フォト
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

うちは伊達巻屋か!

いとよりのすり身が500g一袋で売っていたのと、卵が豊富にあったことで、なんの考えもなく伊達巻を3本作りました。

Cimg4639

お店で売っているものの約2倍の長さです。

お店で売っている値段を見て驚愕しました。

来年はシュトレン屋のあとには伊達巻屋になって濡れ手に粟を夢見ています。

ちなみに良心的な職人山さんはお堅いブログのほうで材料、作り方などを公開しています。興味のある方はそちらをどうぞ。

今年は卵白の一部を泡立てる、という手法をとってみたら、さらにふっくら上手に焼けました。黒豆も今年は大成功。

お煮しめも煮終わり、現在は豚肉のほうじ茶煮を作成中。

ちなみに12月、私に安息の日が一日たりとも無かったことは言うまでもないです。

クリスマスとお正月のバカヤロー!!

皆様、良いお年をお迎え下さい。

まだまだ終わらない・・・

季節労働は終わった・・・午後のSさん、確かに終わりました。

でもそれは次なる季節労働の始まりでしかないのですよ。

それに今年はそこに辿り着くまでに、思いがけない障害が!!

ま、それはさておき、本当はこれが今年のケーキ仕事の最後になるはずだった、レフアさんのお誕生日ケーキ。疲れてるので、チョコ多めに~♪というメールを直前に頂戴していました。みんなお疲れなのね。

というわけでサービス(?)しちゃいました。アタクシにしてはキュートなケーキです。

Cimg4633

蛍光灯の下でフラッシュ焚いちゃったから、いまひとつですが、チョコレートのタルトです。ココア風味のタルト生地にチョコレートのフィリング、チョコレートガナッシュの組み合わせ♪ラブラブな猫ちゃんをのせてみました。バレンタインにも使えるわぁ(笑)

例年、レフアさんがオオトリをつとめてくださるので、これを発送し終わった後、ワタクシは「さ、次は正月だぁ~」と次なる課題「伊達巻」モードに入ったわけです。そして「いとよりのすり身500g」と丹波の黒豆を購入して家に帰ってから、PCのメールをチェック。

・・・なぜかそこにはさっき後にしたばかりのカタギの仕事場からメールが来ておりました。

ひらたく言えば「ヤマダさん、身分証明書を落としたでしょ、代官山の親切な方が拾ってくれたからその方のところへ電話するように」という内容でありました。

ひょっへ~!!もちろんすぐにお電話さしあげてお礼をもうしあげたのですが、お電話の主は息子さんらしく、実際に拾ってくださったのは電話の向こうで声がするお母様のようでありました。その方がまぁ、なんとも優しいかたで「すぐにお渡ししないと明日、お困りになるんじゃないの?」という声が聞こえます。もう恐縮!おまけに私が取りにうかがうと言っても「きっとわかりにくいから、事務所までお届けする」とおっしゃってくださるじゃ、ありませんか。もうね、本当に親切な方に拾っていただけて良かったデス。

そんなわけで急遽、昨夜、心をこめて焼かせていただきました。

Cimg4634

それと、私のドジの所為で電話を受け継いだりしてすっかり帰りが遅くなったと思われる、珈琲倶楽部の会長殿へもクリスマスクッキーの残り生地でブタさん型クッキーを焼き、その勢いで伊達巻も1本焼き・・・。

今日の夕方無事に身分証をお届けいただき、この焼き菓子をお渡しし、しばし真正代官山マダム(気取ってないの!シャキシャキなの!でもすご~く言葉使いが綺麗で、明るくて朗らかな素敵なかたでした。)と談笑し豊かな気分になりました。

で、これで終わると思うでしょ?

カタギの仕事が終わってから「さ、今日こそ正月の準備だ~!」と玉川高島屋へよって「その蒲鉾と昆布巻きをひとつくださいな」とバッグをあけて財布を取り出そうとしたら・・・。

あ、仕事場の机の中に財布忘れて来た~!!

そんなわけで、ヤマダ、いまだ正月準備にとりかかれません。

柊のモチーフ

今回のクリスマスケーキに多く登場したのが柊のモチーフです。

もともとは登戸の先生のところで初めてのクリスマスの時に線描きしたものを、アレンジしています。

本当は親子レッスンの時に私が描いてあげるだけのハズだったのですが、レアチーズケーキのリクエストが入ったことでクリスマス本番に線描きしまくるハメになりました。

101222a

マスカルポーネを使用したチーズケーキは、卵黄は卵黄で火にかけパータ・ポンプをつくらなくてはならないし、卵白も熱したシロップを入れて泡立てるイタリアンメレンゲだし、1回に使うボウルの数が4個という「洗い物万歳!(泣)」状態の代物でした。

でもそれだけ作り甲斐があるケーキなので、そのうちレッスンにとりあげようっと。

柊のテーマはこれのほかに、例年のガトー・オー・フレーズのお届けバージョンに登場。いつもは上面をラズベリージャムにするのですが、そうすると上の飾り物が動いてしまう、ということが判明したので、お届けに限っては上面をマジパン仕上げにしました。

Nagai1

クリスマス本番前のご依頼の時には↑のようにシンプルだったのですが、本番になったら(比較的近場のご配送だったこともあり)↓のように賑々しくなりました。

101224d_2

で・・・・ここだけの話、何度も何度もこの柊のモチーフを線描きし続けていくうちに、この柊が小さなミドリガメの行進に見えてきてしまって・・・。疲れてたんだなぁ。アタシ。

でも疲労回復した今、「アレは改良して本当のカメにすると、正月飾りに使える!」と!

ま、あとは、ツルの線描きだな。 

山さんのクリスマスケーキ

今年は楽なはずだった・・・。

絶対楽勝で、クリスマスイブの今日なんか、お昼にランチのお寿司を羊(お休みでした)と食べに行って、徳江農場にお節用に干し椎茸を買いにいけるかな、なんて思っておりました。

だけど現実は・・・ふん、そんなに甘くはなかったわ・・・。

21日こそお昼は地元のインド料理屋さんでキーマカレーなんて食べられたけれど、22日は札幌一番の素ラーメン、23日は地元スーパーで買ったおにぎり1個、24日は羊に買って来てもらったスーパーのお弁当だったわサ。

一人で作って配送作業までやってたら、やはり今年の製作数くらいが限度かなぁ、と思います。そんな中、応援メールやらコメントを頂戴しありがとうございます。あすからちょこっとずつお返事をいたします。あ、取りにいらした方からの差し入れもありがとうございます~♪

今年のラストを飾ったのは毎年トリをつとめてくださるSUZUさんからのリクエストのショートケーキでした~。(もうSUZUさん、召し上がっていらっしゃる頃でしょう♪)

101224a

今年はレッドカラントの実を購入できたので、ちょっとおしゃれになりました♪

この他にもいろいろ作りましたが、それは明日の以降お披露目になります。

片付け等終えたのが夜の8時過ぎ。それからやっとうちのクリスマスならぬ打ち上げでした。ラム肉食べて、シュトレンとチーズとオリーブでワインを飲んで・・・。

〆はやっぱり山さんのケーキでしょう!

余ったクリームとガナッシュ、飾り物を総動員しての栗の渋皮煮をつかったブッシュドノエルです。自分達用なのでラム酒をばんばん使いました!

101224b

ま、なんですね、酒を使ったケーキはやっぱ、山さんのケーキに限ります。素直に美味かったデス。(シュトレンもね♪)

クリスマスクルシマズ

いよいよ迫ってまいりました、クリスマス!

恒例の記念撮影です。

Cimg4611

↑のような感じで、今年は逃げ回っていた甲斐(?)があって、少なめです。
ただ、お作りする種類がばらけたことと、ひとつひとつが結構凝ったものになるので、油断していると最後に泣きを見るのはワタクシなので、ここはひとつ褌をギュギュッとしめて、がんばらないといけません。

ま、準備とカタギの仕事とレッスンと、バースデーケーキ製作が重なった先週のほうが今月の山だったようにも思います。

こんなのも作ってましたし・・・。

101219

シュトレンに関しては、作る予定がなかったのですが、某★店主から頼まれたのと、自分のお歳暮用に今年はかすてらではなくこれにしたので、そうした自家需要用に少しだけ焼きました。

ええ~!!知ってたら頼みたかったのに~!!という抗議の声が新潟県柏崎方面から聞こえてきそうなのですが、すまんです。今年はここまでで精一杯でした。
まずは来年、お約束の玉子焼きケーキからお作りしますのでご勘弁ください。

さて、それやこれやで今日からクリスマス生産体制に入ります。しばらくこちらのブログもお休みです。もうひとつの真面目ブログ(最近馬脚が見えてるけどね。)のほうでは過去のクリスマスケーキを例にクリスマスケーキの飾り方なんていうのを載せているので、おうちでケーキ作ろうかな、という方は覗いてみてください。(あまし参考にはならんけどね。)

で、おうちで作ってみて、「う~ん、いまひとつかな。」と思ってしまったら、是非来年はうちの教室へいらっしゃい。3月にはショートケーキをとりあげますよん。(ただ、いきなりショートケーキからっていうのはやめておきましょうね。ちゃんと肩慣らしから始めないと・・・肩こわしまっせ(嘘))

では皆様、良いクリスマスを。

そしてワタクシには神のご加護を!

2010年ラストレッスン

昨日、18日でブレーメンでのレッスンは終了。
なんだかんだで、今年も一年大過なく楽しくレッスンが終われて良かったです。

12月はクリスマス月間ということでクリスマスケーキ用の飾り物を用意して、クリスマス本番にはちょっと早いけれど、可愛く飾りつけをお願いしておりました。

特にガトー・オー・ショコラに関しては、地味なチョコレートケーキなので、、飾りでもつけなければクリスマスっぽくならないし・・・。

レッスン毎に飾り物が微妙に変化するのは、ワタクシの試行錯誤のなせる技です。

こんなのとか↓

Cimg4550

こんなの↓

101214t

こんなの↓

Miyama1

ちなみにオオトリを飾った午後のSさんにいたっては、「飾り物はもったいないから本番に使う!」とおっしゃってまったくの無地のチョコレートケーキをお持ち帰りになりました。

ま、それもアリですね。

楽しい親子レッスンでは、私が線描きで柊を描いて、あとの色付けはASU&MARIに任せました。

しかし・・・コルネにチョコレートガナッシュを詰めて線描きをして、はじめてASU&MARIに尊敬された気がします。(笑)

彼女たちの力作はこちら

ASUKAちゃん(柊の実が縦バージョン)

Cimg4602

MARIKAちゃん(柊の実、下に二つぶバージョン)

Cimg4601

さ~て、来年はどんな課題を取り上げようかな。
そんなご相談も兼ねて来春、カフェ・ハンズさんで新年会を開こうと思っています。

生徒のみなさん、今年一年ありがとうございました。
未来の生徒さん、来年1月8日(土)のオープンレッスンは午後でしたら空いてます。ご検討下さい。

焼き菓子でクリスマス

本日、ブレーメンにて3コマのレッスン。

そしてなぜか全員、取り上げた課題がちがいます。

ま、なんだな、私のブログネタの心配をしてくれたってことですね。(善意に解釈しよう)

マダムに関してはちょっと事情があって、無理やりこちらを選択してもらいました。今年の夏のオープンレッスンの課題だった「トランシュ・ポロネーズ」(通称 玉子焼きケーキ)です。

レモンカードを作ってからそれをバターケーキ生地に混ぜ込んで作る、という作り方。レモンカードにはレモン丸々1個分の果汁が入るので、そんじょそこらのレモンケーキとはすっぱさがちがいますのよ~♪奥様!

さて、綺麗にマダムが仕上げてくれたこのケーキをさらにクリスマスバージョンに仕立ててもらいました。

それがこちら↓

101214o

なに、柊の葉っぱのクッキーと小さなマカロン、そしてクリスマスのチョコプレートを加えただけなんですけどね。

それでもクリスマスの雰囲気は出ます。

ショートケーキ一辺倒のクリスマスケーキより、ちょっとした工夫で飾った焼き菓子のほうがもしかしたら嬉しいかも♪

明日から小出しでレッスン風景も載せていきますね~。

軟式野球ボール

某大学のサークルからクリスマスパーティーでのクリスマスケーキのご依頼を受けた。
そのことに関してはレッスン時にマダムと午後のSさんにお話していたので、お二人は「で、結局どうなったのよ~」と手ぐすね引いて(?)待ち構えているにちがいない。

キッチン山田の表玄関のブログには今朝、写真をUPしたのでもうご覧になっている方も多いと思うのですが・・・。

ご依頼主のサークルの幹事のお嬢さんから言い渡されたことは二つ。ひとつはサークル名をケーキに入れて欲しいということで、もうひとつは「野球ボール」を作ってのせて欲しいというものでした。

ええ、アタシだって聞き直しましたわよ。「クリスマスケーキですよね??」

クリスマスケーキに野球のボールっていうのはどうよ?

でもね、既にうちは大変忙しかったわけで、(焼き菓子倶楽部に突入しておりました)もう抵抗している猶予もなく「わかりました。野球のボールですね?」とお受けした次第であります。

で、聞けばサークルは軟式野球のサークルだとおっしゃる。
ええっと、硬式野球と軟式野球ってたしかボールがちがうんだよね?ってことで、それなら軟式野球のボールで無いとダメじゃん→グーグルで調べる→最近軟式野球のボールがモデルチェンジしたことがわかる→でも第一、軟式野球のボールがいかなるものか知ったのは今回が初めてなんだし→作りやすいほうを作っちゃえ~・・・・といういい加減な思考回路を経た結果下記のようなものになりました。ちなみにこちらはモデルチェンジされちゃった旧タイプの軟式野球ボールであります。(あくまでイメージ)

Angels2

サークル名はクッキーで作ったリースのほうに入れておきました。

ボールはケーキクラムにバタークリームを混ぜたものをエッグスタンドの丸みに入れて冷凍し固め、それをマジパンで包んで細工しています。

そう、以前こんなサッカーボール↓を作ったからその時と同じです。

Kento2

ま、サッカーボールだってモデルチェンジしているから今はこのデザインじゃないわよね。

サッカーボールのほうが大きく見えるとしたら、それはケーキ自体の大きさの違いです。

今回はパーティー用ということでやたらボリューミーでした。クリスマスなんだか、結婚式なんだか、優勝記念なんだかわからん!という出来上がり。満艦飾だわ・・・。
なんかわからんが、メデタサが全面にあふれているから良しとしました。

Angels5

でも、とにかく重くてね・・・。途中の駅まで持っていくのに、腕が抜けるかと思ったもの。

これからうちのケーキはサイズではなく、1キロいくらで売ったほうがいいかもしれない。

ひとまず終了

2010年焼き菓子倶楽部のラスト、後半組が焼き上がり、遠方の方の分はすでに発送。

残るはコレだけ・・・。

ま、オンザロックを飲みながら発送準備を続けます。(後ろにグラスが写っているでしょ♪)

Cimg4534

ひとまずこれで焼き菓子倶楽部は終了。

昨年の10品と今年の4品、とりあえずお菓子のクオリティ、ならびに食玩小説のクオリティは保てたのではないかと(小説はどうでも良いとは思うけれどね)自負しております。

や~れやれ。

お疲れ様、アタシ。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30