フォト
無料ブログはココログ

« 清貧の食卓(例外もアリ) | トップページ | ご連絡(羊を信用していないわけじゃないけどね) »

たまプラーザでフレンチ

清貧の食卓から私だけちょっと抜け出して、たまプラーザでフレンチでした。

母の誕生日だったのよ。

普通だと私が母達の住むほうへ行くのですが、この日は午後からブレーメンでレッスンをする予定が入っていたので、母と姉にたまプラーザまで来てもらったわけです。

ゆっくりと落ち着いてお祝いランチが出来る店・・・と頭の中であちこち探ってみたのだけれど、私の頭の中の検索機能ではこれといってヒットせず。
考えてみれば改まってたまプラーザで食事なんてしていないのだから無理もないです。

いつも行く韓国料理屋さんだとかトンカツ屋さんや蕎麦屋、スペインバルはともかくとしても、ちょっと思いつくイタリアンやらこじゃれた店はたまプラマダムやあざみネーゼで混んでいて落ち着かないし、あざみ野方面の「馳走きむら」や「KARUTA」では、私がブレーメンまで戻るのに時間がかかりすぎるし・・・・・。と迷った挙句、ネットで検索したら、あら!灯台下暗し!

ブレーメンの入っているビルの目と鼻の先にありました!

TERA’S

Cimg4812

入口は狭いけれど中は居心地が良い空間が広がります。

Cimg4808

オープンしてもう23年になるそうです。たまプラーザ東急がオープンしたての時、ここは評判の良い美味しいイタリアンのお店でした。その頃はよく行っていたのだけれど、フレンチになってからは何回か通って、その後、足が遠のいていました。母とは来たことがあったようで、母は「ああ、ここ来たわね~」って懐かしがっておりました。

ランチコースの中でも一番軽い(安いとも言いますね)コースをお願いしました。

前菜とメイン(肉か魚かどちらか)とコーヒーのコースです。前菜は5種類(だっけ?)から選べます。この日、私と母が選んだのはホワイトアスパラガスです。

Cimg4809

なめらかで美味しいアスパラガスでした。春の香りねぇ~♪
ちなみに姉は「茄子とホタテ」をチョイス。
母に「アナタ、茄子が本当に好きねぇ」と言われた姉、「ホタテが好きなんだってば。」と反論。この茄子もおいしそうだったけれど、彩りではアスパラが勝っていましたね。あと、エスカルゴもあって迷った~。(きっとこの日が寒くて曇天だったらエスカルゴにしたと思う。)

メインは羊好きな私が選んだのは「子羊のカツレツ」

Cimg4811

肉の間にフォアグラが挟まっちゃうところがフレンチ!ですね。「フォアグラ挟まなくてよいから羊2切れにしておくれ」なんて、言っちゃいけないんです、たまプラーザでは!(笑)

食後のコーヒーも美味しく、お土産に小さな焼き菓子まで貰っちゃいました。

店を仕切るのはオーナー夫人で、華やかであたたかい接客ぶりでした。この町で23年続くだけのことはある、しっかりしたお店で、今回のようなお祝い事にはちょうど良いかと思います。気取らず、でもしっかり美味しいものが食べられて、なにしろこの町では貴重な落ち着いた空間が嬉しい!

私だけちゃっかり赤ワインを飲んで、それからレッスンに行きましたとサ。ごちそうさまでした♪

こんどは留守番だった羊を連れてきてあげようかと思います。季節ごとに料理が変わって美味しいんだろうな~と・・・。まぁ、ブレーメンのレッスンの合間に食べるランチではないけれどね。

« 清貧の食卓(例外もアリ) | トップページ | ご連絡(羊を信用していないわけじゃないけどね) »

素敵なこと」カテゴリの記事

コメント

まぁ、お母様お誕生日おめでとうございます!
楽しそうな笑い声が聞こえてきそうです。
しかし、お一人足りないような・・・そう、カナ姫様が!
きっと、泣いていますね(笑)
センセイが羊好きとは!納得です。

>午後のS様

KANAKOさんがたまプラでフレンチデビューするなんて10年早いってぇもんです。来年、受験が終わればなんでもアリなんだとは思いますが、今は塾でたんまりお金を使っているからねぇsmile

お母様、誕生日おめでとうございます。

えっと23年イタリアンからフレンチになってもオーナーは変わらなかったのですか?

確かに天気や気温でチョイスするものが変わる事ってありますね。

私も羊好きです!
子羊も悪くはないですが、大人の羊がもっと好きです!

>Benさん

ごめんなさい、書き方が悪かった!
イタリアンのお店が抜けてそのあとにこの店が入ったのです。
それから23年がたちました。
私は今27歳を自称しているので、4歳以前にイタリアンの店に入っていた計算になりますね。あはははは~coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/39021715

この記事へのトラックバック一覧です: たまプラーザでフレンチ:

« 清貧の食卓(例外もアリ) | トップページ | ご連絡(羊を信用していないわけじゃないけどね) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30