フォト
無料ブログはココログ

« 3月12日のかすてら | トップページ | イベント第1弾は »

かすてら NO.7とNO.8

画像はありません。本体もたぶん今日はご依頼主の胃袋に直行すると思います。うちには端が残っているだけです。

登戸で焼いたNO.7とNO.8のかすてらは、自分でも良い焼き上がりだと思いました。

日曜日の午後は私だけのレッスンだったので、PC仕事をする先生との静かな教室でありました。(後半、先生はTVでお馬さんが走るのを熱心にご覧になってましたが)

それだけに集中できたのかもしれません。初めて生地の声が聞けた・・・ような気がしました。泡切りをするときに生地の硬軟の差が手にしっかりと伝わった、感触としてリアルに生地の状態をつかめたように思えたのです。今まではなんとなくわかる、という程度だったので、これは初めてのことです。(何年も焼いてきてやっと・・・ってことで、つくづく牛歩。)

2枚焼くとどうしてもどちらかが散漫な出来になるのですが、今回はどちらもほぼ同じ焼き上がり。これも珍しいことです。

先生の評価は100点中97点と96点の出来。

先生に褒めていただけるのもめったにないことなので、大変光栄なのですが97点と96点のその差は、NO.8のかすてら(これが96点)は、生地が静かすぎた・・・との講評。

「静かすぎた」という表現・・・・まるで禅問答のようであります。

季節が変わると、また生地を変えねばならずこの焼き方でOKというわけでもないところが悩ましいのですが、少し先が見通せてきたかな、という今回のかすてらでありました。

本日お手元に届くお二方、どうかご賞味くださいませ。

そして、震災の影響でお届けがまだできていない、3月分お申込みの残りのお三方、しばしお待ちください。なるべく早くお手元にお届けできるようにいたします。

« 3月12日のかすてら | トップページ | イベント第1弾は »

2011年 かすてら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/39405088

この記事へのトラックバック一覧です: かすてら NO.7とNO.8:

« 3月12日のかすてら | トップページ | イベント第1弾は »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30