして夕食でもいたしましょう。ご連絡いたします。

ああ!そうか!
昔むかし読んだ本にアルティショウ(朝鮮アザミ)と書いてありました!
あざみだったんですね、言われてみれば…でした。
私もアーティチョークは憧れの野菜です。一度ショーラパンでイタリアものだったか頂いたことがありますが、ハマっこ野菜でいただけるなら本望です。
私も是非連絡下さいませhappy01

鳥の鳴き声で目が覚めるというのはなんとも優雅ですが、オナガのギュイギュイギュイって声はちょっと興ざめねえ。見た目は美しいのに。現在関西では見られない鳥なので、わざわざ見にくる方もいるらしいですよ。

サマータイムの国で、アーティーチョークを食するわたくしです。おほほ。でも花が咲いている様子を見るのは初めてです!
それにしても。ティファニーのテーブルマナー本を子供に贈る父、というのがすてき。しびれます。

>マダム
そうか、アーティチョークを食べたかったらショーラパンにリクエストという手がありましたね。
いや、ほんとうにJAで売ってないかなぁ。あったら即買いですよね。

>さんぱちさん

>オナガのギュイギュイギュイって声

この表現はかなりオナガにたいして遠慮気味だと思います。
私には「ギョエ~ギョエ、ギョエ~」としか聞こえません。うちのマンションの隣の鬱蒼としたお屋敷の庭に群れで住んでます(泣)

>倫敦さん

そうか本場ですものね。こんど写真UPしてぇ!
「ティファニーのテーブルマナー本を娘に贈る父」
字面でみるとなんだかハイソなお父様ってな感じですが、
なぁに当時この本が流行っていただけなんですよ。
当の父は食卓でしょっちゅう母から「お行儀が悪い!」と注意勧告を受けていました。

再コメント。写真アップしてますよーん。
自宅で http://bluepines.exblog.jp/12930011
レストランで http://bluepines.exblog.jp/9856592
おフランスで http://bluepines.exblog.jp/8956021

>倫敦さん

おっと、そういえば!!失礼いたしました。
お皿にのった丸のまんまのアーティーチョークと、私がみつけた畑のアーティーチョークとでは、ワイルドさが畑>お皿ですね。

倫敦さんがお皿にのせているのは、ちゃんと食べ物って認識できます。ふ~む。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/35628911

この記事へのトラックバック一覧です: アーティチョーク:

« さくらんぼのケーキ最終日 | トップページ | ブッター クーヘン »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30