フォト
無料ブログはココログ

« お正月リベンジ! | トップページ | かぼちゃのシフォンケーキ »

中学生諸君に全国一斉実力試験を!

仕事帰りに寄ったスーパーの野菜売り場で、紅顔の中学生がケイタイにむかってしゃべっていた。

「ねぇ、おかあさん、ネギってどれのこと?」

買い忘れたネギを部活帰りの息子に頼んだんだねぇ、お母さん。でも、ネギってどれ?ってアンタ!ちょっと!

「あのさぁ、冷奴とかにのっているヤツ?」

確かにネギは冷奴にものるが、この極寒の1月、冷奴を食べるからネギを買ってこいと、わざわざ部活帰りの息子のケイタイに電話してまでネギを買わせるとは思えない。私は心の中で「きっと鍋だよ~、鍋!今日はここにこうして長ネギが大量にお買い得で平積みになっているから、コレを買えば良いんだよ~」とつぶやいていた。

ああ、それなのにそれなのに、紅顔の中学生は、平積みお買い得コーナーの長ネギを軽くスルーして、わざわざお高い万能ネギを持ってスタスタとレジに向かって行ってしまったのだ!

「もし、そこの君!君のお母さんのご所望しているのはコレではないかな?」と長ネギを持って追いかける勇気はさすがに私にも無かった。彼のおうちがもしかしたら本当に冷奴で、万能ネギをお母さんが一日千秋の思いで待っていないとも限らないからね。

でもさぁ、「ネギを買って来て頂戴」と頼まれたら、まず一番ポピュラーな長葱を買わないかなぁ。頼んでいる側は「それくらいわかるはず」と思っているけれど、意外と盲点があるのかもしれない。子供の頃から親に張り付いて八百屋や肉屋にお使いに行っていたアタシらの世代から、ニッポンはかなり遠くまで来ちゃったんである。

子供も親も忙しくて、一緒に夕飯の材料を買いにお使いという機会は激減しているはずである。「うちのお母さんがいつも買っているのはコレ」みたいなコンセンサスは、親が思っているほど出来上がっていないのが現状じゃぁないですか?それにスーパーでポンポン籠に入れるだけのお買い物じゃあ、野菜の名前を覚えているかも怪しいもんです。以前スーパーで私が籠に入れた春菊を、高校生バイトのレジの子がじ~っと見た挙句、「ほうれん草」として処理していたしなぁ。

多分、紅顔の中学生君の家ではこの日、お母さんが「トシオ!ネギっていったら軸が白くて太いあのネギに決まっているじゃない!」と責めるとトシオ君は「そんなのオレしらねぇよ」と不貞腐れていたかもしれないなぁ。

そう、確かに「そんなのオレしらねぇ」なんである。子供世代を責めたって仕方がない。社会が変わっちゃったんだもの、無理もないよね。

姉のところのまあサマ(中学3年生)だって怪しいものだし、同じ中三の息子を持つYUKA姐さんも「あ、うちのも怪しいと思う」って言ってました。

そこで中学生のお子さんを持つお母さん諸君、お子さん方に一度、全国一斉実力試験を受けさせるっていうのはどうでしょう?

試験内容は

  1. 我が家のカレーに入る材料を買ってくる
  2. 急須でお茶を淹れる
  3. 洗濯物をたたむ
  4. りんごの皮をむく
  5. ヒラキになっていない状態の魚を見せて名前を書く(ひらがな可とする)

こんなものでいかがでしょうか?

で、これを赤木春江京塚昌子野際陽子お姑さまあたりに審査していただくこととする。

まぁ、私の身近なところで、姉よ、まあサマに試してみちゃ、どうでしょうか?

*各設問とも20点の配分で100点満点とす。

« お正月リベンジ! | トップページ | かぼちゃのシフォンケーキ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ううむ、我が家の大豆も受験させなければ。
何点以上が合格でしょうか。
しかし結果には
家庭教育のさまがはっきりと表れますね。
くわばら・くわばらsad

春菊とほうれん草の違いがわからないかぁ〜
魚は切り身でしか見たことのない子もいる時代だものね。

なんて言ってますが、私も人のことは言えません。
あれは長期入院をしていた時、昼食にほうれん草のおひたしが出て、夕食にもまた同じおひたしが出たので、家族がきた時にその話をしたところ、「違うんじゃないか」とあっさり言われ、翌日、「1週間の献立」を見つけ確かめたところ、昼はほうれん草のおひたしで、夜は小松菜のおひたしでした。
それからは、しっかり味わって食べるようになりました。
でもこれが39の時の話だから情けないweep

ごめんなさい。投稿者名入れるの忘れました。

私も、小学生の頃はキャベツとレタスの区別がつかなかった私でも
自分でやるようになったら、ちゃんと覚えました。
(いや、ちゃんとじゃないかもしれない・・)

最近はマンションに食材配達のスチロールが
山積みになってるのを見かけます。
親がそれじゃぁ、子供も覚えないよねぇ。

一度、スーパーのレジのアルバイトのお嬢様に
「これ、にら ですよね」と確認された事があります。
思いがけない質問に、すぐに「そうよ!」と答えられませんでした。
こんな私が審査員で良いのでしょうか?
それに、美人の姑野際陽子だと相手は浅野さんになってしまい、
それも納得がいかない!!(笑 笑 笑)♪

>マダム

いえいえ合格点が何点とかではなく、その子の実力を認識してみる、という点が大事なんざます。
そうするとお使いに出すときにどこまで詳しく説明するのか目安になります。ねぎま鍋にしようと思っていたのに、万能ネギを買ってこられて涙する・・という事態は避けたいではないですか!

>hiroさん

あはは・・ホウレンソウと小松菜のおひたしの味の差は多分上級者向け問題になるかと思います。
ちなみに私はホウレンソウのおひたしのほうが好きかな・・・。
小松菜は油揚げと一緒に煮るのが好き~♪

>hirorin

うん、みんな忙しいものね。
だからたまには一緒にのんびりお使いに行ってアレコレおしゃべりしながら買い物するのがお勧めですよね。
こんなこという私も魚は切り身で買うことがほとんどだしね~。我が身も含めてちょっと反省。

>野際陽子お姑サマ

「ニラ」は「ニラ」以外、何に見えるのでしょうか。「それはもやしです」と断言すればもやしの値段でレジを打ってくれるのでしょうか。それならいいけど・・・。(笑)

これ、中学だけじゃなく、高校生、大学生、一般でも面白い場面がいっぱいみれそうですね! 笑


案外お母さん、お父さんも間違って子供に突っ込まれたりして。

でも、切り身や調理済みのものばかり見てると自分たち人間が他の命を取り込んで生きていると言う当たり前の事を忘れてしまうのが、本当は怖い気がします。
よく鳥を絞めるのを見て食べられなくなったとか、動物は殺すのが可愛そうだから植物でとか、狩は野蛮だとか言ってる方々がいらっしゃるのは、私には嫌な感じがしてしまいます。
勿論選択の自由は尊重しますけど。

命を奪って取り込まなければ生きていけないのが人間です。
勿論石油などから作られる人工のものだけ食べていくんだと言うなら今は可能なのかも知れませんが。

わたしはちゃんと命と向き合って有り難く食すがいいと思う。
植物だって当然生命はあるし、狩は本来の姿。養殖って魚にしろ家畜にしろ「食べられる為だけに生かされてる」って事ですよね、極端に言うと。SFで人が食料なんてのがありますが、飼われてるのが人間だったらって思っちゃうんですよね。・・でも食べるけど 笑
其処行くと狩は狩られる前は自由、そして戦ってですから、自分が動物ならそっちがいいな。

肝心なことを書き忘れました。

飽食の時代。
溢れんばかりに並ぶ食材は豊かさの象徴ではありますが、多くのものが捨てられてるのも事実。

命がなんの役にもたたずに捨てられていくのは何とも嫌な気分です。

そう言う意味でもデカイスーパーで買うより地域に密着した個人経営のお店で無駄が少なくなる方が目指す方向なのではと思ってしまいます。
一応私はそう言ったお店でなるべく買う様にはしてますが。
人間の最後は「とん」の様に全てを食い尽くして(資源も食料も)終わるのでしょうかねぇ・・・
いや、人間はそこまでバカではない!と信じたいです。

>Benさん

人間は他の生き物の命をもらってしか生きられない・・・宮沢賢治の「夜鷹の星」を思い起こします。
ちゃんと食べなければ。
今朝(1/28)の朝日新聞のリレーオピニオンの欄に「食べ物に効用ばかりを求めてはいけない」という趣旨の論説があったのだけれど、「食べ物は美味しく食べる」ことが第一義である、というところに私も深く頷きました。
命をいただいている以上、みんな身にするくらいの気概がなくっちゃね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/38619567

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生諸君に全国一斉実力試験を!:

« お正月リベンジ! | トップページ | かぼちゃのシフォンケーキ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30