フォト
無料ブログはココログ

« 土曜日の昼間 | トップページ | 奮戦中 »

酷暑の夏の悲惨な話

昨日も蒸し暑くて、9月とは言いがたい気温でしたね。きょうから明日にかけて雨が降ると、それを境に夏の空気と秋の空気が入れ替わるって天気予報で言ってたけど、ホントだな?単に気休めで言っているんじゃないでしょね?

そう疑いたくもなるほど、今年の夏は異常に暑く異常に晴天続きでしたよね。毎日毎日晴れて、毎日毎日暑いと天にむかって「アタシ、なんか悪いことしましたか?それならどうか許して!ごめんなさい!」とつぶやくようになってきました。アブナイ・・・。

TMさんがレッスンにいらっしゃった日も、そんなバカ暑い日で、朝から太陽がサンサンと(いやギンギラと)照りつけておりました。「ル・マルティニック」というバナナ&ラム&チョコレート風味の鉄板の味の組み合わせのムースがその日の課題でした。

ココアスポンジを焼いて、型に敷き、刻んだバナナを入れたムースを流すのですが・・・。
ベースになるミルクと卵黄にゼラチンをあわせたものを氷である程度冷してから、生クリームとイタリアンメレンゲをあわせる手はずが、冷し方が足りなかったようで非常にゆるいものになってしまいました。

エアコンは21℃設定なのだけれど、オーブンを使った部屋は本当に暑くて、想像以上に室温が高くなっていたのだと思います。セルクルから一部流れてしまったムースをあまりのスポンジで外側から土手を築いて止めてとりあえず冷蔵庫へ・・・。(こういうとき何故か私の頭の中では、オランダの堤防の決壊を招く穴を見つけた少年が、自らの手をその穴に入れて決壊を防ぎ故国を救った!とかいう話を唐突に浮かんでいたりするわけで・・・。)

この日、TMさんはご主人の運転する車でレッスンまでいらしていて、ご主人はレッスンが終わるまでそこらで暇つぶしをしていらっしゃるとのこと。きっと奥様の終了を今か今かと待っていらっしゃるにちがいないのだけれど、待てどくらせどムースが固まらないのです!

上からゼリーを流しての仕上げなのですが、ゼリーを流すどころではない状態。

こういう場合、どうするか・・・。登戸の教室だと「最初っからやり直せ~」ってことになるのですが、なにせこの日のTMさんはご主人を待たせている身。それは出来ない相談なので、この日私が11月のレッスン用の写真撮りで作っていたチョコレートケーキをもって帰っていただくことにして、それでもこっちで良いというTMさんには、この暑さ、車で帰る間にこのムースはさらに溶けてしまうであろうことを説明して、とりあえず味の確認が出来るよう容器にその柔らかいムースのケーキの1/4くらいを詰めてお持ち帰りいただきました。

結局、1時間くらいでそのムースはちゃんと固まってくれたので、残ったものをカットして教室のスタッフ達に差し入れ、大変喜ばれたのですが・・・・。

それにしても、TMさんには大変申し訳ないことをいたしました。
やっとこ固まったムースは大変美味しかったのに・・・ごめんなさい。(アタシも食べた)

この課題、午後のSさんの時には上のゼリーを流す時に上手くいかなかったしなぁ。私の中ではタイガー&ホース(わかる?)になってしまいそうで、美味しいお菓子なだけにそうなったら惜しいし・・・。多分来年の春先にリベンジいたします!!

なんにせよ8月の反省としては「酷暑の夏は、暑さを味方にできる課題限定!」「夏場は大量の氷を別に用意しておく!」この2点。
そして夏場に限らず、いつも細心の注意をはらうことを肝に銘じた酷暑の夏でした・・・。

で、本当に明日っから涼しくなるんでしょうね?

« 土曜日の昼間 | トップページ | 奮戦中 »

ブレーメンでのレッスン」カテゴリの記事

コメント

センセー!! トラウマですかぁぁぁ~~!
水曜日は涼しくなるはずだから・・・・大丈夫ですよね。
ル・マルティニックもう一度リベンジしたいです。
来週あたりに作ろうかな!!
マイセルクルどうしますか?

午後のSさん

マイセルクルは大丈夫。
あの日ほど暑くならないと思うので・・・。
保冷剤はしっかりご用意くださいませ。

タイガー&ホースってにっきセンセイ、それ完全におっさんの駄洒落ですわよー
お菓子作りはだいたいにおいて暑さは大敵なんですね。

それにしてもなんて素晴らしい旦那様。

先生こんにちは。
自分のことが書かれててなんだか恥ずかしいです~
今日みたいな天気ならバッチリ固まったのでしょうね!
先生の見本のチョコレートケーキまで頂いてしまいすみませんでした・・・
先生が作られたケーキなので美味しいのは当たり前なのですが
残りを冷凍(!すみません邪道ですね・・・)したら、
すごいおいしくて、あっという間になくなりました。
ちなみに味見に頂いたケーキは、帰りの車のなかで私の胃袋に消えました。
でも ちゃんと固まることがわかってよかったです。
またよろしくお願いします。

>akikoさん

おっさんの駄洒落・・・同じ昭和のよしみで許してぇ。
言ってみたい年頃なのよん。

なんて素晴しいダンナサマ→おまけにちゃんとレッスンが終わったら教室の入っているビルの前までお迎えに来ていらっしゃったの。私達には望むべくもない高待遇なのよ、TMさんは!
ああ、うらやましい。

>たむさん

いやぁ~あの日は本当に暑かったですねぇ。
あとで固まったムースを食べましたが、ちゃんと美味しかったです。先日午後のSさんのレッスンでリベンジのつもりでムースをやりましたが、ぐっと気温が下がった日だったので楽に綺麗に仕上がりました。
これに懲りずにまた来てね~♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/36707729

この記事へのトラックバック一覧です: 酷暑の夏の悲惨な話:

« 土曜日の昼間 | トップページ | 奮戦中 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30