フォト
無料ブログはココログ

« チャリティイベント無事終了 | トップページ | ワインとリキュールと(その2) »

ワインとリキュールと(その1)

1日のイベントの目玉は、お菓子にワインとリキュールを合わせてみよう♪というお酒とスイーツのマリアージュだったわけですが・・・。

私がちゃんと最後までご案内しきれず、あのワインの銘柄は何?という質問が会が終わってから某所より来ました。

いいかげんなことは言えないので、エスポアしんかわの竹ノ内さんに急いで質問!

早々お返事を頂戴しましたのでここにのせておきますね。

まずオープンレッスンで作ったチェリーを入れて焼いたフォンダンショコラ

Event3

これに最初に合わせて、みなさんで試飲した辛口の赤ワインが「ランガラン・キュベ・ケトン」ちなみにお値段は4800円

竹ノ内さんが「本当はスイーツには基本甘いお酒なんですよ」といって、次に試飲させてくださったのが「ラルジョル・パレ・ロワイヤル」 甘口の赤です。500mlでお値段4200円
これ、本当にフォンダンショコラに合いましたね。ガバガバ飲むタイプのお酒ではないのでじんわり楽しめそうです。

エガディナーヌッストルテなどの焼き菓子に合わせて持ってきていただいていたのが

Photo_2

「クロ・バガテル VDN(ヴァン・ドゥ・ナチュレ)」500ml 3150円

ほら、このVDNって竹ノ内さんがおっしゃっていらしたアレですよ、アレ。発酵の途中でアルコールを添加したワイン。発酵が浅いほどブドウジュースに近くて「甘い」ってセンセイがおっしゃってましたよね?ちゃんと覚えてますか~みなさん!マダムが焼いてきてくださったトレス・リュスなんかにもこれが合うかと思います。

そして渾身のすり鉢、すりこ木作戦で作った、
スミレのリキュールのゼリーを飾ったブラマンジェ

Veilchen2

これに合わせて持ってきてくださっていたのが
「マルチノル アンセストラル 」750ml2310円
甘口のスパークリングワインです。
コレ、帰りに余っていた1本を購入して帰った女子1名を、私は知っている!おうちで是非、ブラマンジェをお作りなさい。すり鉢とすりこ木で。

ローゼンリキュールを使った苺のケーキ

Photo_3

これに合わせたのが「ルスティケット・ロッソ」750ml 1500円
赤の微発泡性ワイン。

私は会場ではこのケーキくらいしかゆっくり食べられなかったので、ワインもこれしか飲んでいないのが悔やまれます。シュワシュワと軽く、華やいだお味でした。
これだったら気軽に苺のショートケーキや苺のタルトと合わせて飲めますね。

そしてかなりマニアックなお味だったはず。オレンジとウィスキーと生姜を効かせたチーズケーキ「ケーゼ・ヴィスキー・トルテ」

Photo_4

これにはなんと竹ノ内さんたら、日本酒を合わせてきました!

「木戸泉 純米アフス」500ml 1155円

ああ、水戸泉ってお相撲さんがいたなぁ~なんて感慨にふけっているわけにはまいりません。だから~!水戸泉でなくって木戸泉だってば!という訂正がしんかわさんから入りました。我ながら大笑い!皆様、水戸泉ではなくって木戸泉ですわよ!)私、イベントで残ったこの日本酒を家に持ち帰っているんですもの。これは・・・ケーゼヴィスキートルテを焼かないと・・・いけないわ。是非試してみたい。

いろいろ試してみてお気に入りの1本が見つかったラッキーな方、これで銘柄が分かったかと思います。ちゃんとメモしておいてね。ちなみに竹ノ内さんには事前に「フォンダンショコラ」「ブラマンジェ」「エガディナーヌッストルテ」「フロマージュブラン」「ケーゼヴィスキートルテ」をお届けして味を見ていただいたうえで選んでいただきました。だから確かだったはず。

午後のSさんやマダムは完全に裏方仕事に回ってしまってたし、私も無駄に右往左往していて、肝心のマリアージュを楽しめていなかったことに今頃になって臍をかむ思いであります。

ああ~、もう一回誰か企画してくれないかな。

エスポアしんかわさんへはコチラからどうぞ。

リキュールのご紹介は明日に続きます♪

« チャリティイベント無事終了 | トップページ | ワインとリキュールと(その2) »

イベント告知」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。夜中に見てはいけない写真ばかり。お願いですからまた企画してください。絶対に参加したい!!

>さんぱちさん
お帰りなさい。お互いにちょっと残念な1日のお天気でしたね。

>お願いですからまた企画してください。

↑今の私には酷なお言葉crying
現在燃え尽き症候群でありんす。
ただ、これでお金使っちゃったから、来月は稼がないと。何を作るか決めてないけど、焼き菓子倶楽部をやって稼ぎを取り戻す予定なので、その時にはしんかわさんへ注文して試してみてちょ~だいな。

そうなんです、そうなんですよね。
喜んで!の裏方仕事だったのでそれ自体は本当にエンジョイしたのですが竹之内さんや中尾さんのお話がほとんど伺えなかったのは残念でした。あまり飲めなかったですし…。
ですからこのアップはとてもありがたいです。私も行かねば、しんかわさん!でもきっときりっとドライなワインなどを買う事でしょう(笑)。

>マダム

そうねぇ、今の私たち、たいして食べていないけど、甘いもの酔いしてますもんね。ドライなワインで乾杯♪な気分です。

でもやはりプロに選んでもらうってそうそうできることではないので、ご自宅にお客様を招いたときにケーキに合わせて、これらのワインを用意するとさらにマダム度があがると思います。
だからメモメモ~!

私は水戸泉をこんどの合宿にもって行こうかな。

はいっ!
もし次にこんなご企画があるならば
裏方志望で!今の仕事についてから、
どうも皿洗いなどが趣味で・・・・^^;
フォンダンショコラに合わせたワイン・・・少量の
味見なら、と回ってきたグラスを手に取ったのが運の付き?

ワインの美味しさに、少量だし大丈夫でしょう、と
飲んじゃった(たぶん、他の人からしたら舐めた程度の
量でしょうけど)ため、心の臓がドキドキ、手元が
おぼつかなく、ケーキがフォークでよく切れない!という
事態に陥っておりました(笑)。
私でも楽しめそうなリキュールのお話も伺うことまで
頭が回らず、お酒エリアは遠巻きに眺めるという・・・・。
自分で「弱すぎだろっ!」と突っ込まざるを得ませんでした^^;
でも、フォンダンショコラとワイン。。。美味しかったですしねぇ!

>マトリョーシカちゃん

なんと私の体の半分には「梅酒の梅を齧っただけでダウンする」という母の血が流れています。
だからその辛さがわかる・・というか見て知っています。
ひゃぁ、会場でそんな状態に陥っていたのですね。
大変でした。

フォンダンショコラに合わせていただいたあのワインはちょっと禁断の美味でしたよね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/39849674

この記事へのトラックバック一覧です: ワインとリキュールと(その1):

« チャリティイベント無事終了 | トップページ | ワインとリキュールと(その2) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30