フォト
無料ブログはココログ

« カップスープとお稲荷さん | トップページ | 濱の衆へ緊急告知(訂正アリ) »

羊慰安旅行

思えば昨年の紅玉りんごのシーズンから今年のバレンタインまで、ひっやぁ~!!という忙しさだったのですが、ふと傍らを見れば、うちの羊も11月頃から休日出勤につぐ休日出勤で、相当毛並みもほつれ、ボロボログスグス。かなり毛も抜けてしまった有様。

こういう時は「そうだ、温泉に行こう!」ということで、羊慰安旅行であります。
たった一泊だけど、お手近な伊豆だけど、楽天トラベルで申し込んだ格安チケットだけど。

私が一度見てみたかった伊豆稲取の吊るし雛を見に、まずは伊豆稲取へ。

フライイングベイビィ~♪

110215c

フライイング金目鯛~♪

110215b

フライイングうさぎ~♪

110215a

私よりちょっと前に伊豆を訪れていたakikoさんも書いていらっしゃるように、吊るしてあるものにはそれぞれちゃんと謂れがあります。お節句を迎える女の子が丈夫に育ちますようにとか、悪い虫がつきませんように(虫除けトウガラシ)とか、 将来お金がたまりますように(巾着・俵ねずみ)とか、長寿を願って(柿・鶴亀)とか、とにかく願い事が具象化された飾り物がぶら下がっておりまする。

今も昔も「とにかく丈夫で、変な虫がつかないうちにお金の苦労のないところへ嫁いで、蓄財に励み子宝に恵まれ、長寿を全うしてほしい」と、娘に願うことはあまし変わらん・・・。

伊豆稲取は日本三大つるし飾りのひとつだそうで、その他の山形酒田の傘福、九州柳川のさげもんも一緒に展示してありました。

酒田の傘福にさがっていたスルメ↓が可愛かった!

Cimg4771

こうした飾り物を吊るしている紐自体も赤いし、赤は厄除けの意味があるので飾り自体赤い色が多用されています。

だから会場全体がほの赤いの。

110215d

ひとつひとつ見ていると飽きないです。

でもね、町全体で各おうちの軒先に飾られていて・・という姿を想像していたのは、甘かったです。庭先に飾られている・・・のではなく売られているのよ。呼び込みもしてるし。風雅なものとはちょっとちがうかな。もちろん観光地だから、そりゃぁ仕方ないよね。

大きな声ではいえないけど、町自体はちとショボイ。過大な期待をして行ってはいけません。河津桜とセットで見るのがちょうど良いのかも。でもその頃はきっと激混みかも。(今年はまだ桜は一分咲きで、私達は残念でした。)

羊慰安旅行は、温泉に羊を浸けることが第一目的だったので、観光はほどほどに、あとは北川温泉のお宿でお湯にちゃぽんと浸かって、美味しい刺身を食べてまたお湯にちゃぽんと浸かってたっぷり寝て、また朝日が昇る海を見ながらお湯にちゃぽんと浸かって、朝食の鯵の干物を頭からバリバリ元気に食して・・・帰ってきました。

平日ということもありお宿はほとんどが女性客。男湯はほぼ羊の貸切状態だったらしいのですが、私は一時はトドの群れの中でコソコソとお湯を使うカワウソ状態でしたとサ。

食べたものは今回はどれも美味しくて、その点では羊の慰安になったと思います。
さ、また稼いでもらわなくっちゃ~♪

« カップスープとお稲荷さん | トップページ | 濱の衆へ緊急告知(訂正アリ) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

羊さんもすっかり温泉で毛並みも良くなって初夏には羊さんの散髪ショーが見られるでしょうか?

去年は桜が早かったようですね。
まったく。
自然が相手だからどうにもならないんだけど。
これがまた盛りで人がわんさかというのも閉口しちゃうしね。
空いているという分にはのんびりできてよかったのかも。

リンクありがとう~~~♪
スルメは気がつかなかったよぉー

今までに二度行きましたけど、観光バスがバンバン来て、街自体ごった返し、昼ごはん食べるのもままならない混みっぷりだったです。確かに個人のお家で見られるのはほんとわずかでしたよね~。地元の人にこそっと聞いた話では、最近は中国産のつるし雛様を置いている店もあるとか。人気ですぎちゃいましたかね。ワタシがしみじみ思ったのは、この地域に嫁いだらこれ作らなきゃいけないんだ~、ってことです(笑) 温泉行きたい~。北川温泉レポートはなし?

>akikoさん

akikoさんの綺麗な写真に比べたら、悲惨な写真なんだけど、アタシタチがどこに注目して吊るし雛をみていたかがわかるでしょ?あかちゃんのお尻~とかキンメダイ可愛い~♪とかそんなノリで見てました。酒田の傘福にはスルメ以外にもなぜか「蝉」もぶら下がっていて、「?」でしたよ。
河津桜はうちのほうにも1本木があるから、それでガマンすることにしました!

>さんぱちさん

そっか、ここに嫁いだらこの大変なのを作らないといけないわけね。そりゃぁ大変だ!
今回は伊豆稲取まで行っておきながらキンメダイを食べなかったことだけがちょっと悔やまれます。(鯵ばっかり食べてました。貧乏症?)
「北川温泉レポート」はね、集団のトドに囲まれるとカワウソはかなりビビル・・・という一文で要約できますデス。

おー、にっきさんも伊豆に行っていたんですかぁ。
ご主人さまも元気復活になりましたか?

なるほど、目出度いもの、だじゃれ等何でもありな感じで吊るされているんですね。
そして目が追うものは人それぞれ 笑

>Benさん

羊、すっかり元気になって帰ってきて、その日のうちに重いブラウン管テレビを家から駐車場まで運び、新しい地デジ対応テレビを購入して設置し・・・っていうことをやってたら、また疲れ切った様子でありました(笑)

吊るし雛飾り、ちょっと欲しいデス。キンメダイとウサギと俵ネズミの組み合わせで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/38916740

この記事へのトラックバック一覧です: 羊慰安旅行:

« カップスープとお稲荷さん | トップページ | 濱の衆へ緊急告知(訂正アリ) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30