フォト
無料ブログはココログ

« 苺のケーキ | トップページ | 仕事はつらい~♪ »

吟田川と大倉山の梅酒

親子レッスン後、大変ありがたいことに、ASU&MARIコンビのママたちから美味しいお酒の差し入れがございました。

昨年の秋、新潟へ旅行した時居酒屋で飲み比べた中で一番美味しかったのが上越市柿崎地区の「吟田川」(チビタ川と読みます)だった、とブログに書いたら、ASUKAちゃんのパパは柿崎地区のご出身だったんですね。

ご実家へ行かれた際に、そのことを覚えていてくださってわざわざ私のために入手してくださったそうです。私が飲んだのは秋口だったので、このタイプのお酒ではなかったと思うのですが多分、こちらのほうがより貴重な1本だと思います。小さい酒蔵なので新潟市内でもなかなか手に入らないお酒のようです。

ま、そんなわけで土曜日はレッスン後、百貨店の鮮魚売り場にて千葉県産の小さいはまぐり(閉店近くだったので50%OFF)と鯛のアラ(閉店近くだったので50%OFF)を合わせて300円ほどで購入~♪そして昼間に買っておいた福島県応援物産展での福島産の野菜とでいそいそと酒の肴をつくりました。

P1000087

鯛のかぶとを酒蒸しにしたものと、ハマグリの酒蒸しをアスパラとスナックエンドウとでさっとガーリックオイルで炒めたもの。簡単な肴ですが、こんなんが好きです。

吟田川の「雪洞(ぼんぼり) 無濾過吟醸」

P1000086

代々菊酒造株式会社製造

  • 原料米・・・新潟県産越淡麗100%使用
  • 精米歩合・・・50%精白
  • 仕込水・・・吟田川伏流水
  • アルコール度数・・・17%

*上越市柿崎地区黒岩地内の旧黒川小学校跡地の雪室に貯蔵した雪中貯蔵酒

↑だそうです。いわゆるお酒のうんちくを語れるほど飲んではいないのでわかりませんが、とてもフルーティーでいて、適度にキレがありさわやかなお味でした。冷やして飲むとさらに美味しい♪日本酒ビギナーの羊でも「コレは飲める!」と嬉しそうでした。

ASUKAちゃんのお父様、ありがとうござました。ごちそう様です!

さて、そしてMARIKAちゃんのママが下さったのは大倉山の梅酒!大倉山ですわよ!大倉山!梅林が有名なのは知っていましたが、そこで梅酒まで作って販売していたとは知りませんでした。横浜市民のみなさん、コレは郷土のお土産物として使えますわよ。なんたって横浜港北観光協会推奨だもん。(ヨコハマグッズ001にも選ばれているそうです。)

P1000089

「これを飲むとチョー○の梅酒なんて飲めなくなりますよ」とMARIKAちゃんのママは言ってました。チョー○の梅酒を飲んだことがないのでわかりませんが、とてもすっきりとしていやな甘さがない(ちゃんと梅酒として甘いのですが)香り高い梅酒です。

欠点は一杯ですまずに、もう一杯と杯を重ねてしまう点でしょうか。楽しみ方として「アイスクリームにかけても」とか「かき氷のシロップに」とか提案もされているのですが、この「かき氷のシロップ」というのに非常に心惹かれますね。

節電で今年の夏はきっと冷房控えめにしなくてはならないから、かき氷にかけてキンキンに冷えた梅酒というのは良い暑気払いになるかもしれません。

どちらのお酒とも大変おいしゅうございました。ご馳走様でした。

(追記)
なぜ、ケーキのセンセイのところにこうしてお酒が集まるのか、等の質問、疑問は一切うけつけませんのであしからず。

« 苺のケーキ | トップページ | 仕事はつらい~♪ »

「お酒」カテゴリの記事

コメント

お酒も飲めるケーキの先生なのか?
ケーキも教えられる酒飲みなのか?

いえ・・・失礼しました。
お酒は集まるところに集まるべくして集まるもののようです。
うちにはちっとも集まってこないので自分で調達に行くしか
ないのですが。

鯛に蛤に日本酒なんてもうさいこう~の取り合わせですね。
お酒の話題にはどうしたって食いついてしまいます。

>akikoさん

あ~あ、言ってはいけないセリフを口にしてしまいましたね。
「ケーキも教えられる酒飲み」・・・・gawk

>うちにはちっとも集まってこないので自分で調達に行くしか
ない

単に酒を呼び寄せるか、酒に呼び寄せられるかの違いですわよ。

鯛に蛤、最強の組み合わせでしょ?でおまけに鯛が105円、ハマグリが210円だったというところが、主婦の魂をわしづかみだったわけです。(鯛は養殖ものの頭だけ、蛤はとってもこぶりだったけどね。)

なるほど~。
わたしも結構酒の肴とくいですよ! 笑

ついでに梅酒も毎年いろんなもので漬けております。
で・・どんな梅酒がお好み?
最近は日本酒の様に度数の低い酒でも梅酒を造るのが多くなってきましたね。
同じ甘みでも何を使うかで相当味が違ってきますよね。

>ケーキも教えられる酒飲み

うふふー先日のイベントでその真の姿を垣間見た気がいたします♪
素晴らしいじゃないですか!
鯛と蛤も最強ですね。50%シールも大好物です(笑

わたしは日本酒は苦手なんですが(注:秋田県出身)
梅酒は各種漬けておりますよー。
ラムがけっこう好みです。

>Benさん

実家でも昔は毎年、下戸の母が漬けてくれていました。
ふつうにホワイトリカーで、というのがほとんどでしたが
ウィスキーで漬けたりしたこともあったような・・・。(下戸なのに)

ちなみに母は梅酒の梅を齧っただけでソファーに倒れこむくらいの下戸です。子供だった私はそんな母をしり目に、冷蔵庫を開けちゃぁ、梅酒の梅をチューチュー吸って齧ってました。

梅酒に関してはいわゆる普通の家庭の梅酒が好きかもしれない。梅酒ってこういうものだよね~♪っていう刷り込みがされているからかな?

>つむぎさん

「ケーキも教えられる酒飲み」が「大酒飲み」に変わらないよう注意します!
つむぎさん、日本酒が苦手なの?(秋田なのに!)
いつもとてもおいしそうな酒の肴を作っていらっしゃるから、てっきり日本酒もお好きなのかと思っていました。
うちでも羊が日本酒がちょっと苦手ということもあって、日常的には飲んでいません。だから、たまに、こうしていただいたり、外で美味しいのを飲むときにはとてもとても大事にいただきますのよ。あくまで「たまに」ですの。そこんとこよろしく~。

小振りとはいえ、国産(しかも!千葉産!)を見事なお値段でのゲットは、流石! 主婦道の大家と頭が下がる想いで御座います。
m(_ _)m

突っ込み処を 先に押さえられてしまいまして・・
少々思案しておりましたが・・・

>お酒も飲めるケーキの先生なのか?
>ケーキも教えられる酒飲みなのか?

に続き。
“ケーキで飲める酒飲みなのか?”
を加えたくなりました。(笑

“チビ太”と読むんですね。
オデンを肴に頂きたい・・・・汗

せんせー。

ケーキの中に日本酒をinしたいと思ったら、
どのぐらいの分量でやるといいのでしょうかね・・・。

ご存知のとおり?相方さんはウルトラ下戸
+私があんまり飲めなくなってしまったので、
せっかくいただいた日本酒の行き先が、
角煮ぐらいしかございません。。。

もしいいご思案ありましたら、
教えてくださいませませませー。

*でも梅の薫は飲んでみたい~!

>いその爺様

>ケーキで飲める酒飲みなのか
いえ、普通のケーキで酒は飲みませんことよ。

酒が飲める菓子が作れるって言ってちょーだい。

チビタのお酒と覚えると決して忘れないでしょ?(笑)

>kayanoriさん

どのケーキに入れるのかわからないのですが、洋酒と違って日本酒の香りはさほど強くないので、バターやクリームには負けてしまう気がします。
かすてらを作るときには、泡切り作業時に水を吹くかわりに日本酒を吹いたりしますが、そのほかの場面で日本酒を使ったことはありません。
日本酒をお菓子に使った物もあると思うのですが、その場合は「日本酒」を前面に出したもので日本酒がダメな方には不向きかと思います。贅沢に普段のお料理に使うことのほうが良いように思いますよ。あとはお大尽気分でお風呂に入れる・・・(ああ~もったいない!)

昨日、久々にお会いしましたね。
ケーキの先生になっていらしたのですね。ステキheart01
さっそく教えていただいたブログに裏口から入らせていただきました。
お酒、お好きなんですねbottle
私も好きなんです。今度、ご一緒に楽しみましょうねhappy01

>おいちゃん♪

早々にご訪問ありがとうございました。
皆さんにブログのご案内をしながら、「やべ、今の記事は酒の話じゃないかい」と思っていたのですが・・・。
やはりこの記事にごあいさついただきましたか(笑)

当方、週4は代官山におりますので、五反田あたりでしたら参りますわよ~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/39998643

この記事へのトラックバック一覧です: 吟田川と大倉山の梅酒:

« 苺のケーキ | トップページ | 仕事はつらい~♪ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30