フォト
無料ブログはココログ

« 日曜日はフォンダンショコラ | トップページ | 清貧の食卓(例外もアリ) »

ドレスアップ!

まず、超私信です。「蓋を開ける前にこれを見ちゃぁいけませんぜ。」
蓋を開けて現物を見て、それから食べる前に読むことをお勧めいたします。

↑は、ご依頼主様だけのハナシ。みなさんはさぁさぁどうぞ指をくわえて(?)ご覧下さい。

まず、ベースになったのがこのケーキ

ツイートローネンザーネトルテ

Lemon

先日、登戸の教室で作ってまじめブログのほうに載せておりました。

ツイートローネンザーネトルテ=レモンと生クリームのお菓子というそのまんまのネーミングでございます。まじめブログのほうには詳しく書いたのですが、非常にシンプルながら、お稽古ケーキとしては押さえるポイントがいくつもある、非常に優れた教材であります。

お味もすっきり爽やか~♪で私の好きな味わいです。

そして「コレ、作って欲し~い!」と、とあるところからオファーがあったわけです。

「合点だぁ~」と山田営業本部長がふたつ返事で引き受けようとしたところ、職人山さんから「ちょっと待て!」と声がかかりました。山田営業本部長が渋い顔をしてそのわけを聞いたところ、山さん曰く「これはこれで確かに美味いが、自家用ならともかく送料までいただいてお出しするにはあまりにそっけない。普段着で嫁に出すようなもんだ。」

「嫁に出すなら、それなりの支度ってぇもんがいるでしょう。」とのお言葉。

そんなわけで、このシンプルなケーキを嫁に出す為の支度が始まったわけであります。

山さん曰く「単に白粉を塗りたくったような支度なら、する意味がない。」ええっとつまりクリームを塗ったり絞ったりというだけのデコレーションだけならやらなくても良い、ということですね。

「このケーキのポイントを際立たせるようなものにしなくては」だそうです。これはなんといっても「ツイートローネン=レモン」の爽やかさがポイントのケーキなので、ベースのケーキのスポンジがコーンスターチ入りの軽い生地を2枚使うだけのところを、シートスポンジを焼き、3.5センチの帯状に切り分けたものにレモンジャムを塗って重ね冷した上でカットして、それをセルクルの内側にずらっと並べて側面といたしました。(って言葉で書くとメンドクサイけど、箱根の寄木細工みたいなもんです。あんなに大変じゃないですが。)

そのためにまず国産レモンをジャムにするところからお支度は始まったわけです。今回のジャムはちょっとゆるめに作りました。だからスポンジがけっこうジャムを吸って、程よく柔らかくなったような気がします。側面にしただけではかなりスポンジがあまりますので、それは中のムースに仕込むことにして、底面のスポンジは別に1枚焼いています。(コーンスターチではなくアーモンド粉入りにしました。そのほうが少ししっとりします。)

ムース自体もベースとなったケーキは卵黄&ミルク、砂糖、レモン果汁、オレンジキュラソーにゼラチンを溶かしたものを泡立てたクリームと合わせるものなのですが、今回はミルクではなくフレッシュなオレンジ果汁に少し白ワインを加えたものに、オレンジキュラソーはグランマルニエにワンランクアップしております。そのなめらかなムースの1/2量をセルクルにセットしたスポンジの上から流し込んでだら、先ほど残ったレモンジャムをサンドしたスポンジをカットしたものを散して、さらに残りのムースを流して固めます。

上にレモン風味のゼリーを流して仕上げるのですが、今回ここで初めて華やかな花嫁衣裳らしいデコレーションを施しました。

桜の花を散したのです。まだね、桜の季節ではないけれど・・・。梅の季節だけれど・・・。
(ブレーメンの4月の課題の写真撮りにも使えるってタコ社長が知恵を授けちゃったんですよ。まったく!)

そんなわけで、花嫁らしいお支度が出来ました。

もうそろそろ届くころかな?

桜咲くツイートローネンザーネトルテ

2011sakura3

2011sakura1

本来のケーキの持ち味を無くさずにドレスアップできた、と思っているのですがいかがでしたでしょうか。

ちなみにこの桜の意匠を4月のレッスンでは白いチーズケーキでやるつもりです。その時はさらに贅沢にマリエンホーフ社の「桜リキュール」を使ってゼリーを作るつもりです。生徒の皆様、お楽しみに。

« 日曜日はフォンダンショコラ | トップページ | 清貧の食卓(例外もアリ) »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

届いて、現物を見て歓声をあげて、
食べてからこちらを拝見しています!
(見たら即食べで、こちらに参る余裕がありませんでしたのです)

なんの飾りのないもとの写真からでも
「これはおいしいよ~」という雰囲気がしていましたが、
開けてびっくり、なんて素敵におしゃれしてきてくれたんでしょう!

説明を読んで感激もひとしおです。
レモンジャムを作るところから始まっていたなんて。
そうなんです、ジャムを吸ったスポンジがムースの中で
なんとも良い存在感を持っています。
本当にさわやかでおいしくて大好きなケーキになりました!
どうもありがとうございました。

>うちだサマ

こちらこそありがとうございました。
桜の花に仕込んだグランマルニエの香りにも気付かれたとはさすがです。
うちの羊には「桜・・・伊豆で河津桜が咲いてなかったから、ここに咲かせたの?」なんて言われました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/38945236

この記事へのトラックバック一覧です: ドレスアップ!:

« 日曜日はフォンダンショコラ | トップページ | 清貧の食卓(例外もアリ) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30