フォト
無料ブログはココログ

« お菓子を焼きに来ませんか? | トップページ | アタシは大人だ! »

シャンディ・ガフ

今日は朝から空気が乾いていて、すっきりとした晴天でしたね。

夏の終わりにふさわしいぴかぴかの1日だったと思いませんか?

私は朝から登戸の教室に、久しぶりにかすてらを焼きに行っておりました。空気は乾いているけれど、卵自体は夏の疲れが出ているころ(産む鶏さんが疲れている・・という意味)なので春先と同じような種を作ってはいけないと肝に銘じ、泡立てはしっかり、捏ねつけもしっかり、その分だけ種を十分寝かせて焼きました。

お天気が良いと(湿気がないと)かすてらも素直なものが焼けます。

本当に久々に、先生からお褒めの言葉を頂戴し、私の気分も上々に♪

その気分の高揚感のそのままに「そうだ、お昼はちーさんのとこで食べよう」と決めてその足で黄金町のCAFE★STARへ向かったわけです。

ところで「シャンディ・ガフ」というカクテルをご存じですか?私はカクテル自体、あまり飲まないので、ずいぶん昔に友達の家で出されて初めて知ったわけです。

ジンジャエールをビールで割ったものですヨ。ビールみたいなアルコール度数が低いものをさらにノンアルコールのジンジャエールで割るのですから、軽い飲み物と言えましょう。

生姜好きの私はけっこうこれが好きです。ただし、ジンジャエールが薬臭いとちょっと興ざめになるわけで・・・。

ある日、CAFE★STARの名物、ちーさん手作りのジンジャエールを頂きながら、ふとひらめきました。これをビールで割ったら、美味しいシャンディ・ガフになるんでない?当時、☆に置いていたビールはハートランドで、500ml入りだったような。これをさらにジンジャエールで割ると、お腹がぼがぼになるかもと思い、一人ではちょっと無謀かとあきらめておりました。

しかし今日★のカウンターでランチをお願いして待っていると、隣に座ったご夫妻が飲んでいるのは300mlの銀河高原ビールではありませんか!!

いつの間にかビールが変わっていたわけで、「美味しい銀河高原ビールをジンジャエールで割って飲んだりしても良いのだろうか?」としばし思いをめぐらせはしたのですが・・・。 

なにしろ今日は夏の終わりの素敵な一日♪絶好のシャンディ・ガフ日和♪

CAFE★STARのお食事スペースが混んできたのを機に、奥の★部屋に移り、ちーさんにこっそり裏メニュー「シャンディ・ガフセット」(そんなものは存在しないわけなんですが!)をお願いしました。

後ろの★部屋で膝を抱えて、マンガ本を読みながらすするシャンディ・ガフの美味しさよ♪

にょほほ~っとまったり楽しんでおりましたら、扉を開けて店の中を覗き込んだご婦人と目が合いました。

「センセ、なにやってるんですか?」

おお~っと、マダム・シュール・リーが素敵なご主人とお二人で来店でございました。

夏休みに喫茶店で、生活指導のセンセイと鉢合わせするくらい、出来すぎた話で、こういうのを「天網恢恢疎にして漏らさず」っていうんでしょうかねぇ。

ま、そんなわけで勝手にCAFE★STARの裏メニュー「シャンディ・ガフセット」、けっこうイケまっせ!と宣伝しておく次第です。

« お菓子を焼きに来ませんか? | トップページ | アタシは大人だ! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分も・・毎年 ジンジャーシロップ作ってますよ。  近頃は・・・炭酸まで自分で・・w

そろそろ・・・ようやく・・・ 9月ですねぇ・・・w

>marutoさん

おお~ここにも手作りのジンジャーシロップがあるのね♪
手作りの炭酸って、もしや先般作り方を会社で開示なさったら
質問攻めにあった・・という例のものですね?
プロの炭酸、こんど★で作ってください!

この記事読んで、あわてて友達に訂正メールを入れました。
というのも、友人がメニューを見ていて「シャンディ・ガフ」ってなんだろうと独り言をつぶやいた時に、「ああ、ビールとワインのカクテルだよ」とエラソーに教えてあげちゃったのよ。なんというグットタイミング。ありがとうございました。

自家製ジンジャエールと銀河高原ビール、ステキなマリアージュだわん。これ定番メニューになったってこと?行かねばです。

生活指導されっぱなし感あふれる私がなぜそのような!
お会い出来た私は瓢箪から駒というか棚から牡丹餅、もとい、☆部屋からかすてら♪
ありがとうございました。

お飲み物、『う、うらやましいぞーー』とは心底思いました。
飲める状態ではなかったのと、運転手がひがむので飲めなかったシャンディ・ガフ。
カフェスターのジンジャーシロップがある間に
鋭意体調を回復させ、
喉を高らかに鳴らして飲みたいものです!

>さんぱちさん

多分、この裏メニューを次に頼むのはぜったいさんぱちさんだと踏んでおります。
酒飲みの心をわかってらっしゃるちーさんは
ちゃんとジンジャエールをコップではなくティーポットに入れて出してくれました。
だからグラスにジンジャエールを好みの量入れて、ビールで勝手に割ればいいわけで、薄暗い★部屋で手酌でやっていると、なんかすこぶる怪しい人に見えること請け合います。
オススメよん。

>シュール・リーさん

いえ、こちらこそお会いできて嬉しかった・・というより安心しました。
でもまだ本調子じゃないのね?

考えようによってはジンジャエールとビールを頼んでシャンディ・ガフを二人で飲めば、ビールを飲むより低アルコール。
体調が戻ったら是非ちーさんの手作りのジンジャーシロップで試してください。
例の「夢」問題はどうにかクリアしました。
山田営業本部長人格で答えれば簡単だったのですが、つい山さん人格で考えてしまったので苦労しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/41391923

この記事へのトラックバック一覧です: シャンディ・ガフ:

« お菓子を焼きに来ませんか? | トップページ | アタシは大人だ! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30