フォト
無料ブログはココログ

« ハプスブルグ家とスミレのリキュールと実演販売(?) | トップページ | イベント打ち合わせ♪ »

2011年パンダ事情

3.11以前、アタシら「ランカン世代」(ランラン、カンカンの初代パンダカップルがはじめてのパンダとの遭遇だった昭和世代ですわ)にとっては、今回来日するシンシン、リーリーを見に行くかどうかが、大きな議論の的でありました。

「見に行く?」と言いながら、なんか歯切れが悪かったのはなんででしょうかねぇ?

ランラン・カンカンへいまさら義理立てするのも変な話だけどね。でも、このパンダへのいまさらな熱狂ぶり(あくまで3.11以前の話)に、どうも居心地が悪かったのよ。

確かにランラン・カンカンは大人気だった・・・でもそのあとの子たちのことはみんなどれくらい覚えているのかなぁ。ランランが死に、カンカンが超美人のホァンホァンを後添いにもらっておきながら若死にし、後家さんになったホァンホァンのところに、かなりのおっさん、フェイフェイが再婚相手として登場して、3頭の子宝に恵まれるも、1頭目は生後すぐに死亡、2頭目のトントンのみ手元にのこし、3頭目のユウユウは北京動物園に里子に出され、かわりにトントンのお婿さん候補としてリンリンが来日。しかしトントンは子を生すことなく死亡。残されたリンリンはメキシコに見合いに行くも婚活に失敗。押しかけ女房のようにして来日したメキシコパンダのシュアンシュアンにかなりしつこく言い寄られるも、そのあまりの積極性に恐れをなして結局カップル誕生ならず・・・享年22才7か月で死亡。こうして上野のパンダ一族は絶えたのであった・・・っていうまるで大河ドラマのような歴史を果たしてどれくらいの人たちがそらんじて言えるというのでしょうか!(アタシだってうろ覚えだったもん。)

おっさんパンダ、フェイフェイが上野にいたころには、もうパンダ舎のまわりは特別に混んでもいなかったと思います。パンダでも「むさくるしいおっさん」という概念が成り立つんだ、という感慨を胸に、寝転んで尻をかくフェイフェイを長いこと見ていた記憶があるもん。

まぁねぇ、それでもパンダ来日は数少ない明るい話題だったから、延期されていた公開が行われて、パンダ見たさに長蛇の列・・・という報道には「ああ、パンダが見られて良かったねぇ、みんな。」と素直に思いました。

素直に思ったけれど、ランカン世代は「やっぱ、ランランとカンカンのほうが可愛かったんじゃねぇ?」とひそかに思うのであります。(これはランラン、カンカンは2頭とも子供のころに来日したから、かわいかったのは当たり前なんだけどね。)

本来、今春の上野は桜とパンダが一緒になって、盛り上がるはずだった・・・と思うのだけれど自粛ムードでお花見は中止。なんとなく来日したパンダ達も影が薄くなっちゃってかわいそうな気もしてました。

そう思って今日上野(松坂屋の食品売り場に行っただけ)に寄ったら「桜パンダ祭り」をやってました。あはは~可愛いじゃん。

コロンバンで採取「桜パンダシュークリーム」

Cimg4967

お味は・・・もちろん、普通のシュークリームのほうが美味い!と太鼓判を押す次第であります。でも良いの。桜パンダ祭りなんだもん。

そのうち平日の閉園近くの時間帯を見計らって、新パンダカップルを見に行きますか。

« ハプスブルグ家とスミレのリキュールと実演販売(?) | トップページ | イベント打ち合わせ♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わぁ、桜パンダシュー、超かわいい~~heart02

パンダ好きの私ですが、上野パンダ一族にそんなドラマがあったとは、知りませんでした。面白かったですhappy01
ほとぼりのさめた一年後くらいにはパンダを観に行きたいなぁ~と思っています。
そして、リンリンカンカンを言おうとして、リンリンランランと大きな声で言ってしまったのも、私です。。。。coldsweats01

パンダシュー、ニヤリと笑っているような・・・(笑

パンダ好きではありますが、数年前に南紀白浜へ行き
赤ん坊パンダうじゃうじゃ状態を見てきたので
ま、今更いいかなぁという感じです。
あ、もちろん歓迎はしてますけど♪

自粛はわかるんだけど、ある程度経済も回さないといけないし難しいところですよね。
浮かれる気持ちにならないのは確かですけど。

>るるさん
 
>リンリンランラン♪・・・はまずいよ、そりゃぁ。
あのコマーシャルに反応する世代、というとこれまたかなり狭められちゃうからね。(ああ、けっして平成世代には通用しないフレーズだよねぇ。私も歌えちゃうけど、当然!)

パンダ、GW過ぎたら、もう大丈夫じゃないかな?

>つむぎさん

赤ん坊パンダうじゃうじゃ、それはうらやましいなぁ。
赤ん坊のころはどんな子たちもそりゃぁかわいいけど、パンダにいたってはヌイグルミ以上に可愛いですよね。

今回のリーリーはかなりのイケメンパンダだ、と言われていますが赤ん坊パンダほどの魅力はやはり無いなぁ。
飲みや歌えやの花見の自粛は仕方ないけど、桜をめでる花見はどんどんやるべし、と思います。今朝も朝から近所の桜訪問してきました。うちのほうは今日でやっと8分咲きです。

こんにちは。勝手口から、お邪魔いたします〜
m(_ _)m

私も当然ながらの“リンリン♪ランラン♪”世代でありますが、上野パンダ一族の大河ドラマ最終章は記憶していませんでした。

当時、大きく印象に残っているのは“デカイ”“白い毛が汚れてる”“目付きが少々恐い”であります。
子供の頃はメチャ可愛いのにね、成長過程に人知らぬ苦労が有るのかもしれません。

個人的には、“尻を掻いているオッサンパンダ”に親しみを感じてしまうのですが…(笑

桜パンダシューを見て、レッサーパンダを思いだしました。
一時は大人気でしたが、今や“直立”しませんと黄色声援もかから扱いで…
無芸な私としましては、こちらも身につまされる話であります。f(^^;

>いその爺様

むさくるしい勝手口からおいでいただきありがとうございます。

そうです、わたくしもレッサーパンダが気になっておりました。
パンダがいないここ何年間かはパンダ舎はレッサーパンダの住居でありました。
パンダが来日したことによって、レッサーパンダは快適な住居を奪われ、いったいどこへ住まわされているのか、それも合わせて調査しないといけない!と思っております。

また、節電がうたわれている今日でも、パンダ舎の床暖房はつかわれているのか!そこも調査しなくては。
ちなにみ、パンダだって床暖房でぬくぬくしているのに、何故私の職場環境はこんなに寒いのだ!と職場の上司に訴えたところ「パンダは国賓だから」の一言で却下されました。(泣)

わたしの記憶はトントンまで。
もちろんトントン以前です。
行列して初めてみたランラン・カンカン(どっちだかわからん)はオシリが黄色くて「パンダは白くないんだ…」とショックを受けたこども時代のわたし。
初対面の印象が悪かったせいか、イマイチ新しいパンダウェーブに乗れません。

にっきさんこんばんは。

実は・・・本物のパンダ見た事ありませーん。
いや、おはずかしい。
勿論世代的にはランラン、カンカン世代ですが、どうも動物園に行くのが苦手で・・・
行くと楽しいと言うより、とっても辛くなってしまうんですよ。
特に一頭とかで飼われている動物をみると、タマランですね。
反対の立場だったら、例え殺されても脱走をはかりますぜ!
パンダシュークリーム、派手な泥棒メイクの白熊みたいで可愛いですね!

知りませんから。
カンカンって帽子?(これも今は通じない?)
リンリンランラン龍園なんてぜーんぜん知りませんから。

人寄せパンダとはよく言ったもの?

>レフアさん

パンダってやっぱり黄ばんじゃうんでしょうか?
お尻から?

長い時間見る分にはやはり、パンダより猿山のサルのほうが面白いですよね。

>Benさん

うちの羊も「動物園に行くと悲しくなる」クチです。
きっと男性のほうが繊細で優しいのだと思います。

女は・・・。
世間の女性の常日頃の夫に対する仕打ちでもわかるでしょ?

>akikoさん

すでにカンカン帽って言ってる時点でダメだから。

ところで龍園ってまだあるの?
イケメンパンダを見た後で龍園で宴会っていう昭和な女子の女子会っていうのも良いかもね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/39548711

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年パンダ事情:

« ハプスブルグ家とスミレのリキュールと実演販売(?) | トップページ | イベント打ち合わせ♪ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30