フォト
無料ブログはココログ

« 計画変更で | トップページ | 吟田川と大倉山の梅酒 »

苺のケーキ

昨日は久々のASU&MARIコンビのレッスン日。

当初の親子レッスンの課題は次回にまわして、今シーズン最後の苺を使ったケーキのレッスンにしました。

たまプラーザにあるJAの直売所で買ったチビ苺

P1000080

ちびっちゃいのはそのまま、大きいのはカットして粉砂糖をあらかじめまぶして水分を出しておきます。そのあと少しだけ火にかけ、実と汁と分けます。

別立でバターケーキの生地を作りますが、汁は卵黄ベースのほうに混ぜ、粉を入れる前に実を混ぜて、あとは低い温度でじっくり焼くだけ。(焼いている途中で天地を返す、という裏ワザがありますが)

粉砂糖をキルシュワッサーで溶いたアイシングで乙女らしくお化粧して出来上がり。

MARIKAちゃん作(?)

P1000082

ASUKAちゃん作(?)

P1000084

いつになく、二人が真剣だったのは「新年会にこれを作ってきてもらう」という重大発表があらかじめ私から下されたからであります。(笑)

新年会はともかくとして、露地ものの苺を使ってつくるこの焼き菓子、乙女らしくて美味しくて持ち運びもOKなので是非習得してほしいお菓子です。

« 計画変更で | トップページ | 吟田川と大倉山の梅酒 »

ブレーメンでのレッスン」カテゴリの記事

コメント

センセー!!
もう、新年会の計画ですか?レッスンに伺うと課題を出されるのですね!
おおぉ~~!迂闊には近寄れませんね(笑)
気を引き締めてレッスン予約を入れなければ・・・。
しかし、二人のアイシング綺麗に出来ていますね。スバラシイ!

>午後のSさん

いやぁ、コレはASU&MARIコンビにはぴったりの課題だったので(それに季節にも合うから)早々に課題発表となりました。
でも次回のレッスンも課題なの。どちらをどっちに作ってもらうかはまだ決めてないです。
大人はもっと後からいろいろバランスを考えながらじっくりお題をだしますわよぉ。

アイシング、本当は楊枝で線をひくところ、私が忘れてしまったのでお箸でやってもらいました。
楊枝だともっとシャープなのにね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/39993060

この記事へのトラックバック一覧です: 苺のケーキ:

« 計画変更で | トップページ | 吟田川と大倉山の梅酒 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30